京都旅行3(洋館編)

3日目は、京都近辺をうろうろ。


地下鉄東西線の東山駅で降りて、八坂神社に向かって歩いていると、一澤信三郎帆布のお店が目に付きました。
一澤帆布が、相続のお家騒動でゴタゴタしているようですが、現時点で一番まともに機能していそうなお店のようです。

d0054855_235269.jpg


10年選手のトートバッグを今でも使っていますが、代わりを買おうかと思って覗いてみました。
同じ布や型を使っているようで、ほぼ同じものがラインナップされていましたが、ネームタグがイマイチ気に入らないんですよねぇ。
相方は、通勤用のカバンを購入。


続いて、八坂神社にお参り。
おみくじを引くと「大吉」。

d0054855_23591754.jpg


幸先いいと思いきや、朝食を食べようと思ってやってきた長楽館が臨時休業(涙)。
月曜日ではあるんですが、運が悪すぎ・・・。


仕方がないので第2候補に向かうべく、四条河原町まで歩いて、阪急に乗って烏丸へ。
1駅だけでしたが、9300系の特急に乗りました。

d0054855_043857.jpg



向かったのは、京都芸術センター
京都芸術センターは、旧明倫小学校の建物を転用しています。

d0054855_093739.jpg


で、建物を見る前に腹ごしらえ。
センター内に、京都市内に数店ある前田珈琲が出店しています。
元は小学校の教室(?)だったとはいえ、歴史を感じさせる空間はいいものです。

d0054855_0154028.jpg


ハンバーグサンドとか、美味しそうなメニューがたくさんあって目移りしましたが、いただいたのは、朝カレーならぬ、ハヤシライス。
少な目かな、と思いきや、結構なボリュームでした。

d0054855_0193179.jpg








館内は、元小学校なので豪華ではありませんが、手は込んでいます。
生徒用の下駄箱とは違う入口なので、先生用の入口だったのかもしれませんが、モルタル細工や、ステンドグラスがはめ込まれていたり、いい仕事ぶりがあちこちに見られました。
階段も手の込んだ手摺柱に、腰の高さまで板が張られていたりして、重厚でした。

d0054855_0224255.jpg
d0054855_023390.jpg



四条駅から地下鉄烏丸線(訂正しました)に乗り、終点竹田駅で近鉄に乗り換え、さらに丹波橋駅で京阪に乗り換えて、宇治へ。
扇風機が付いた懐かしい車両もありました。

d0054855_033421.jpg
d0054855_0332690.jpg




たまには寺社仏閣をということで、宇治では平等院鳳凰堂を見物。
極楽浄土を再現したとされるその庭園と建物は、素晴らしいの一言。
極楽浄土を意識するようなお歳の方が多く、写メを撮るケータイは、ラクラクホン率が異様に高かったです(笑)。
後光が差すように作られているのか、昼間は逆光でした。

d0054855_0352326.jpg




宇治からの帰りはJR奈良線の103系。
東日本では絶滅しましたが、西日本では低運転台ががんばっていました。

d0054855_0422236.jpg




六地蔵駅で地下鉄東西線に乗り換えて、バスに乗ったりして、清水寺参道にある清水順正改め五龍閣カフェのリベンジ。
大正10年に松風嘉定邸として、武田五一の設計で建てられた建物で、国登録有形文化財です。

d0054855_0511556.jpg


湯豆腐で有名な「順正」(※音が出ます)の清水店として、以前は洋間に畳を敷いて湯豆腐を出していたようですが、登録文化財指定を機に、正しい使い方に戻そうと考えたのか、2009年11月に同系列のカフェとしてリニューアルされたそうです。
2階は改装中なのか、使われているのは1階のみ。

d0054855_0572653.jpg


喫煙室でしたが、サンルームでお茶しました。
ステンドグラスがはめ込まれたサンルームは、とても明るい雰囲気。
いただいたのは、アイスコーヒーとタルト。

d0054855_0583593.jpg


店員の方に断って、館内を見学させてもらいました(階段室のみ)。
1階では藤森教授が解説している以前のテレビ番組が流れていましたが、その解説の通り、階段室への力の入れようは半端ではありませんでした。

d0054855_104085.jpg
d0054855_11261.jpg




夕食は、南禅寺の順正へ(芸がない・・・、苦笑)。

d0054855_165198.jpg


相方は定番の湯豆腐のセット。

d0054855_174725.jpg


セットは、天ぷらやら味噌田楽やらいろいろ出てきて、舌も目も楽しめました。

d0054855_11674.jpg


季節柄と思い、焼き松茸なんてのも頼んでみましたが、香りはイマイチ。
単品で数百円なので、輸入ものの小さいやつなんでしょう(苦笑)。

d0054855_1135414.jpg


私はおぼろ豆腐のセット。 もちろんビールも。
あんかけの絡まったお豆腐が、いいつまみになりました。

d0054855_1121480.jpg




これでお腹一杯になったつもりでしたが、相方を宿に送り届けた後、滋賀在住の友人と大津で飲み直し。
秋刀魚の肝焼き、美味しかったなぁ。
11時過ぎまで2時間ほど飲んで、ホテルに戻りました。
毎度のことながら、食べ過ぎて、飲み過ぎました(苦笑)。


