九州温泉旅行(洋館探訪編)

九州を横断してわざわざ天草まで来た3日目は、洋館巡りです。


1日目には旧三井港倶楽部、2日目にも旧日野医院を見ましたが、天草に残る2つの立派な教会を見てきました。

一つは大江天主堂(地図の青い星印)、もう一つは崎津天主堂(地図の緑の星印)。
ちなみに泊まったホテルは、右上の「天草松島」のそばでした。
ホテルからどちらの天主堂(教会)までも、片道50km・1時間ほど。
天草の大きさをナメていましたが、かなり大きい島々です。



ホテルを9時半に出て、11時前には大江天主堂に到着。
小高い丘の上に立つ、白亜の教会です。

d0054855_13571134.jpg


この地で布教していたフランス人のガルニエ神父が私財を投じて、鉄川与助の設計により昭和8年に建てられた、鉄筋コンクリート造りの教会です。
鉄川与助は長崎・五島列島出身の棟梁で、明治後期ごろから外国人宣教師に教わりながら、その後はそのイメージをふくらませて、多くの教会を手がけました。
個人的に、東京駅を手がけた辰野金吾の建築物も好きですが、それ以上にこの鉄川与助作の教会が好きで、熊本市から遠く離れた天草にあるこの教会を見たいと、長らく思っていたのでした。

中央に鐘楼があり、なで肩状に左右に側廊が設けられた三廊式の構造と思われます。
目立った装飾がないシンプルなデザインは、平戸の紐差教会に似ています。
もとより館内撮影禁止なのですが、残念ながらこの日は休館日で、畳敷きという内部は見られませんでした(涙)。

d0054855_14114553.jpg
d0054855_1412639.jpg


出入口は3つのアーチで構成され、左右にはステンドグラスがはめ込まれていました。

側面の窓は、小さなアーチ窓が2つ並び、その上に丸窓を配置した、変化ある構成です。

d0054855_1420552.jpg


出入口に募金箱があったので、今後もこの勇姿を保ってもらえるよう、少しばかり入れてきました。
開いていれば、パンフレット(有料1部100円)もあったようでしたが・・・。






そこから小さな入り江を越えるトンネルを2つ3つ抜けると、富津集落に崎津天主堂があります。
小高い丘の上に立つ大江天主堂とは対照的に、入り江の集落の中に溶け込んだ教会です。

d0054855_14413938.jpg


全体的にグレーに塗られ、構造柱に当たる部分は比較的に平滑な仕上げ、柱間はドイツ壁のような凹凸のある面に仕上げられています。
大江教会とは違って鐘楼上は尖塔が載ったこの建物も、鉄川与助によって設計・施工され、昭和9年に建てられた鉄筋コンクリート造りです。

尖塔アーチの出入口は鐘楼の下1カ所で、正面とその左右に扉がありました。
天井には、十字架をかたどったと思われるモチーフが飾られていました。

d0054855_14593736.jpg
d0054855_1459596.jpg


側面には、シーソー式に開く色ガラスのアーチ窓が取り付けられていました。

側面は、正面に近い2スパンだけがドイツ壁風で、後方は下見板張りだったのか、現在は新建材で補修されていました。 20年ほど前の建築本を見ても、側面は途中でグレーと白で色が変わっていたので、当初からそのような構造であったと思われます。

d0054855_1545880.jpg


大江天主堂同様、内部は撮影禁止ですが、扉が開けられ自由に内覧できるようになっていました。
床は畳張りでしたが、現在ではその上にイスが置かれていました。
寄付代わりに絵はがきを購入してきましたが、堂内の写真もありました。
リブヴォールトという、真下から見上げると羽を広げたコウモリのように見える天井が特徴です。

d0054855_15144983.jpg

(崎津天主堂の絵はがきより)

