山形温泉旅行(洋館探訪編)

間に出張先でのお花見記事が入ってしまいましたが、山形温泉旅行の洋館探訪編として、見て回った洋館をご紹介します。


1日目に、天童駅で山形新幹線を降りて向かったのが、旧東村山郡役所。
明治維新後の県令(現在の県知事)であった三島通庸が、県内各地に建てさせた洋館建築の1つです。
現在は、天童市立旧東村山郡役所資料館として、一般に公開されています。

d0054855_14422131.jpg


明治12年に建てられた役所で、左側に通用口のような付屋がありますが、塔屋を戴いた左右対称の明治初期の洋館の典型です。
2階は企画展の展示場になっているようですが、当日は展示換えのため昇れず(涙)。

正面玄関は現在閉じられていますが、その上のアーチ窓には、これまた明治初期の洋館によく見られる、色ガラスを並べただけのシンプルなステンドグラスがはめ込まれています。

d0054855_14515860.jpg


個人的には、こういう洋館が一番好きかなぁ。


2日目は山形市内の洋館巡り。
有名どころの、旧山形県庁と旧県会議事堂の文翔館や、旧済生館病院であった山形市郷土館は以前見ていたので、今回はちょっとマイナーどころを見物。





まずは、洋館探訪掲示板でご紹介いただいた吉池小児科医院へ。

d0054855_1531838.jpg


旧山形県庁舎の設計を手がけた中條精一郎の設計により、大正元年(明治45年?)に建てられた3階建ての病院建築です。
玄関ポーチとその上のバルコニーがあり、3階には塔屋があるなど、典型的な洋館の要素を備えています。
構造は木造に石貼りなのでしょうか、でも玄関ポーチは石造りのような。

d0054855_15134821.jpg
d0054855_151465.jpg


3階塔屋の窓は、菱形に桟が組まれた窓がはめ込まれています。
洋館の、こういう手の込みようが好きなんですよねぇ。
現在も現役の病院として使われているようなので、今後も大事に使い続けてほしいものです。


その近くにある旧西村写真館も、いい感じの洋館でした。
大正10年に店主自らの設計で建てられたようですが、残念ながら数年前に廃業したそうなので、写真を撮ってもらいがてら館内を見るということは叶わないようです。

d0054855_1525081.jpg


2階の玄関上部分は、玄関ポーチよろしく張り出していて、その下の軒飾りも賑やかです。
また玄関上には、控えめながら色ガラスがはめ込まれています。

d0054855_15332818.jpg


館内の様子は、山形コミュニティ新聞で見られましたが、2階右側の屋根がかさ上げされた部分は、天井の高い写真室になっているようです。


この後で千歳館(実はレストランちとせ)で昼食を食べて、さらに見て回りました。
向かったのは、明治34年に建てられた旧山形師範学校で、現在は山形県立博物館の分館教育資料館として一般に公開されています。

d0054855_1542267.jpg


塔屋を戴いて左右対称構造の洋館ですが、先に紹介した旧東村山郡役所より二十数年後に建てられただけあって、装飾が充実して、より優雅な姿に仕上がっています。

国の重要文化財に指定されていますが、付属建築として旧門衛所も残っており、同じく重要文化財に指定されています。

d0054855_15493993.jpg


残念ながらこの門衛所の内部は公開はされていませんが、受付する窓口と宿直室があり、小さな建物に多くの要素が凝縮されているので、見所が多くて好きです。

また、塀もない隣接地には県立山形北高校がありますが、その講堂もなかなか風格があります。
明治17年に建てられた旧山形師範学校の音楽練習室だったようで、師範学校が明治34年に移転してきた際に、旧敷地から移築されたようです。

d0054855_15573276.jpg



また、旧県庁のすぐ近くには、大正3年に建てられた日本基督教団山形六日町教会があります。
切妻三角屋根の教会堂に鐘楼塔が併置された、よく見るタイプです。

d0054855_1605136.jpg


老朽化のためか、外壁は新建材で覆われており、変にピカピカに見えますが、レンガ組みの基礎を見ると、古い建物であることをうかがい知ることができます。


最後に見たのが、明善寺、その名の通りお寺ですが、築地本願寺と同じ伊東忠太の設計です。
昭和9年に建てられた純和風建築ではありますが、塔屋のような別屋根を左右対称に戴いており、近代和風建築とでもいうのでしょうか、若干洋風のエッセンスが入っているような気も・・・。

