1日目 MIATモンゴル航空

行ってきたのは、中国とロシアに挟まれた内陸国、モンゴルでした。
行ったことある方、いらっしゃいますか?
よほど興味がないと、訪問十カ国程度の初心者が行く国ではないのかも知れません。


今回は出張ということで、いちおう仕事です。
勤務先は種々雑多な仕事を寄せ集めたような会社なのですが、十数年来アジア各国から様々な職種の会社員を3ヶ月ほど受け入れて、日本語研修の後、技術・管理手法などを研修してもらっています。
今年も数カ国から受け入れ、そのうち私がモンゴルの方の担当になったため、顔合わせや研修カリキュラムの打ち合わせ、国の状態や彼の勤務先を把握するなどの意味で、出張となりました。
一行は、研修プログラムの企画部署から2人、現場で技術的な指導を行う1人と、私の計4人。


と前置きはさておき、6月にリニューアルされたばかりの成田空港第一旅客ターミナルに集合。
以前は関空から週一便だったのが、現在は成田から週3便(冬季は2便)飛んでいます。
それを運航しているのが、MIATモンゴル航空です。

d0054855_113288.jpgd0054855_1131516.jpg










ちょうど名古屋場所が終わったところだったからか、こんな姿も(上位力士ではないです)。





飛行機は普通のエアバス機、A310-300でした。

d0054855_11543100.jpg


エコノミーは、横2+4+2列でしたが、2/3ぐらいの乗りだったので、隣席の人は別の席に移っていき、少しゆったり。
ただ、日本人乗務員はいないようで、飲み物のリクエストのやりとりでは、困っている人の姿もチラホラ。 食事は普通です。 モンゴルのビール、Chingis Beerをいただきました。

d0054855_1193870.jpgd0054855_1195035.jpg









北京辺りから中国上空に入り、ゴビ砂漠を抜けてウランバートルに向かいます。
13:30出発のはずが30分ほど遅れたため、30分ほど遅れた18時過ぎにウランバートルのチンギスハーン国際空港に到着。 イメージ通り、草原の中の空港って感じです。
通訳と運転手の他、研修を受ける方も迎えに来てくれて、初対面。
事前に見ていた研修生履歴書の写真では、朝青龍もかくやという感じのごついイメージでしたが、意外や小柄で温和で人の良さそうな方でした。 ひと安心。

どんな車かと楽しみにしていましたが、普通にエスティマでした。
走り出すと、結構荒っぽい運転ですが、周囲を見回しても同じでした。
道路も結構荒れていて、段差や穴があちこちに・・・。
ふと気付くと、右側通行なのに、日本仕様の右ハンドル。

新潟港辺りから船に山積みされている車なのでしょう。
国内専用車だったはずのマーク2・チェイサー・クレスタ3兄弟、カリーナED、コロナExivなどのハードトップ車や、道路状況を反映してパジェロやテラノなども走っています。
さらによく見ていると、ランクルの一部は正規輸入車らしき左ハンドルもあります。
でも左ハンドル車のほとんどは韓国車、特にヒュンダイ。
ヨーロッパ車はほとんど見掛けません。 ゲレンデバーゲンは本当のお金持ちそうでした。

30分ほどでホテルに到着。
ガンザム・ホテルというホテルでした。

d0054855_11294780.jpg


5年ぐらい前にできたホテルのようで、キレイでした。 2つ星とか。
当初は3つ星か4つ星のもっとキレイそうなホテルの予定だったそうですが、建国800周年のお祭りの関係で、予約が入らなかったとか・・・。
部屋は無駄に広かったです。

d0054855_11324658.jpgd0054855_1132583.jpg









扉こそないものの、ソファーやテーブルがあって、奥にベッドルームのような構成。
出張で一人なんですけどねぇ・・・。

その後、夕食に連れて行ってくれました。
モンゴル料理ではなくてドイツ風のビアホールでしたが、若者に人気のお店のようで、帰る頃にはかなり賑わっていました。


ちなみに片道5時間弱掛かりますが、時差は1時間。
しかも夏季はサマータイム制を導入しているおかげで時差なし。
夜10時になって、ようやく日が暮れてきました。


(続く)
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/3463788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by COOPER99 at 2006-07-30 13:33
おぉチンギスハーンでしたか、遊牧民なオラはとっても興味があります。
続編が楽しみぃ。(ワクワク)
Commented by どしる at 2006-07-30 14:18 x
モンゴルですか。いいですね。
しかしチンギスハーン国際空港って名前が特にいいです。
一ヶ月くらい滞在してみたら人生観変わりそうですね。
Commented by suzemon at 2006-07-30 16:42 x
出張、おつかれさまでした。
モンゴルの自分的イメージは、平原が延々と続く土地で山が見えず、まちはロシアのよう。でも人の顔はわれわれと同じ・・・って感じかなと思っているのですが、どうでしたか?
続編、楽しみにしています。
Commented by okuruma1970 at 2006-07-30 20:35
>>COOPER99さん
首都ウランバートルは、三・四十年前の日本の地方都市のようなイメージでしたが、3日目にはモンゴルらしい光景が見られたので、続編をお楽しみに。

