幌馬車2台の道楽日記

okuruma.exblog.jp

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも

ブログトップ

会津お花見旅行

この週末、先月村上へ行った職場の同僚たちと、会津若松へお花見に行ってきました。


朝6時発の磐越西線・会津若松行き。
新しいキハ120形ではなくて、昔ながらのキハ47形ディーゼルカー。

d0054855_5493840.jpg


前夜も飲んでいましたが、朝6時から迎え酒(苦笑)。
メンバーは、前回の最長老が今回は若手に入れ替わっています。

d0054855_550412.jpg


会津若松駅に着いたのは、9時前。
会津若松に来たのは、去年9月に洋館を見に来て以来。

d0054855_5525333.jpg










会津若松の駅から、まちなか周遊バス「ハイカラさん号」に乗り込みました。
1乗車200円ですが、3回乗れば1日乗車券(500円)がお得です。

d0054855_5555548.jpg




向かった先は、会津若松城址。
ちょうど桜の見頃で、観光バスで観光客が押し寄せていました。

d0054855_621576.jpg


昨春、再建45年を機に瓦の葺き替えを行った際、江戸時代に使われていたと言い伝えられていた赤瓦に替えられたそうです。
ドギツイ赤ではなく、瓦の強度を上げる効果がある釉薬に赤い成分が入っているようで、うっすらと上品な色の赤瓦でした。

d0054855_681420.jpg


今年は東京で満足に桜を見ることができず、新潟でも通勤途中にサッと見ただけだったので、遅まきながらゆっくり見ることができました。

d0054855_6123550.jpg




城外のレストハウス鶴ヶ城会館で、会津柳津の粟饅頭をいただきました。
作り立てで、あんこをくるんでいる粟餅は、泡のようなフワフワ食感でした。

d0054855_62066.jpg


ここから食事処への道すがら、宮泉銘醸で試飲を(笑)。
そういえば、以前も試飲したことがありました。

d0054855_6215940.jpg




お昼ご飯は、幹事が予約してくれていた田季野という輪箱飯(わっぱめし)屋さん。
会津西街道の絲澤陣屋として150〜200年前に建てられた建物を移築したそうです。

d0054855_6272832.jpg


通されたのは、天井が少々低い屋根裏のような最上階のお部屋。
こういうお部屋の方が、妙に落ち着くんですよねぇ。

d0054855_633018.jpg


いただいたのは、季の膳という懐石コース。
前菜のほか、湯葉刺し、胡麻豆腐、小露など、酒の肴がこれでもかと。
スーパードライの瓶は、八重の桜ラベルでした。
今回はどこへ行っても、八重の桜だらけでした。

d0054855_634418.jpg


天ぷらと田楽も、棒鱈を使ったものがありましたが、海なし県(国)は昭和戦前頃までこうやってタンパク源を取っていたのでしょうね。
これまたビールが進みました。

d0054855_6403242.jpg


最後は輪箱飯。
鮭と山菜のいい味が浸みていました。 満腹。

d0054855_6443479.jpg




再びバスに乗って、飯盛山へ。
白虎隊が自刃したことで知られる郊外の小高い丘ですが、奇怪な建築物があります。
その名もさざえ堂

d0054855_6464352.jpg


外観から見るだけでも、窓や各層の床面が斜めになっているのが変です。

でも、中はもっとスゴイんです。
実は各層の床面という概念はなく、床は全て螺旋状の斜面になっていて、入口から入るとグルグル回りながら昇っていきき、最上部まで行くと、今度はグルグル回りながら降りていきます。
昇りと下りが二条のネジになっていて、昇り客と下り客がすれ違わずに一方向の流れで通れるようになっています。

d0054855_6483723.jpg
d0054855_6485058.jpg


この建物は、西国三十三観音像が安置された旧正宗寺の円通三匝堂(えんつうさんそうどう)というお堂だったそうですが、明治時代に廃寺となり、その奇異な建物が今に残されています。
三十三体の観音様をスムーズにお参りしてもらうために、人が往き来せず一方向の流れで済むよう、考えられた構造だそうです。



再びバスに乗って会津若松駅へ。
テレビ東京で放送されているローカル路線バスの旅のような絵面(花はないですが・・・)。

d0054855_7103759.jpg




会津若松からの帰りは、SLばんえつ物語号

d0054855_713213.jpg


飯盛山で調達した串鶴の串カツや、スーパーで買ったお総菜などを肴に、飲み鉄開始(笑)。

d0054855_71642.jpg


今シーズンから展望グリーン車(PDF)が連結されるようになりましたが、人気のため当面は満席のようです。
上り列車(新潟→会津若松)は後方展望を楽しめて、下り列車(会津若松→新潟)はSLの動きや煙を楽しめるそうですが、やはり後方展望の方がいいかな。

d0054855_7174216.jpg


途中の野沢駅と津川駅では、点検や給水のため10分ほど停車するため、ホーム端で線路の高さに降りることができて、蒸気機関車のダイナミックな鼓動を間近に見ることができます。

d0054855_7215053.jpg


車内には売店があり、えちごビールのほか、オリジナルラベルのスワンレイク製ビールも調達できます(笑)。
利き酒セットありました。

d0054855_7232863.jpg




同行者とは、新潟駅で解散。
私は上越新幹線に乗って東京へ。

d0054855_7271575.jpg




今回もよく飲みました。
 朝500ml×2 + 昼633ml×3 + 午後350ml×7 + 夜500ml×1 = 7L

さすがに毎月だと続かないよなと話していますが、次回の構想も概ね練られているので、6月あたりにまた似たメンバーで催行されそうな勢いです。
むさくるしいものの、こういう気楽な旅も、またいいものです。
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/18600582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by okuruma1970 | 2013-04-20 22:42 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(0)