入り江にあるので、対岸から遠く望んでみました。
見ようによっては周囲の家々が邪魔とも言えますが、見ようによっては集落に溶け込んでいるともいえる風景です。 五島列島でも見ましたが、入り江の教会というのも絵になります。

d0054855_15175455.jpg



ここから熊本市街を目指します。
が、ナビによると130km、3時間弱かかります。 遠い・・・。

1時間少々走って、泊まったホテル近くのドライブインで休憩。
お土産を買った後、天草諸島を望むことができました。
ドライブインで撮ったレンタカー、先代デミオです(今の型に乗りたかった・・・)。

d0054855_15271851.jpg


乗り心地やハンドリングは悪くありませんでしたが、ATがアホなのか、トルクがないのか、アクセルを緩めても2,200rpmぐらいまで引っ張らないとシフトアップしないのが、イマイチでした。
といいつつ、阿蘇越えや天草の海岸沿いのアップダウンを走っても、15km/Lぐらい(400kmあまりで燃料消費28L弱)走ったので、燃費はまずまずでした。


3時間弱ひたすら走って着いたのが、熊本市街中心部にある手取教会

d0054855_15432361.jpg


色こそ薄いグレーに塗られていますが、大江天主堂と似た雰囲気の鉄川建築です。
こちらは昭和3年築なので、大江天主堂より先に立てられています。
ありがたいことに、大江天主堂の雰囲気と似ているという内部を見ることができました。

d0054855_1555332.jpg


左右に並ぶ柱で内部が3つに分かれている三廊式で、折上げ格天井にはピンク色のスズランのモチーフがたくさんあしらわれていました。

色ガラスがはめ込まれたアーチ窓は、外からの光を通して見ると、とてもキレイです。

d0054855_1603111.jpg



本当はもっとじっくり見たかったのですが、そんな余裕はなく、空港に急ぎます。
手取教会を後にしたのが15時半、飛行機は出発は16時40分。
30分弱で熊本空港に着き、相方と荷物を降ろしてレンタカー屋に返却。
16時15分ぐらいに再び空港に着いて、慌ただしく飛行機に乗り込んだのでした。

朝ご飯をガッツリ食べていたので助かりましたが、昼飯抜き。
機内で、阿蘇の和牛の空弁をいただきました。

d0054855_169778.jpg


関空や中部国際空港を見下ろしながら飛行し、羽田に到着。
相方は空港バスに乗って、自宅最寄り駅へ。

私は、浜松町までモノレールに乗り、東京駅から新幹線で新潟へ。
2日間食べ過ぎ飲み過ぎたので、おとなしくお茶だけ飲みながら帰りました。


航空券はタダだったものの、それと同じぐらい宿代モロモロ掛かってしまいましたが、相方は温泉とお料理に満足したようですし、私は電車にドライブ、そして洋館巡りといくつかの目的が達成できた旅でした。

次はいずこへ・・・(笑)。
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/9884372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by azmomohiro at 2009-06-21 09:52
待ってました!!!
美しいですね!!教会は無宗教な私ですが大好きです
N.Y.に旅すると大都会の真ん中に有る教会とかに入ってみると
大都会を忘れさせる荘厳さに無言になります
良いものを見せて頂きありがとうございました。
Commented by Nickey at 2009-06-21 23:54 x
天草は高校の時に修学旅行で行きましたが、
独特のキリスト教文化が今も息づいてますね。

ちなみに自分も、7月の5・6日で九州に行ってきます。
コースは福岡~長崎で、佐賀で1泊。
建物的には、スワガーのカトリック福岡教区司教館、
遠藤新の如蘭塾あたりを見て、
嬉野温泉と佐賀牛という感じで行こうと思います。
Commented by at 2009-06-22 10:50 x
こんにちは。
お待ち申しあげておりました♪
あ~やっぱり、素敵です、ウルウルします。
私は崎津天主堂の漁村にある風情がたまらなく好きです。

天草はどこからも遠いですよね~~~~

でも、本日、一番の衝撃は熊本市内の手取教会です。
熊本市内観光の日は、本当にフラフラで観光どころではなかったツケがここにも…
確かに車の中からちらっとは見ました。
ううう、こんなに内部が素敵なんですね。