d0054855_16182412.jpg


伊東忠太は、現在の東京大学建築学科を修了していますが、法隆寺の柱は中央部が太くなっているエンタシスであることに着目し、ギリシア神殿との関連を求めて(?)アジア縦断をし、ヨーロッパとの結節点トルコまで辿っていくなど、ちょっと変わった建築家でした。


そんなこんなで、お昼ご飯を食べつつ4時間あまり市内を散策し、仙台経由で帰途につきました。
乗ったのは、一応JRになってから作られた電車である719系。 快速で、仙台まで1時間あまり。

d0054855_16255570.jpg



仙台経由で帰ったのは、相方のリクエストで仙台の牛タンを食べるため。
食べに行ったのは、有名店喜助
相方は牛タン定食を食べていましたが、夕方5時過ぎといい時間だったので、私はビールに牛タン単品をオーダー。 まずは、お通しのタン豆腐でヱビス・ザ・ホップを一本。

d0054855_16305093.jpg


待つこと10分あまりで牛タンも出てきて、もう一本。
焼き肉屋のタン塩のタンと違って、適度な厚みがあって、それでいて噛み応えは硬くなく、適度に柔らかい、いいんですよねぇ。 付け合わせのキュウリの浅漬けも、いいおつまみになりました。

d0054855_16332417.jpg



帰り際に仙台駅駅ビル地下の仙臺みやげ館で、笹かまや萩の月などをお買い物。

帰りの新幹線は、東北新幹線では初めて乗ったグリーン車(東海道のこだまグリーンだけ乗ったことあり)。
電球色の蛍光灯を使っているため、外から見るとちょっと落ち着いて見えます。

d0054855_16422838.jpg


3+2列の普通車と違って、2+2でゆったり。
肘掛けは、隣席の乗客と肘掛け争いをせずに済むだけの幅がありました。
おしぼりと、お茶やコーヒー、ジュースなどのサービスもありました。

d0054855_16435110.jpg


とはいえ、既に牛タン屋で飲み始めていたので、笹かまをつまみに、またビール。

d0054855_16465631.jpg


往きの山形新幹線は3時間以上乗ったのに普通車、帰りはちょっと奮発してグリーン車に乗ったのに速い「はやて」は1時間40分。 同じ料金だったら、長い時間乗った往きの方がよかったかも(苦笑)。

さらに、総武快速線でももう一本。
2日間で5リットル、もはやアル中の域かも知れませんねぇ(苦笑)。

d0054855_1650388.jpg



そんなこんなの山形温泉旅行の2日間でした。
振り込みはまだ先という定額給付金を当てにしてというか、その何倍も使ってしまいましたが、仕事が一段落した相方は、温泉と牛タンに満足していたので、よしとしましょう。
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/9644014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by COOPER99 at 2009-04-25 18:32
♪ 牛タン 牛タン 牛 タンタン ♪
呑んだくれてても怒られないのが、裏山しぃ。(^u^)
Commented by azmomohiro at 2009-04-25 21:42
私の様ないい加減な建物紹介では無くさすがスバラアしいです
特に、写真館の様な洋館は特別な建物では無い感じで
親近感が湧く感じでいいですね、そして牛タンと最後の電車の中で食べる
笹かまをつまみにビール最高ですね、私はそう飲めないので5リッターとは行かないまでも
充分に酔えます(笑)
Commented by iza at 2009-04-25 23:43 x
おおっ、本日仙台出張帰りです。
前日2時までよき時間を過ごしたため、本日食欲低下で「牛タンおつまみ酒セット」を泣く泣くlパスしております。
「利休」の牛タンが厚くてよい、との現地の王道情報です。
あ、今回は宮城県美術館とメディアテークをじっくり。メディアテークで地元後輩と昼ワインやってきました。
仙台、いいっすねえ。
Commented by okuruma1970 at 2009-04-26 20:53
>>COOPER99さん
結婚式後の3次会で最悪の状態を見られましたので、(記憶がなくても)家に帰れれば呆れられるぐらいで、怒られることはないです。
そんな奴だと思わせる、最初が肝心です(苦笑)。

