洋館ウエディング

昨日、友人の結婚式に出席してきました。
ご夫婦とも古い建物好きの友人が、吟味して選んだ建物で結婚式を挙げられました。


結婚式は、1933(昭和8)年に建てられた日本基督教団高輪教会

d0054855_20512382.jpg


旧帝国ホテルなどを設計したことで知られるF.L.ライトの影響を受けた岡見健彦の設計で、五角形の正面形状にその窓配置、玄関回りや屋根上の造形は、ライト設計の自由学園明日館を思い起こさせます。
以前、建物仲間数人と見に来たことがありましたが、そのときは外観を見ただけで、中は見られずじまいだったので、ありがたい機会をいただきました。

入口を入ってすぐ左、図書室なのでしょうか、友人の待合室になっていましたが、正面の縦長窓が並ぶ部分の下部にあたり、控えめに色ガラスがはめ込まれていました。

d0054855_20524911.jpg







礼拝堂は可動式のベンチ(建築当時の造作)が並んでいます。
船をイメージしたという船底のような天井のようになっており、中央にはトップライトが開いていました。

d0054855_20541118.jpg


礼拝堂内部から後ろ側を見返すと、楽廊(聖歌隊の席)といわれるロフトのようなスペースがありました。
また、この照明具はライトっぽい造形ですね。

d0054855_20545821.jpg
d0054855_20552029.jpg



今まで列席したのはホテルチャペルでの外国人牧師による結婚式ばかり(我々の結婚式もご多分に漏れず、苦笑)で、信徒を抱える一般の教会で挙げる結婚式というのは初めてでした。
教会そのものが信徒の寄付によって成り立っているものであることからか、事務的な申し込み手続きだけでなく、何回か礼拝に通ったり聖書の勉強をするとか、信心を深める必要もあるようです。

また、神聖な儀式ということで結婚誓約式の最中は写真は撮れませんでしたが、外国人牧師のようなたどたどしい日本語でなく、日本人による日本人へのお話は、両名の名前を採り入れた俳句なんて洒落たものもあり、スッと入ってきました。
日常生活で相方の言動にイラッとくることもありますが、結婚式で牧師さんの「夫婦とは」なんて話を聞くと、もう少し寛大に見なくちゃなと思ったりします(苦笑)。



お食事会場は、高輪教会から車で少し移動した白金台の白金甚夢迎賓館というお屋敷で。

d0054855_1645476.jpg


このお屋敷は、岐阜の実業家・渡辺甚吉氏の邸宅として昭和9年に建てられ、スリランカ大使館に使われた後、昨年(2010年)5月からハウスウエディングの会場として使われるようになったそうです。
ちなみにこのお屋敷を建てた渡辺甚吉氏(渡辺家12代目・1906~1972年)は、岐阜の地方銀行・第十六銀行の初代頭取を務めた渡辺甚吉氏(渡辺家10代目・1856~1925年)の孫ではないかと思われます。
名家・旧家ではよくあるのでしょうが、祖父と孫が同じ名前だったからか、大学卒業後に欧州周遊して見聞を広めて家を建てたと、第十六銀行初代頭取の東京別邸と、ごちゃ混ぜになっているようです。
これを調べるのに1時間以上掛かってしまった・・・。

大作になりそうだったので、渡辺甚吉邸については別ブログで記事にしました。
建物にご興味がある方は、ぜひどうぞ。


今回の結婚式と食事会はご親族と友人だけで行なわれたので、よくある会社関係の挨拶など、乾杯前の長いお話はなく、新郎のお友達が学生時代のエピソードを交えた楽しいお話とともに乾杯。

d0054855_21251582.jpg


ひと手間掛けた魚貝類を、十穀米の上にのせた、目にもキレイなお料理。

d0054855_21245154.jpg


アサリとホタテの和風パスタに、ウニをのせてありました。
このひと手間ひとひねりが、ハレの美味しさにつながっているのでしょうね。

d0054855_21241296.jpg


お肉は柔らかかったです。

d0054855_21233552.jpg


式の始めにウエディングケーキ入刀こそありませんでしたが、シェフのお料理紹介とともにお披露目された大きな生ケーキを取り分けたデザート。

d0054855_212303.jpg


最後までしっかりいただきました。


思えば、同級生や同僚など毎日顔を合わせていた友人以外の結婚式に出席したのは、初めてだったかも。
ホンワカした雰囲気の中、素晴らしい会場で、いい結婚式と食事会に出席させてもらえました。

