スバルBRZ と マツダ・ロードスター

愛媛旅行記の途中ですが、忘れないうちに試乗記を。


受注絶好調のスバルBRZと、マツダ・ロードスターに乗ってきました。

スバルBRZについて、説明するまでもありませんが、トヨタとスバルとの資本提携によるプロジェクトの一つとして、トヨタの企画でスバルが製造するスポーティーカーで、往年の峠車AE86(トヨタ・カローラ・レビン)のリバイバルであるトヨタ86の兄弟車です。
(ポルシェ所有者にもご覧いただいている手前、スポーツカーとは書けませんでした、笑)

d0054855_10313749.jpg


スポーティーカーとしてオーソドックスな、ロングノーズ・ショートデッキのデザインです。
3サイズは全長4,240×全幅1,775×全高1,300mmで、Boxsterと比べると一回り小さいようです(全長100mm、全幅25mm)。
車重は1,210kg(中間グレードの6MT仕様)。
スバルの水平対向エンジンをベースに、スクエアなボア・ストローク(86×86mm)として、トヨタの直噴技術を組み合わせ、200PS/7000rpmと20.9kgm/6400-6600rpmを発揮する2LのNAエンジンをフロントに搭載し、リアタイヤを駆動するFR車です。

HPで近くの販売店から試乗車を検索して、6MT車があるお店に向かいました。

能書きはさておき、いざ試乗へ。
試乗時の事故補償の説明を聞かされ、誓約書を書かされたディーラーは初めてかも。
インプレッサWRXあたりで、よほど懲りていたのでしょうか・・・。

d0054855_10495610.jpg









各誌のインプレの通り、着座位置はBoxster並みに低く、足を前方に投げ出して座るスタイル。
エンジンを低めに搭載してはいますが、着座位置も低いため、鼻先はよく見えません。
クラッチは軽めですが、ハンドルは重くもなく軽くもなく自然なアシストです。
シフトフィールは上々で、カチッとしていますが、変な引っ掛かりもありません。

乗ったのは中間グレードのRに、17インチホイールを履いたもの。
少し硬めの足ですが、ガチガチではなく、内蔵が揺さぶられるような不快な感じはありません。

d0054855_11294424.jpg


エンジンは、水平対向であることを主張していました。
サウンド・クリエーターという吸気共鳴システム(新型911と似たもの)が装備されているようですが、吸気音よりも機械音の方が印象に残っていて、個人的には結構好きな音の系統でした。
アクセルを踏むと、ターボのような盛り上がりはないものの、下からそれなりにトルクが出ていて、これまた私の好み。
ルノーWindでも書きましたが、最近の欧州車に多い小排気量ターボよりも、私は中排気量(2〜3L)のNAの方が、トルクの出方が好きなんでしょうね。
短い試乗では高回転域(5000rpm以上)は試せませんでしたが、インプレ記事によると少々盛り上がりに欠けるとか・・・。

着座位置が低いこともあり、また頭上部分は天井も膨れ上がっていることもあって、車高が低くても頭上高には余裕がありました。
サーキット走行を考慮して、ヘルメットも被れるような頭上高を確保したとか。

d0054855_11303082.jpg


リアシートは、やはりエマージェンシー用ですが、頭上高はプジョーRCZよりマシで、首を曲げる必要はなさそうでした。
ただ、リアシートにアクセスすることはあまり考慮されていないようで、フロントのシートポジションを維持したまま、リアシートへアクセスすることはできないようでした。


別の用事があって平日に休みを取っていて、ついでに行ったので試乗待ちすることもありませんでした。
カタログやらはもらえましたが、試乗の誓約書を書かされただけで、来場アンケートを書かされるわけでもなく、見積もりを作るわけでもなく・・・。
車両価格は中間グレード(R)で250万円ほど、上級グレード(S)で280万円ほどのようです。
営業氏からの話でも、新聞にも書いてありましたが、今契約しても納車は年内か年明けらしく、よほど食い付いてくる客以外は、あまり深追いしないのかも知れませんね。

【いいところ】
 ・6MTのシフトフィール
 ・エンジンの機械音やトルクの出方
 ・ロングノーズ・ショートデッキのデザイン
【イマイチなところ】
 ・納期
 ・売れ行き(これからよく目にしそう、天の邪鬼の大敵)
【総評】
エンジンやシフトの感触は予想以上に良かったけど、納期が年明けで、その頃には相当数が走っていることを考えるとなぁ、という感じでした。 つまり、車としては相当いいけど、天の邪鬼的には・・・ということです。



