ガスミュージアムと西郊ロッヂング

3月17日(土)に、小平のガスミュージアムと荻窪の西郊ロッヂングを見学してきました。
今回は、むにゅさんの見学に同行させていただきました。


武蔵小金井駅で集合し、バスでガスミュージアムへ。

d0054855_194815.jpg


都内にあった東京ガスの施設を移築復元したものです。

2棟あるうち左側の建物は、明治42年建築の東京ガス本郷出張所だった建物で、昭和41年に移築されました。
創建当初は今の姿とはずいぶん違っていたようでしたが、大正2年の改築設計図を基に復元されたようです。
美術品を展示することを考えてか、正面の窓は埋められてしまっています。

d0054855_1915342.jpg


移築に際して内部は作り替えられたので、当時の面影はありません。

また右側の建物は、明治45年建築の東京ガス千住工場計量器室だった建物で、昭和52年に移築されました。
こちらは窓枠こそ新しいものに替えられていますが、窓は開けられたままなので、イメージは変わっていないのでしょう。

d0054855_19201965.jpg


本郷出張所と同様に、内部は作り替えられていますが、天井は鉄骨や板が見えるようになっているので、見上げていると昔の雰囲気を感じられます。

d0054855_1926968.jpg面白いと思ったのが、妻部の控え壁の処理。

レンガを出っ張り引っ込みをつけて積んであって、見た目に変化があって楽しいです。
西側の妻面だけで、東側にはないのですが、なぜなのでしょうか?
















荻窪駅の南東にあるのが、西郊ロッヂング。
ロッヂングとは、下宿という意味があるそうで、当時は学生や若手サラリーマン向けの洋風下宿屋だったようです。
むにゅさんに見学の手配をしていただきました。
ここからいつもの建物仲間2人が合流。

d0054855_19313439.jpg


当初は本郷で営業していたのが、関東大震災で焼けてしまい、西の郊外(西郊)に移ってきたそうで、西郊ロッヂングと名付けられたそうです。

d0054855_19331916.jpgd0054855_19333330.jpg















角地のアール部分が一番の特徴ですが、窓枠などにも凝った造りが見られます。

建物の外観は同じイメージで統一されていますが、館内の半分以上は戦後に旅館というか割烹として使うよう、純和風に改造されています。

d0054855_19372588.jpgd0054855_19373661.jpgd0054855_19374794.jpg











いい丸太をふんだんに使い、部屋の出入り口に檜皮葺や瓦葺きの庇をつけるなど、棟梁こだわりの和風内装に仕上がっています。

旅館の玄関ロビーは下宿屋のラウンジだったようで、マントルピース(暖炉)が残っています。

d0054855_19414588.jpgd0054855_194225.jpgd0054855_1942188.jpg












玄関の一本柱は、装飾が刻まれた立派なものです。
また灯具も凝ったものがあちらこちらに取り付けられていました。

基礎の通気口は、当時のものが残っていました。

d0054855_1946326.jpgd0054855_1947124.jpg








駐車場には、プリンス・グロリア(しかも6発)が駐まっていました。
アメ車のようなテールフィンが、時代を物語っていました。

一旦外へ出て、現在も下宿屋というかアパートとして使われている部分へ。
こちらは数年前にバス・トイレを付けるなど大規模なリノベーションをしたそうですが、当時の洋風下宿屋のイメージをそのまま引き継いでいるので、空きが出てもすぐに埋まってしまうほどの人気だそうです。

d0054855_19491865.jpgd0054855_19493386.jpgd0054855_19494471.jpg











天井蛇腹や格天井がそのまま残され、いい雰囲気を醸し出しています。
ちなみに角地のアール部分はメゾネットタイプの部屋になっているそうで、特に人気が高いとか。

親切なご主人にいろいろ解説していただきながら、じっくり見せていただくことができました。
今でも旅館部分では宿泊や宴会ができるので、泊まりながら見学するのもいいかも知れません。