>>どしるさん
シャルルドゴールとか、J.F.ケネディーとか、海外の国際空港には人名が付けられていることが多いようですが、近代ではなく歴史上の人名というのは珍しいかもしれませんね。
徳川家康国際空港とか付けても、海外の人にはわからないですよね(笑)。
Commented by okuruma1970 at 2006-07-30 20:38
>>suzemonさん
首都ウランバートルは盆地のようで意外と起伏はありましたが、あとはだいたいイメージされているとおりでした。
出張だと朝から晩まで対応してもらえて楽ではありますが、気ままな一人旅ばかりだった私には、もう少し自由が欲しかったですねぇ。
Commented by どしる at 2006-07-31 08:30 x
こんにちは。
>>徳川家康国際空港とか付けても
それいいですね(笑
「中部国際空港」より全然良いですよ。
空港名と言えば「アンカレッジ」に格別の旅情を感じます。
Commented by giacomo_pcn at 2006-07-31 09:30 x
よほど旅慣れた方かやはり仕事上でもなければそうそう行く機会はなさそうですから、とっても貴重な体験ですね。
ホテルの部屋もとっても清潔そうではないですか。結果的に時差がないというのもありがたいです。
それにしても、モンゴルだったんですねぇ。まるで椎名誠さんの世界ですよっ。。。。
Commented by gosyurin at 2006-07-31 15:39
いやー凄いですね。中国というのはありがちですがモンゴルとは…仕事でもなければなかなか行かないですよね。
Commented by gop at 2006-07-31 19:26 x

モンゴルですかぁ、ここも日本人のルーツですよね。
DNAを探って行くとこちらに行き着く方も多いとか。
ウチの奥さんもたぶんそう(^^
私は開高健さんのイトウ釣りを思い出します。
Commented by shoot_head at 2006-07-31 23:15
国技館に数回行ったワタシとしては「モンゴル ウランバートル出身 **部屋~」っていうアナウンスが聞こえてきそうな出張です(笑)

しかし日本からモンゴルってやっぱりなかなか行く機会が少なそうですよね。当地を走っているクルマもなんだか面白かったです。
草原+馬、という図式が・・・。
Commented by 妃な香 at 2006-07-31 23:24 x
>夜10時になって、ようやく日が暮れてきました

そんなに日が長いんですか・・・。
私も夏にカナダに行ったときは、夜の8時でも夕方のような空でハッとしました。
それこそ日本の夏の5時くらいのような明るさ。
Commented by okuruma1970 at 2006-07-31 23:46
>>どしるさん
アンカレッジって、父親の出張の世界ですね。
寄らねば行けぬ異国から、わざわざ行かねば寄らぬ異国の地へ、隔世の感ですね。

>>giacomo_pcnさん
旅慣れた方でも、行くのはちょっと珍しい国ですよね。
ホテルなのかどこなのか、なんぞ小生物に刺されて痒いですが・・・。
ホント、椎名誠氏の小説に出てきそうですね。
Commented by okuruma1970 at 2006-07-31 23:51
>>gosyurinさん
仕事でもなければ・・・、と言いつつ、純粋な観光客もチラホラ。
ゲル(移動式テント)に泊まりつつラクダでテクテク、結構いい旅ですよ。

>>gopさん
顔だけ見ると、日本人と変わりないです。
研修生の奥さんは、日本人から見ても美人でした(憧)。
開高健氏は、モンゴルまで釣りしに出向いていたのですか?
Commented by okuruma1970 at 2006-07-31 23:56
>>shoot_headさん
成田からそんな後ろ姿を見てしまったので、モンゴル=ちょんまげのイメージが。
個人的興味でもなかなか行かなそうな国ですが、面白かったです。

>>妃な香さん
サマータイムのせいなのか時差のせいなのか、日暮れが遅く海外を実感。
日本でもサマータイムが導入されたら、夕暮れが遅くなるかもしれませんね。
Commented by seiuchi-porsche9 at 2006-08-01 17:14
仕事で海外出張って、いいものなんですね。
自分で海外に行くとしたら、興味がある国とか、過去に訪問して楽しかった思い出がある国とか、無難な選択をしてしまいます。
何処そこに行くぞ!こういう予期せぬ国の訪問は、たとえ仕事といえども、視野が広がって凄く羨ましいことだと思いました。
モンゴル、次回は誘ってください(笑)
Commented by okuruma1970 at 2006-08-01 22:14
>>セイウチさん
3連続書き込みありがとうございます。
私の場合は個人旅行はヨーロッパばかりですが、こういう機会でないと行かない国ってありますよね。
中国も上海だけだったので大都会でしたが、いい経験になりました。
モンゴル旅行、行くなら次は北京から汽車でノンビリ楽しんでみたいですね。
by okuruma1970 | 2006-07-30 11:41 |  モンゴル | Trackback | Comments(16)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970