東九州山陰の洋館巡り(その1)

このGWは、震災の自粛ムードがありつつも、年初から考えていた通り、個人的に洋館を見ていなかった東九州と山陰の洋館巡りをしてきました。


私は4/29〜5/5の7連休でしたが、相方はその間に1日しか休みがなかったので、昨年同様に一人ブラリ旅をさせてもらいました。
それに加えて、GW中に関東からの出入りは渋滞にハマるのが必至なので、新潟から出て新潟に戻ろうと考えました。


【4月27日(水)】

まずは、遠出の前にオイル交換を。
仕事が終わってすぐに、オイル交換工賃無料のクレジットカード会員になっている新潟市街の黄色い帽子へ。
いつもの粘度15w-40のオイルがなかったので、それに近かったカストロールの部分合成油Magnatec(10w-40)をチョイスして、エレメント交換もしたので5リットルを飲み込みました。

d0054855_1112616.jpg


前回オイル交換したのは、2010年1月10日に90,000km時点だったので、1年3ヶ月で6,000kmも放っておいてしまいました。
今回は、オイル5リットル(4L缶+1L缶)とエレメントで、合計7,000円でした。



【4月28日(木)】

GW前日の仕事が終わり、いったん新潟の寮に帰って荷造り。
着替えの他に、車中泊もできるように、上着やらタオルやら何やらかにやら・・・。

午後8時に新潟を出発し、北陸自動車道をひたすら西進して敦賀ICまで(高速料金9,050円→1,000円)。
高速を降りて、国道27号線を若狭湾沿いに西進して、小浜西ICから舞鶴若狭自動車道に乗って舞鶴PAまで。
この日は午前2時過ぎまで500kmほど走って仮眠しましたが、それほど広くない舞鶴PAの駐車スペースは、車中泊やら仮眠の車でいっぱいでした。
エンジンをかけていないトラックは、いい防音壁になってくれました(笑)。

d0054855_11144328.jpg




【4月29日(金)】

3時間ほど仮眠をして、舞鶴PAを午前6時頃出発。
舞鶴若狭自動車道を南下して、吉川JCT(写真)から中国自動車道へ乗り換えて、再び西進。

d0054855_11195615.jpg


渋滞予測による中国道の渋滞は西宮山口JCT辺りまでで、吉川JCTまでは伸びてこない目論見が当たり、渋滞に遭遇することなく中国道をスイスイ。






途中2箇所のSAで30分ほどの仮眠を取りつつ、関門橋(写真)を渡って九州へ上陸。

d0054855_1125535.jpg


関門橋前後でちょっと渋滞がありつつも、30分もかからず解消。
広川SAでトイレ休憩しがてら、この夜の宿を予約。
十数年前の卒業旅行で九州最南端を目指したときは、対面通行だったよなぁなんて思いながら、さらに九州自動車道を南下。
えびのJCT(写真)で宮崎自動車道に乗り換えてラストスパート。

d0054855_11334560.jpg


宮崎道って対面通行かと思いきや、全線2車線の立派な高速道路でした。
どう考えても・・・。
宮崎ICで降りると、料金表示器に「割引 ¥1,000」の表示が。

d0054855_11382389.jpg


輸送分担のバランスを壊してカーフェリーや長距離バス、JR各社などの経営に影響(一部は廃業)を与えた愚策だったと思っていますが、今年6月に打ち切られるということで、納税者として最後に享受してみました(笑)。
ちなみにNEXCOのHPで検索したところ、距離977.2kmで、本来は16,850円とのことでした。
2区間合計で無割引料金25,900円は高くて乗る気がしないけれど、2,000円は明らかなダンピング。
半額(13,000円)ぐらいが適正価格なんじゃないかと思います。

新潟、富山、石川、福井、京都、兵庫、岡山、広島、島根、山口、福岡、佐賀、熊本、宮崎、と14府県を走り抜けてきました。
以前24時間で1,000km走ったときは一般国道8割だったのでヘトヘトでしたが、高速9割以上だと楽でしたねぇ。

宮崎ICから宮崎市街へ向かう国道10号の街路樹はフェニックスで、南国ムード満点。

d0054855_11452884.jpg


以前は遠出してもほとんど車中泊で済ませていましたが、306Cabrioletは狭くて寝にくいことと、寄る年波(苦笑)には勝てず、初日からホテル泊。
この夜のお宿は、宮崎県庁にほど近いホテルプラザ宮崎

d0054855_11494414.jpg


素泊まり3,980円(+入湯税150円)というお値段もさることながら、いちおう温泉もあるということで選びましたが、今回の旅行中でコストパフォーマンスが一番良かったな。


途中でパンとおにぎりをかじったぐらいだったので、夜は地の物を食べに出ました。
ホテルに近い「鳥の里」という地鶏料理屋です。
オーダーしたのは、地鶏もも焼きと鶏寿司。
ビールが体に浸みわたりました。

d0054855_1158377.jpg


地鶏もも焼き(地鶏炭火焼き)は、炭火の黒いのがちょっとグロテスクですが、コリコリプリプリした食感が美味。
以前、友人のお土産でもらって以来、結構気に入って、ときどき買って食べています。
今ではあちこちで手に入りますが、新宿のみやざき物産館「KONNE」では各社の地鶏炭火焼きの真空パックを買うことができます。

d0054855_1225410.jpg




【4月30日(土)】

朝から宮崎市街の建物巡り。
まずは、昭和7年築の宮崎県庁舎。

d0054855_1261312.jpg


11年前に「県庁の建物を見せてください」と言ったときは、珍しいやつが来たという感じで見られましたが、東国原前知事フィーバー以降、宮崎市内の観光スポットと化して、建物の前で記念撮影する人がひっきりなしに訪れていました。
知事交代後も観光大使的な役割を担っているのか、未だにこんな物が出迎えてくれました。

