出張ついでに(京阪奈後編)

奈良市内の洋館は去年のGWに見て回ったので、日曜日は京都の建物を見ました。

バスでJR奈良駅に出ると、旧奈良駅舎の覆いは外され、その姿を見ることができました。
実は旧駅舎が奈良駅の高架化工事に支障し、曳き家という工法で18m移設したのでした。
(曳き家:建物を基礎から切り離してジャッキアップし、コロやレールで移動させる工事)

d0054855_17325147.jpgd0054855_1733423.jpg









京都へはJR奈良線の「みやこ路快速」で45分ほど。
各停は古参の103系でしたが、快速は転換クロスシートの221系で快適でした。




d0054855_17394230.jpg京都駅のコインロッカーに大荷物を詰め込み、身軽になったところで駅北東の柳原銀行記念資料館へ。
ところがこの資料館、日祝と第2・4土曜日は休館、ということで見られず。
管理人さんも休みたいのかも知れませんが、開館が平日と第1・3土曜だけじゃ、見せてやってる感を受けざるを得ませんねぇ。



お次は駅北西の、龍谷大学大宮キャンパスへ。
龍谷大学は仏教系の大学ですが、明治12年に建てられた洋館校舎が残っています。

d0054855_17545236.jpg


この本館は木造漆喰壁の重要文化財で、洋館関係の本でよく取り上げられていますが、これだけではありません。 左下は旧守衛所で、こちらはレンガ造り。

d0054855_1757198.jpgd0054855_188113.jpg









さらに北黌と南黌(右上)という大きな校舎が2棟もあり、当時のキャンパスがほぼそのまま残されているようです。 正門と渡り廊下を含め、その全てが重要文化財に指定されています。

京都駅に戻り、JR東海道線で山崎へ。
山崎駅から天王山を登ると、アサヒビール大山崎山荘美術館があります。
この大山崎山荘は、ニッカウヰスキー創始者の一人である加賀正太郎が別荘として建て、後に廃墟と化したところをアサヒビールが買い取って美術館としてオープンさせました。

d0054855_18551422.jpg


山荘というだけあって、外観はロッジというか山小屋風の建物です。
また内部も、玄関を入った屋根組みからして、山小屋です。 しかも、むき出しの太い柱や梁は製材されているだけでなく、手斧(ちょうな)で削った跡を残していて、それもまた山小屋の雰囲気を強くしています。

d0054855_1856029.jpgd0054855_18561474.jpgd0054855_18563235.jpg











屋根裏部屋は立ち入り禁止でしたが、吹き抜けの階段ホールがいい感じでした。
さて、ここはアサヒビールが運営しているということで、併設の喫茶コーナーでは、お酒もいただけます。 ということで、今日はアサヒ黒生を。
山小屋のテラスから古戦場を見下ろしつつ一杯、いい気分です(眼下に高速のジャンクションや大きなショッピングセンターって、もしやg氏のお住まいが・・・)。

d0054855_1912822.jpg山麓の大山崎駅から今度は阪急電車に乗って、京都市中心街の河原町へ。
ROY氏の学生時代のお話通り、ターゲットは駅を出るとすぐありました。

宣教師建築家、W.M.ヴォーリズ設計の建物で、元々はビアレストランとして建てられたそうですが、現在は中華料理店の「東華菜館」です。
構造としては塔屋以外普通ですが、外壁にはテラコッタが貼られ、とても表情豊かな建物です。

3時過ぎまでお昼ご飯を食べずに(ビールは飲みましたが、笑)、この建物に入るのを楽しみに来ました。



通りに面した2階から、手動開閉のエレベーターに乗って5階のホールへ。
鴨川を見下ろすいい眺めですが、天井や壁もなかなか。

d0054855_1925839.jpgd0054855_19252114.jpg









一人でコースなど食べられるはずもなく、チャーハンとカニ玉、そして生ビールをオーダー。 チャーハンは油っこくなくパラッと炒められていて、カニ玉のカニはかなり身がしっかりしたものでした。
それにビールまで飲んで2,400円でしたから、安いものでした。
帰りは階段で降りつつ、4階と3階をつぶさに見物。 実は個室が並んでいましたが、5階のホールよりも明らかにヴォーリズ流でした。

