九州温泉旅行(乗る編)

6月6~8日の2泊3日で、九州旅行に行ってきました。
元はといえば、4月中に予約しないと失効してしまう義父母のマイルと、由布院に行ってみたいという相方の希望から始まった旅行でした。


義父母にもらったマイルで予約したのは、往路は羽田~福岡、復路は熊本~羽田。
あいにくの空模様の中、最寄り駅から6時30分発の空港バスに乗って羽田に向かい、軽い空弁を買って、朝8時30分発の飛行機(JAL)に搭乗。

d0054855_2191340.jpg


飛行機に乗ったのは、昨年9月の台湾旅行以来です。
お昼ご飯をしっかり食べる予定だったので、軽めの松坂牛のおこわを食べました。

d0054855_21133624.jpg


ちょっとウトウトしながら、10時半ごろ福岡空港着。
地下鉄に乗って中心街・天神へ向かい、すぐに西日本鉄道に乗り換え。
福岡市を素通りとは、お住まいの方から怒られてしまいますねぇ。すいません。
乗ったのは、大牟田行きの特急電車8000形。

d0054855_21255914.jpg


1989年登場の20年選手の電車ですが、転換クロスシートの車内は快適でした。

d0054855_21314226.jpg


先頭車の一番前の席は、運転席や前方がよく見えました。

d0054855_21341783.jpg







終点の大牟田駅まで乗って、向かったのは、旧三井港倶楽部です。
白壁に茶色の構造材がむき出しになった、ハーフティンバー構造です。

d0054855_21472267.jpg


明治41年に建てられた洋館で、長らく三井関係の社交倶楽部として使われていましたが、所有していた三井鉱山の経営難によりH16年末に閉鎖されてしまいました。
その後、市民の署名等によって地元有志団体に譲渡され、レストランや結婚式場の「旧三井港倶楽部」として再オープンした施設です。