見学の後は、お約束の反省会。

d0054855_19562479.jpgd0054855_1956345.jpg








駅反対側の焼鳥屋で一杯(で済むはずがない)。
その後も夜の阿佐ヶ谷を徘徊し、もう一軒。
いつものことですが、飲み過ぎました。


(私信)最後になりましたが、むにゅさん、ありがとうございました。
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/5003048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from むにゅ’s のぉと at 2007-03-21 23:05
タイトル : 東京ガス館〜西郊ロッヂング室内見学・その1
今回は『洋館探訪』(http://homepage2.nifty.com/youkan-tanbou/)の 管理人のおクルマさんとその友人の方々をゲストにお迎えし、 西郊ロッヂングの室内見学をメインに活動してみた。 できるだけマイナーな所に行きましょうということで、午前中はガス資料館へ。 JR武蔵小金井駅に集合し、バスでガスミュージアムで下車ということだったのだが、 思った以上に道路が混雑し、バス移動の時間がかなりかかってしまった。 道路に面した敷地内に2つの...... more
Commented by 月の明かり at 2007-03-21 20:20 x
いやあ、先日は楽しい一日を一緒に過ごさせて戴きました。有難う御座いました。HPもさることながらこちらのブログも凄いですねええ。物静かな中にどうしてこのようなエネルギーと英知が隠されているのか、呆然唖然の降参です。これからも宜しくお付き合いしてくださいね。
Commented by HF at 2007-03-21 23:06 x
ちょうど、先日のラリック美術館で、ガス博物館が紹介されていて、面白そうだなぁと思っていた所でした。
Commented by むにゅ at 2007-03-21 23:08 x
お疲れ様でした。こちらからもトラックバックしてみたのですが、これでよいのでしょうかね?(よく、わからず・・・)今週は関西での活動なので資料作りなどでまだまだ記事のアップはダラダラとなりそうです・・・
Commented by 妃な香 at 2007-03-21 23:44 x
おお、ガス・ミュージアムにも行ったのですね~。
あら~全部私のシマだわ~(言いすぎ)。
となると、次はたてもの園ですかね。
私は会員のクセにしばらく行ってません。
次の土日は毎年恒例のキモノ関係のイベントで盛り上がるようですよ☆
Commented by azmomohiro at 2007-03-22 10:38
こんにちわ
私もガス・ミュージアムにも行ったことあります
私は夜に行ったので幻想的な感じでしたが昼間はこんな感じ
何ですね!!
なかなか、素敵な建物でしたね
荻窪の西郊ロッヂングは初めて聞きました、私は建物のの歴史とかは
全然なんですが、古い建造物等を見るのは好きなのでチャンスがあったら誘って下さい。
Commented by gop at 2007-03-22 12:31 x
新青梅は良く走るので「ガスミュージアム」は何時も横目では見ておりますが、昔より奇麗になった様な。近くに住んでいながら西郊ロッヂングは知りませんでしたねぇ、昭和モダンな旅館の様で割烹の様な不思議な建物ですね。プリンスのスーパー6がまたいい味出してますな。
Commented by COOPER99 at 2007-03-22 21:19
サンタさんの階段が!!。
住んでいれば、勝手にレトロに成っちゃうんだけどねぇ。(笑)
Commented by okuruma1970 at 2007-03-22 22:35
>>月の明かりさん
ようこそいらっしゃいました。 先日はお疲れさまでした。
数打ちゃ当たる的な写真の撮り方なので、載せる写真も自ずと多くなってしまいますが、月の明かりさんのような会心の一枚を撮ってみたいものです。
これからもよろしくお願いいたします。

>>HFさん
ラリックとガスミュージアムって、何か関係があるのでしょうか?
勝手知ったるエリアだと思いますので、是非どうぞ。
Commented by okuruma1970 at 2007-03-22 22:40
>>むにゅさん
先日はお疲れさまでした & ありがとうございました。
トラックバックもありがとうございます。 バッチリできてますよ。
むにゅさんの視点で見た記事を楽しみにしています。