末永くお幸せに
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/14770463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from MODERNDAYS縲€.. at 2011-10-17 21:54
タイトル : 2年間の想い…結婚式に参列してきました10/15
建物仲間であるtomoさんとナカムラさんの結婚式にご招待いただきました。 お二人はいつもの建物仲間を通して知り合い、tomoさんが現在の住まいに移ることをきっかけに入籍、2年の ...... more
Commented by COOPER99 at 2011-10-16 23:57
ロフトにダスティンホフマンなんぞは、現れたりしなかったのでしょうか。(^u^)
Commented by tsuka at 2011-10-17 19:24 x
>日常生活で相方の言動にイラッとくることもありますが・・・

おクルマ家でも、そんなことあるのですね。
なんか親近感、湧きました(笑)。
Commented by ナカムラ at 2011-10-17 21:54 x
一昨日は参列頂き有り難うございました。

それぞれの建物を堪能頂いたようで、ホスト側としてはホッとしています。

それにしても、渡辺甚吉の10代目と12代目の考察。お見それいたしました。。。
不肖・ナカムラ。まだまだと思い知らされました。

これからも、ご指導下さいませ!
Commented by okuruma1970 at 2011-10-17 22:46
>>COOPERさん
「この結婚に意義がある方は申し出てください。今、異議を申し立てなければ、以後、決して異議を唱えることはできません。」と牧師さんから話があったのですが、一緒に列席していた友人と、「映画みたいに、誰か現れないもんですかねぇ」と話していました(笑)。
その映画のシーン、実際に見たことはないのですが・・・。

>>tsukaさん
そりゃぁ考え方は全く同じではないですから、イラッとくることも、もちろんありますよ(笑)。
飲みに行くのも道楽にお金を使うのにも基本的に寛大という意味では、非常にありがたく思っていますが・・・。
Commented by okuruma1970 at 2011-10-17 23:02
>>ナカムラさん
改めまして、ご結婚おめでとうございます。
建物も十二分に堪能させてもらいました。
高輪教会はなるほどでしたが、旧渡辺甚吉邸は奥様セレクトにしてもちょっと意外でした。
銭湯をリノベーションしたカフェでも探してこられるかとって、友人だけならともかく、ご親族をお招きできないですよね(笑)。
渡辺甚吉氏の経歴は、ネットで検索していたら、辻褄が合わないなぁ、と深みにはまってしまいました(苦笑)。
ともあれ末永くお幸せに
Commented by gosyurin at 2011-10-22 22:37
ご夫婦で共通の趣味があるとか、きっかけが趣味とかってのはある意味羨ましいです。
歳をとっても仲良くできそうで良いですね。

ウチはそっち方面の共通性はありません(笑

我々もホテルチャペル挙式でしたが牧師さんは日本人でした(遠い昔?)
Commented by okuruma1970 at 2011-10-23 10:03
>>gosyurinさん
趣味がきっかけで知り合っても、育った環境とか価値観とか様々なものが合わないと結婚には至らないと思うので、そんなお相手に巡り会えるなんて滅多にないですよね。
ホント、うらやましいご夫婦です。
まぁ、趣味を否定されると辛いですが、共通の趣味がなくても、容認し合えればいいのかな、と最近は思うようになりました。
うちが挙げたホテルでは日本人と外国人の牧師さんで選択肢がありましたが、ホテルによっては専属の方がいたりするのでしょうかねぇ。
Commented by at 2011-10-29 07:23 x
おクルマさん、読み逃げ、失礼しておりました。
別ブログもちゃんと拝見しているのですが、最近、肩こりが尋常ではなくて……
PCに向かうのが億劫でたまりません(涙)
のっけから言い訳失礼いたしました。

古い建物好きのご夫婦、素敵ですね!
↑コメでおクルマさんがおっしゃっているように、趣味を容認しあえれば良いと、私も思っています。
お互い、そういう意味では恵まれましたね(笑)
高輪あたりは良いですね……
こちらも別ブログの天上の漆喰装飾の見事さに感動してしまいました。
あ~、私もおよばれされないでしょうか♪

私事ですが、先日、バルト三国を旅してまいりました。
なかなかなじみのないエリアですが、見ごたえがある街並みでした。
Commented by okuruma1970 at 2011-10-31 16:14
>釉さん
いえいえ、気分が乗ったときにコメントいただければ十分です。
私も釉さんの近況を拝見しようとして、本館ブログでバルト三国に行かれたのを読みましたが、コメントしていませんでしたから・・・(汗)。
といいつつ、私はただいまフランス旅行中です(笑)。

お二人とも古い建物好きのご夫婦はホントうらやましいですね。
でも、建物三昧の旅行に付いて来てくれる相方にも、お互い感謝ですね。
高輪辺りは、高い塀の中のお屋敷にまだひっそりと洋館が残っていそうですが、見学のハードルも高そうです。
天井漆喰は、いやぁ見事なものでした。 平日ランチでぜひどうぞ。
by okuruma1970 | 2011-10-15 20:34 | 洋館探訪記 | Trackback(1) | Comments(9)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970