フラッと温泉へ

もう1ヶ月近く前になりますが、フラッと温泉に行ってきました。

二の腕の痛みと、指先に痺れが続いており、病院に行くため休みを取ったのですが、午前中で終わり、午後からフラッと出掛けたのでした。
新宿から乗り込んだのは、特急あずさ号。

d0054855_21193146.jpg


デパ地下で買い込んだ海鮮丼を食べ、満腹になったところで、ウトウト。
電車の振動は眠りを誘います。

d0054855_21194628.jpg


向かったのは、上諏訪。
今まで駅前通をしっかり見たことがありませんでしたが、古い建物がチラホラ残っていました。
写真は、大正14年に建てられた旧長野農工銀行上諏訪支店で、現在は学習塾として使われています。

d0054855_2120724.jpg









トボトボと歩いて向かったのは、片倉館
片手では足りないぐらい来ていますが、こんな石造りの門柱があるとは、初めて知りました。

d0054855_21202489.jpg


私好みの洋館で、塔屋を備えた豪邸かと思いきや、これが目当ての温泉です。
紡績で規模を拡大していった片倉工業が、女工を含む従業員の福利厚生の一つとして建てました。
国の重要文化財に指定されています。

ちなみに、世界遺産に登録された旧富岡製糸場も、当初は官営だったものが幾度か所有者が変わった後、戦前からは現在の片倉工業が事業を引き継ぎ、昭和末期に操業停止した後も維持し続けていました。

d0054855_2120353.jpg


千人風呂と呼ばれるお風呂の写真は撮れませんが、タイル貼りで女性像やライオンなどのモチーフが配されたローマ風呂というような雰囲気の温泉です。
多くの入浴者を効率的に入らせるためとも言われますが、立って浸かる深い浴槽です。

昨年10月の北陸旅行以来、久々に温泉に浸かることができました。

2階には、最近の温泉施設やスーパー銭湯同様に休憩室があり、食べたり飲んだりすることができます。
休憩室の半分は机にイスの形ですが、もう半分は座布団を引いて座る座敷のようになっています。
ただ、建物の外観なりに、天井蛇腹が取り回されて、柱の上部には装飾が施されています。

d0054855_21205943.jpg


2階からテラスに出られるようになっており、塔屋を間近に見ることができます。

d0054855_21204993.jpg


テラスからは、諏訪湖を眺めることもできます。

d0054855_21211362.jpg




片倉館の2階休憩室で飲みたいのはちょっと我慢して、帰りの電車で飲み鉄。
ROY氏と出掛けた帰りは、何度か駅前デパートの地下でお総菜を買っていましたが、建て替えなのか建物自体が閉鎖されていたので、コンビニで調達(諏訪丸光は売上不振により廃業したようです)。
諏訪浪漫という地ビールは、黒ビールもありました。

d0054855_21213380.jpg


例のごとく、車内で追加調達して甲府あたりまで飲み、後はウトウト。


久々に、一人気ままな旅気分を味わうことができました。
次はいつ行けることやら・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/22953773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by okuruma1970 | 2016-03-12 17:23 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(0)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970