(続く)
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/12096240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ROY@Kumejima at 2010-10-18 21:11 x
移動距離の割りに、利用した電車の車両形式が多いような気がしますが、狙っていたとしたらサスガです(笑)。味の名店巡りと称しての、実は洋館巡りでしょうか??
Commented by 妃な香 at 2010-10-18 21:39 x
イイネ~イイネ~、私のテリトリー?に入ってきましたねwww
一澤信三郎帆布が一番いいですよ。質も生地も縫製も。元社長さんと元の全従業員が頑張ってますから!タグは私も実は前の方が好きなんですが、心意気に賛同していくつか買っちゃってます。次回も通勤用トート、狙ってます☆
朝食・昼食・夕食もばっちりじゃないですか!

…でも朝食にたどり着くまで、おなかすいたんじゃないですか?
Commented by okuruma1970 at 2010-10-19 23:53
>>ROYさん
確かに、チョコチョコと短区間で乗り換えて、いろいろな車両(路線?)には乗れましたが、結果的に高かったんだろうなぁ。
食事処は、同行者向けの名目と、個人的な実利を兼ねていますので・・・(笑)。

>>妃な香さん
まさに妃な香さんワールド、と思いながらの周遊でした(笑)。
カバン自体は一澤帆布時代とほぼ同じだなぁと思いつつも、、やっぱり「知恩院前上ル」のタグの方がいいですよねぇ。
長楽館の臨時休館は大きな誤算でしたが、朝食の第2候補は、四条河原町のフランソワ喫茶店とちょっと悩みました。
Commented by at 2010-10-22 11:01 x
どなたでもそうでしょうが、京都って良いですよね。
ああ、この阪急電車に乗って、十年ほど前は、しょっちゅう京都に通っていたのに……
あの時は、幕末好き炸裂状態だったので、
洋館には手が回りませんでした。
ご記事を一気読みしながら、あ~、勿体ない事をしたと、後悔しきりです。
旧明倫小学校は行きました!
前田珈琲、そうそうありましたね~♪

清水の順正、カフェになったのですか!?
知りませんでした。
お仕事していた頃、修学旅行で、悪ガキ達を連れていきました。
連中がドカドカ歩いて、ひやひやしたけれど……
これなら一安心ですね。

友人にも会いたいし、京都には行きたいなといつもおもっているのですが……
Commented by okuruma1970 at 2010-10-23 08:37
>>釉さん
京都の良さは、古の歴史だけでなく、明治大正のモダンや、現代が程よくブレンドされているのが、日本人に心地よく感じるのでしょうか。
歴史好きには、戦国好き、幕末好きなどあるようですが、私は戦国&城好きから、一気に洋館に飛んでしまいました。
明倫小学校の前田珈琲には行かれたのですね。
洋館で湯豆腐を食べるアンバランスを、清水順正で楽しんでみたかったのですが、建物の雰囲気に合わせたカフェになっていました。
手軽にあの建物を楽しめるのは、いいことですかね。
京都ではJ2の試合はないかも知れませんが、洋館好きに京都は外せませんので、ぜひまたどうぞ。
Commented by photobauhaus at 2010-10-23 19:32
こんばんは。
京都のご旅行、楽しまれたようですね。
小学校のカフェ、なかなか好い雰囲気です。
小学校と言えども、なかなか凝った作りのようですね。
夕食の湯豆腐もいいですが、
松茸焼きでビールが最高です。。。
Commented by okuruma1970 at 2010-10-25 00:43
>>photobauhausさん
3泊4日で、京都の北から南までいろいろ楽しんできました。
凝った小学校を転活用する例が増えているようですが、手軽なカフェがあると、近隣住民や観光客が立ち寄りやすくなりますね。
やはり、松茸のような季節モノは、旬にいただくのが一番美味しいですね。
Commented by TokyoRomanTheater at 2010-11-04 15:40
一澤帆布の新しいタグ、私も同じ理由でいつも踏ん切りがつきません。なんか残念ですよねぇ。。。
前田珈琲、あの小学校のなかというのがいいですよね。ナポリタンを食べましたが、ハヤシライスも美味しそう♪
それにしても、行こうと思っていたところや実際行ったところが、京都広しといえども趣味友達だけにみなさん似たり寄ったりなのが面白いですね。
私も前回、長楽館を見送ったのでした。。。
Commented by okuruma1970 at 2010-11-04 22:55
>>tomoさん
古きよき雰囲気の一澤帆布のタグと違って、信三郎帆布のタグはヘタウマみたいな線を狙ったからですかねぇ。
モノはほぼ同じで良さそうなのに、お家騒動で以前のタグが使えないなんて、もったいないし、残念ですよねぇ。
あれで給食カフェとかいっちゃうとやり過ぎですが、前田珈琲はちょっとレトロで留まっていて、ちょうど合っていますね。
自分一人の足取りとはちょっと違うかもしれませんが、相方も飽きないよう、tomoさんや妃な香さんの足取りも参考に・・・(笑)。
by okuruma1970 | 2010-10-04 23:47 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(9)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970