出張ついでに(広島編)

6月5~7日の3日間かけて北東北を周遊しましたが、その週の木曜金曜には、広島県に出張しました。


新潟駅6時発の上越新幹線で東京に向かい、東海道新幹線に乗り換えて西へ。
山陽新幹線の福山駅まで「のぞみ」号で向かい、さらに「こだま」号に乗り換えて三原駅へ。
「こだま」号は懐かしの100系新幹線でしたが、2階建て車両を組み込んだ16両編成だった全盛期とは対照的に、今は4両とか6両の寂しい編成でした。
100系新幹線の運用も、あと2年だそうで、一部を旧塗装に戻すそうです。
【追補】残念ながら、2012.3に全廃されました。

d0054855_2154937.jpg


午後から取引先で会議をして、夜は意見交換会。
さらにその後に、同僚と名物のたこ料理を食べました。
街をフラフラと歩いて見つけたお店が、お食事処 蔵でした。

d0054855_21592935.jpg


おつまみ程度にたこ料理が食べられれば良かったので、たこ料理ミニセットをオーダー。
塩辛系の珍味は、ビールが進みました。

d0054855_2234980.jpg


もちろん、メインはプリプリ新鮮なお刺身。

d0054855_2264992.jpg


茶碗蒸しなんかも出てきたようですが、いつものことながらビールを飲みすぎました(苦笑)。
古い携帯のカメラで撮ったので、ちょっと不鮮明です。

d0054855_2210313.jpg






翌日も、午前中は会議。
会議は昼前に終わって、三原駅から普通列車で福山駅へ。
車両は115系ながら、関西・中京圏の新快速用電車だった117系並みの、2扉・転換クロスシートの3000番代でした。

d0054855_22125553.jpg


福山では、福岡に住んでいた子供の頃に、上京する新幹線の車窓から眺めていた福山城を間近に見ました。
(鉄筋コンクリート城なので、登りはしませんでしたが)

d0054855_22174636.jpg



新潟まで戻る同僚を見送って、ようやく私の目的が始まりました(笑)。
福山駅からは、広島県北部の三次に至る福塩線が出発していますが、福山と三次のそばの塩町を結ぶことから、福塩線と名付けられたようです。
福塩線といえば、オリジナル105系が走っている路線でもあります。

d0054855_22245470.jpg


105系は、大都市で運行されていた103系を、地方路線でも使えるように仕様変更した電車で、この福塩線と山口県の宇部線などに導入されました。
その後103系を改造して作られたりもしましたが、オリジナル105系は初めてかな。

1時間ほど乗ると府中に着きますが、府中から先は同じ福塩線でも非電化区間です。
小ぶりなディーゼルカー、キハ120(下写真の左側)に乗り換えました。

d0054855_22363046.jpg


途中、制限速度25km/hや、一番厳しいところでは15km/hなんてところもありました。
工事もしていないのに、制限速度15km/hなんて見たことがありませんでしたが、土砂崩れの危険性でもあるのでしょうか。

d0054855_2242511.jpg


降りたのは、上下駅。
現在は、電車から乗り換えた府中駅と同じ府中市に属しています。

d0054855_22454875.jpg



福山駅から2時間ほどかかる山間の小さな街まで来た目的は、ご想像通りの洋館。
まずは、旧街道筋に立つ旧・商工会館。
現地の観光看板によると、昭和戦前に建てられた上下警察署で、現在は商工会館として使われている、と書かれていましたが、詳細は不明。
平日午後でも締め切られており、倉庫程度にしか使われていないのかもしれません。

d0054855_2249586.jpg


白壁・黒壁の商家が連なる町並みに、塔屋が見えてきました。

d0054855_2343989.jpg


この建物が、上下町のメイン、上下教会です。
明治20年頃に地元名士であった門倉家の蔵として建てられた建物で、昭和25年ごろに教会に転用・改装されたそうです。 塔屋は改装の際に増築されたのでしょうか。
この雰囲気の教会は、側面にはアーチ窓が並び、入口も3つぐらいあるのが一般的だと思います。

d0054855_2354737.jpg



さらに進むと、火の見櫓を備えた、旧・上下警察署の建物があります。
なまこ壁が特徴で、明治時代に建てられた初代警察署と思われます。
食堂として営業しているという情報もありましたが、人の気配はすれども、看板など営業している気配はありませんでした。

d0054855_23235070.jpg


意外や一番整っていた建物は、片野製パンの建物ですが、現在はパン屋として営業している雰囲気はありませんでした。
地元の観光案内板によると、元のバス待合所とのことでしたが、やはり詳しい情報はありませんでした。

d0054855_23271215.jpg


もっと先まで行くと、元の芝居小屋「翁座」がありますが、これまた閉館。
一時は町興しのシンボルだったようですが、上下町が府中市に吸収されたことが影響してか、府中市(の振興団体)としては大きな意味を持たないと判断されてしまった結果のようでした(翁座前に立てられたオーナーによると思われる閉館の看板から)。

d0054855_7264289.jpg



上下へ行くに際して参考にさせてもらったarch-hiroshimaでも、手を掛ければ観光資源として活用できる、旨のことが書かれていましたが、山間部の集落のご多分に漏れず、過疎が進み、振興策を頑張ってもさしたる集客にはつながっていないのが実情のようでした。
傾向や規模としては、以前寄った大正村と似た雰囲気ですが、中京圏から2時間弱の大正村に対して、上下集落は広島や福山から2時間程度。
知名度はもちろんですが、地の利としても厳しいものがあります。
ともあれ、古い町並みが残る素敵な集落なので、何とか残してもらいたいものです。


