奈良・京都旅行(洋館探訪編)

先週末13日(土)の夜から、奈良と京都に行ってきました。


関東から関西旅行というと、私個人は新幹線しかないと思っていたり、相方は安いから飛行機と言ってたりしていますが、今回は25年ぶり(中学生以来)ぐらいの夜行バスで出発。
今回乗ったのはJRバスのドリーム京都・奈良号でしたが、チケットはネット予約して近所のコンビニで発券できました。
東京駅八重洲南口の出発は、夜10時。

d0054855_83373.jpg


2階建てバスで3列シート、2階席30席、1階席8席のゆったりしたシート配置で、たっぷりリクライニングして、フットレストとレッグレストが付く豪華なもの。
が、車ではそれほど気にならない高速道路の継ぎ目が、思った以上に体に響きました。
トイレ付きのため、乗客が降りられる休憩は足柄SAのみ(他にも運転士交代あり)。

三連休にもかかわらず順調だったようで、予定の7時より30分ほど早く奈良に到着。
6時半着って、駅とマクド(関西風に)しか開いてません。


コインロッカーに荷物を預けて、まだ人通りもまばらな商店街をブラブラ。
向かったのは奈良ホテル
明治42年創業で、来年100周年を迎えるクラッシックホテルです。

d0054855_8451863.jpg


朝も早くから来たのは、前回のように泊まるわけではなく、朝食のため。

d0054855_8532860.jpg


有名な茶粥朝食ではなく、またも洋食を。
私はシナモントーストをオーダーしましたが、なかなかおいしかったです。


食後の腹ごなしに、ちょっと足を伸ばして奈良教育大学へ。
地方の大学など旧軍の敷地を転用した教育施設がときどき見られますが、こちらもその一つのようで、明治41年に建てられた陸軍第38連隊の糧秣庫が残されており、教育資料館として使われています。

d0054855_9435758.jpg


外観は見紛う事ないレンガ倉庫ですが、残念ながら内部は現代風に改装されているようです。


朝食は一応同行者の機嫌を取り、レンガ倉庫は軽いジャブで、本命はこの次でした。





その本命とは、この見事な正門を持った施設です。

d0054855_950966.jpg


う〜ん、素晴らしい。
日本建築の寺社山門だと、これよりも立派な門は数多(あまた)あるとは思いますが、洋風の門でこれほど立派なものは、国内で他に見たことがありません。
門をくぐって施設内に入ると、これまた立派なレンガの建物(テントやらが邪魔ですが)。

d0054855_9544268.jpg


どこかで見た展開と思い出された方もいるかも知れませんが、実は刑務所です。

d0054855_102883.jpg現在は奈良少年刑務所として使われていますが、明治41年に開設された奈良監獄そのままの施設で、今年で開設100周年だそうです。
以前ご紹介した千葉刑務所と同じく、山下啓次郎が設計した刑務所の一つで、江戸時代の牢屋から脱却した近代的な刑務所として建てられました。

ということで、毎年行われている矯正展(刑務製品の展示即売会などを行なう刑務所の一般公開)が9月に行われているのに合わせて、奈良にやってきたのでした。

今年は記念矯正展ということで、前日にはジャズピアニストの山下洋輔氏(設計者・山下啓次郎の孫に当たる)のライブも行われたようでした。


午後には所内見学(30人限定×3回)も行われる予定になっていましたが、同行者がいたので、泣く泣く断念。
ちなみに0時30分受付で、13時、13時半、14時の3回行われたようです(所要30分)。
開場は朝10時ですが、植物の苗のプレゼントとか、割安な刑務製品をゲットするため、10時には行列ができていました。
行き方はこちら、矯正展の情報はこちらを参考にどうぞ。


奈良に来たら鹿を見ないと、という相方のため、奈良公園へ。

d0054855_10295083.jpg鹿せんべいを持っていると、鹿にたかられていました。
9月中旬とはいえお天気に恵まれて、暑さに少々バテ気味。
奈良国立博物館のサンクンガーデンに面した喫茶店・葉風泰夢(ハーフタイム)で一休み。

