幌馬車2台の道楽日記

okuruma.exblog.jp

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも

ブログトップ

九州温泉旅行2(2日目)

2日目といいながら、雲仙観光ホテルでの1日目の夕食から。


夕食は、広いメインダイニングでいただきました。
強固な構造体で得られた大空間は、落ち着いた配色のおかげで、ゆったりしたペースでいただくことができました。

d0054855_2121411.jpg


洋食と和食、和洋懐石のようなコースの3種類から選べましたが、私は普通の洋食、相方は和洋懐石を選びました。
まず供された前菜は、手が込んでいて、どれから手をつけようか目移りするほど。
ビールのおつまみとして、最高でした(笑)。

d0054855_2129378.jpg


スープの後はメインのお肉。
何種類か選べましたが、ちょっと趣向を変えて鹿肉などいただいてみました。
ちょっとクセがあるのかなと思いきや、脂が少なめであっさりしていて、美味しかったです。

d0054855_2134122.jpg


あと何品か出されたものの、手元にメニューがないので細かな内容が書けないのですが、4・5組しか泊まっていないこともあってか、食べるペースに合わせてゆったり供されたので、優雅な気分でいただけました。

お食事が終わると、パティシエが登場。

d0054855_21384914.jpg


果物のほか、器に入ったクリームブリュレはともかく、チーズケーキとイチゴのムースはパティシエが取り分けてくれました。

d0054855_21414061.jpg



宿泊プランでフリーだった部屋の冷蔵庫の飲み物は、250ml缶のビール4本と小瓶が1本。 ちょっと足りなかったかな。






翌朝(2日目)は、ホテル近くの地獄へお散歩。
硫黄の臭いとともに、もうもうと湯気が上がっていました。

d0054855_21513231.jpg



朝食は洋食(和食も選択可)。
パンにサラダにスクランブルエッグとソーセージ、果物に地元産飲むヨーグルト。
ゆで卵は半熟をスプーンでいただくスタイルでした。

d0054855_21545875.jpg



24時間滞在可能というプランでしたが、次の目的地に向かうため、9時には出発。
近くのバスセンターまで、シーマで送ってもらっちゃいました。
雰囲気、設備、サービスとも、いいホテルでした。

バスで島原港に向かい、熊本港行きの高速船に乗り込みました。

普賢岳を見送られながら、有明海を渡りました。

d0054855_2205179.jpg




熊本からは、787系「リレーつばめ」号に乗車。
以前は博多~西鹿児島間を結んでいた「つばめ」号として走っていましたが、九州新幹線「つばめ」号が新八代~鹿児島中央(西鹿児島)間で運行を始めると、「リレーつばめ」号として博多~新八代間に運行区間を変えました。

d0054855_2253424.jpg


来年(2011年)3月に九州新幹線が全線開通すると、新八代での乗り換えも終わってしまうというので、乗っておきたかったというのも九州に来た理由の一つ。
この写真は、左にブラウンメタリックのリレーつばめ号、右に白い新幹線つばめ号が写っているのですが、新八代での同一ホーム乗換えが、何とかわかるでしょうか(苦笑)。

d0054855_2215275.jpg


40分ほどの新幹線車内で、馬肉を使った駅弁「さくら弁当」をいただきました。

d0054855_2221286.jpg


鹿児島中央駅はホームドア完備なので写真は撮りにくかったですが、丸みを帯びたデザインはJR九州のオリジナル。
ちなみに指定席は、2+2列のゆったりしたシートでした。

d0054855_22265597.jpg



鹿児島では2時間ほど建物巡りをしたのですが、それは3日目に紹介するとして、2日目のお宿へ。
建物巡りを優先して鹿児島市内で泊まることも考えたのですが、せっかく鹿児島まで来たなら、ということで温泉地へショートトリップ。
乗ったのは快速「なのはなDX」号で、その名の通り、菜の花をイメージした真っ黄色なボディーのディーゼルカー(キハ220系)です。