帰りも、福塩線に揺られること2時間弱。
福山からは「ひかり」号で新大阪まで。
山陽新幹線限定の「ひかりレールスター」号です。

d0054855_7391026.jpg


車両は700系そのものですが、山陽新幹線限定運用の8両編成のためか、7000番代と区分されています。
最速パターンは岡山で「のぞみ」号に乗り換えるのですが、「ひかり」号で新大阪まで乗ったのは、指定席でもグリーン車並に2+2列の座席配置だから。

d0054855_741348.jpg


駅で買ったお弁当を食べながら、缶ビールを1本2本・・・(以下自粛、苦笑)。

d0054855_7432775.jpg


新大阪で「のぞみ」号に乗り換え、狭い座席に耐えながら東京まで。
千葉の自宅につく頃には、日が変わっていました。


以上、出張報告を終わります。
と、「出張ついでに」シリーズを続けてきましたが、6月から担当が変更になり、基本的に遠方の取引先に行く機会もなくなってしまいました(涙)。
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/11448118
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ROY@Singapore at 2010-07-02 22:40 x
上下はインパクトのある地名なので、気にはなっていたのですが、結構な町並みが残っているんですねえ。自分も知らなかったほどなので、もっと全国的にPRすると良くなるのではないかとも思います。地の利もさることながら、都会から遠くとも伝統的町並みをしっかり守っている街もあるのですが、やはり合併の流れの中では厳しいんでしょうか・・・。
(追伸)明日マレー鉄道で国境越えします。
Commented by photobauhaus at 2010-07-03 08:20
okuruma1970さん、おはようございます。
okuruma1970さんの出張はいつも楽しそうです。
それにしても一週間まるまる出張、お疲れさまです。
上下の街、地名も面白いですが塔屋が多い街ですね。
美味しいお食事にビールも好いですが、
やはり家で食べる食事が一番なのではないでしょうか。
私は出張のない仕事なので、たまの出張もしてみたいです。。。
Commented by okuruma1970 at 2010-07-04 01:01
>>ROYさん
上下という地名は、山陰と山陽の分水嶺から付けられた地名のようでした。
上下集落は、私も洋館で知っていたのですが、旧街道街については知りませんでした。
とはいえ、交通の便も悪いので、PRの仕方も難しいですよね。
GWで落ち着くかと思いきや、今年もお盛んですね(笑)。

>>photobauhausさん
一応、やるべきことはやっているつもりですが、その他のところに楽しみを見出しているもので、楽しそうに見えるのかな(苦笑)。
昔は、通信手段としては鐘の音、監視手段としては目視ぐらいしかなかったので、他の街にも塔屋がたくさんあったのかも知れませんね。
たまにだから、旅先での食事やビールがよく見えるのでしょうね。
Commented by at 2010-07-07 13:50 x
おクルマさん、ちょっとご無沙汰の間に、こんなに遠くへ!
福山からさらに2時間って!!!
洋館魂に頭が下がります。
片瀬製パン屋さんが、映画のロケ地として使える雰囲気ですね。
翁座も捨てがたく…
金毘羅歌舞伎や内子座のように、うまくいけば、大当たりがとれるのでしょうが…
いかせんせん、福山から2時間は…厳しいかな~と。
そんな風にして、どんどん建物が朽ちていってしまうんですね。

出張のないお仕事に変わられたとか。
残念です。
Commented by okuruma1970 at 2010-07-10 08:27
>>釉さん
かなり遠くに行ってきました。 出張ついでですが(苦笑)。
上下は、車でそばを通りながら、どこかわからずに通り過ぎて、心残りになっていた集落でした。
福山から2時間(でも片道950円)は予想以上でしたが・・・。
府中市の観光情報を見ても、個々の建物(点)としか見ておらず、街並み(線や面)としては見ていないのが敗因なのかも知れません。
内子の街もかなり不便ながら、それなりの集客力があるのは、文化庁の重要伝統的建造物群保存地区に指定されているか否かが、決定的な差なのでしょうね。
 http://www.bunka.go.jp/bunkazai/shurui/juudenken_ichiran.html
出張はなくなっても、プライベートで適当にフラフラ出歩きますので、今後もご期待ください。
Commented by reoreojp at 2010-07-27 22:54
湯田村駅から乗車し、府中高校に通っていました。
懐かしいです。
Commented by okuruma1970 at 2010-08-01 15:21
>>reoreojpさん
ようこそいらっしゃいました。
福塩線で通学されていたのですね。
帰りの列車には、reoreojpさんの後輩達をたくさん見かけましたよ。
by okuruma1970 | 2010-06-11 23:53 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(7)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970