>>妃な香さん
今回は妃な香さんエリアだったのですが、都合が合わず残念でした。
たてもの園(小金井公園)はこれから桜の季節で、混みそうですねぇ。
Commented by okuruma1970 at 2007-03-22 22:49
>>azmomohiroさん
夜はガス灯に照らされて、きれいそうですね。 確かに幻想的そう。
横浜には古い建物が多いですから、建物バックに撮影会やりましょうか?

>>gopさん
ガスミュージアムって、意外と知られているものなのですね。
西郊ロッヂングは、外観と内部のギャップが何とも言えず良かったです。
グロリアのSuper6と建物の雰囲気は、すごく合っていますね。
Commented by okuruma1970 at 2007-03-22 22:51
>>COOPER99さん
COOPERサンタさんには通れなそうな入口ですね(笑)。
レトロになる前に、使い勝手が悪くなって、維持が大変になるんでしょうね。
Commented by ck at 2007-03-23 11:47 x
西郊ロッヂングずっと行きたいと思っている場所です!まだ、旅館としても泊まれるんですね!今度、泊まってみたいなあ~。ガスミュージアムは、家から割と近いので、去年行ってきました。
Commented by azmomhiro at 2007-03-23 12:50 x
いいですね!!
私なんかより、ずっとお洒落なスポットをご存知ではないですか?
Commented by okuruma1970 at 2007-03-24 09:57
>>ckさん
お誘いすれば良かったですね、って週末はスキー三昧でしたか。
内部は純和風ですが、宿泊料は意外とリーズナブルなので、ぜひどうぞ。

>>azmomohiroさん
古めかしい建物は知っていますが、撮影の背景となるよう車の置き場を考えると、またリサーチが必要ですよね。
Commented by kiri-boxster at 2007-03-24 23:01
こんばんは。以前、ガスミュージアムの近くに住んでいたので
いつも気になる場所でした。きれいに展示されているんですね。

街をぶらつきながら写真を撮るのが好きで、建物の写真も好きです。
そのうち撮ろうと思っていたら、いつのまにか取り壊されていたなんて
ことがないように気づいた時にいろいろ撮りたいと思います。
Commented by okuruma1970 at 2007-03-25 00:53
>>kiri-boxsterさん
ようこそいらっしゃいました。
九州の方だと思っていたら、以前は東京にお住まいだったのですね。
ナンバーから見て、お近くで私が一番好きなのは今村天主堂です。
街中の何気ない古めかしい建物が、急に壊されたりするんですよね。
近くにもいい建物があるはずなのですが、つい遠出したくなります(笑)。
建物の写真も楽しみにしていますよ。
Commented by kiri-boxster at 2007-03-25 10:35
今村天主堂、予備知識なしにプラッっと訪問したら、住宅地の中に
突然そびえたっていて圧倒されました。

学生時代に、鈍行を乗り継ぎ長い道のりで長崎県の天主堂めぐりを
しましたが、今の家からは90分もあれば長崎市内に到達できるので
地の利を活かしてコツコツと訪問・記録していきたいと思います。

