幌馬車2台の道楽日記

okuruma.exblog.jp

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも

ブログトップ

蓼科旅行(FBM編)

結婚記念日をお祝いするという名目の蓼科旅行でしたが、伊豆でも箱根でもなく、蓼科というか車山高原にしたのには、別の理由が・・・。


泊まったホテルの駐車場にはシトロエンC6とプジョー207ccが、お隣のペンションにはルノーMeganeRSとKangoo、プジョー206にシトロエンC4Picassoと、不思議なほどフランス車がウヨウヨ。

d0054855_734497.jpg


年に一度のフランス車のイベント、フレンチ・ブルー・ミーティング(FBM)に合わせて、来たのでした。

ルノーSuper5を買って私が初めて参加したのが、6回目の1992年。
入社初年は研修所の門限を過ぎて帰ったり、秋田勤務時は帰りは友人に車を託して秋田に飛んで帰ったりまでして、当初は毎年のように参加していましたが、2005年を最後に、ここ3年は結婚式やら転勤やらでご無沙汰していました。
今年で23回目の開催で、参加したのは13回目かな。


翌朝は朝寝坊の相方を置いて、7時前から一人でホテルを抜け出し、高原を15分ほどお散歩。
会場に7時に着きましたが、メイングラウンドはガランとしています。

d0054855_7545615.jpg


が、例年の私は自宅を未明に出発して、到着時間はだいたい7時ごろ。
目的はこういう人たちと同じ。

d0054855_7592191.jpg


9時の開会に向けて、出店する業者は7時前から準備をしているのですが、ホイールやブレーキパッドなどの新品パーツから、メーターやマフラーなどの中古パーツ、そしてミニカーなどを、いろんなお店が箱から出して並べたそばから物色していきます。

d0054855_882925.jpg


以前は、欲しくても持っていない絶版ミニカーを、そこここで見つけて1万円分、2万円分と買い漁っていましたが、最近の新車のミニカーは封印していることもあって、あまり触手が動くものはありませんでした。
発売ペースが速すぎてお金が追い付かないのもありますが、最近の実車のデザイン自体が興味と離れて行ってしまっているのかも知れません。

買ったのは2個だけ。
プジョー204Break憲兵車の1/43サイズ(Eligor製)と、ルノーSuper5の1/87サイズ(Praline製)。
3〜8千円程度の新製品も欲しいと思うものもありましたが、フラフラと買っていくと、あっという間に2万円コースになりそうだったので自粛。





一通り物色を終えた後は、ホテルに戻って朝ご飯。
朝はシンプルに、目玉焼きとソーセージにサラダ、あとは焼きたてパン。
部屋のテーブルで、ゆったりといただきました。

d0054855_8234490.jpg


d0054855_8235825.jpg


前夜食べ過ぎたので、これで十分というか、これでもお腹いっぱいでした。


朝食後マッタリして、10時ぎりぎりにチェックアウトしましたが、このホテルもワインやおつまみを売るテントを出店するらしく、再びお散歩していると、慌ただしそうに車で往復していました。

途中に、鹿を模した木のオブジェがあり、紅葉を背景に撮っていると、2cvが通ったり。

d0054855_8304260.jpg


会場に着くと、朝方はガランとしていた駐車場には、太古のシトロエン・トラクシオアバンから、最新のルノー・カングーまで、フランス車がビッシリ。
初めて参加したときは、おぉ!ルノー5ターボだよ、と友人と盛り上がっていたのが、何年も行っているとそれも当たり前になっていましたが、久々に行くと新鮮でいいものですねぇ。
でも、参加したての頃は主流だったルノーSuper5やシトロエンBXはもちろん、306ですら数えるほどに減っていました。 逆に何が多かったかと言われても、あまりハッキリした記憶は・・・。

d0054855_8325717.jpg



ルノージャポンが、LuteciaRSを展示していました。
パンッと張ったシートに、小気味良いシフトフィール、座るだけは座らせてもらいましたが、早く試乗してみたいものです。