東大寺にも春日大社にもお参りしませんでしたが、お昼を過ぎて活気が出てきた商店街を抜けて、JR奈良駅へ。







ここから快速・みやこ路ライナーに乗って京都へ。

d0054855_10374538.jpg


転換クロスシートの快速電車で、柿の葉寿司のお昼ご飯。
ますの寿司とか鯖の棒寿司とか、軽くしめたお寿司は大好きです。

d0054855_10392789.jpg



京都駅の一つ手前・東福寺駅で降りて、京阪電車に乗り換えて五条へ。
今宵のお宿は、五条駅すぐのホテル秀峰閣
特に有名な日本旅館でも、高級ホテルでもありません(笑)。
まだチェックイン時間前だったので、荷物だけ預けて、再び観光(?)へ。


この日は洋館探訪デーとして、京都でも洋館巡りを。
まずは、京都大学人文科学研究所・漢字情報研究センターへ。
京都大学の施設ですが、キャンパス外の住宅街にひっそりと、しかし威風堂々と建つ建物。
奈良少年刑務所は以前見ていたので、最近見た建物では極上の逸品です。

d0054855_10542784.jpg


昭和5年に、京大の営繕課長を兼ねていた建築学科教授の武田五一の下、実質的には東畑謙三の設計で建てられたとされるスパニッシュ様式建築です。
とても大学施設には見えず、高級レストランにも転用可能な素晴らしい建物です。
残念ながら一般には公開されていないため、外観だけ撮ってきました。


西日を受けてまたもバテ気味の2人は、カフェ進々堂で休憩。
近くにある京都大学の学生が集うカフェだそうで、昭和5年に建てられた中庭を持ったタイル貼りの建物です。

d0054855_111660.jpg


残念ながら店内撮影禁止とのことで、いい感じの雰囲気をお伝えできませんが、重厚な長いベンチと長テーブルに相席というスタイルでした。
居心地のいいカフェではありましたが、供されたアイスティーやケーキは特に・・・。
ちなみに京都市内に展開している喫茶・パンのチェーン店・進々堂とは、元を辿れば同じながら、現在は別の経営のようです。


最後は、大正14年に建てられた京都大学の楽友会館(同窓会館)。
エントランスにある大きな曲面状のポーチが特徴の建物です。

d0054855_11235613.jpg


まだまだ見たい建物はありましたが、同行者がいると気の向くままに歩き続けるわけにもいかず、この日はこれにて終了。
バスでホテルに戻り、ひと風呂浴びて夕食へ。


(続く)
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/8639361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by むにゅ at 2008-09-20 15:46 x
あっら~~関西にいらしてたんですね~
奈良の少年刑務所すごい人だったでしょう??
タンスとかも結構、いいのがあるんですよ。バザーなんかもあって安いですものね。今度は、ぜひ、もっと西の方へお越しくださいまし~~
Commented by むにゅ at 2008-09-20 15:47 x
あ!大変、大変、遅れてしまったのですが、
HPのリンクの件(2年前の話しですが・・)、
もうブログだけで手一杯になってしまったので、
ブログの方にリンクの書庫を作り
そこに貼らせていただく形をとらせていただきました・・・まずい箇所があったら、おっしゃってくださいね~
Commented by ユリコ at 2008-09-20 15:48 x
奈良刑務所!
矯正展の時期だったんですねー
すっかりチェックし損ねてました。。
是非内部見学してみたいですねえ。

続きも楽しみにしてます。
Commented by iza at 2008-09-20 17:03 x
なんやかやと言っても、結局おクルマさんの行きたいところばっか引っ張りまわしてるじゃありませんかっ。
ま、昨年の奈良で神社仏閣に行かずに終わったワタシが言うことじゃありませんけど(爆)。

ワタシは10月初週に奈良に行きます。今回こそは刑務所のお世話にならずに、正統派ルートで(あくまで予定)。
でも大和郡山の遊郭跡なんぞも見たいなあ。
他に、オススメはありますか?
Commented by gosyurin at 2008-09-20 23:17
いらっしゃいませ~
住んでいても行ったことない所ばかりでございます(笑)

Commented by okuruma1970 at 2008-09-21 06:19
>>むにゅさん
念願かなって、ようやく奈良の矯正展を見に行けました。
地元の人はよく知っているのか、朝はスゴイ行列でした。
タンスとか物はいいのでしょうが、通販の安い価格を見てしまうと・・・。
リンクの件、ありがとうございました。
こちらも更新できず、ブログからしかリンクしてません(汗)。