写真を撮るのが好きで、建物の専門知識はないため、いろいろと
教えていただけると幸いです。
Commented by okuruma1970 at 2007-03-25 18:43
>>kiri-boxsterさん
今村天主堂は、予備知識があっても、あの造形や規模に圧倒されましたよ。
学生時代に天主堂巡りとは、キリシタンの歴史とかに興味を持たれたのでしょうか?
私が見た建物は、HPで紹介しています。 参考にご覧ください。
 http://homepage2.nifty.com/youkan-tanbou/
Commented by kiri-boxster at 2007-03-25 22:38
HP、参考にさせていただきます。
天主堂は、歴史的な側面よりも、辺鄙な場所に美しい建物が
建っていることにフォトジェニックなものを感じ、訪れてみようと
思いました。今度は個々の天主堂の歴史的な背景等を把握した上で
ボクスターで天主堂めぐりをしてみたいですね。
Commented by okuruma1970 at 2007-03-26 21:55
>>kiri-boxsterさん
確かに長崎の天主堂は集落毎にあったりするので、街中の教会とはイメージが違いますね。
私も歴史的背景より、素晴らしい被写体という見方の方が強いですよ。
Boxsterで天主堂巡り、いいですねぇ。
Commented by あん at 2007-04-23 16:02 x
西郊ロッヂング、ステキですね。以前から行きたいところのひとつでした。何かの本で見たかとがあったと思います。
 ところで 先日、原宿でステキな洋館風民家に入りました。竹下口からおりて、左に行き道なりにいくと左側にあります。いつもはしまっていると思いますが、先週の土曜日は展示会をやっていました。煙突につながるほんものの暖炉があり、平屋ですが味があります。ハーフティンバー風の概観です。
Commented by あん at 2007-04-23 16:03 x
間違えました。右です。
Commented by okuruma1970 at 2007-04-23 21:45
>>あんさん
西郊ロッヂングは中に入る機会がなかなかない建物ですが、外観に違わず、内部も味のある建物でした。
原宿のハーフティンバー建築、気になりますね。
実は都会の真ん中に、いい建物が残っていたりするんですよね。
Commented by あん at 2007-05-06 19:24 x
 科学博物館の本館(日本館)に行ってきました。先日の見学会の時とは違いましたが、ゆっくり堪能してきました。階段がよかったです。
Commented by okuruma1970 at 2007-05-07 21:52
>>あんさん
科学博物館の本館、早く見に行きたいんですよねぇ。
今の企画展は、それほど混んでいませんでしたか?
Commented by あん at 2007-05-08 17:44 x
 恐竜ほどは混雑はしていません。もっとも、振り替え休みでウイークデイにいったので参考にはならないかもしれませんが。企画展にはいかず日本館だけにいく選択もあるし。
Commented by みのりかわ由妃 at 2007-05-08 19:22 x
あんさんが以前に参加された、上野の科学博物館の
建物ツアー。4日にあるとのことで出かけましたが
ゴールデンウィークで入場券を買うのも、長蛇の列。
早々にあきらめました。
そのかわりにこのような本が、出版されていました。

「昭和初期の博物館建築 ~東京博物館と東京帝室博物館~」
博物館建築研究会
(東海大学出版会)
価格¥2,940(本体価格¥2,800)

この東京博物館が、現在の科学博物館のこと。
結構イイお値段しますが、内容はお値段以上でした。

BBSへ書き込みましたが、あまりに下品な投稿が多いので
こちらに転記させていただきました。
Commented by okuruma1970 at 2007-05-08 22:39
>>あんさん
確かに以前見に行ったのは、恐竜展のときでした。
入口の構造がわからないのですが、本館だけ別に入れるのでしょうか?

>>みのりかわ由妃さん
お久しぶりです。こちら(ブログ)へはようこそ。
やはり連休中はどこも混んでいましたよね。
本のタイトルは見ていましたが、東京博物館とは科学博物館でしたか。
今度書店で見てみますね。情報ありがとうございました。

さて、掲示板へのアダルトサイトの書き込みには閉口していましたが、管理人による公開に変更しました。
Commented by あん at 2007-05-14 20:01 x
入り口は同じで、中に入ってから、建物に分かれます。説明がむずかしいのですか、行けばわかります。
Commented by okuruma1970 at 2007-05-14 22:54
>>あんさん
ありがとうございます。
ぜひ今度行ってみたいと思います。
by okuruma1970 | 2007-03-17 23:39 | 洋館探訪記 | Trackback(1) | Comments(30)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970