幌馬車2台の道楽日記

okuruma.exblog.jp

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも

ブログトップ

北海道出張(後編)

北海道出張の2日目午前は、肝心な目的物の見物。
登別温泉からバスで、市内某所へ。
国内では珍しい機械を、他の会社にお願いして、午前中の3時間弱見せてもらいました。


行きはバスで目的地のそばまで行けたので、近くの駅の実態を知りませんでしたが、タクシーも停まっていない駅員1人の小さな駅でした。 そんな駅でも、特急が停車します。

d0054855_19544442.jpgd0054855_19553330.jpg










国鉄時代に北海道専用の特急電車として作られた781系電車「すずらん」号で、室蘭から札幌までを結んでいます。 念のため指定席を取ったのですが、指定席は4両編成のうち1両の半分だけでした(苦笑)。
やはり昨日乗ったスーパー白鳥号とは違い、車内は国鉄特急の雰囲気でした。
昼時の特急だったので車内販売に期待していたのですが、4両の特急には乗っていませんでした。





降りたのは、札幌の一つ手前の新札幌駅。
元々ここで乗り換えて札幌市内某所を見学する計画だったのですが、飛行機手配後に見学できなくなった(涙)ので、帰りの飛行機まで札幌市内見学。

新札幌から市営地下鉄で大通(おおどおり)駅まで。
ご存じの方も多いと思いますが、札幌の地下鉄はレールと車輪ではなくてゴムタイヤ式です。

d0054855_2014099.jpgd0054855_20141171.jpg









真ん中の黒いレールのようなものがガイドレールで、ハンドル代わりに進む向きに車両を向けるのでしょうね。 縦筋の入った両側の黒い部分が、タイヤが載る部分だと思われます。
どれぐらいの空気圧なのか知りませんが、「ゆりかもめ」などの新交通システムのようにピョコピョコする感じはありません。 車両自体が重いからかな?
ゴムタイヤ式(中央案内軌条式)について詳しくは、こちらをご覧ください。

大通駅は、大通公園の真下。 地上に上がれば、テレビ塔。
ちょっと歩けば、時計台があります。
時計台は、札幌農学校(北海道大学の前身)演武場として、明治12年に建てられました。

d0054855_20233794.jpgd0054855_2023501.jpg

















が、2時半を過ぎてお腹が減っていたことに気付き、札幌駅地下街で昼食。
札幌に来たのは9年ぶりなので、JRタワーなる高層ビルができたのを初めて見ました。
最上階38階は展望台になっていたり、上層ホテルの22階には展望温泉もあるとか。

d0054855_20265443.jpgd0054855_2027911.jpg









食べたのは海鮮丼です。 脂がのったサーモンで、おいしかったです。
寒かったこともあり、本当は札幌ラーメンに惹かれていたのですが・・・。
同行のインドネシア研修生がイスラム教徒なので、豚肉はもちろんダメですが、牛肉と鶏肉もハラルミートといってお祈りを施した肉しか食べられないので、色々選べる定食屋さんに入ったのでした。

お腹も満たされたところで、旧北海道庁へ。
左側がモンゴルのバタさん、右側がインドネシアのエディさんです。

d0054855_20413981.jpg


明治21年に建てられたレンガ造りの庁舎で、国の重要文化財に指定されています。
有名どころだけあって、修学旅行らしき中高生も多かったです。
館内は一応北海道の観光案内などが展示されていましたが、もう少しいい展示の仕方があるのでは・・・、という感じでした。 無料なので、文句は言えませんね。

駅構内でお土産を買ったところで、新千歳空港行きの快速エアポート号に乗ります。
快速エアポート号は15分毎の運転。 小樽からの快速電車が30分毎、札幌始発の快速電車が1時間毎、旭川からの特急電車(札幌から快速)が1時間毎のパターンで、混んだ快速を見送ったら特急車両の快速でした。
特急電車は785系で、旭川〜札幌間は特急スーパーホワイトアロー号として運転しています。

d0054855_20585380.jpgd0054855_2142828.jpg









新千歳空港でチェックインすると、4階スカイラウンジのPRONTOで生ビールを。
って、また写真を撮り損ねました。

最後はJALで空路羽田へ。 個人的にはAIR DOとかスカイマークとか乗ってみたかったのですが、会社では原則JALかANAなので、やむなく・・・。
飛行機(機材というらしい)はB747で、バタさんはジャンボに乗るのが初めてだったらしく、喜んでいました。

私も北海道との移動に飛行機を使うのは初めてでした。
ちなみに、渡道は今回で8回目ぐらいかな?
8往復、片道だと16回のうち、船で10回、列車で5回、そして今回初飛行機。
青函連絡船が好きで、高校生の頃に青春18切符で乗りに来ました(遠い目)。

