群馬旅行(後編)

6月上旬に2泊3日で行った群馬旅行の後編です。
前編では、北陸新幹線E7系と上越線を乗り継いで、水上のホテルに泊まり、翌日は横川にある碓氷峠鉄道文化むらで遊んだところまででした。


横川から高崎へは、初日に水上駅で見送ったC61に牽引されるSL列車に乗りました。
日によって、水上に行ったり、横川に行ったり、いろいろな区間で走っているようです。

d0054855_18531738.jpg


前日は線路越しの遠巻きにSLを眺めるだけでしたが、この日は間近にボイラーの熱気まで感じることが出来ました。
息子にもよほどインパクトがあったのか、それまでは機関車トーマスも電車の一つでしたが、「ポッポ」という区別が出来るようになりました。

d0054855_18542557.jpg


客車は窓の開く12系ですが、SLばんえつ物語号と違い、青い車体に直角シートというオリジナルのままです。
始発から終点まで1時間ほどの短距離列車ですが、観光客が大多数のため車内販売もあり、とりあえず1本だけ(笑)。

d0054855_18582199.jpg
d0054855_18583644.jpg







高崎駅で再び上越線に乗り換えて、今度は渋川駅まで。
バスで、伊香保温泉に向かいました(写真は伊香保に着いたところ)。

d0054855_1902628.jpg


この日のお宿は、森秋旅館
傾斜地に広がる伊香保温泉街の中腹に当たる旅館ですが、増築を重ねたビルのような造りは、旅館というよりもホテルのようでした。
日曜の夜なので空いているかと思いきや、意外なことに企業関係の団体が入っていたりしました。

d0054855_19149100.jpg


金曜・土曜の夜の宿泊料は高めですが、日曜夜は平日とだいたい同じなので、半露天風呂付のちょっといいお部屋に宿泊。
建物が密集している伊香保温泉街で、露天風呂は難しいのかも知れません。
いつもと違って広いお風呂に興奮気味。

d0054855_195289.jpg


様々な前菜が机の上に並びましたが、主菜で写っているのは上州豚のしゃぶしゃぶぐらいかな。
食い気が勝り、写真がありませんでした(苦笑)。

d0054855_2010821.jpg


息子も大満足の笑顔。

d0054855_1445048.jpg


前夜は飲み放題で飲み過ぎて早寝しましたが、この晩は息子が寝てからダラダラと部屋飲み。



翌朝も部屋風呂で朝から温泉。
木の桶をひっくり返して、太鼓ごっこ。

d0054855_14501218.jpg


朝食は、イス席の大きな食事会場で。
部屋は徐々にリニューアルしているのでしょうが、食事会場は見晴らしはいいものの、機能的な高度成長期の雰囲気が・・・。
お料理は、蒸し野菜と干物を中心に、ご飯が進むおかずでした。

d0054855_14532634.jpg


チェックアウトして、荷物を預かってもらって、伊香保温泉街の名物、石段へ。
1年中賑わうようにと、2010年に365段に増設したそうです。

d0054855_14573082.jpg


石段を登り切ると伊香保神社がありましたが、お参りした後は温泉饅頭で一服。
できたての熱々をいただくことができます。

d0054855_151144.jpg


今回は三脚持参で家族写真を。
でも、階段の昇り降りはくたびれたようで、後半は「抱っこ!」とせがんでいました。

d0054855_154582.jpg


旅館で荷物を受け取り、タクシーを呼んでもらって水澤地区へ。
水澤観音の門前には、水澤うどんのお店が軒を連ねています。
以前も食べに来た大澤屋へ。

d0054855_1565291.jpg


舞茸の天ぷらとざるうどん。
カリッと揚がった天ぷらにシコシコのうどん、美味しいですね。
お土産にも買って帰りました。

d0054855_15121325.jpg


うどん大好きな息子は、ほとんど1人前ぐらい食べたんじゃないかな。
大盛りを頼んでおいて良かった。
水澤からはバスで高崎へ。
階段の上り下りと、お腹一杯で、車内ではよく寝ていました(抱えてた相方が大変そうでした)。

d0054855_15141721.jpg
d0054855_15143763.jpg


高崎駅でお土産を買って、新幹線で東京へ。
最後は高崎駅で調達した地ビールをちびちびと。

d0054855_1518311.jpg



2泊3日あれば、東北や関西まで足を伸ばせそうですが、今回は珍しく相方から、群馬のSLと水澤うどんと温泉という旅行プランがあったので、それを盛り込んだ群馬旅行に行ってみました。
私自身は新潟に単身赴任していたこともあり、何度かSLばんえつ物語号に乗っていましたが、息子に蒸気機関車の迫力を感じさせることが出来て良かった、という旅行でした。

ただ、電車での旅行は、大荷物が大変ですね。
とりあえず、次回は車でかな。
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/21957934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gosyurin at 2015-07-21 19:18
梅小路をしょっちゅう覗ける環境ですが、まともなSL牽引列車にはまだ一度も乗ったことがありません。こちらでは米原あたりで走ってるんですがね。

子供が小さいうちの公共交通機関での旅は大変ですよね。そんな時代が懐かしい我家では、ここ数年の家族での旅行はほぼ電車になってます。
Commented by okuruma1970 at 2015-07-25 22:19
>>gosyurinさん
梅小路は、再開館に向けて今は工事休館中のようですが、あれだけ動体保存の蒸気機関車があると、ある意味いつでも見られると思ってしまうのかも知れませんね。
SL牽引列車に乗っても、始発駅や給水駅でじっくり見ないと、普通の電車と大差ないのが少々物足りないですが…。
車でないと遠出が大変な年齢から、追々、(渋滞とかを考えると)電車の方が楽な年齢に移っていくのですね。
まだしばらくは、行き先や繁閑時期を考えながら、足を選んで出掛けたいと思います。
by okuruma1970 | 2015-07-20 22:18 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(2)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970