d0054855_22365746.jpg


自由席もありますが、事前に予約していた指定席に乗り込みました。
自由席車は3ドア車なのですが、指定席車は2ドア車で、中央のドアがあるはずの部分にはフリースペースがあり、区間によっては錦江湾や桜島を望めました。

d0054855_22445241.jpg


鹿児島から向かった温泉地は、指宿でした。
九州新幹線全通を見越してか、駅の外観はモダンにリニューアルされていました(基本的な構造は古いままのようですが・・・)。

d0054855_224636100.jpg



泊まったのは吟松というホテルで、今回は露天風呂付きの部屋でのんびり温泉に浸かれました。

d0054855_2251752.jpg


指宿といえば砂蒸し風呂が有名ですが、306を買った年に来て以来13年ぶりに訪れました。
砂蒸し風呂に浸かっている写真も撮ってもらいました(笑)。

d0054855_2114116.jpg



夕食はお食事処でいただきました。
ミニかまくらに覆われたお造りは、地のものなのか新鮮でした。

d0054855_2311252.jpg


この宿の売りの一つが、目の前で揚げてくれるさつま揚げ
さつま揚げに目がない私にとっては、最高の肴でした。

d0054855_231243.jpg


普段はビールの私ですが、せっかく鹿児島に来たからと焼酎のお湯割りを。
というのも、ソフトドリンク1杯サービスだったのですが、焼酎もソフトドリンク扱い。
さすが鹿児島、違います(笑)。

d0054855_233332.jpg
d0054855_2335616.jpg


コースのメインは、薩摩黒豚のしゃぶしゃぶ。
豚なので色が変わるまで、でも茹で過ぎは禁物、っていいながら、美味しくいただきました。

d0054855_2394944.jpg



焼酎のお湯割りが効いたのか、部屋ではビール2本で陥落。
また一段とお酒に弱くなったような気が・・・(苦笑)。



鹿児島市街の建物巡りは、3日目にご紹介します。

(続く)
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/12543698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by azmomohiro at 2010-12-21 06:44
美味そうですね〜私は旅の記録より
コチラを楽しみにしていたりしています、お酒って本当に弱くなりますよね〜
Commented by gop at 2010-12-21 19:20 x
何時も豪華な旅で羨ましい限り。
今回の九州帰省は日並びが悪く、トンボ帰りになりそうで。
指宿は蒸気末期に何回か行きました、次はSL人吉でしょうか?

Commented by okuruma1970 at 2010-12-22 07:06
>>azmomohiroさん
美味しいお料理は、目で見ても美味しく見えますよね。
お酒に弱くなっている自覚なく飲んでしまうと、帰宅するといつもヘロヘロです(苦笑)。

