越乃shu*kura で飲み鉄

新潟から首都圏に戻って10ヶ月ほど経ちましたが、新潟の元同僚と久々に飲み鉄旅行をしてきました。
メインは、飲み鉄のための列車「越乃shu*kura」に乗ること。



まずは、以前は私の週末通勤電車だった上越新幹線のMaxとき号で、越後湯沢へ。
左に並んでいるのはガーラ湯沢行きのシャトル列車。
北陸新幹線が金沢まで開業したことで、北陸連絡の役目が無くなった上越新幹線の運転本数が減り、その影響を受けて東京からガーラ湯沢への直通列車が減ってしまったとか。

d0054855_122369.jpg



越後湯沢駅で、新潟から各駅停車でやってきた元同僚と落ち合いました。
昨年6月に米沢と会津に行ったり、その前も米沢会津村上などに行った飲み鉄仲間です。
昼ご飯がてら、駅から5分ほどのところにある食事処「保よし」へ。

d0054855_1225161.jpg








昼ご飯といっても、このメンバーで集まったら飲むしかありません。
山菜と車麩の煮物や、ホタルイカの沖漬けで飲み始め。

d0054855_1233959.jpg


季節ものの山菜のてんぷらと舞茸の天ぷらでも、グビグビ。

d0054855_1235187.jpg


同行者は「かじか酒」なんてお酒も飲んでいました。
鰍(かじか)の燻製を日本酒の熱燗に入れたお酒です。

d0054855_124219.jpg



越後湯沢駅に戻って、駅構内の小嶋屋でへぎそばも食べました。

d0054855_1241370.jpg



越後湯沢から北越急行に乗って十日町へ。
たまたま、車内天井に映像が投影される「ゆめぞら」号で運転された列車でしたが、残念ながら映写はありませんでした。

d0054855_1242613.jpg


残雪が残る車窓を見ながら、越後湯沢駅で調達した津南ポークの縄文焼をつつきながら、またもビールをグビグビ。

d0054855_1243650.jpg


十日町駅で待っていたのが、越乃shu*kura号。
日本酒をコンセプトとした列車で、土休日を中心に上越妙高駅と十日町駅とを1日1往復しています。

d0054855_1244738.jpg


全席指定の3両編成のうち、3号車は普通の指定席車ですが、我々が乗った1号車は軽食やお酒の付いた旅行パック専用車両で、十日町から上越妙高までの乗車券込みで7,000円でした。
日本海を眺めるため、窓を向いた座席と、窓を背にした座席があり、運転席背後にはフリースペースも設けられています。

d0054855_1245731.jpg


3人また4人グループ用に、ボックス席も4つあります。
今回は、新潟の元同僚2人と3人旅。

d0054855_125889.jpg


机の上に並んだお盆には、酒の肴と、日本酒の1合瓶が2本。
酒の肴は、
 ・竹の子の味噌漬けと山菜のかんずり漬け
 ・津南ポークの角煮と銀葉草(海草)の味噌漬け
 ・黒バイ貝の煮付とする天、甘えび揚げ
 ・もずく酢~蟹の身を添えて~
日本酒は、陶器のお猪口に、
 ・越乃Shu*Kuraオリジナル大吟醸酒
 ・松乃井酒造場 Matsunoi Super Honjozo
そしてデザートの桜餅。

d0054855_1251736.jpg


2号車には、お酒や軽食を販売するカウンターが設けられています。

d0054855_1253067.jpg


2号車では、運転中に3回ほどジャズの生演奏も行なわれていました。
旅行パックに付いていたチケットでいただいた梅酒を飲みながら、生演奏を聴く。

d0054855_1254286.jpg


また、新潟の酒造業者が同乗して、試飲のサービスもありました。

d0054855_126311.jpg


途中の長岡駅で進行方向を変えて、日本海沿いに西へ向かうと、海に面した青海川駅で一旦停車。

d0054855_126442.jpg


お天気はイマイチでしたが、生演奏をBGMに海を眺めながらお酒を飲む、至福の時。

d0054855_127010.jpg


日本酒がコンセプトの列車ですが、新潟ビイル「風味爽快ニシテ」の生ビールもいただけます。
鮭の焼漬けを肴に、ビールをグビグビ。

d0054855_126128.jpg


同行者とは、直江津駅でお別れ。
特急しらゆき号で、新潟へ帰っていきました。

d0054855_1271945.jpg


直江津駅から上越妙高駅までは、旧信越本線が第三セクターえちごトキめき鉄道に移管されましたが、越乃shu*kuraはそのまま乗り入れています。

d0054855_1273290.jpg


職場へのお土産と、車内での飲み物を買って、3月に開通した新区間のうち上越妙高~長野を初乗車。
上越新幹線E7・W7系柄の北陸新幹線開業記念ビール「GRAN AGRI」を飲みながら、といいつつ、昼から飲み続けたため、長野を過ぎたあたりから熟睡し、気が付いたら東京駅でした(苦笑)。

d0054855_1274522.jpg


そういえば、E7・W7系も初乗車でした。
今回乗ったのは、JR西日本所属のW7系だったようですが、熟睡したため車内探索できませんでした(涙)。

d0054855_1275667.jpg




こんな感じで、越乃shu*kura乗車を中心に、新潟の元同僚と飲み鉄してきました。

往路の上越妙高→十日町は、新幹線から乗り継げるため満席になりやすいようですが、復路の十日町→上越妙高は比較的予約が取りやすいようです。
今回はかなり慌ただしい日帰り旅行になってしまいましたが、どこかで1泊すればゆっくりできたと思います。

日本酒好きな方々、ぜひどうぞ。
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/21747535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Tristan987 at 2015-05-04 15:09
こんにちは!
とても魅力的なコースですね!
越乃shu*kuraも美味しそうなお酒がいただけて、それを考えたら
リーズナブルですよね。青海川は、十日町行きだと海側ホームに
停車なのでしょうか?陽が沈む頃が良さそうですね。
北陸新幹線は、私もまだ乗車していないので、今後の課題です。
新幹線は、
あと800系とE6系、E7系に乗ればすべて完乗なのですが、
いつになることやら⁇⁇
Commented by okuruma1970 at 2015-05-06 10:44
>>Tristanさん
おはようございます。
越後湯沢から上越妙高まで新幹線を渡るルートでお酒を飲める、いいルートでした。
越乃shu*kuraには普通の指定席もありますが、専用車両に乗れてお酒とおつまみが付くなら、旅行パックの方がリーズナブルだと思います。
青海川駅は、越乃shu*kuraの十日町行きが海側ホームに停まりますが朝10時半で、上越妙高行きも17時半なので夕陽の時間帯は日が短い春と秋という微妙な時間設定です。
今回、初めて北陸新幹線の一部に乗りましたが、長野〜新潟区間はトンネルだらけなので、ぜひ富山・金沢までどうぞ。
E6系とE7(W7)系は東京駅から乗れますが、800系はハードルが高いですね。
by okuruma1970 | 2015-04-19 22:30 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(2)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970