宇都宮の洋館探訪

宇都宮へは、先週ご紹介したSUMIKAプロジェクトの見学で行きましたが、せっかく行くのなら、と前々から見たいと思っていた洋館も見てきました。


まずは、バスで宇都宮大学・峰キャンパスへ。
宇都宮大学の前身である、宇都宮高等農林学校の講堂が今も残っています。

d0054855_22232866.jpg


大正13年に建てられた、横羽目板張りの木造建築です。
同時期に建てられ似た用途の建物なので当たり前なのかもしれませんが、長野県上田市の上田蚕糸専門学校や滋賀県彦根市の彦根高等商業学校の講堂などと、雰囲気が似ています。
特徴は大きく張り出した玄関ポーチで、1本でも比較的立派な支柱が、片側4本計8本で支えられていて、細かい装飾も施されています。

d0054855_2234556.jpg


装飾といって、目を引くのは正面上部の縦5連窓の上で、よく見るとフクロウのようなモチーフが浮き上がっていました。
学校のイメージキャラクターだったのか、正面出入口の上部ガラスにも同じモチーフがありました。

d0054855_22411966.jpg
d0054855_22414495.jpg


建物は宇都宮大学開校60年を記念してか、きれいに修復されたようです。
基本的に館内は公開されていないようですが、学生の作品展などのため、ときおり公開されることもあるようです。
この他に、大谷石が積まれた旧図書館という建物もありました。







宇都宮駅から、JR日光線に乗って一駅の鶴田駅へ。
日光線は、洋館駅舎の日光駅にちなんでか、車両も駅もレトロ風に模様替えされていました。

d0054855_045849.jpg


鶴田駅の誇線橋は、本物のレトロ。
鉄道院時代の明治44年に、浦賀舩渠株式会社で製造された構造物のようです。

d0054855_051843.jpg
d0054855_051352.jpg


鶴田駅から歩くこと10分ほどで、栃木県立宇都宮高校があります。
校内には、前身となった明治26年築の栃木県尋常中学校本館が、昭和43年に移築保存され、現在は滝の原会館という記念館として使われているようです。

d0054855_23144857.jpg


外壁は、宇都宮高等農林と同じ横羽目板張り。 というかこちらが元なのでしょう。
窓は基本的に上げ下げ窓ですが、一部に引き違い窓があり、シンプルな構成の中で、目立たない変化を持たせているのがニクイです。

d0054855_2317048.jpg


この建物で見栄えするのは、やはり玄関ポーチとその上部の破風でしょうか。
玄関ポーチの手摺りはキレイ過ぎるので、移築の際に作り変えられたのでしょう。
半円状に抜かれた破風の奥には丸窓が取り付けられていますが、その中には御真影(天皇陛下の写真)が収められていたのかもしれません。

d0054855_23291494.jpg



トボトボと歩くこと15分ほどで、東武線の南宇都宮駅があります。

d0054855_057812.jpg


東武宇都宮駅へ東武線に乗るために寄ったのですが、窓周りやひさしの支えなど、意外に凝った作りでした。

d0054855_0581194.jpg
d0054855_0583248.jpg



単線の東武宇都宮線に乗って1駅で、東武宇都宮駅。

東武宇都宮駅のすぐそばに、一番見たかった松が峰カトリック教会があります。
昭和7年に建てられた、地元の大谷石で組まれた双塔の教会ですが、戦災のため内部は焼けてしまい、戦後に作り直されたそうです。

d0054855_065022.jpg


天を突くような尖塔があると、まして双塔だと、威厳が一段と増すような感じがします。
2階の教会堂入口周辺には、目を惹く装飾が集められています。

d0054855_0243173.jpg
d0054855_0251159.jpg


アーチの内側にも抜かりなく装飾されています。

d0054855_0292058.jpg


入口上部にはステンドグラスがはめ込まれていますが、これは戦後の造作なのでしょう。

d0054855_0563126.jpg



というのが、宇都宮で見てきた明治、大正、昭和の洋館でした。
まだあると思いますが、半日で駅から公共交通機関で回れる範囲ではこんな感じかな。

お土産に焼いた餃子を買って、新幹線で帰りました。
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/10835374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by COOPER99 at 2010-03-07 00:30
最後の教会がツボです、ガウディファンなんで。(^u^)
地震だ津波だと騒がしいですが、鉄骨キンクリートばかりでなく
こういった建物で何百年と頑張って欲しいっす。
Commented by Tristan987 at 2010-03-07 23:06
こんばんは!!
昔、東武のDRCが出てきた頃に国鉄の日光線は大打撃を喰らって優等列車が無くなり、観光地行きの路線なのに寂びれたローカル線になってしまってましたが、今は東武、JR双方の特急列車が東武日光目指して走るようになりましたね。時代を感じます。
Commented by okuruma1970 at 2010-03-08 23:05
>>COOPERさん
コテコテの装飾はありませんが、石を削って積み上げて、というのはガウディと似た系統かも知れませんね。
機能追求だけではなくて、維持には手間もかかるのかもしれませんが、こういう遊び心も欲しいですよね。

>>Tristanさん
両社の相互乗り入れは、車という共通敵へのタッグでしょうか。
このご時世、4・50年前の意地(ライバル関係)など捨て去らないと、鉄道に限らずどの業界も生き残りが厳しいのでしょうね。
でも、スペーシアと485系では、車両の気合の入れ方は今昔変わりませんね(笑)。
駅舎は、JR日光駅の方が段違いに風格があるのですが・・・。
by okuruma1970 | 2010-02-28 22:00 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(3)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970