d0054855_1211214.jpg


エントランスを入ると、大理石の手すりが立派な振り分け階段が構えていましたが、手すりのあちこちに、「○○の化石」と解説が貼られていました(笑)。

d0054855_12112876.jpg



県庁舎のそばには、レンガ造り風の宮崎県庁5号館(宮崎県文書センター)がありますが、これは宮崎農工銀行として大正15年に建てられたもの。
この時期の銀行によくある列柱こそありませんが、窓間のレンガタイルが、堅牢さを表していました。

d0054855_12191541.jpg


郊外の宮崎神宮には、宝物を納めていた旧徴古館が残っています。
壁に平瓦を貼り付けて漆喰を盛って間を埋める、「なまこ壁」という工法です。
この他にも1件を見物。

d0054855_12412630.jpg




宮崎市から県南部の日南市へ、まずは城下町の飫肥(おび)地区から。
飫肥城は伊東氏の居城だったそうですが、石垣が残るだけでした。

d0054855_12505391.jpg


古い城下町らしく、古い市街の水路には鯉が泳いでいました。

d0054855_1303374.jpg


飫肥といえば、飫肥天。
薩摩(鹿児島)ではないので、薩摩揚げとは呼ばないのでしょうが、似たような魚のすり身揚げです。
ギュッと身が詰まった薩摩揚げとちょっと違い、少しフワフワした食感でした。

d0054855_1323179.jpg


さて、ここで見たのは鳥居下公民館で、大正2年に鹿児島銀行飫肥支店として建てられた木造建築。
角地に建てられた銀行建築ですが、ドイツ壁の角部の両側が曲面を描いていていました。
この他にも3件ほど見物。

d0054855_1354722.jpg



ここからちょっと移動して、同じ日南市の港町である油津(あぶらつ)地区へ。
3階建ての銅板貼り看板建築である杉村金物商店など、3件を見物。
一番の目玉は油津赤レンガ館なのでしょうが、狭い路地で撮りにくかったので、あえてこの看板建築を。

d0054855_1311490.jpg



ここから一気に北上して、木城町の石井記念友愛社へ。
児童養護施設などを運営している団体ですが、石井十次が福祉の理想郷として作っていた施設に、その事務所棟としての方舟館という建物が建っていました。

d0054855_13212071.jpg


明治41年に建てられた近代和風建築で、望楼を戴いているあたりは天守閣に近いイメージ。
ちょっと毛色は違いましたが、面白い建物でした。


国道10号線の渋滞にも少しハマったこともあり、日も暮れ始め、この日は延岡市の2件で締め。
郊外の土々呂町にあるヴォーリズの洋館で、現在はzakka shop コニファーとして営業しています。
もっと早く着けばカフェ営業もしていたようですが、タイムアウト。
こんな洋館でお茶できたら、ノンビリした気分になれるんでしょうね。

d0054855_13245666.jpg



延岡市からさらに国道10号線を北上して、佐伯市へ。
ここで別府市のホテルを予約しましたが、遅くになったこともあり、選択肢はほとんどなし。
佐伯ICから東九州自動車道に乗り、大分自動車道の別府ICまで。

別府駅前のホテルフジヨシに着いたのは、午後10時過ぎ。
朝のおにぎり付きで5,200円でしたが、立地は駅前ながらかなり古めかしいホテルで、イマイチ。
展望風呂と称する温泉に入浴して、すぐに寝付きました。


ということで、4/30は約400km走り、宮崎県の洋館を14件見物しました。



続く
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/13543278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by COOPER99 at 2011-05-09 22:41
ありゃまっ、東九州どころか南九州まで行ってますやん。w
以前はこんな所に道は無かったとか、ココは対面通行だったなんて
感慨にふけるところで、歳がバレますな。(^u^)
車中泊はハイエースが最強ですが、パトラッシュ購入時の理由の
1つでもあります。
室内高さが有って、荷室まで1つの空間になっているだけで、
自由度がかなり違いますからね。
本格的には、そこから先は工夫次第ってところも有りますから。
流石にバイクにテント担いでは、年齢的に厳しいんで。(^u^)
Commented by iiduka987my07 at 2011-05-09 22:48
こんばんは。これは凄いドライブですね~。
新潟から九州とは!しかも宮崎まで!
ちょっと前だったら直江津~博多間にフェリーが
あったんですがね。あれ20時間くらい掛かってましたが(笑)。以前、横浜まで殆ど寝ずにボクスターで行きました
が車の中で寝れなくて本当にきつかったです(笑)
Commented by okuruma1970 at 2011-05-11 07:20
>>COOPERさん
言われてみれば、宮崎って南九州ですね(笑)。
ホント歳がバレます
工夫もあるのでしょうが、やはりパトラッシュも車内は広いのですね。
そういえば、バイクな方々って、テントと寝袋くくり付けていますよね。
移動と寝泊りの自由は無限大ですが、確かに辛そうだなぁ・・・。

>>iiduka987my07さん
以前は、東京から出て鹿児島まで行って秋田に向かう、しかも大部分は下道で、みたいな長距離ドライブをやっていたのですが、久々に頑張ってみました。
 http://okuruma.fc2web.com/grand/grand.html
カーフェリーとは頭に無かったですが、寝ながら移動できるものの、高速での移動と比べるとスピードがなぁ・・・(1/3ぐらい?)。
Boxsterでは、ほんの2時間ぐらいの仮眠でも苦労したのを思い出しましたが、それから比べれば306Cabrioletはマシですね。
by okuruma1970 | 2011-04-29 21:32 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(3)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970