出張ついでに(岡山編)

行ってからもう1ヶ月半ぐらい経ってしまいましたが、出張ついでの後編を。


6月23日(木)は新潟から山口県周南市(徳山)まで移動で費やし、翌6月24日(金)の午前中で出張の目的であった仕事を終えて、午後は山口県内の洋館巡り。 夕方から東へ移動して、その夜は倉敷市内のホテルに泊まっていました。

泊まっていたのは、倉敷アイビースクエア
紡績工場のレンガ建築を活用したホテルですが、部屋は普通のホテルと同じでした。

d0054855_8444892.jpg


施設内には、下見板張りのオルゴールミュージアムがありましたが、明治時代に建てられた工場の事務所だったようです。

d0054855_8534531.jpg


施設の回りには、工場の高いレンガ塀が巡らされていました。
モダンなレンガ塀の向かいには漆喰壁の商家が並んでいるのが、倉敷らしいのかな。

d0054855_8482955.jpg


賑わっている美観地区からちょっと離れたところには、旧街道街のような落ち着いた路地もありました。

d0054855_8562430.jpg









美観地区の中心である倉敷川から一本路地奥には、中国銀行旧倉敷支店があります(現在も同行の倉敷本町出張所として営業)。
大正11年に建てられた建物で、この時期らしく列柱が並んだ威厳溢れる雰囲気です。

d0054855_911673.jpg


土曜日ということで、残念ながら休業日でしたが、建築当初の用途で今も使われているのだから、文句は言えませんね。
アーチ窓の上部にはステンドグラスがはめ込まれていたので、平日また見に来たいものです。

d0054855_931216.jpg


すぐそばには旧倉敷郵便局の建物もあり、駅から少し離れてはいますが、このエリアが倉敷の経済の中心であったことを物語っていました。

d0054855_952336.jpg


中国銀行や旧倉敷郵便局がある通りから細い路地を抜けた倉敷川沿いには、大正5年に建てられた旧倉敷町役場が残っていて、現在は観光案内所「倉敷館」として使われています。

d0054855_972672.jpg


その隣には、大原美術館がありますが、パルテノン神殿風の建物は昭和5年築。
跡地が倉敷アイビースクエアとなっている倉敷紡績を経営していた大原孫三郎が、私立美術館として設立したそうですが、ゲージツに疎い私は外から建物を眺めるのみ。

d0054855_9144736.jpg



帰りの切符を買おうと倉敷駅へ向かう途中で朝食を。
ワンプレートのモーニングセットをいただきましたが、サクサクのトーストが美味しかったなぁ。

d0054855_9231933.jpg



倉敷駅の南東に倉敷教会があります。
1階が幼稚園、2階が教会堂になっている構造で、1階と2階の一部が石貼りで堅牢な印象。
2階への階段は、外壁に合わせてか石造り風でした。

d0054855_9311239.jpg



11時チェックアウトを前にホテルに戻った朝10時半で、既に汗だく。
顔を洗って少しサッパリしたものの、暑い暑い。
ということで、朝からかき氷。

d0054855_9372199.jpg



倉敷の最後は倉敷市役所そばの倉敷市歴史民俗資料館へ。
デフォルメされた観光地図に騙されて、美観地区から歩いて行きましたが、けっこう遠いです。
大正4年に倉敷幼稚園として建てられた建物で、一部が移築されてきたようです。

d0054855_9441524.jpg


この時期の幼稚園でときどき見られる「梅鉢型園舎」という様式で、採光がいい多角形の遊戯場を中心とした幼稚園建築だったようです。
展示物の劣化を防ぐため遮光カーテンで覆われているので、採光性の良さはわかりませんが、放射状に張られた天井の梁が、手が込んでいて泣けます。

d0054855_953180.jpg



倉敷駅へはバスで向かい、普通電車で岡山駅へ。
岡山では、初めて岡山電鉄の路面電車に乗りました。

d0054855_9543668.jpg


城下停留所のそばにある岡山禁酒会館へ。
社会不安などでアルコール依存になった人々を復帰させる、キリスト教系の施設のようで、大正12年に建てられました。

d0054855_1015321.jpg


飲むときはとことんの私ですが、お酒がないと寝られないわけではないですし、休肝日は週に4・5日はありますので、禁酒のために訪問したわけではありません(苦笑)。
登録文化財になっているレトロな建物は、雰囲気たっぷり。
現在は数軒のテナントが入っているようですが、ポストが渋い・・・。

d0054855_106720.jpg
d0054855_1062085.jpg


1階は喫茶店になっていて、名物はカレーということで、レトロなカフェでいただきました。
辛さとともに酸味も強く、カレーとハヤシライスのあいのこ?