そんな思い出はさておき、21時に羽田着。


確かに振り返ってみれば、出張だったのか旅行だったのか・・・、なところも無きにしも非ずですが、バタさんの要望はかなえられたことでしょう。
後で聞いたところ、主目的より青函トンネルのインパクトの方が大きかったとか(苦笑)。
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/4242413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by azmomohiro at 2006-11-26 00:10
今日の横浜は寒かったです
北海道も寒いでしょうね〜〜
私は一度も北海道には行った事が無いんです
一度自分のCaymanSを持参して行きたい物です
Commented by Tristan987 at 2006-11-26 01:37
私も、これまで北海道は8回行っているのですが、列車で1往復、船に自分のクルマ(レガシィ)乗せて行ったのが1往復あるだけで、他6往復はすべて飛行機ですね。
その1回の列車往復の際に、「スーパーホワイトアロー」も「すずらん」も「ライラック」も乗ったのですが、785系の”無駄のない速さ”が好きですね。また乗りに行きたくなってしまいました(笑)。
Commented by okuruma1970 at 2006-11-26 14:49
>>azmomohiroさん
このところ関東南部でも結構冷えますよね。札幌でもコートが欠かせませんでした。
車好きなら一度は自分の車で北海道を走りたいって考えますが、まとまった休みが取れる環境でないと北海道までというのはなかなか難しいですよね。
私はぺーぺーで現場作業をしてる9年前に行きましたが、気持ち良かったですよ。

>>Tristan987さん
Tristan987さんのパターンが標準的な渡道経路・回数ですよね。
私は車(306)の1往復と、自転車担いで1往復半の船が効いているかな。
ライラックって、まだ走ってたのですね。 てっきり消えた愛称名かと・・・。
確かに785系の”無駄のない速さ”は北海道では異色な存在かも知れませんね。
個人的にはJR九州の無駄なスペース(笑)がある車両とか好きなんですが。
Commented by ROY at 2006-11-28 23:57 x
出張お疲れさまでした。
定番の「仕上げのビール」の写真がありませんが・・・(笑)
AIR DoがANA便名で運航しているコードシェアに乗ってみるという
手があったのかも知れません。
私はあまり北海道に行ったことがありませんが(他の場所と比較して)、
だいたい、飛行機が青函より少し多い程度だと思います。
(冒頭の謎の駅が30秒たらずで推理できてしまいました)
Commented by gosyurin at 2006-11-29 16:38
私もこんな仕事をしてみたい(しつこい

私の渡道は3度ですが、2度は鉄道、1度は飛行機です。
初めて北海道へ渡った高校生の時、青函連絡船はもうありませんでした。
もう少し早く北海道へ行く事ができていれば、白鳥→青函連絡船→北斗、というルートを取れたものを…
さらにもう少し早ければ、山線経由の北海orニセコにも間に合ったのに…

実際はトワイライトEXP、北斗星、はまなす、白鳥等でした。
その大阪直通の白鳥も今はないですもんねぇ。

北海道へ飛行機以外で行くという事自体がそもそもマイナーですが、一度は舞鶴or敦賀からフェリーで行ってみたいです。
Commented by okuruma1970 at 2006-11-29 22:27
>>ROYさん
さすがに事情(Blog)を知らない他人様と行くと、缶は撮りづらくて・・・。
その手があったか。国内線でも、最近はコードシェア便があるんですよね。
少しにしても飛行機が多いというのは、非常識ではないですね。
あの4時間の航路は何か好きで、個人的に鉄路と比べても乗りたくなります。
あの駅は、もしやと思ってぼかしましたが、ご存じとはいえさすがです。

>>gosyurinさん
研修生の引率とはいえ、個人的趣向に偏ってしまった観は否めません(苦笑)。
私は駆け込みで青函連絡船に間に合いましたが、残念ながらニセコには乗れませんでした(涙)。 畳に布団で寝た、快速ミッドナイトも懐かしいです。
カーフェリーの旅も、いいですよね。 小樽〜新潟は熟睡でしたが・・・。
Commented by manaka987 at 2006-11-30 00:55
熊牧場には行かなかったのですね!! あそこは何度行っても飽きませんよ!!
Commented by okuruma1970 at 2006-11-30 21:59
>>manakaさん
熊牧場なんてあったのですね。 知らなかった・・・。
夜7時着の朝8時出でしたから、登別は単なる宿泊だけでした。
北海道には出張ではなく、観光でノンビリ行きたいものです。
Commented by gosyurin at 2006-12-01 10:02
>ミッドナイト
そういえば私も乗りました。札幌→函館で。乗ったやつはグリーン車転用っぽいシートの車両だった気がします。函館からは客車快速「海峡」で青森へ戻って、青森からは…何に乗ったのか…白鳥は間に合わないし、新幹線には乗っていないし…青森駅の待合室で暫く時間潰ししていた記憶が有るので、たぶん八甲田か津軽かで帰ったのかなぁ…
Commented by okuruma1970 at 2006-12-01 23:29
>>gosyurinさん
私も当時は座席派で、ミッドナイトでもカーペットカーではなくて座席車を選びたかったのですが、検査中とかで、代わりに出てきたのがお座敷車両でした(笑)。
八甲田や津軽なんて夜行急行もありましたねぇ。
青森までは18切符で、50系客車や583系改造の715系ばかり乗っていました。
Commented by shoot_head at 2006-12-03 00:39
こんばんは。北海道いいですね。しかもお仕事で行けるなんて!
実はまだ北海道に行ったことがないんです・・・。

海の幸がとってもおいしそうですが、同行された外国人の方は刺身大丈夫でした?
オーストラリア人の知り合いがいますが、生魚食べると腹壊します(笑)
Commented by okuruma1970 at 2006-12-03 10:22
>>shoot_headさん
今回の出張は、研修生をダシにして、ちょっと楽しませてもらいました。
北海道は、飛行機なりで行くと、必ず自分の車でも行きたくなりますよ。
両者とも生魚を食べたことはなくて、モンゴルの方は来日してから好きになったそうですが、インドネシアの方は確かに焼き魚止まりだったかな?
by okuruma1970 | 2006-11-14 22:42 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(12)