d0054855_8412333.jpg


並行輸入業者カーボックスも同車を展示していましたが、306Cabrioletで並行輸入車に抵抗のないので、慣れた左ハンドルの方がいいかなぁ。
同じブレンボ製ブレーキキャリパーでも、赤キャリパーが選べるらしいし(笑)。

d0054855_852458.jpg



会場では、車種毎に集まって停まっているところもありました(写真はルノー・クリオV6)。

d0054855_8544744.jpg



会場では、以前はシトロエンC3に乗っていた元同僚(今は別職場)のK君親子と会いました。
こんなところでしか見られない、よそ様のシトロエンBX4TCの前で1枚。

d0054855_8584453.jpg


この会場では見られませんでしたが、このK君は今年になって2cvを買いました。
以前見せてもらったときの写真を。

d0054855_922946.jpg



一番心惹かれたのは、プジョー204Break。 この顔付き大好きです。
189万円のプライスタグが付いていましたが、Cabrioletなら・・・。

d0054855_9112579.jpg


会場近くに停めてあった405Mi16も、今見てもカッコいいです。
やっぱりプジョーは第5世代(X05)か第6世代(X06)がいいなぁ。

d0054855_991374.jpg


来年は、久々に自分の306Cabrioletで行きたいなぁ。



朝ご飯をしっかり食べてしまったため、特に会場で買い食いするでもなく、12時半頃会場を後にして、レンタカーを返すべく再び岡谷へ。
岡谷はウナギを売りにしているようで、以前も友人ROY氏と食べたことがありますが、今回は御うな小松屋というお店で「御うなまぶし」をいただきました。 いわゆるひつまぶしです。

d0054855_9174570.jpg


関西風にパリッと焼いたウナギを、そのまま、薬味と混ぜて、お茶漬けと3パターンで楽しみました。


岡谷から電車で2駅乗って、上諏訪へ。
上諏訪から歩いて5分ほどのところにある、片倉館で温泉に浸かりました。
蓼科では紅葉は終わり気味でしたが、諏訪湖畔では真っ盛りでした。

d0054855_9273963.jpg


入浴後に上諏訪駅でも、足湯に浸かって列車待ち。
以前は服を脱いで入る温泉がありましたが、今では足湯に改装されお手軽に利用できました。

d0054855_9292740.jpg



帰りは、往きと同じ特急あずさ号。
夕方5時半頃の列車でしたが、もう真っ暗でした。

d0054855_9333077.jpg


風呂上がりは我慢して、車内ではもちろん(笑)。
一番搾り取れたてホップは、若々しいホップの香りがして、美味しかったです。

d0054855_935282.jpg



そんなこんなの2日間。
結婚記念日とフランス車満喫が両立できました。
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/10427531
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by COOPER99 at 2009-11-07 12:36
先回の記事で既に気づいていましたが、展開を考えて黙っており
ました。(^u^)
これからも、毎年の定番にしようと言う策略も感じましたので。(爆)
1度は覗いてみたいイベントですが、早朝7時からうろついている
怪しい人には成れそうにありません。
Commented by Nickey at 2009-11-07 20:03 x
2cvのような個性的で愛らしい車が少なくなりましたね。
ミニ同様に衝突安全性能の関係でしょうかね。
でも個人的には、
シトロエンBX4TC9横の2000GTが気になったりして...(笑)
ん、レプリカ????
Commented by azmomohiro at 2009-11-07 20:40
結婚記念日おめでとうございます
フレンチブルーがお好きな方にはたまらないイヴェントですよね
そして2CV、私も好きですなんかエンジンパワーがカワイイですよね
なんか、焦らなくてもいいよって感じで〜
Commented by 56F3R at 2009-11-08 00:35 x
会場のふかんの写真を撮られた並びに私のラグナがありました。
もしかしたら、すれ違っていたかも・・・
Commented by okuruma1970 at 2009-11-08 08:39
>>COOPERさん
知っている方には、見透かされていましたね。
定番にしようとは考えていませんでしたが、その手があったか(笑)。
会場は基本的にフランス車がウジャウジャですが、元オーナーや興味を持った方の国産車や他国車もちらほら見られますので、ぜひどうぞ。
イベントはお昼ぐらいがピークですので、早朝徘徊は必要ありませんよ。