>>ユリコさん
奈良の矯正展は毎年9月ですから、お忘れなく。
といいつつ、迎賓館観覧(数年間休止中)の応募は忘れるんですが(苦笑)。
内部は放射状の獄舎みたいなので、ぜひ見てみたいものです。
Commented by okuruma1970 at 2008-09-21 09:02
>>izaさん
どこかに連れて行けとはいうのに、何が見たいというのはないようなので、私の好きなように見て回っていますが、いちおうご機嫌取りポイントも散りばめております(次回ご紹介します)。
いやぁ、私も洋館系しか見ないもので・・・。
大和郡山にも和風の近代建築があります。

>>gosyurinさん
私も旅先の開拓は進むのですが、灯台下暗し、地元はまだまだ知らないものだらけです。
Commented by okuruma1970 at 2008-09-21 09:02
>>izaさん
どこかに連れて行けとはいうのに、何が見たいというのはないようなので、私の好きなように見て回っていますが、いちおうご機嫌取りポイントも散りばめております(次回ご紹介します)。
いやぁ、私も洋館系しか見ないもので・・・。
大和郡山にも和風の近代建築があります。

>>gosyurinさん
私も旅先の開拓は進むのですが、灯台下暗し、地元はまだまだ知らないものだらけです。
Commented by 56F3R at 2008-09-21 23:43 x
私も6月に一週間程京都に行ってましたが
わたしは坪庭ばかり見ていたので、京都で
洋館というのは新鮮ですね。
次回行く時は気にしてみますよ。
Commented by gop at 2008-09-22 12:31 x
京大人文科学研究所は知人が経営するレストランの並びです(20程手前)
私も最初見た時は何処のレストランって思いましたよ。
塔の上からは大文字がよく見えるでしょうねぇ(知人の家からも見える)
Commented by okuruma1970 at 2008-09-24 22:10
>>56F3Rさん
1週間も京都に滞在できると、いろいろなものが見られそうですね。
京都は日本古来の古建築だけではなく、空襲がなかったおかげか、古いものを大事にする文化のおかげか、洋館も多いんですよ。
三条通(烏丸通~河原町)に多いので、ぜひどうぞ。

>>gopさん
普通の住宅街に忽然と現れるスパニッシュ建築ですが、そのそばにレストランとはまた落ち着いていい雰囲気なのでしょうね。
研究施設なので入る機会も非常に限られていそうですが、塔屋にはとても惹かれます。 大文字が見られれば尚更ですね。
Commented by azmomohiro at 2008-09-28 13:38
建物の事はあまり良くわかりませんが
決して嫌いでは有りません、特にレンガ作りは暖かみが
有って好きです。
>ますの寿司とか鯖の棒寿司とか、軽くしめたお寿司は大好きです。
等はもっと好きです。
Commented by okuruma1970 at 2008-09-29 19:56
>>azmomohiroさん
azmomohiroさんのお写真の背景にはレンガ倉庫が付き物ですよね。
ガラス張りのシャープな現代建築と対照的な暖かみや重厚さは、レンガ造りならではのものかもしれませんね。
熟れ(なれ)寿司というんでしょうか、おいしいですよね。
Commented by 妃な香 at 2008-10-01 20:20 x
コメント出遅れましたが。。。
奈良刑務所いいですねえ。出来れば内部もくまなく見たいのですが、それはさすがにねえwww
そうですとも、奈良に行ったらとりあえず鹿にせんべいあげないと!!彼らはどこでせんべいが売ってるのか知ってるよね。待機してますもん、店先で。

錦市場で食糧確保→車内でエンジョイ 新しい!
Commented by okuruma1970 at 2008-10-01 23:08
>>妃な香さん
午後から内部見学(撮影不可)があったのですが、どのぐらいまで見ることができたのでしょうか。
放射状獄舎とか、見てみたいものでした。
鹿にせんべいのような名物は、やってみるべきでしたかねぇ。
錦市場を歩いていると、全てが酒の肴のように見えて・・・(笑)。
by okuruma1970 | 2008-09-14 18:00 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(15)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970