四国京都旅行(3日目)

体育の日を含む三連休に1日休みを足して行った四国京都旅行で、新幹線と瀬戸大橋を渡る特急で丸1日かけて高知まで来た1日目、日曜市と高知城を見て琴平に泊まった2日目に続く、3日目です。


琴平は温泉宿目的で、到着は16時半過ぎで翌朝の出発は9時半と滞在時間が短く、金毘羅さん詣でをするなら一人早起きをしてと思っていましたが、朝起きたら6時だったので断念(苦笑)。
息子と朝風呂に入って、夕食と同じお食事処でビュッフェスタイルの朝食。
1回目は和食系で、讃岐うどんもありました。
d0054855_18190457.jpg


2回目は洋食系で、具をオーダーできるオムレツにローストビーフなどなど。
d0054855_18191615.jpg


前夜も食べ過ぎたのに、朝も食べ過ぎました。





琴平駅から乗ったのはまたも「南風」号でしたが、電光掲示板の『特急』と『南風6号』の間のマークは・・・。
d0054855_18193103.jpg


初日に記念写真用の電車の置物がありましたが、本物のアンパンマン列車がきました。
d0054855_18201380.jpg


車体は4両ともアンパンマンのペイントがされていますが、そのうち1号車の半室(16席)はアンパンマンシートという特別席になっています。
座席もアンパンマン、壁にはメロンパンナちゃん、カーテンもアンパンマン柄。
d0054855_18202458.jpg


天井にもアンパンマン。
親子連れと3世代旅行という狙い通りの乗客もいましたが、老夫婦や男性1人客など、一般席が満席で流れてきたと思しき乗客もいました(笑)。
d0054855_18203382.jpg


琴平から瀬戸大橋を渡って、1時間ほどで岡山駅に到着。
アンパンマンシートのある1号車は、こんなデザイン。
d0054855_18204446.jpg


アンパンマン列車の写真を撮っていると、カメラを抱えた親子連れが別のホームへ向かっていたので、そのホームを見ていると、アンパンマントロッコが到着しました。
アンパンマン列車以上にアンパンマンの装飾がされたトロッコ車両で、窓のないオープン客車で瀬戸大橋を楽しめる列車でしたが、高松駅始発のため琴平の宿を1時間早く出なければならず断念しました。
d0054855_08462180.jpg


岡山駅で駅弁を買い込んで、山陽新幹線を東へ。
往きはE5系はやぶさ駅弁でしたが、今度は妖怪ウォッチ駅弁。
d0054855_18210825.jpg


お父さんは、鶏づくし駅弁を肴に、琥珀ヱビスと独歩。
d0054855_18212194.jpg



またしても各駅で「のぞみ」号の通過待ちをしていると、反対ホームにエヴァンゲリオン新幹線の500系「こだま」号が入ってきました。
この新幹線の存在は知っていましたが、エヴァンゲリオンとはどんなものか私は知りません(苦笑)。
d0054855_18234996.jpg


1時間半ほどで京都駅に到着。
駅徒歩3分といいながらもう少し歩いたような気もしましたが、駅近の温泉付きホテル、ハトヤ瑞鳳閣へ。
d0054855_18213069.jpg


1時過ぎでチェックイン時間前だったので、荷物を預けて観光へ。
どこへ連れて行こうかと考えましたが、京都らしい清水寺へ。
門前道は相変わらずの人出でしたが、外国人が多いこと多いこと。
浴衣レンタルが多くあるようで、浴衣を着た観光客も多数(日本人、外国人問わず)。
d0054855_18214032.jpg


7年前の同時期にも京都旅行に来ましたが、そのときは五龍閣カフェ目当てだったので、この山門で引き返していました。
d0054855_18215062.jpg


清水の舞台を通り過ぎて、三重塔越しに京都の街並みを一望。
実は、清水の舞台は絶賛工事中でした(涙)。
d0054855_18220186.jpg


息子が「やりたい!」と騒ぐので、清水の舞台の下にある音羽の滝でお清め。
行列ができていましたが、ガイドブックで紹介されているのか、外国人の方が大多数でした。
d0054855_18221192.jpg


秋とはいえ、晴れた京都もなかなか暑く、音羽の滝前の茶屋で、かき氷で一服。
お父さんは、宇治金時かき氷より安い瓶ビール(笑)。
d0054855_18222754.jpg


信三郎帆布で「一澤帆布」タグのトートバッグを20年ぶりに買い、東山駅から地下鉄東西線で三条京阪駅へ。
川床は撤去されていましたが、加茂川で涼む人がまだまだ多かったです。
d0054855_18223702.jpg


泊まるのはハトヤ瑞鳳閣でしたが、三条京阪駅そばのロイヤルパークホテルに入っている「京都洋食ムッシュいとう」という洋食屋さんで夕食。
錫婚式ともいうらしい10年目の結婚記念日より3週間早かったのですが、CAVA(スペインのスパークリングワイン)で乾杯。
d0054855_18225795.jpg


チーズ入りカツレツは、サクサクうまうま。
肉があまり好きでない息子も、美味しいと食べていました。
d0054855_18230742.jpg


オムライスは、チキンライスの上に載ったオムレツを、目の前で開いてくれるパフォーマンス。
映画「たんぽぽ」で見たのを、初めて見ることができました。
d0054855_18231767.jpg


夏に沼津でもご一緒した、京都に住む相方の友人家族が、後から合流。
7年前に京都に来たのは、このご夫婦の結婚式に列席するためだったとか。
この旦那さんがご兄弟でレストラングループを経営されているということで、その1店で食べようということになったのですが、ちょうどお店に用事があったそうで、ご家族で来ていただいたのでした。
ワインをたくさん注いでいただきました(笑)。
d0054855_18232615.jpg


相方と息子をホテルに送り、京都駅前で滋賀在住の友人と飲み直し。
4年半ぶりに会い元気そうでしたが、夕食のワインもあり、何を話したかあまり覚えていません・・・。

ホテルに戻り、爆睡でした。


続く
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/25962589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gosyurin at 2017-11-03 17:45
琴平はかつて高知の祖母宅へ向かう途中に宿泊する予定でしたが、弟が怪我をして帰省が中止になり予定そのものが無くなった記憶があります。

うちの子はもう中3ですが、アンパンマンには不思議と興味がない子どもでした。

流石に京都には泊まりませんね(笑
Commented by beige_versailles at 2017-11-04 20:01
こんぴらさんには2回上ってますが、2回共”神椿”マジックを使ってますので、実質途中からしか上ったことありません。
途中からでも・・・体力的にはしんどいかなぁ。
Commented by okuruma1970 at 2017-11-05 10:43
>>gosyurinさん
琴平も金比羅さん意外に何がある街ではありませんが、やはり我々以外にも高知への途中下車という目的もあるのですね。
一般的にアンパンマングッズはどこのお宅にもある無敵のキャラクターですが、琴線に触れないお子さんも、そりゃぁいますよね。
私も、さすがに東京には泊まらないですね(笑)。
Commented by okuruma1970 at 2017-11-05 10:54
>>beige_versaillesさん
「神椿」を調べてみましたが、そういう技があるのですね。
私も2・3回登っていると思いますが、最後に登ったのは20年ぐらい前で20代だったので、順調に登ったような。
でも、次に家族旅行で登るとすると、もう息子にはついていけないでしょうね(苦笑)。
by okuruma1970 | 2017-10-09 23:00 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(4)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970