*************************************************



駅への道すがら、マツダの店頭にロードスターが置いてあり、覗き込むとMT車!
「乗れますか?」と聞くと、試乗車のようでした。

マツダ・ロードスターは、初代ユーノス・ロードスターから3代目のオープンカーです。
当初は1.6Lから始まったエンジンも、1tを切っていた車重も、代を重ねて、今では2Lで1.1tと少々大きくなったようです。
でも、3サイズは全長4,020×全幅1,720×全高1,245mmと依然コンパクト。
エンジンは、170PS/7,000rpmと19.3kgm/5,000rpmを発揮するショートストローク型。

d0054855_11572718.jpg


試乗車は、RSグレードのRHTと呼ばれる可動ハードトップ付きでした(車重はさらに+50kg)。
BRZに乗った後だったからか、着座位置の低さはそれほど感じませんでした。

エンジンはショートストロークとはいえ、軽いこともあってか、出だしは十分。
BRZと似たような吸気共鳴システム(インダクション・サウンド・エンハンサー)が、RSには標準装備されていますが、こちらの方がその効果を感じました。
というか、その演出がちょっと過剰なのか、長く乗っていると疲れそう・・・。

ホイールも同じ17インチでしたが、乗り心地は悪くありません。
シフトフィールは、初代でカッチリしているなぁというイメージを持っていたものの、BRZが良かったせいか、特に感銘を受けるわけでもなく、普通にいいなぁと。

d0054855_1394834.jpg


ただねぇ、現行の3代目は2005年登場で、マイナーチェンジからでも2008年と4年も経ており、熟成は進んでいるのでしょうが、対するBRZは発売したての最新モデル。
同じ日に乗った比べる相手が悪かったです。

一方で、屋根が開くというアドバンテージがあり、オープン専用モデルだけあって開放感はバッチリ。

あとは、当分売り上げに困らないからか意外なほどクールなスバルの営業氏と違って、(業績が厳しいこともあるのでしょうが)マツダの営業氏は積極的で、また車好きなようで、話がポンポン出てきました。
少なくとも同じ車を売っていたら、後者の営業氏から買いそうですが、さすがに営業氏で車を選ぶわけではないですからねぇ(女性ではそれなりにいるようですが・・・)。


【いいところ】
 ・屋根が開く(開放感)
 ・6MTのシフトフィール
 ・トルクの出方
【イマイチなところ】
 ・吸気共鳴システムがちょっと疲れそう
 ・登場から7年経っているところ
【総評】
エンジンやシフトの感触は予想通り良かったけど、次期モデルの噂もチラホラ出てきてるのがなぁ、という感じです。 いっそ5MTの素グレード(S)とか中古の方が、安いと割り切れていいのかも。



珍しく(LEXUS IS以来)国産車に試乗してみましたが、スバルBRZの良さには感心したものの、納期と天の邪鬼の虫に阻まれ、マツダ・ロードスターはオープンカーの開放感に惹かれつつ、次期モデルの噂に萎え気味ということで、決め手に欠けました。

結局、15年目の車検も通すことになりそうな・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/15759422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by COOPER99 at 2012-04-25 21:18
ロングノーズ・ショートデッキでぇ、笑えるトルクの出方なぁ、天の邪鬼
にぴったりな売れ行きのぉ、登場から7年経っていても次期モデルには
有り得ない世界遺産エンジンを積んだ車なら良く知ってますが。(^u^)
Commented by okuruma1970 at 2012-04-27 23:38
>>COOPERさん
確かに、見事なロングノーズ・ショートデッキなプロポーションで、笑えるトルクの出方の車がありましたね(笑)。
OHVもRRも、代を重ねてデメリットを手懐けて高い性能を発揮しながら、世界遺産並みのヘリテージに育ちましたよね。
7Lは、笑うどころか、焦りまくるほど持て余しそうです・・・。
私には2L、いっても3Lぐらいが、身の丈に合っています(苦笑)。
Commented by azmomohiro at 2012-05-10 08:17
お久しぶりです
コメントにはずいぶん時間が経ってますね

私も両車試乗したいクルマです
個人的にはロードスターの方が気になるところです
Commented by okuruma1970 at 2012-05-10 22:10
>>azmomohiroさん
お久しぶりです。
コメントいただくのは、いつでもウェルカムですよ。
この2台は、国産車でMTが楽しめる数少ない選択肢ですよね。
ロードスターは、屋根が開くという意味では稀有な存在で、また熟成し尽くされた良い車でしたが、試乗されるならロードスターからをオススメします。
ともあれ、ぜひ試乗してみてくださいね。
by okuruma1970 | 2012-04-20 16:00 | 試乗記 | Trackback | Comments(4)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970