幌馬車2台の道楽日記

okuruma.exblog.jp

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも

ブログトップ

お花見がてらの洋館探訪

先週末は、関東では桜の盛り。
桜を愛でながら、洋館見物をしてきました。


土曜日3日は、北区の洋館見物。
前週のお花見tomoさんからお話を聞いた、旧醸造試験所の一般公開に同行させてもらいました。
この日は、tomoさん、ナカムラさん、izaさんの4人で、全員前週の花見メンバー(笑)。
場所は、王子駅から徒歩5分ほど。

現在は広島に本部がある独立行政法人・酒類総合研究所の一施設のようですが、明治37年に建てられたレンガ建築が残っています。
設計は、横浜赤レンガ倉庫と同じ妻木頼黄(つまきよりなか)。
普段でも道路や隣接する醸造試験所跡地公園から眺めることはできます。

d0054855_2334023.jpg


近くに寄ると、レンガを凹凸に積んだ軒の装飾やアーチ窓の要石など、凝ったところがあちこちに見られます。

d0054855_2371489.jpg


館内もレンガ積みで、アーチ天井など手が込んでいます。
この館内の様子は、一般公開のときだけしか見られません。

d0054855_2312158.jpg
d0054855_23124094.jpg


建物の横には大きな桜の木があって、お花見に最適そうですが、酒類総合研究所といいながら、お酒の振る舞いはもちろん、販売もありませんでした。
研究施設なので、売り物のお酒はないんですね(笑)。

d0054855_23161439.jpg








旧醸造試験所から30分ほど歩いたところに、北区中央図書館があります。
図書館前には桜が植えられていて、家族連れがノンビリお花見していました。

d0054855_23241281.jpg


奥に見えるのが、図書館の建物である、大正8年に建てられた赤レンガ倉庫275号棟です。
その後、鉄砲製造工場から米軍接収、民間工場などを経て、平成20年に北区中央図書館として再生オープンしました。

d0054855_23354982.jpg


レンガならではの積み方で、平板な最近の建物とは違って、表情豊かに見えます。
レンガがピカピカでなく、歴史を感じさせるのがいいですね。

d0054855_2338377.jpg


ちなみに、館内には喫茶店も併設されていて、レンガ倉庫の中でお茶できました。
ハヤシライスやパスタなどランチメニューもありましたが、この後どうしますかねぇ、の一言に、やっぱりお花見したいですよねぇ、と応え、軽く買い出し。


地図に桜マークがあった北区中央公園に向かうと、昭和5年に建てられた旧陸軍東京第一造兵廠の本部が残っていました。
左右対称のお役所らしい構成です。
現在は、中央公園文化センターとして、サークル活動や生涯学習の場として使われているようです。

d0054855_23532431.jpg


車寄せのスロープが権威を象徴しているようにも見えますが、アーチで和らげていますね。

d0054855_02272.jpg


実は裏手も抜かりなく、階段の踊り場窓には金工装飾が施されていました。

d0054855_053381.jpg



で、公園内の桜の大木下にベンチを見付け、ようやくお花見。
昼間は快晴でしたが、お花見中の空はちょっとどんより。

d0054855_0105245.jpg


やはり桜の下で飲むビールは最高です。
やっぱりコンデジと違って、よくボケるなぁ。

d0054855_0123754.jpg


酒類総合研究所のパッチテストで、「いくらでも飲めちゃうから注意しましょう」と判定されてしまうこのメンバーは、これで済むはずもなく、tomoさん・ナカムラさんのホームグラウンドである十条へ。
煤けたメニューが並ぶ、地元のおじちゃん御用達の飲み屋さん。

d0054855_022444.jpg


もつ煮込みや味噌田楽、さらには串盛りなどを肴に、ヱビス・ザ・ホップをクイクイと。
結構飲んだ気がしましたが、1人1,000円ほど。 安かったなぁ。

d0054855_0252046.jpg


さらにもう一軒ハシゴして、ヘロヘロしながら私はお先に失礼しました。
tomoさん、ナカムラさん、izaさん、お疲れさまでした。


翌4日は、相方を仕事に送り出してから、家から比較的近くにある陸上自衛隊・習志野駐屯地へ。
春は創立記念で公開されるようですが、昨年はテポ○ンだかノ○ンだかの影響で中止になってしまったため、ようやく見に来られました。

d0054855_038446.jpg


昨日も旧陸軍施設を見ましたが、特に軍事オタクな訳ではありません。
目的は、駐屯地内に残っている空挺館。
明治44年に東京・目黒にあった騎兵学校で、天皇陛下が観覧する御馬見所として建てられた建物で、大正5年に騎兵学校が習志野原に移転した際、移築されてきたそうです。
そういえば、私の出身高校は、騎兵学校の跡地の一部だったと聞いたような・・・。

