幌馬車2台の道楽日記

okuruma.exblog.jp

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも

ブログトップ

出張ついでに(京阪奈中編)

ホテルに着いたのはもう暗くなっていたので、翌朝撮った雄姿を。

d0054855_11242861.jpg


ということで、泊まったのは奈良ホテルでした。
奈良ホテルは、外国人観光客向け宿泊施設また地元の迎賓館として、明治42年に開業したホテルで、当時は鉄道院が運営していたことから、現在はJR西日本系のホテルです。 また都ホテルズ&リゾーツのホテルでもあることから、実質的には都ホテルが運営しているのではないかと思います。

国内にいくつか残るクラッシックホテルの中でも、和のテイストが最も濃い外観ですが、実は東京駅を設計したことで知られる辰野金吾の設計です。
これは、このホテルに先立って明治28年に開業した奈良国立博物館が完全な洋風建築で、古都奈良の景観になじまないと批判されたため、建物は和風で建てるべし、という県条例が施工されたことによるものです(明治・大正時代の話です)。




d0054855_1158149.jpg
d0054855_1202694.jpg


昨年のGWには外観だけ眺めて帰ってきましたが、今回は大手を振ってフロントへ。
吹き抜けで陽光さんさんの素晴らしい内装です。
奈良ホテルのバゲージタグを付けてもらったカバンを、ベルガールに持ってもらいながら、天井の高い廊下を案内されて部屋へ。

d0054855_1274789.jpgd0054855_128263.jpgd0054855_1281597.jpg










部屋の天井もメチャメチャ高いです。 4mぐらいは、あったんじゃないでしょうか。
シングルで予約していましたが、空いていたのかツインの部屋に通されました。
暖房は、エアコンの他にスチームヒーターもありましたが、彫刻も見事な鋳物製です。
柿の葉寿司と黒ヱビスは、こんな部屋でいただいたのでした。
ちなみにクラッシックな本館の他に、新しく建てられた新館がありますので、予約の際に本館と頼んでおいた方が確実です。

さすがに6,000円〜のディナーを一人で食べる度胸はありませんでしたが、翌朝の朝食は1600-scさんのブログでうらやましいと思ったメインダイニング三笠でいただきました。
敷地内の緑や遠くに寺社仏閣を望める眺めのいいテラス席へ案内されかけたところを、あえて室内を見渡せる席にしてもらいましたが、和のテイストを取り入れた灯具や、折り上げ格天井の立派なメインダイニングでした。

d0054855_12193018.jpg
d0054855_12194656.jpg


茶粥朝食が有名らしいですが、朝はパン派の私は普通の洋朝食を選択。
ジュースがオレンジ・グレープフルーツなど4種類、シリアルがコーンフレークかオートミールの2種類、タマゴが目玉焼きやオムレツなど6種類、付け合わせにベーコンかハム、パンがトーストやホットケーキなど4種類、あとはサラダとコーヒーか紅茶が付きます。

たくさんの選択肢の中から、写真はプレーンオムレツとベーコン、それにフレンチトースト。 食器にはホテルのマークが刻まれています。
お味は普通でしたが、雰囲気を十分堪能してきました。 お値段は、2,200円に税・サービス料を足すと2,514円。 雰囲気代が1,500円ぐらいですかね(笑)。


宿泊料は、シングル食事なしで約16,000円(税・サービス料込)。 ツインのシングル利用という設定もあるようですが、今回はホテルのご厚意です。
というのが一般的な料金設定ですが、とあるルートのオフピーク優待料金ということで、安く泊まれたのでした(もちろん前夜宿ビジネスホテルの倍ぐらいはしましたが)。