食後に三条通を通って古い建物を眺め、地下鉄で京都駅へ。
帰りは、適度な乗車率ののぞみに乗って帰京。 9時半頃自宅に帰り着きました。


以上、出張報告終わります(笑)。
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/2644881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomtomtoms at 2006-02-06 00:22
建物もすごくいいですね。楽しそうな旅行なのですが、ただ一点この時間には危険です。もう何か食べたい病が、あーもうだめだ。
でも、我慢しますよ。はい。
Commented by COOPER99 at 2006-02-06 00:44
いやぁ有名所を除いても有る所には有るのですな、こんなのが。
ちっとも詳しくないのですが、古い建物って見れば作った人の技が分かる
ので感心すること然りです。私の叔父も家を建て直す時に、古い家を
クレーンで吊って移動させました。大丈夫?って聞いたら、どうせ壊す
ので出来たら仮住まいできてラッキーって・・・。この血を受け継いでいる
んだよなぁ>自分。(爆)
Commented by ROY at 2006-02-06 07:39 x
そうそう、東華菜館は河原町駅の一番端の出口を上がって、
東側の鴨川沿いでした。建物が古いので料理が脂っこいという
イメージをなぜか持っていましたが、そんなことないですよね(笑)。
ちなみに、私の奈良行きも28(土)でした。
Commented by gop at 2006-02-06 08:47 x
京都奈良は戦災を免れましたから貴重な建物が多いですね。
ここも良い建物でしたよ。
http://blog.so-net.ne.jp/987/2005-07-30-3
ヴォーリズの東華菜館、私も行きました。
Commented by gosyurin at 2006-02-06 09:15
おぉ。
わが母校&私の生活圏(旧乙訓郡エリア)へようこそ(笑

大宮は文学部のキャンパスでして、私は学部が違ったのでメインは京阪沿線でしたが、調べ物等で図書館へはよく行ったなぁ…

大山崎山荘は毎日見ているのですが行った事はないです(^^;
バブル期に建物を潰して高層マンションが建つ計画が持ち上がって、結局アサヒビールが買い取って美術館としたのではなかったかと思います。

こうして見ると地元にも行くところはたくさんあるけど行ってないですね。
Commented at 2006-02-06 17:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by okuruma1970 at 2006-02-06 20:54
>>tomtomさん
おいしいものをブログに載せている方が多いですが、夜は危険ですよね。

>>COOPER99さん
最近はマイナーどころに偏りつつありますが、結構いいのがあるんですよ。
古い建物に、施主の粋と職人の技をニクいぐらい感じることがあります。
私、キッチリとアバウトの差が激しいと言われます。アバウトも必要ですよね。
Commented by okuruma1970 at 2006-02-06 21:04
>>ROYさん
地下から出たら、以前お聞きした通学経路を思い出してしまいました。
奈良には11時頃着でしたか? こちらは10時45分発でした。
まさか来てないよなぁと頭をよぎりましたが、奈良でニアミスとは・・・。

>>gopさん
寺社仏閣に隠れていますが、京都の洋館残存率・集積率は随一ですよね。
ご紹介の建物も興味はあったものの、駅から遠いので今回は断念しました。
それにしても、gopさんも国内くまなく回られていますねぇ。
Commented by okuruma1970 at 2006-02-06 21:10
>>gosyurinさん
いやぁ眼下を見下ろしたら、これはもしや、って思っちゃいました。
さすが経緯をよくご存じですね。ビールはヱビス派ですが、アサヒは偉いなぁ。
龍谷大学のご出身でしたか。 新校舎もイメージを似せていましたね。
私も遠くはリサーチして行きますが、都内はサッパリです(笑)。

>>非公開コメントありがとうございます。
Commented by ROY at 2006-02-07 20:48 x
JR奈良駅出没は微妙に1日ずれているような・・・
数時間違いで近鉄奈良線を逆方向に乗ったというのは確かに
ニアミスかも知れません。

京都って人によって楽しみ方がいろいろですね。
Commented by okuruma1970 at 2006-02-07 21:16
>>ROYさん
そうですね、1日違いでした。
京都市内の洋館は多いので、まだまだ見切れていません。
Commented by Docile at 2006-02-08 09:48 x
東華菜館の入り口のたこさんたち見ましたぁ?
私はあの入り口のテラコッタが大好きです*^^*

いいなー。
また行きたくなってきますー。
京都には同志社大学の近くにヴォーリズ設計住宅をカフェにした
バザールカフェもあるんですよー。
今度ぜひ、行って来てください♪
Commented by okuruma1970 at 2006-02-08 22:32
>>Docileさん
タコさん、わからなかったなぁ。 でも色々いて楽しい入り口ですよね。
入り口は「洋館探訪」のトップページにも使ってます。
ホントは、ゆっくりお茶でも、と思ってたんですが、食べるので精一杯でした。
バザールカフェって、こちらですね。今度はお茶してきま〜す。
 http://www.onozomi.com/univ_gourmet/topic07_d_bazaar.html
Commented by opencar-tokyo at 2006-02-12 02:46
こんばんわ。
私の地元は大阪なので、
当時付き合っていた彼女がいた奈良はよく行きましたよ。
JR奈良駅あたりはあまり何もないとこと、勝手に決めていましたが
そんなことないですね
駅が絵になるとは。

奈良なら若草山によく行きました。
夜は夜景がきれいですし
昼間行っても芝生で寝転べば最高です。
鹿もいましたよ
Commented by okuruma1970 at 2006-02-12 21:58
>>opencar-tokyoさん
奈良駅周辺には、いわゆる文化財はないようですが、何気なく使っている駅舎も、よく見れば味があることもあるんですよね。
遠くへ旅に出ると、あくせくと建物ばかりを走って見て回っていますが、ゆっくり芝生に寝ころぶような観光もしてみたいなぁ。
一人ガツガツ観光だと、心に潤いが足りないですね(苦笑)。
by okuruma1970 | 2006-01-30 17:20 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(15)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970