どうせ、我が横浜FCもロアッソ熊本もしばらくは仲良くJ2にとどまるでしょうから、いつの日かもう一度、いざ熊本へ!
Commented by okuruma1970 at 2009-06-22 21:58
>>azmomohiroさん
私もお墓だけ仏教の無信教ですが、日本の教会の壮麗でいて素朴な雰囲気には、感心するばかりです。
欧米では有名教会しか見たことはありませんが、、観光地になっていない日常信仰の場は、同じような雰囲気を感じるのでしょうね。
横浜にも洋館教会がありますから、ぜひ参拝してみてください。

>>Nickeyさん
日本の歴史教育では天草四郎や隠れキリシタンを教わりますが、実際に現地に行くと、葬祭のときだけに接する仏教よりも、ずいぶん身近な宗教観を感じますね。
如蘭塾は正直知りませんでしたが、ライト風の見応えのある建物のようですね。
嬉野温泉は閉館された古湯温泉跡しか見たことがありませんが、近くの武雄温泉楼門は見過ごしてしまったので、ぜひまた行きたいものです。
佐賀牛はおいしそうですね。
Commented by okuruma1970 at 2009-06-22 22:05
>>釉さん
お待たせしました。個人的にも、行きたくても遠かった地域でした。
漁村や高台の教会は、遠くまで見に行った甲斐がありました。
私も手取教会にはそれほど期待していなかったのですが、やはり教会は内部にやられます。
横浜FCの活躍も期待しながら、熊本とのJ2対戦も期待する、なかなか悩ましいですね。
Commented by manaka987 at 2009-07-09 00:18
しかし綺麗ですね〜
天草は3ヶ月通いましたが巡れば良かった。。。
酒と海ばっかりだった。。。
Commented by okuruma1970 at 2009-07-11 20:49
>>manakaさん
天草の海はキレイですね。
私も夜はお酒ばかりですが、これらの教会もなかなか良かったですよ。
次回はプライベートでどうぞ。
Commented by ~成層圏の鷹~ at 2009-07-12 06:26 x
こんにちは、mixiからとんで参りました。
天草は、私の住む「福岡市」からも、かなり距離があり、ナカナカETC割で日帰りは、難しい場所です。
福岡空港から天草空港までは、「天草エアライン」が、飛んでいますが、値段が・・(滝汗)
と、思いましたが、天草エアラインのHPを見ると、「ラド観光」が日帰りレンタカーパックで、1万円以内で出しているのに気付きました。
もし次回でも、再訪の折は、如何でしょうか?(ラドさんの回し者ではありません・・)
わたしも、天草エアラインの「DASH8」に乗って見たいので、あとは、重い腰を上げるだけです。
Commented by okuruma1970 at 2009-07-13 00:15
>>~成層圏の鷹~さん
ようこそいらっしゃいました。
天草方面には高速は延びていないですから、福岡からでも遠いですよね。
天草空港は東京からの往復飛行機を予約した後で知りましたが、値段と接続がイマイチだなぁと思っていました。
でも、ご紹介いただいたラド観光のプランは、本当に安いですね。
DASH-8にも興味がありますが、依然上五島に飛んでいたアイランダーに、どこかで乗れませんかねぇ。
天草再訪よりも、旧野首教会に行ってみたいものです。
Commented by ~成層圏の鷹~ at 2009-07-19 03:07 x
アイランダーですか~。
沖縄と調府あと新潟(佐渡)でしかお目にかかれない機体になりましたね。
旧野首教会は、時期的に繁忙期に入りましたので、秋口の方がお勧めだと思います。
Commented by okuruma1970 at 2009-07-19 07:58
>>~成層圏の鷹~さん
調布から伊豆諸島への飛行機がありましたか。
天気がいい日を狙って、乗ってみたいものです。
旧野首教会の繁忙期というのは、近くにあるキャンプ施設(?)のことですね。
そうそう九州ばかりにも行けないのですが、後々行きたいと思っています。
by okuruma1970 | 2009-06-08 22:06 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(11)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970