>>gopさん
マイル特典航空券で飛行機代がかからない分、お宿に奮発してしまいましたが、トータルでは結構・・・(苦笑)。
gopさんは中京圏のご出身と思いますが、九州はご親族が押すまいか奥様のご出身地でしょうか?
指宿枕崎線は初めてでしたが、指宿駅で「西大山に行く列車は?」と聞いていた鉄子さんを見ました。
残念ながら、最終日は建物三昧でした。
Commented by ROY at 2010-12-22 23:30 x
九州の車両は、国鉄時代からの伝統なのか楽しいものが多いですね。新幹線開業で787が783を玉突きして・・・とかいう噂もありますが、ガラリと変わる前に自分も一度行っとくかな。
ところでよく見ると私とほぼ同じ時期に、同じ航空会社のマイルを使って旅行されていたんですね。結局現地での移動やらイベントやら何やらでお金は使ってしまうんですよねえ(笑)。使用マイルは自分の◎分の一のようですが、ラグジュアリー温泉宿三昧とは豪華ですねえ。
Commented by okuruma1970 at 2010-12-23 12:22
>>ROYさん
国鉄時代に交流電化や無煙化で導入された新車が、今まで生き残ってきたのでしょうが、JRになってからは、乗りたくなる車両を念頭に置いた車両を作り続けていますよね。
485系も定期列車から引退するそうで、運行体系を含めてずいぶん変わりそうですね。
コストと量産に主眼を置いた車両つくりを旨としている某社とは大違い(苦笑)。
ROYさんも、元フラッグキャリアでご旅行でしたか。
何かがタダと思っても、結局付帯費用がかさむだけねんですよね。
まぁ、昼間の建物三昧、乗り物三昧の代わりに、相方向けの温泉宿なもので・・・(苦笑)。
Commented by nesan at 2010-12-23 22:28 x
うらやましいな。雲仙は高校の修学旅行。指宿は大学のインカレが桜島でやってその帰りに砂風呂に入ったのを思い出す。なんか、忙しさを理由に旅行行っていないな。行きたいのぉ。
Commented by okuruma1970 at 2010-12-25 07:15
>>nesanさん
修学旅行で雲仙に行ったことは、相方から聞きました。
高校で九州とはうらやましいなぁ(中学・高校とも京都・奈良・・・、涙)。
指宿の砂風呂まで行っていたとは、実は国内もいろいろ回ってるのかな?
お子さんが小さいと大変でしょうが、お休みを狙って、まずは近場からいかがですか。
Commented by photobauhaus at 2010-12-25 18:20
メリークリスマス〜☆okuruma1970さん。
九州の温泉旅行、いいですね。
今日の東京は寒さが戻ってきたので、温泉が羨ましいです。
クリスマスイヴは如何お過ごしでしたか。
わが家は子供の予定に合わせて、今日クリスマスパーティーです。
と言ってもささいなパーティーですけどね。
12月は忙しいので、せめてもブログで旅気分を味わっています。
お正月の三元日は、やっとゆっくり出来そうです。
あと数日頑張らなくちゃ。。。
Commented by okuruma1970 at 2010-12-27 07:03
>>photpbauhausさん
メリークリスマス!(遅ればせながらで、すいません、汗)
冬場の温泉は、温まってありがたいですね。
ご家族でクリスマスパーティーとは、いいですね。
私が25日も新潟で仕事だったので、我が家は1日遅れて26日に外食しました。
このブログで、お忙しい中で旅気分を味わっていただければ、幸いです。
年の瀬で慌しいですが、あと数日がんばりましょう。


新潟は24日あたりから雪が続き、今朝も一面真っ白です。
職場までの雪中行軍がんばります。
Commented by at 2010-12-28 17:40 x
おクルマさん、クリスマスの雲仙観光ホテル、行ってまいりました。
おっしゃるように「雰囲気、設備、サービスとも、いいホテルでした」ね~!
Commented by at 2010-12-28 17:42 x
間違えて投稿してしまいました。ごめんなさい。続きです。
クリスマスの翌朝、起きて見たら、真っ白~
夫はチェーンなんてつけたことがないので、ホテルの皆さんにつけてもらっちゃいました。
更に好感度アップです。
今、あらためて、おクルマさんのお写真を拝見すると、ガラガラ~です(笑)
クリスマスは7割ほどの稼働率、更にお食事だけのお客様もいらしたようでした。
でも、お食事はゆったり楽しめるところ、さすがですね!
Commented by okuruma1970 at 2010-12-30 11:09
>>釉さん
雲仙観光ホテルでクリスマスを迎えるというご予定、(結果的だったのかも知れませんが)ロマンチックですね。
小さなサービスの積み重ねが、本当に良かった、につながるのでしょうね。
ホワイトクリスマスだと、さらにロマンチックのはずですが、旦那さんは大変な思いをされましたね。
クリスマスでも稼働率7割とは、余裕の座席数なのでしょうね。
写真は人がいない方に向けて撮りましたが、確かにMax5組みぐらいだったので、本当にガラガラというかゆとりがある状態でした。
by okuruma1970 | 2010-11-27 20:30 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(12)