新潟周遊(村上編)

前編(阿賀野編)に引き続き、新潟周遊の続きです。


翌3月7日の午後から、新潟駅から特急いなほ号に乗って、県北部の城下町・村上へ。

d0054855_0335826.jpg


村上に着いて、まずは昼食。
悠流里という、塩引鮭業者が営む和食処です。

d0054855_0453736.jpg


村上といえば三面川を遡上する鮭が有名ですが、村上牛も外せません。
ということで、オーダーしたのは、欲張りな「鮭親子丼・村上牛セット」。

d0054855_049114.jpg


鮭親子丼は、外を軽く炙った鮭の切り身に、大量のいくらが散りばめられていました。
鮭おいしい・・・。

d0054855_0514562.jpg


村上牛は、陶板焼きでいただきました。
ROYさんを真似て、焼いているところを動画で撮ってみました。



あの香りが、鼻によみがえります。

外だけ火を通し、中はレアのまま、特製のタレに浸けていただきました。

d0054855_11206.jpg


あの食感とお味が、口の中によみがえります。
ヨダレが・・・。 また食べたい・・・。
要予約の村上牛専門店もありますが、こちらではお手頃に楽しめました。






お腹を満たしたところで、市街地へ。
奥行きが深い町屋を見ながら向かったのは、鮭の加工品販売店喜っ川
ロンドンタクシーがレトロで合っているような、チグハグなような・・・。

d0054855_1152193.jpg


古めかしい店舗の奥も見学できるようになっていますが、鮭が大量に吊られていました。
これが見たかったんです。

d0054855_1195739.jpg


雄と雌の違いか、乾燥が進むと顔付きが変わってくるのか・・・。
F3.5-5.6のズームレンズでも、背景がそこそこボケましたが、F1.7のパナ製20mmレンズだと、もっと良くボケるんだろうなぁ。

d0054855_1213456.jpg


試食して美味しかった鮭の味噌漬を、お土産に買って帰りました。


鮭商店だけでなく、軒に鮭を吊っているお宅もチラホラ見かけました。
鮭文化が根付いているのでしょうね。

d0054855_1411844.jpg



街を挙げて町屋の人形さま巡り(H22年は4月3日まで)が行われていて、町屋の多くで雛人形が公開されていました。

d0054855_129532.jpg



市街を歩いていると、洋館もいくつか見かけました。
明治43年に建てられたという旧村上高等学校の守衛所とレンガの門柱が、市役所の片隅にありました。

d0054855_1452265.jpg


また、アーチ状の窓が目を惹く旧村上貯蓄銀行は、残念ながら窓は鉄板で覆われて、内部は全て撤去されて駐車場として使われているようでした。。
外壁はスクラッチタイル貼りですが、剥落防止のためかネットが張られていて、少々痛々しいです。

d0054855_1481688.jpg


この他にも、商店や病院など何軒かありました。


帰りは、きらきらうえつ号で新潟へ。
往路のいなほ号と同じ485系ですが、デザインが一新された専用車両です。

d0054855_153477.jpg


車内では、駅で買った白ヱビスと、足りずに車内で買ったえちごビールを。

d0054855_1545070.jpg


新潟到着後、ROYさんお帰りの上越新幹線の時間まで、駅前の飲み屋で反省会(笑)。
かんぱち(だったかなぁ?)のお刺身や、栃尾の油揚げなどなど、ROYさんは日本酒も。

d0054855_1563910.jpg



新潟を堪能し、よく飲み、よく食べた2日間でした。
一人だと腰は重いし、いざ動いてもテキトーに見て回ってしまいますが、誰かをご案内しようと計画すると、自分も楽しめますね(笑)。
新潟には美味しいものが多いですから、皆さんもぜひいらしてください。


【御礼】
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
おかげさまで、15万アクセスを越えました(約4年10ヶ月)。
更新はマイペースですが、今後もよろしくお願いいたします。
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/10881422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ROY at 2010-03-21 08:12 x
おはようございます。二回分を改めて見直してみますと、結構なグルメ旅行だったように思えますね。それにしても旧村上高校守衛所や旧村上貯蓄銀行を見つけたおクルマさんの視力というか眼力というか、感服しました。村上貯蓄銀行は何百米も離れた場所(といっても学校の校庭のように開けていましたが)から発見なさいましたが、私は何が何だか全然わかりませんでした(笑)。
やはり旅行記は文章もあったほうが情景の再現性(?)の点その他で勝りますね。私のほうもちょっと文章にしてみますかね・・・。
今回は大変ありがとうございました。
Commented by COOPER99 at 2010-03-21 20:26
うっ、美味そうだなぁ。
この際、親子でも親戚でも赤の他人でもみんなまとめて持って来い。(^u^)
焼きの動画って、禁じ手デスね。(爆)
Commented by okuruma1970 at 2010-03-22 00:01
>>ROYさん
私も、食べたことのない地のものを、いろいろ食べられました。
代償の増えた体重が、なかなか減りませんが・・・(苦笑)。
洋館を探す視力は養われてきましたが、臭覚(ありそうな雰囲気を嗅ぎ取る力)はまだまだです。
皆さんに参考にしていただきたくて旅行記風に書いていますが、実は自分で見返しても、思い出して結構楽しめるんですよ。
ROYさんも、ぜひ文章を書いてみてください。 楽しみにしています。

>>COOPERさん
鮭より鶏の親子丼の方が好きだったのですが、私も嗜好が肉より魚に移ってきたかなぁ。 かなり美味しかったですよ。
季節なら、親戚なんだか(笑)鮭児も食べてみたいものです。
焼きの動画は同行のROY氏を真似たのですが、飛び道具級の禁じ手でしたね(笑)。
Commented by Tristan987 at 2010-03-22 18:34
村上牛の動画はP-1で写されたのでしょうか?美味しそうに良く写ってますよね(o^。^o)
実は、お散歩用カメラとしてP-1とPL-1が浮上してきました。P-2だとちょっと割高だし、パナのGF-1だとボディに手ぶれ補正が無いし・・・・。okurumaさんのお写真を拝見していると、P-1いいなあ~と思うようになっております。
そうそう!「いなほ」は一度だけ新潟~東能代間を乗りましたが、羽越本線の海岸線が楽しくて、時間を感じさせませんでした。
Commented by at 2010-03-22 18:46 x
うひゃ、偶然です!
実は五月の連休に庄内&村上の旅をするつもりです。
そういえば、去年は熊本からの帰りの便がおクルマさんとご一緒だったんですよね。
それとは知らず(笑)
村上の食事&洋館、参考にさせていただきます♪

15万アクセス、達成おめでとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by okuruma1970 at 2010-03-22 21:54
>>Tristanさん
ちょっとキレイに撮りたかった鮭と洋館は、E-P1で撮りましたが、村上牛の動画はHDで撮るほどでもないと思ったので、パナ製コンデジです。
お散歩用にはフラッシュ内蔵のE-PL1がいいのか、お手頃になったE-P1も手ぶれ補正が良く効くので、悩みどころですね。
いなほで新潟~東能代とは、5時間ぐらいでしょうか。
海岸線はキレイですが、東京から博多まで行けそうですね・・・。

>>釉さん
鶴岡と酒田は見所豊富ですが、村上もなかなか良かったですよ。
昨年の熊本は同じタイミングで参考にしていただけませんでしたが、今回はちょうど参考にしていただけそうで良かったです。
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
こちらこそ、これからもよろしくお願いしますね。
by okuruma1970 | 2010-03-07 22:26 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(6)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970