牛久シャトー

昨日25日土曜日に、牛久シャトーに行ってきました。

シャトー(chateau)とは、infoseekマルチ辞書(by三省堂EXCEED)によると「(フランスの)城、田舎屋敷、大邸宅、ブドウ園」という意味だそうです。
牛久シャトーは、このうちのブドウ園に相当するワイン醸造所で、神谷伝兵衛が明治36年に開設しました。

d0054855_19363729.jpg


時計塔の付いたレンガ造りの本館(上写真)も明治36年の建築で、軽井沢にある旧三笠ホテルと同じ岡田時太郎の設計。
事務所として使われたほか、賓客をもてなす迎賓館的にも使われたようです。
貯蔵庫や醸造場につながる入口のアーチには、「CHATEAU D.KAMIYA」と誇らしげに刻まれています。
この1階左側は喫茶店として使われ、内部の装飾を見ることができるようです。

d0054855_1937246.jpg


写真上の倉庫のような建物は貯蔵庫のようで、現在は神谷伝兵衛資料館として公開されています。
地上2階地下1階建てで、いずれもワインの詰まった樽が並べられていたようで、醸造の度合いとか葡萄の種類によって使い分けられていたのではないかと思います。
資料館は2階、1階と地下はワイン樽を並べて往事を再現しています。
特に地下は真っ暗で、牢獄か?と思うような雰囲気ですが、上屋を支えるための基礎がレンガでアーチ状に組まれ、それはそれで見応えがあります。

ワイン醸造場としては一時生産を中止の後、現在は細々と再現をしている程度ですが、レストランやバーベキュー場、地ビールが飲めるビアレストランや、すき焼きやしゃぶしゃぶなどがいただける和食処もあり、多目的レストランのような施設になっています。
またチャペルも併設され、結婚式も挙げられるようになっています。

さらにここで醸造されているワインや地ビール、世界各国のワインなどを扱うショップや、レストランで供されるパンやデザートを販売するパン屋もあります。
ちなみにこの神谷さん、蜂ブドウ酒やデンキブランで有名な神谷バーを開いたことでも知られていますが、それらの製品も販売されていました。

ちょうど大安ということで結婚式が開かれ、本館の喫茶店は待合室として、ワイン貯蔵庫のレストランは披露宴会場として貸し切りになっていました(涙)。
和食処のお値段はわかりませんが、レストランやバーベキューのお値段は1,000〜2,000円程度と雰囲気の割にはリーズナブルです。

ただし、せっかく行くなら電車で行くことをお勧めします(JR常磐線の牛久駅から徒歩8分)。ワインや地ビールを目の前に、また周りは飲んでいる人が結構多いのに、飲めないのは辛かったです。
牛久シャトー(シャトーカミヤ)のホームページはこちらからどうぞ。

この日の走行距離は約280km。
ボクスターの総走行距離は、2,960kmになりました。
3,000km点検と「エンジンチェックガヒツヨウデス」のチェックをしてもらわねば。
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/1092596
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Tokiwa-Ji通信 at 2005-10-02 20:59
タイトル : 牛久・シャトーカミヤ②
2度目の牛久シャトー。今日は、BBQランチを食べに来ました。 お昼まで時間があったので記念館を見学。ワインの樽がその趣を感じさせます。 2階にはワイナリーの歴史のほか、シャトー・ムートン(といっても、私はワインにはとんと疎いですが)の各年のボトルを展示。ここのラベルは毎年著名な画家が描くとの事 これはピカソがラベルを描いたもの。 さて、いよいよBBQランチ。地ビール(チェリービール)で乾杯です!。... more
Commented by giacomo_pcn at 2005-06-26 20:40
牛久シャトー、そう遠くない方面に住んでいますが、行ったことがありませんでした。美しい建物があるんですね。実家周辺では、古河庭園というのがあって、そこにはやはり古い洋館が建っていますが、趣のあるものだったと思います。
ボクも旅先では、古い洋館があれば入ってみたりしますが、もちろん、おクルマさんのように筋金入りではありません(笑)
エンジンチェック、何事もないといいですね!
Commented by okuruma1970 at 2005-06-26 23:32
>>giacomo_pcnさん
キレイなというか優雅な建物でした。
雰囲気の割に食事はリーズナブル(ランチで1000〜2000円程度)でしたが、たまには電車で飲みに行くのもいいかもしれませんよ。ぜひどうぞ。

古河庭園、バラの時期はライトアップされたりしてキレイですよね。
石造りの建物の内部見学は申込制なのですが、ぜひまた見に行きたいです。
筋金が入っていなくても、興味を持っていただける方がいると思うだけでうれしいです。私の周りには、建物に興味ある友人がほとんどいないので・・・。

深刻な問題は一気に症状が出そうなので、誤検知とか軽症と思っています。
(希望的観測)
Commented by toneseisaku at 2005-06-27 10:25
こんにちわ。
いよいよ3,000kmで点検ですね!
私も昨日無事に点検を終えてボクスターが戻って来ました。
そういえば、牛久シャトーは何回か行っているんですが、渋い建物が有ったんですね。
いつも花見に行くだけで飲んで食べてで回り見ていませんでした(笑
今度ブログの皆さんと食事目的で気楽にドライブでも行きたいですね。
PS:テクイップメントは俗に言う「漢シフト」を装着しました。
Commented by okuruma1970 at 2005-06-27 22:19
>>toneseisakuさん
3,000kmは越えましたが、全然回せてないです。
なまくらエンジンになってしまったのではないかと、ちょっと不安です。
点検って日数がかかるのでしょうか? それとも漢シフト装着のため?

牛久シャトーで桜が植わっていたので、お花見きれいそうですが、駅から直行すると、古い建物は目に入らないかも知れませんね。次回はぜひご覧ください。
harua1971さんやgopさんの納車が近いですから、7月にお食事ドライブもいいかも知れませんね。
Commented by gop at 2005-06-28 08:53 x
順調に距離を延ばされていますね。
うちの納車は7/8(金)となりそうです(会社半休予定)
しかし土日は所用有り、そう巧くは行かない様で。

ブログにも載せてる様に私ワイン(も)好きです(^^
飲めないのは残念ですがどこか行きたいですね。
Commented by okuruma1970 at 2005-06-28 21:13
>>gopさん
納車まであと10日ほどですか。楽しみですねぇ。
私も納車直後の日曜日は仕事でした。巧くいかないもので・・・。

納車されたら、ぜひ行きましょう!
以前行ったオラッチェにも地ビールがあって、昼間からピッチャーで飲んでいたご夫婦が恨めしかったです。いっそお酒がないところの方がいいかもしれませんね。

さて、今日の夕方3,000kmの点検に出してきました。
「エンジンチェックガヒツヨウデス」の原因やいかに?
この間に306Cabrioletを構ってやらねば。
Commented by manaka987 at 2006-03-13 20:11
旧三笠ホテルと同じだったとは!!ならば中が見たかった!!
Commented by okuruma1970 at 2006-03-13 23:41
>>manakaさん
昨日はお付き合いいただき、ありがとうございました。
その後のお仕事も、お疲れさまでした。
岡田時太郎の作品と自分で書いておいて、すっかり忘れてました。
って、旧三笠ホテルは見たことないんです・・・。
本館の喫茶アベイユは、普段6時まで開いているらしいですが、残念でしたね。
by okuruma1970 | 2005-06-26 20:28 | 洋館探訪記 | Trackback(1) | Comments(8)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970