こちらでランチをいただくため、脇目も振らず大牟田市に向かったのでした。
こんな落ち着いた雰囲気の中で、食事がいただけます。

d0054855_2157730.jpg



都内なら雰囲気料でランチ5,000円~というところでしょうが、こちらではランチコース2,100円~(オムライスは1,575円)と比較的リーズナブルです。

相方の食べた港倶楽部ランチ(2,100円)は、前菜から始まりました。

d0054855_2235599.jpg


続いて、クラムチャウダーとサラダ。
貝柱の出汁と食感がおいしいスープで、サラダのドレッシングもおいしかったなぁ。

d0054855_225166.jpg


メインは日替わりのようですが、この日はポークカツレツ。
ソースは味が濃すぎず薄くもなく、いいお味でした。

d0054855_2263791.jpg


最後はデザートとコーヒー(か紅茶)が付くので、2,100円ならリーズナブルだと思います。

d0054855_2295821.jpg



食後は、館内やお庭を見学させてもらいました。
お庭から見る姿も、平板でない表情豊かな建物でした。
夜はビアガーデンとしても利用できるようです。

d0054855_22165155.jpg


1階テラスには軒にガラスが張られ、温暖な気候の下でお茶をいただくなんて、優雅ですねぇ。

d0054855_22224646.jpg
d0054855_22232258.jpg


階段室は3階相当部分まで吹き抜けで、光が降り注ぐ気持ちいい空間でした。
丸窓もいいアクセントです。


大牟田からはJRの普通電車で久留米まで戻り、乗ったのは特急ゆふいんの森号。

d0054855_22305842.jpg


床面を高くしたハイデッカー構造で、木材を多用したリゾート特急車両です。
博多から久留米を経由して、久大本線を通って由布院まで走っています。

珍しく航空券を早めに予約したので、特急券も1ヶ月前に予約した特等席です。
前面展望の1号車1C・1D席(と1A・1B席も、博多→由布院)。

d0054855_22361792.jpg


大きな前面窓を支えるためと思われる大きな横バーが、目線の中心に来るのは少々(かなり)邪魔ですが、トラックのような高い目線で視界はなかなか良かったです。

車内にはミニサロン(売店)があって、お弁当や飲み物、お菓子やアイスのほか、ゆふいんの森グッズも売られていました(ワゴンサービスもあり)。

d0054855_22432922.jpg


私は地ビール、相方はアイスクリームをいただきました。
前面展望を堪能しながら飲む地ビール、おいしかったです。

d0054855_22453075.jpg


由布院に近づくにつれて、山間部のくねった線路を走っていました。



由布院駅到着は、夕方17時前。
空は晴れていましたが、由布岳は雲をかぶっていました。
駅のホームで写真を撮ってもらいました。

d0054855_22495549.jpg



温泉街を眺めながら宿へ、と思っていたのですが、宿は中心街から外れた丘の上にあり、車内で飲んだビールを発汗しながら意外と時間がかかりました。


(続く)
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/9839704
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gop at 2009-06-10 05:39 x
三井港倶楽部では友人が結婚式しました、良い場所ですよね。
ゆふいんの森は未乗です、なかなか博多から湯布院方面へ行く機会が無く。
博多駅の新幹線工事も随分進んだのではないでしょうか。
Commented by at 2009-06-10 16:43 x
こんにちは。
あまりの奇遇にびっくりです。
私も同じときに熊本二泊三日の旅に出ておりました。
夫のJ2横浜FCのアウェイゲームの応援におつきあいです。
もしかして月曜の熊本からの帰りの飛行機はご一緒だったりして?

三井倶楽部、素敵ですね。
私が湯布院に行ったのはもう十年以上前のこと。
次回の記事を楽しみにしております♪
Commented at 2009-06-10 22:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by okuruma1970 at 2009-06-11 06:43
>>gopさん
ああいう洋館での結婚式、お庭も含めていい雰囲気ですよねぇ。
ゆふいんの森は私も以前から目論んでいましたが、ようやく乗れました。
前面眺望だけでなく、木材をふんだんに使った車内、特にデッキはいい雰囲気でしたよ。
ちょっと遠回りになりますが、福岡空港経由でどうぞ。
実は博多駅は地下鉄でスルーしてしまったのですが、途中の高架橋や久留米駅はかなり出来上がっていました。

>>釉さん
以前熊本に行かれると書かれていましたね。同じ日でしたか(笑)。
帰りは16:40発のJAL便でした。
三井港倶楽部は、外観、館内とも風格があって良かったですよ。
タイル貼りのトイレもなかなかでした。
だらだらと続きますが、宿泊編もお楽しみに。
Commented by okuruma1970 at 2009-06-11 06:51
>>鍵コメさん
実はルーツ(ご両親とかそのご両親とか)は九州なのでしょうか?
引込み線はなくなっているのでしょうが、昔の炭鉱列車の名残りか、列車のいない待避線がガラ~ンと何本も並んでいましたよ。
新幹線は止まらないので、良くも悪くも昭和の雰囲気をとどめていました(笑)。
Commented by at 2009-06-11 10:19 x
おはようございます。
朝早くにご訪問いただきありがとうございました。
やっぱり~!
同じ便でしたね♪
知っていれば御挨拶いたしましたものを…残念!
ということでもう一度コメさせていただきました。
Commented by okuruma1970 at 2009-06-12 07:32
>>釉さん
熊本県内で建物を見ているときに、ご夫婦連れを見かけると、釉さんかなぁと思っていましたが、帰りが同じ便でしたか!
熊本でなくとも、実は東京近辺の建物でニアミスしているかもしれませんね。
どこかの建物でお目にかかれるといいですね。
Commented by manaka987 at 2009-07-09 00:21
鉄道マニア様ですか?
Commented by okuruma1970 at 2009-07-09 03:51
>>manakaさん
マニアではなくて、○○なんです。
マニアのように専門的じゃなくて、電車でもバスでも乗り物は前方眺望を楽しみたい(飛行機でも離着陸は前方モニターを見る)、脳みそが『ガキ』なんです(笑)。
by okuruma1970 | 2009-06-06 20:23 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(9)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970