当初は前編・後編2本立てのつもりが、奈良ホテルに気合い入れすぎて(笑)一話できてしまったので、これはこれで中編として、日曜日の観光は後編にて。


(続く)
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/2636897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 1600-sc at 2006-02-04 16:44
このホテルは私も好きで、奈良へ行くとここで食事したり、お茶したりしてます。
本館と新館...どちらにも宿泊した事がありますが、窓から見える景色も随分違ってました(苦笑)
朝食の「茶粥」は、私にとっては”名物にうまいもの...”の例えの通り、洋食で正解だったかも(笑)
つぎに奈良へ行く機会があるんでしたら、夜は「和」という蕎麦屋さんをお勧めします。
¥3,000-でかなりお値打ちの料理を味わう事ができます。是非どうぞ(笑)
Commented by giacomo_pcn at 2006-02-04 21:47
日光金谷や箱根富士屋は遠くないので行ったことがあるのですが、
奈良ホテルはまた重厚感がありますねっ。行ってみたいです。。。
この前行った岩崎邸のスチームに彫刻があって驚いたのですが
やっぱり昔の贅を尽くした造りはスゴイですね!
Commented by Docile at 2006-02-04 23:43 x
いいなーいいなー、奈良ホテルー。
私も泊まりたい~。
ステキな写真、ありがとうございましたぁ。
Commented by okuruma1970 at 2006-02-05 01:20
>>1600-scさん
辰野金吾建築好きとしては、永らくの憧れでした。
新館って正面左側の崖下の方ですよね。確かに景色は期待できなそう・・・。
私が泊まったのは正面側でしたが、裏側の池に面した方がもっと良さそうですね。
次に奈良へ行く機会があったら、おいしいお店ぜひ教えてください。

>>giacomo_pcnさん
実は軽井沢の旧万平ホテルを含め、関東のは行ったことがないんですよ。
早朝箱根で走って、富士屋ホテルで朝食なんてのも良さそうですね。
昔の豪華さって、素材はもちろん細工の細かさに感心してしまいます。
Commented by okuruma1970 at 2006-02-05 01:24
>>Docileさん
普通の高級ホテルにも泊まったことはないのですが、ホント良かったです。
お仕事とかボランティアの方とかで奈良に行くことがあれば、オススメですよぉ。
写真はもっと撮ってきたので、詳しくはそのうち「洋館探訪」の方で。
Commented by gop at 2006-02-05 09:09 x
私も泊まりました、一階の角部屋でしたけど。
okurumaさんが泊まられた部屋と同じタイプと思います。

軽井沢万平ホテル、箱根富士屋ホテル、日光金谷ホテル..風情がありますよね。安い部屋ではなくて、いつかはスイートに泊まってみたいものです(笑)
富士屋ホテルは館内案内説明もして貰えますよ。

維持が大変でしょうけど、末永くホテルとして営業を続けて頂きたいですよね。
Commented by ユリコ at 2006-02-05 11:02 x
天井がびっくりするほど高いんですよね。部屋の狭さが緩和されるような。建物内部ばかり見ていて朝食何を食べたか記憶がありません(笑)
Commented by okuruma1970 at 2006-02-05 17:18
>>gopさん
クラッシックホテルって、風情があっていい雰囲気ですよねぇ。
泊まるのや、ましていいお部屋は、連れてく相手を見付けてから(苦笑)として、
春になったら建物巡りの一環で、お茶がてら関東3件を見に行ってみようかな。
各ホテルのがんばりに期待しつつ、利用という形で協力したいものですね。

>>ユリコさん
天井の高さはお聞きしてた以上で、ホントビックリしました。
東京ステーションホテルの廊下も天井が高かったので、お部屋もおそらく・・・。
ユリコさんは、建物>食事>酒なのかもしれませんが、私は正反対です(笑)。
Commented by tomtomtoms at 2006-02-05 18:07
古い建物なのに清潔感をしっかり保っていてびっくりです。
こんなところでゆっくりという余裕はまだありませんが、
いつかそんな気分になったら行ってみたいな。
この雰囲気だとまだまだ営業は続けそうですものね。
Commented by okuruma1970 at 2006-02-05 21:50
>>tomtomさん
歴史も積み重ねていますが、折を見てリニューアルを施すなどサービスレベルを維持しているところが、一流ホテルの所以かも知れませんね。
私こそ全く余裕はないですが、好きなものだけ一点豪華主義です(笑)。
歴史的価値もあり当分安泰だと思うので、奈良へ行かれたら是非どうぞ。
Commented by manaka987 at 2006-02-09 05:06
私も憧れのホテルでしたが、行く機会がなかなかなくて、、、
ところが3年前妹の結婚式が奈良ホテル!!ラッキーでした!!
ところで、土曜日って何してます?
Commented by okuruma1970 at 2006-02-10 19:59
>>manaka987さん
奈良ホテルで結婚式って、スゴイというかうらやましいですねぇ。
あの離れのチャペルで式を挙げられたのでしょうか?
土曜日の件は携帯にメールさせてもらいました。
by okuruma1970 | 2006-01-29 11:21 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(12)