>>azmomohiroさん
情報は本やネットからいろいろ仕入れて、あとはHPの更新を再開したいので、自分の印象の備忘録です。
すごい建物だけではなくて、普通っぽい洋館も好印象ですよね。
牛タンに笹かまをつまみにビール、仙台ってつまみ天国でした(笑)。
Commented by okuruma1970 at 2009-04-26 20:57
>>izaさん
仙台出張、お疲れさまでした。
私も東京勤務のときは何度か行きましたが、仙台市歴史民俗資料館ぐらいしか見られませんでした。
以前の米沢帰りのときは、利休で食べておいしかったですよね。
昼ワインとは、最高に優雅そうで、うらやましいなぁ。
Commented by iiduka987my07 at 2009-04-27 22:54
こんばんは。山形はちょくちょく行っていますが、旧い洋館めぐりとか
やったことがなく、へぇ~って感じで拝見しました(笑)。
山形県庁は山形蔵王IC近くで何時も通り過ぎるだけですからね(汗)。この洋館、旅のネタになりますかね?
東北新幹線、僕もあまり乗る機会(車での移動が多いので)無い
ですが、グリーンに乗ることが多いですね。飲み物サービスいいですよね。東海道、山陽新幹線には無いですからね~。
Commented by 56F3R at 2009-04-28 23:42 x
自分も四半期に一度は旅行したいですね~
先日のフジサンケイレディース見学は日帰りだったので
ゆっくり出来なかったし、由緒ある川奈ホテルは恐れ多くも
といった感じでして、結局、強風の影響を受けながらも
湘南新宿ラインのグリーン車で帰りました。
せめてものなぐさめに、一番搾りと柿ピーを。
あ、一番搾りだけ同じだった(笑)
Commented by okuruma1970 at 2009-04-29 08:55
>>iiduka987my07さん
洋館って意外とあちこちに残っているのですが、明治村ぐらい特徴的な建物が集積していないと、強い興味を持った方以外はじっくりは見ないですよね。
病院とか写真館は個人住宅なので、どうかと思いますが、文翔館(旧県庁は市中心部にあります)と山形市郷土館、あと教育資料館は観光スポットになると思いますよ。
よくグリーン車に乗られるとはうらやましいです。
毎週新幹線に乗っていますが、飲み物サービスがあるなんて知りませんでした(笑)。

>>56F3Rさん
意識していませんでしたが、かなりの頻度で旅行に行ってますよね、私(苦笑)。
川奈ホテル、一度は訪れてみたいです(ゴルフはしませんが・・・)。
富士屋ホテルみたいに、朝食ぐらいなら食べられるかなぁ。
湘南新宿ラインのグリーン車に乗ると、つい飲みたくなりますよね。
私も、スーパードライより一番搾り派です。
Commented by shikishima at 2009-05-06 01:40 x
お久しぶり。ブログには初めて書き込みます。

山形は空襲などを受けなかったので洋館が沢山あったのですが、自らの破壊活動によってチンケな建物ばかりになってしまいました。先々代の山形駅とか旧制山形中学、山形銀行、官業銀行などはそれはそれは立派な建物だったと祖母が話していました。
今ある歴史的建造物を護ってゆくことだけが自分達に出来る事です。
山形にまた来てね!!

Commented by okuruma1970 at 2009-05-06 08:24
>>shikishimaさん
お久しぶりです。
山形の洋館巡り、良かったです。
喪失建築を見ると惜しいものがいくつもあったようですが、おっしゃるように今ある建物は我々が残していかなければならないのですよね。
まだ見損ねた建物があるので、旅行がてらまた行きたいと思っています。
by okuruma1970 | 2009-04-11 21:51 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(10)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970