>>Nickeyさん
必ずしも衝突安全性とデザインは相反しないとは思いますが、販売網のグローバル化で、飛び抜けた個性の車が生まれにくくなっているのかもしれませんね。
2000GTは、地名の後が50番台のナンバーでしたから、そこそこ長く所有されている車と思われますが、会場ではフランス車以外の個性的な車もチラホラ見られるんですよ。
Commented by okuruma1970 at 2009-11-08 08:51
>>azmomohiroさん
ありがとうございます。
この会場では、新旧のフランス車を大衆車や稀少車交えて一時に見られるので、好きな私達は本当に楽しめるんですよ。
2cvの非力さは、カリカリしないでノンビリした気持ちにさせてくれそうですね。

>>56F3Rさん
あそこに停めたということは、公式予約されたということでしょうか。
イスを並べて、ユッタリ会場を眺められていたのでしょうね(憧)。
私は最初の2・3回は先着でグラウンド駐車でしたが、それ以降は上の方の駐車ばかりでした。
Commented by ユリコ at 2009-11-08 13:24 x
結婚記念日おめでとうございますv
(こちらはいろいろありまして×になりそうです…)

趣味を奥様と満喫できて羨ましい限りです。
片倉館の紅葉もきれいですね~
Commented by okuruma1970 at 2009-11-08 17:15
>>ユリコさん
こんにちは。
ありがとうございます(こちらばかり浮かれていて恐縮ですが)。
多趣味な私に対して、相方はほぼ無趣味ゆえ、温泉とか食事との要素を散りばめれば、文句を言わないのが救いです。
そちらの平地でも、そろそろ紅葉の盛りでしょうか?
Commented by at 2009-11-09 10:00 x
ご結婚2周年、おめでとうございます♪
ますますお幸せに!

お車関係はわからないので…ごめんなさい(笑)

でも、片倉館の温泉は羨ましいです!
外観しか見ていないので、是非一度…と思っているのですが。
先週末の新潟に続き、私もこの週末は松本へいっておりました。
信州は紅葉シーズンでしたね、空気もよく、大好きです♪
Commented by gop at 2009-11-09 12:52 x
二年目ですか、我家は何年だ?(笑)
先週今週と自動車イベント花盛りだった様で。FBMは相変わらず盛況ですね。
仰る通り、ここ最近BXも2CVも見掛けなくなりましたね、エグザンティアさえ。
これもシトローエンの成せる技か(笑)

岡谷はうなぎが名物とはしらなかった、「うなまぶし」なんですね(苦笑)
Commented by okuruma1970 at 2009-11-10 07:08
>>釉さん
ありがとうございます。
片倉館の、黒石の上に立って入る入浴スタイルは、なかなか面白いですよ。
それと17時までは、柱頭の装飾がキレイな2階の休憩室も無料で利用できるんですよ(以前は有料で16時までだったような憶えが)。
イタリア軒には、今回新潟にいらしていたときに泊まられたのですね。
長野は標高が高く寒暖の差があるから紅葉がきれいなのでしょうか。

>>gopさん
気候が良くて、屋外イベントにはいい季節ですね。
参加台数は素晴らしく盛況ですが、まとまりがないというかイベントとしては発散気味のような印象も・・・。
2cvはビートルのように愛好家がいるのだと思いますが、BXやXantiaのようなちょっと古い実用車で、手のかかるハイドロものは、維持が難しいのでしょうか。
見ている分には、いいデザインで好きなんですけどねぇ。
不動の浜松がある限り、うなぎの本場は変わらないのでしょうけれど、佐原も含めて隠れた名産地があるのでしょうね。
「うなまぶし」は、このお店のネーミングかもしれません(笑)。
by okuruma1970 | 2009-11-01 20:23 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(11)