d0054855_1075799.jpg



禁酒会館から電停1駅分歩くと、大正11年に建てられた旧日本銀行岡山支店の建物があります。
現在はルネスホールというホールとして使われています。
普段は館内も見学できようですが、当日は貸切で高級ブランドの展示会が行なわれていて、入館は招待客のみということでした(涙)。

d0054855_10142126.jpg


天井の高い2階分、普通の建物なら3〜4階に相当するような高い列柱が並んでいて、大原美術館と同じくギリシャ神殿のようです。

d0054855_10145580.jpg



岡山市の最後は、岡山駅の反対側にある岡山県総合グラウンドにある旧岡山偕行社の建物。
偕行社とは旧軍の将校クラブで、その建物は旭川や弘前、善通寺などにも残っています。

d0054855_10243391.jpg


1階は結婚式場兼カフェ「キューティパイクラブ」、2階はグラウンドのクラブというか会議室として使われています。
幸い当日は結婚式がなく、カフェでアイスコーヒーを飲みながら、涼めました。
2階はぶち抜きの大広間だったのだろうと思いますが、会議室として使うため仕切られていました。

d0054855_10263186.jpg



帰りの新幹線は、東京駅直行の「のぞみ」号ではなく、新大阪止まりの九州新幹線「さくら」号(笑)。
車両は最新型のN700系と同じですが、8両編成。

d0054855_1034463.jpg


往路に乗ったひかりレールスターと同じく、指定席は2+2列のゆったりシート。
しかも木を活かした落ち着いた雰囲気でした。

d0054855_1036217.jpg


テーブルも木製(難燃加工されているのでしょうが)。
前日に上関町で買った鳩子てんぷらを肴に、岡山駅で買った地ビール「独歩」など3本。 汗だくで歩き回ったので、全身に染み渡りました。

d0054855_10392964.jpg


姫路と新神戸に停まって新大阪まで1時間弱。
新大阪からは、普通のN700系のぞみ号で東京まで。

d0054855_1042541.jpg


新大阪駅では「おつまみ弁当」といって、ご飯はほんの少しで、おかずというかおつまみの品数が多い、いい駅弁を売ってるんですねぇ。
のぞみ号でも3・4本飲んで(飲み過ぎ)、牧ノ原台地のトンネルが続くあたりからはウトウト。

帰ってきたのは土曜日だったので、直接新潟に帰る必要はなく、千葉の自宅へ帰宅。



ということで、1泊2日の出張に、個人的延泊を加えた3日間の出張報告でした。
以前より出張の機会は減ってしまいましたが、機会を逃さずまた楽しみたいものです。

それにしても、四階楼はスゴかった・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/14351091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ROY@Dresden at 2011-08-17 06:13 x
お疲れ様です。倉敷では朝食を召し上がる前からのご活動のようで、いつもながら感服いたします。禁酒会館(本当に禁酒しに行ったのかと・・・)の1階ではさすがにお酒のメニューはなかったんでしょうか?のぞみ2時間半でビール(当然500mlですね?)3,4本というのもご健在のようで・・・・。という私は、本日IC車中2時間半で500mlの地ビールを1本だけ頂きました。
Commented by okuruma1970 at 2011-08-17 21:14
>>ROYさん
約1年ぶりのドイツですか(笑)。
ICEのビュッフェでビールを飲んだことはありますが、食堂車で飲み食いしたことはないんですよねぇ。

ホテルは素泊まりだったので、外で食べようと外出しましたが、空腹を忘れてスイッチが入ってしまい・・・(苦笑)。
汗だくだったので飲みたかったのですが、禁酒会館ではさすがにアルコールメニューは無かったです(笑)。
3.4本(実は4本)のうち、駅買いの2本は500mlでしたが、車内調達の2本は350mlでした。
岡山~新大阪で3本飲んだ上でしたが・・・。
Commented by たこぽん at 2011-08-17 21:33 x
倉敷、高校の修学旅行で行ったなあ。アイビースクエアに泊まったよ。懐かしい〜。また行きたいなあ。
Commented by okuruma1970 at 2011-08-18 21:44
>>たこぽんさん
修学旅行でアイビースクエアって、洋室ツインですか?
修学旅行って、雑魚寝の和室で枕投げするもんじゃないんですか(笑)。
大人になって改めて行くと、それはそれで、またいいものですよ。
ぜひまたどうぞ。
Commented by at 2011-08-19 17:30 x
ご無沙汰、失礼いたしました。
ご挨拶にうかがうつもりが、先を越されてしまいました。
さすがのokurumaさんです。

四階楼、すごすぎます!
これは観に行く価値がありますね~
またokurumaさんのお写真がきれいなんですよね。
それを差っぴいたとしても、観たい!
鏝絵、好きなんです。
私の洋館見学のツボです♪

そうそう、大原美術館、アイビースクエアのそばに、私の好きな児島虎次郎記念館があります。
トラちゃんの絵を観ると、いつも近代の洋館を観るのと同じ気持ちで、うっとりするような、切ないような、そんな気持ちになります。
Commented by okuruma1970 at 2011-08-21 18:20
>>釉さん
いえいえ、こちらこそご無沙汰していました。
久々の洋館探訪記を、楽しみに読ませてもらっています。

四階楼はかなり不便な場所にありますが、建物は本当にスゴかったです。
擬洋館や鏝絵は施主や職人の心意気を感じるので、私も好きです。
ゲージツには疎いもので、児島虎次郎記念館は横目で見つつ、建物ばかり見て回っていました。
大原美術館と合わせて、ゆっくり見られるような大人になりたいものですが・・・。
by okuruma1970 | 2011-06-25 22:56 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(6)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970