村上町屋のお雛様

2週間ほど前になりますが、新潟県村上市に行ってきました。


職場の同僚から、「行く?」と聞かれ、ホイホイと。
村上に行くのは2度目で、前回は新潟に遊びに来てくれたROY氏とでした。

新潟駅から快速べにばな号に乗り込み、4人でボックス席を占めて朝酒(苦笑)。
ちなみに同行者は、30歳、42歳(私)、49歳、58歳というバラバラな年齢層。

d0054855_2295279.jpg


村上駅に直行すればいいものを、米坂線で越後下関駅へ。
同行者の中にバス好きがいて、ローカルバス路線の旅も盛り込まれていました。


無駄話をしていると、あっという間に村上市街に到着。
村上市街では、お約束の「喜っ川」。

d0054855_2217285.jpg


鮭で知られている「村上」の中で、店内のこの光景はお約束。
間口は狭いものの、奥に伸びた町屋建築の奥の方でじっくり干されて、味が凝縮していきます。

d0054855_2220357.jpg








この日は3月2日。
雛祭りに合わせて、「町屋の人形さま巡り」として、多くのお店で、旧家に伝わる雛人形が飾られ、観光客に公開されています。
女児が産まれると買い足していったのか、嫁入り道具の一環で持参したものもあるのか、一組だけではなく、何組も飾られていました。

d0054855_2224627.jpg



試飲しようという同行者の発案で、大洋酒造へ。
大洋盛という日本酒の蔵元です。
生酒をその場で瓶詰めして販売していました。

こちらでは雛人形をバックに、蔵出し原酒を一枚。

d0054855_22353951.jpg



お昼ご飯は、千渡里という日本料理店でいただきました。
左手に看板が出ている「だぁ~また丼」がお目当て。

d0054855_22403356.jpg


ちらし寿司というか、海老、タコ、鮭、焼き鮭、玉子焼き、いくら、まぐろ、鶏ささみ、などが散りばめられた、ボリューム満点の丼でした。
久々の「挑戦的なドンブリ」です(笑)。

d0054855_22421355.jpg


ちなみに、トロとウニが加わった「極上だぁ~また丼」もあり、注文した同行者もいました。

村上牛のタタキを肴に、昼もビール。

d0054855_2252140.jpg



食後は、道すがら数軒で雛人形を見せてもらいながら、村上駅へ。
何やら、レトロ調にリニューアルされていました。

d0054855_22534254.jpg


日本海の荒波を眺めながら、普通列車で勝木駅へ。

d0054855_22552450.jpg


勝木駅から徒歩8分ほどのところにある、日帰り温泉施設「ゆり花温泉」で入浴。

d0054855_22564283.jpg


雪見の露天風呂はいいものでしたが、自治体が高齢者介護施設とともに運営しているようで、商売っ気はまったく無く、軽食はおろか風呂上がりのビールもなし(苦笑)。


1時間半ほどゆったりして、バス(笑)で隣の府屋駅へ。
駅前にはさした店舗もありませんでしたが、後輩と歩き回って、個人商店とAコープでビールとお惣菜を調達。

d0054855_2351166.jpg



府屋駅からは、快速きらきらうえつ号に乗車。
(下の写真は、前回乗車時に撮ったもの)

d0054855_237175.jpg


2号車きらきらラウンジに陣取り、私の主目的である飲み鉄開始。
49歳と30歳が飲む図。
乗車前に調達した500ml缶に加えて、車内売店で調達したえちごビールをクイクイ。

d0054855_23102559.jpg


荒波を引き起こしていた低気圧の影響で風が強く、列車は少々遅れて新潟駅に到着。

接続する上越新幹線に乗り遅れましたが、駅で買い出し。
新幹線の車内でももう少し飲んで、熟睡しながら東京へ。

d0054855_23173365.jpg


えちごビールのポーターは初めて飲みましたが、ダークビールながら、スタウトのように濃くはなく、ちょっと物足りなかったかな。


子供見たさに、毎週土日とも相方の実家詣でをしていましたが、たまにはこういうグダグダな旅も、いいですねぇ。


【追補】
町屋の人形さま巡り」は4月3日(水)までで、3月23日(土)と24日(日)には新潟駅からSL列車(PDF)も運転されます。
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/18331235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomo at 2013-03-19 07:33 x
男数人の気ままな旅、という雰囲気が伝わってきて、なんだかとても楽しそう。いいですねぇ。
鉄道だけの旅も充分面白いですが、バスも合わせるとまた違った景色が見られて、旅に奥行きが出ますよね(私は車をもっていないせいかも?)。
鮭料理、気になるなぁ。。。
Commented by COOPER99 at 2013-03-19 22:27
おぉー、久々の「挑戦的なドンブリ」だぁ。♪
ところで、「だぁ~また丼」ってどんな意味?。
冬の日本海男旅にしては、ジブさのかけらもない所が。(^u^)
Commented by gosyurin at 2013-03-20 17:42
公共交通機関利用だと飲めるのが良いですよね。
職場のいろんな年代でこんな行事できる関係って貴重だと思います天秤
Commented by okuruma1970 at 2013-03-20 19:46
>>tomoさん
良くいえば気ままな旅ですが、その実はグダグダな旅です(苦笑)。
バスの乗ると、鉄道にはないのどかな景色が見られたりして、また別の楽しみがありますね。
千渡里では塩引き鮭定食がありましたし、喜っ川でも加工した真空パックの鮭も売られていました。
銭湯はあるのかなぁ(笑)。

>>COOPERさん
久しぶりに大きな丼にありつけました。
「だぁ~また」とは、当然とかもちろんとかいう意味のようです。
 http://www.khb-tv.co.jp/kotomaga/number/km061223.html
美味しくて当然、という意味で名付けられたのかなぁ。
冬の日本海というと、確かに演歌が似合う渋いイメージですね(苦笑)。
Commented by okuruma1970 at 2013-03-20 20:05
>>gosyurinさん
鉄道好き・バス好きの一行だったというのもありますが、そもそも帰りの飲み鉄が目的だったのでした(笑)。
300人もいるので、気の合うオジちゃんや若いのもいるのかもしれませんが、様々な年代が集まると面白いですね。
by okuruma1970 | 2013-03-02 23:31 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(5)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970