d0054855_04273.jpg


外壁は、一階が横羽目板、二階が漆喰壁のコンビネーション。
館内は撮影禁止でしたが、格天井や扉周りの装飾など、各部に凝った造りでした。
空挺館が公開されるのは、春の創立記念公開のときだけのようです。
玄関の上の張り出した部分は、天皇陛下が観覧した御座所のようでした。

d0054855_0473631.jpg


レンガ造りの基礎には、お約束の鋳物の通気口がはめ込まれていました。

d0054855_0494044.jpg


桜の大木もあちこちにありましたが、自衛隊施設内なのでお酒はダメかと思いきや、焼き鳥や焼きそばとともにビールや酎ハイも売られ、お花見もできるようになっていました。
一人だったので飲みませんでしたが・・・。

もっともお花見は、創立記念公開に来る一般者よりは、関係者の方が楽しんでいたようでした(笑)。

d0054855_0593846.jpg



そんなこんなの、お花見がてらの洋館見物でした。
今週末もお花見できるかなぁ。
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/10947244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by TokyoRomanTheater at 2010-04-09 09:03
先週はお疲れさまでした〜。
わざわざ北の端までご足労、ありがとうございました。レンガや軍事のどっしり系施設を他ならぬおクルマさんに観ていただけて、よかったです! 研究所の内部、いい感じに写されていますね。
調子に乗って呑み過ぎてしまい、記憶がおぼろげでご迷惑かけてしまってスミマセンでした。。でも、愉しかったです。
習志野の方はまた趣向が違って面白そうですね。
それにしても、迷彩服の集団がお花見している光景っていうのも、駐屯地ならではですね〜。
Commented by iza at 2010-04-09 12:48 x
おクルマさんの写真を見ると、
やっぱデジイチ欲しいなあ。。。物欲がふつふつと湧いてきます。
(ま、こう撮れるかは別として)
長閑に楽しいお散歩でしたね。
おクルマさんのホームグランドにも進出したいなあ。
Commented by COOPER99 at 2010-04-09 20:17
ここが事業仕分けで有名になった、酒類総合研究所ですかぁ。
本部は、ウサギと亀の学校に雰囲気が似てるなぁ。
えぇ~っとぉー、ピンクの迷彩服が欲しくなりますた。(^u^)
Commented by okuruma1970 at 2010-04-10 22:24
>>tomoさん
気になっていた建物群でしたが、おかげさまで見に行くいい機会になりました。
お察しのとおり、私好みの重厚系でした。
2次会3次会のお店も、下町らしい好みのお店でした。
また飲みに連れて行ってください。
習志野は年に一度の公開ですが、彼らも年に一度ぐらい、花を愛でながらいい気分になりたいのでしょうね。

>>izaさん
先日は、建物巡りから夜まで、お疲れさまでした。
カメラに使われている感も少なからずありますが、どしるさんいわく、いいカメラを持つと凝った写真を撮りたくなる、のは確かですね。
近辺に目ぼしい建物はパラパラしかないですが、皆さんをお呼びできるだけの飲み屋の発掘の方がまだまだです(苦笑)。
Commented by okuruma1970 at 2010-04-11 04:29
>>COOPER99さん
経験と勘で仕込んでいた明治時代の研究所の発足当初ならいざ知らず、研究は大手酒造メーカーの方が進んでそうな気がしますが、発泡酒とか第3のビールとかに酒税課税するための研究なのかな。
ウサギとカメの学校と時期的に近いので、同じお役所建築ということもあって、雰囲気が似ているのかもしれませんね。
ピンクの迷彩服をきたゴツいお兄さんは想像できませんが、軍事好きな方々が集うカフェでメ○ドさんが着てるとか・・・(笑)。
Commented by at 2010-04-11 19:12 x
こんにちは。
誤解をされると困りますが、戦前の軍関係は良い建物が残っていて良いですよね。
それだけお金と力をかけられたということなんでしょうが…
どの洋館も素晴らしいですが、私は空挺館が一番好みかな~と♪
擬洋風建築の残り香も麗しく……
桜の下での洋館巡り&ビールなんて、お幸せですね♪♪
Commented by okuruma1970 at 2010-04-11 19:40
>>釉さん
戦前にお金をかけて立派な建物を建てたのは、軍関係に限らず役所建築はすべからくだったのでしょうけれど、街中の一等地だったお役所と、フェンスに囲われた広大な敷地の駐屯地というのが、現存の分かれ目だったように思いますね。
レンガ建築も捨てがたいですが、擬洋風の空挺館はいいですよねぇ。
お花見シーズンの洋館巡りは、一杯飲みながらができるのが目的の半分以上かも・・・(笑)。
by okuruma1970 | 2010-04-04 22:44 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(7)