箱根温泉旅

12月21・22日の1泊で箱根に行ってきました。
珍しく(初めて?)電車でです。


ちょうどいい特急がなかったので、快速電車の2階建てグリーン車に乗りました。
グリーン車といっても、1人750円ですが・・・(笑)。

d0054855_15585628.jpg


東京駅の地下にあるグランスタというエキナカのフードショップ群でお弁当を買って乗り込みました。
まだ陽も高いので、お弁当のお供はお茶です。

d0054855_163197.jpg


快速電車に乗って1時間ほどで小田原に到着。
箱根登山鉄道(といっても小田急線の電車)に乗り換えて、風祭駅へ。
駅前には、かまぼこで有名な鈴廣の店舗群「かまぼこの里」があります。
予約すればカマボコ作り体験もできるようですが、思いつきの旅では叶わず。

d0054855_16135414.jpg
d0054855_16141539.jpg


カマボコなどの魚のすり身類をはじめとして、スイーツやお酒まで多種多様。
かまぼこバーなる、かまぼこを食べ比べながら日本酒や地ビールを飲めるコーナーがあったりしましたが、系列の箱根ビール蔵の直売店で黒ビールを買って一杯。
冬季限定の風祭スタウトです。
黒ヱビスがヱビス・ザ・ブラックに変わって、苦みを増して甘さ控えめになってしまいましたが、この風祭スタウトは適度に甘みもあって、私好みでした。
電車旅ならではの醍醐味ですね。






再び風祭から電車に乗って箱根湯本へ。
箱根湯本で本物の箱根登山鉄道の登山電車に乗り換えます。
左が実際に乗った1000形ベルニナ号、右はモハ1型というのでしょうか、旧型車両です。

d0054855_16325662.jpg


ベルニナ号とは、スイスの登山鉄道であるレーティシェ鉄道と提携したことを記念して、同鉄道を走るベルニナ急行から名前を付けています。
ベルニナ急行は、スイスのクールからイタリアのティラノまでの140kmあまりを、標高2200m以上のアルプス山脈を越えて約4時間かけてゆっくりと走る観光列車です。
乗ったときの様子はこちらをご覧ください。

d0054855_16523836.jpg
d0054855_16525461.jpg


箱根湯本を出発すると、それまでとは登り勾配が違います。
写真は帰路に撮った写真ですが、80.00と書いてあるのは、1,000m進む間に80m登るという勾配を表します。 ちなみに普通の通勤路線では30.00(‰:パーミル)ぐらいがいいところなので、倍以上の急勾配ということです。

途中の駅や信号所には、進行方向を変えてさらに急勾配を登っていくスイッチバックも設けられているので、箱根湯本では一番後ろでも、途中で先頭車になったりします。
下写真のまっすぐ進んだ方が箱根湯本から登ってきた線路で、左側がこれから強羅に向かって登っていく線路です。

d0054855_1657594.jpg


降りたのは宮ノ下駅で、標高は448m。 よく登ってきました。
登山電車らしく山小屋風の駅舎でしたが、SuicaやPASMOも使えました。

d0054855_17102247.jpg


宮ノ下というと富士屋ホテルが有名ですが、今回は趣向を変えて、対星館・花かじかという旅館です(写真は翌朝撮ったもの)。
国道1号に出てちょっと歩くと、ホテルの入り口がありました。
味も素っ気もない建物ですが、ここはエントランスです。

d0054855_17124353.jpg


ホテルへは、旅館専用のケーブルカーで行きます。
お察しの通り、この旅館を選んだ理由の90%ぐらいは、このケーブルカーです(笑)。

d0054855_17202441.jpg


旅館のパンフレットによると、国道1号線沿いに設けられたエントランスから300mほど下るそうで、登山鉄道でエッチら登ってきた標高をチャラにしてしまったような・・・。
そのおかげで、電車や車の音は皆無。 聞こえるのは、川のせせらぎだけです。
ちなみに隣接の大和屋旅館は、ロープウェイで降りていくようです。

