幌馬車2台の道楽日記

okuruma.exblog.jp

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも

ブログトップ

新潟周遊(阿賀野編)

会社の同期であるROYさんが、瓢湖の白鳥を見に行こうかな、ということで新潟に来られたので、案内がてら同行させてもらいました。
ちなみに、週末の新潟滞在は3回目。


集合は新津駅で、まず向かったのは9月にも行った、阿賀野市にある北方文化博物館
農地解放で維持が難しくなった豪農屋敷を、進駐軍米兵のアイデアを元に、財団法人が保有する形でお屋敷を維持させて、一般に公開するようになったそうです。

d0054855_19574926.jpg


庭園を散策すると、使わなくなった石臼を置いたという飛び石がありました。
放射状に溝が切られてアクセントになっていますし、滑りにくいので適していますね。

d0054855_20184816.jpg
d0054855_20191875.jpg


3月の特別公開という湯殿ツアーで見られたのが、三和土に飛び石状に配されたタイルで、ケン・ケン・パができそうな楽しい配置でした。

欄間が見事な本館の大広間は、何十畳敷きなんでしょうか。

d0054855_18355093.jpg



お昼ご飯は、館内にあるそば処「天手古舞(てんてこまい)」でいただきました。
寒い日でしたが、供される十割そばで、せいろに付け汁のパターンのみ。
さすがに冬季は温かい付け汁もあり、私は鴨せいろをいただきました。

d0054855_1836171.jpg


鴨の油が染み出していい付け汁になっていました。
最近、鴨肉好きなんですよねぇ。





この日の足は、後輩に借りたカローラでしたが、良くも悪くも忠実な足車でした。

d0054855_1837090.jpg



次に向かったのは、同じく豪農屋敷の五十嵐邸。
こちらのお屋敷では、和洋会席料理がいただけたり、結婚式も挙げられるようです。

d0054855_1840168.jpg


お昼ご飯は食べたばかりの私の目的は、隣接するブルワリー(笑)。
スワン・レイク・ビールという地ビールの醸造所が併設されています。

d0054855_18403294.jpg


昨年11月に、仕事中に車で立ち寄ってランチはいただいたのですが、隣のテーブルで美味しそうに飲む人を見て以来、飲む機会を画策していました。
まずは、3種試飲セット。  それぞれ180mlなので、3杯で大瓶と同じぐらい。

d0054855_18405635.jpg


「ゴールデンエール」はプレミアムモルツのような深い味、「ポーター」はかなり濃厚な黒ビール、「#B-IPA」は柑橘系のフルーティーな味でした。

本当の呑兵衛ではないので(苦笑)、ツマミなしでは飲めません。
さっぱり茹でられた越後もち豚のサラダをつまみに、クイクイと。
このレストランのサラダは、ドレッシングもおいしいんですよ。

d0054855_18412689.jpg


180ml×3杯で済むわけもなく、「アンバースワンエール」と「ホワイトスワンヴァイツエン」、「スワンレイクバーレイ」と試飲の意味なく、別の種類をいただきました(笑)。

d0054855_1842252.jpg
d0054855_20225044.jpg


スワンレイクバーレイ(右上)は、細かい泡が立つギネスのようなビールでした。
昼間から、よく飲みました。


飲んでしまって運転できないので、市営バスで本日のお宿へ(確信犯ですが)。
写真は、翌朝乗ったときに撮ったものです。

d0054855_1843418.jpg



向かったのは、五頭温泉郷の一つである村杉温泉。
泊まったのは、「割烹旅館 室町」というお宿でした。
お部屋は6室しかない、こじんまりしたお宿でした。

d0054855_18435040.jpg


宿内にも貸切露天風呂はありましたが、男2人で貸し切るのも何だったので、徒歩10分ほどのところにある公衆露天風呂に入りました。
映っているのは、同行のROYさん。
雪こそありませんでしたが、外気温が低かったせいか、ちょうどいい湯加減。
出たり入ったりして、長湯しました。

d0054855_18441923.jpg



割烹旅館というだけあって、夕食はおいしいお料理の数々でした。
お造りやカルパッチョなどの海産物、新潟名物の「のっぺ」などなど。

d0054855_18443518.jpg


予約時には別に村上牛コースもあったのですが、標準コースでも牛陶板焼きが出てきました。

d0054855_18451489.jpg


その他にも天ぷらやホイル焼きなど次々と出され、夕食は満腹満足。
昼間飲んだこともあってか、ビールも2本しか飲めませんでした。

館内のお風呂に入って、風呂上りのビールも1本だけ。
昼間のビールと夕食で、よほど満腹になったようです(苦笑)。
テレビも見ず、ネットもつながらない旅館では、早寝しました。


朝食は、お盆代わりに籠に入って供されました。
この他に、豆乳を暖めてすくう湯葉もありました。

d0054855_20242116.jpg


朝食もしっかり食べて、再びバスに乗り込み、車を拾って瓢湖へ。
冬の風物詩として、毎年テレビニュースでも取り上げられていますが、白鳥の飛来地です。
毎年6,000羽あまりが飛来するそうですが、行ったのは少し遅めだったので、残り800羽ほど。

d0054855_20244992.jpg


その大部分も、昼間は近くの田畑に草を食べに出掛けているため、少なかったです。
羽をワサワサと広げているところを撮りたかったのですが、シャッターチャンスは難しいです。

d0054855_20253374.jpg


白鳥や鴨を撮るROY氏。

d0054855_20261725.jpg


瓢湖で1時間少々白鳥などを眺めて、車を置きにいったん寮へ戻りました。
車を置いて、後編(村上編)へ。


(続く)
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/10863798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ROY at 2010-03-14 23:14 x
こちらに書くのは久しぶりです。その節はありがとうございました。典型的な国内温泉旅行のようにも思えますが、最近、遠出が続いていましたので却って新鮮でしたよ。こうして見返してみますと、和あり洋ありとメリハリがついていたのがポイントの一つだったのではないでしょうか。続編もお待ちしています。
Commented by azmomohiro at 2010-03-15 07:25
建物の写真よりも白鳥の写真よりも
食べ物に目が行ってしまいます、食いしん坊ですね
蕎麦が抜群ですね、鴨の味好きですそして刺身が最高ですね!
あと、お肉、、、
Commented by okuruma1970 at 2010-03-15 22:31
>>ROYさん
その節はお疲れさまでした。
リクエストいただいた瓢湖以外は、当方の好き勝手でしたが、お楽しみいただけたようで、良かったです。
和あり洋ありとは、お酒のバリエーションですか?(笑)
続編公開は、少々お待ちください。

>>azmomohiroさん
食欲は本能ですから、何はともあれ反応しちゃいますよね。
最近、私も鴨肉って好きなんですよ。 おいしいですよね。
お刺身は、もう少し美味しそうに撮れればよかったなぁ。
お肉は、後編でも登場しますので、お楽しみに。
by okuruma1970 | 2010-03-06 19:48 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(3)