建物自体はかなり年季が入っているようですが、それなりにリニューアルはされているようで、古いだけではない適度な雰囲気を醸し出しています。

d0054855_1736113.jpg
d0054855_17362695.jpg


温泉の写真は撮れませんでしたが、無色透明で肌がツルツルするいいお湯でした。
循環していない、源泉かけ流しの温泉とか。

お楽しみはお料理。
先付けの後はお造り。
箱根は山の中とはいえ、小田原からすぐということで、お刺身も新鮮でした。

d0054855_1753238.jpg


口直しにほんの一口の豆ご飯の後は、焼き物。
鰆の西京焼きと鴨肉を焼いた物で、西京焼きは身に味が浸みていて、いいお味でした。

d0054855_17542114.jpg


ご飯と赤だしのお味噌汁で締まり、最後はマンゴープリンのデザート。
もうお腹一杯と言っていた相方も、別腹と言ってペロリ。

d0054855_17565062.jpg
d0054855_17572130.jpg


風呂上がりは、グランスタで買ってきたチャンプルー盛り合わせを肴に、かまぼこの里で買ってきた風祭スタウトでもう一杯。

川のせせらぎだけを聞きながら、よく寝られました。

朝風呂の後に朝食。
干物にマグロの漬け、すくい豆腐にかまぼこなど、品数が多くて楽しめました。

d0054855_18105934.jpg


帰りも専用ケーブルカーでエントランスまで。
花かじか、お料理もお風呂もサービスも、なかなかいいお宿でした。

d0054855_18132868.jpg
d0054855_18134599.jpg


箱根登山鉄道に乗って箱根湯本まで。
帰りは一番新しい2000形で、乗りたかった旧型電車とはすれ違うだけでした。

最後は小田急ロマンスカーVSE50000形で新宿まで。
実家に住んでいたときは何度も見てはいましたが、乗ったのは初めて。
ドーム天井がとても開放的な車内で、座席は窓側に5度傾いていて眺めが良かったです。

d0054855_18154935.jpg


新幹線のようなワゴンによる車内販売ではなくて、ドリンクなどをオーダーすると席まで持ってきてくれますが、アイスコーヒーが300円とリーズナブルでした。
メニューはこちらですが、ロマンスカーVSE弁当のケース、ちょっと欲しいかも(笑)。


そんなこんなで、電車で行く箱根温泉旅もなかなかでした。
これから春先まで相方は仕事が忙しくなって、土日の休みが合わなくなってくるのですが、その前にノンビリできました。
次は4月中頃かな。



最後になりましたが、今年一年も多くの方々にご覧いただき、またコメントをいただき、本当にありがとうございました。
皆さま、良いお年をお迎えください。
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/9123210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by azmomohiro at 2008-12-28 20:01
こんばんわ
電車の事は全然解りませんのでコメントは控えさせていただきますが
素敵な旅ですね、グリーン車って1,000円程度でいい気分にさせてくれますよね
美味しそうな刺身とマンゴープリンで年末を乗り越してください!
また来年も宜しくお願いいたします!!!
Commented by 妃な香 at 2008-12-28 20:18 x
2階建てのグリーン車ってなんという電車ですか?
私は箱根へ行くのはロマンスカーです。
グランスタ、便利ですよね~。私も教徒へ行く際には利用します☆

今年もお世話になりました(・∀・)ノ
来年もあちこち行きましょう(飲みましょう)☆
Commented by COOPER99 at 2008-12-28 21:23
なかなかスリルのありそうなケーブルカーですな。
今年も楽しませていただきました、来年もよろしゅう。
でわでわ、よいお年を。(^u^)
Commented by 56F3R at 2008-12-28 23:37 x
この時期、箱根、いいですね。キンと冷えた空気の中での
露天風呂に入るのなんか好きですよ。
宿について入り、食後に入り、寝る前にもう一回。
朝起きて入り、朝食後もう一回。
だいたいこのくらい入ってしまいます。

ロマンスカーは乗らなくなって久しいです。
湘南新宿ラインで横浜から同じく普通列車のグリーン車
この方が、住んでいるところからすると便利なんですね。

学生の頃はロマンスカーでよく箱根行きました。
当時、「日東紅茶」がスポンサーとしてついてたようで
紅茶と紅茶のロールケーキ、紅茶アイスなんかで
紅茶づくしでしたが、それが、美味しかったので、箱根、
ロマンスカーとくると「日東紅茶」のイメージなんですね。
メニュー見ましたが、それらしきものは・・・

学生の頃は、NSEタイプだったでしょうか。
今でも、旧塗装のNSEタイプがデザイン的には一番
秀逸だなと思ってたりなんかしております。
反面EXEは私的には×ですね~
Commented by iza at 2008-12-28 23:54 x
おお、地元を荒らしてくれましたわね。拙宅「かまぼこの里」まで車で10分。
でも箱根で宿泊はしたことなくて。

思い起こせばロマンスカー全種制覇して、「ま、乗るならVSE(MSEは×です)」と豪語できるまでに教育されたのも、おクルマさんはじめテツの方々があってこそ。いや感謝してますってば。
Commented by mipple11 at 2008-12-29 10:09
おはようございます。
宮ノ下辺りではこのように対岸に建てられた旅館が幾つかありますが、こんなケーブルカー乗って行くなんて味がありますね~。
今年もお目に掛かる機会はありませんでしたが、いつかチャンスはありますよね!
また来年もよろしくお願いしますね!!
Commented by okuruma1970 at 2008-12-29 10:31
>>azmomohiroさん
グリーン車はゆったり座れてありがたいですが、たまに使うから有り難みを感じるんだと自分に言い聞かせています。
こちらこそ、来年もよろしくお願いいたします。

>>妃な香さん
2階建てグリーン車は、JRの東海道線です。
今回は往路は2階建てグリーン車、復路はロマンスカーと使い分けてみました。
こちらこそ、今年もお世話になりました。
Commented by okuruma1970 at 2008-12-29 10:41
>>COOPER99さん
普通にお金を払って乗るケーブルカーより、これぐらい秘境チックなケーブルカーの方が楽しいですよ。
ケーブルが切れたら・・・、と頭をよぎらんでもなかったですが(苦笑)。
こちらこそ、辛口甘口の記事を楽しませていただきました。
良いお年をお迎えください。

>>56F3Rさん
冬の露天風呂はまさに頭寒足熱で、最高の環境ですね。
1泊で5回入浴ですか・・・、さすがです。
ロマンスカーとグリーン車、住んでいる場所で使い勝手が違いますね。
そうそう日東紅茶ってありましたよね、今はどうなんでしょう。
以前の新幹線食堂車も、列車によって運営会社が異なっていましたね。
私も馴染みがあるのはNSEやLSE旧色ですが、VSEはVSEでまた先進的なデザインが結構好きです。
私もEXEを外すため、帰りは1本遅らせてVSEを選びました。
Commented by okuruma1970 at 2008-12-29 10:50
>>izaさん
またまた無断で島荒らし(笑)失礼しました。
昨日は買って帰った箱根ビール「こゆるぎブラウン」を飲みましたが、飲みやすくておいしかったです。
帰りはMSEで表参道まで、なんてのも考えたのですが、飛び石中日の平日で、走っていませんでした(休日のみ運行)。
元沿線住民ながら、近くに停車駅がなくてほとんど乗れなかったので、全車種制覇がウラヤマシイです。

>>mippleさん
車で走っていると、宿は崖の下?みたい駐車場を見掛けていましたが、こういう宿もあるのですね。
新潟に単身赴任になって、さらに箱根朝駆けが難しくなりましたが、機会を見て行くたいと思っています。
また来年もよろしくお願いいたします。
Commented by five_senses at 2008-12-29 17:34
子供が小さい頃、電車で箱根に行ったことがありますが、子供は寝てしまうし電車の席は空かないしと、大変さだけが記憶に残り、それ以来、電車で行くことは全く考えなくなりました。(笑)
Commented by seiuchi-porsche9 at 2008-12-29 21:22
専用ケーブルカーで行く旅館とは素敵ですね。
(新婚さんだと何処に行っても楽しいでしたね・笑)

この1年お世話になり、どうもありがとうございました。
どうぞ良い年をお迎えくださいませ。
Commented by gosyurin at 2008-12-30 08:10
箱根は一度泊まったことがあるのですが、306で行ったので箱根登山鉄道は未乗のままです。
ベルニナ急行は最近某焼酎のCMでよく見ますね。そう言えば以前から海外逃亡をよくされていましたが^_^;
気が付けば2008年も終わりますねぇ…
Commented by at 2008-12-30 16:59 x
こんにちは。
おお、JR東海道線ですね!
東京にお住まいの皆様からみると、
やっぱり旅列車なのでしょうか・・・(笑)
対星館、周りをうろついたことがあります。
中も素敵なんですね。またお料理のお写真がお見事!
いつもながらokurumaさんのお写真にはうっとりです。

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

Commented by jake_m at 2009-01-01 00:06
今年一年お付き合いくださいまして、
本当にありがとうございました。
来年は皆様にとって飛躍の年となりますように・・・
これからも、よろしくお願い致します。。。
Commented by okuruma1970 at 2009-01-01 02:23
>>five_sensesさん
お子さんが小さいと大変なのでしょうね。
私が子供の頃は、我が家に車がないのが当たり前で、電車に乗るのが好きだったので、嬉々としていましたが、両親は大変だったのだろうなぁ。

>>セイウチさん
徳島県の祖谷渓にあるのは以前から知っていたのですが、変わった乗り物には興味を惹かれてしまいます。
あまりコメントしに伺えませんでしたが、こちらこそお世話になりました。
Commented by okuruma1970 at 2009-01-01 02:31
>>gosyurinさん
私も箱根に電車で行ったのは、初めてだったかも知れません。
前々職場では、よく欧州方面に国外逃亡していましたが、やはり普通の職場ではなかなかそうもいきません(涙)。
いい季節のベルニナ急行に乗ってみたいものです。

>>釉さん
東海道線も、普通のロングシートに座っていると通勤電車ですが、グリーン車に乗るとちょっと違う雰囲気が味わえますね。
お弁当も食べられますしね(笑)。
対星館はお料理も含めて結構良かったですよ。ぜひどうぞ。
既に明けてしまいましたが、いい1年になるといいですね。
Commented by okuruma1970 at 2009-01-01 02:33
>>jake mさん
こちらこそお世話になりました。
ご近所のおいしそうなお店に、私もぜひ行ってみたいものです。
これからもよろしくお願いいたします。
by okuruma1970 | 2008-12-21 15:51 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(17)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970