幌馬車2台の道楽日記

okuruma.exblog.jp

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも

ブログトップ

試乗すると

電話で打ち合わせた土曜日、朝からPC世田谷へ。
テーブルで「ご検討いただけましたか?」から始まって軽く話をした後、試乗へ。

2.7のAT(LHD)で、まずは営業氏の運転で第三京浜の高速試乗へ。
第三京浜までの道すがらいろいろ話をしたのですが、「私、カートやってるんですけど、云々・・・」など、どっかで聞いたような話だなぁ、そういえばharua1971さんの「買っちゃったよボクスター」に出てくる営業K氏も、ってこの営業氏の名前もK氏だ。この人があのK氏か?などと思っていました。

第三京浜に入って快音を発しながら加速すると、あっという間に***km/hなんて出ていたりします。でも***km/hも出ているのに、とても安定しています。
306Cabrioletだと、それより40km/hぐらい遅くても、継ぎ目でブワンと揺れたりして、ハンドルを握り締めてしまいます。
「ポルシェだと、高速走るの楽ですよ、前の車がよけてくれますから」と営業氏。そういえば大抵の車がよけていきます。またレーンチェンジも、ロールを伴った感じの306Cabrioletと違い、スパッと移っていきます。

あっという間に保土ヶ谷PAに着き、前後左右斜めから外観を眺めると、やっぱりカッコいいですねぇ。
そして帰りは、ボクスター初運転。私は元々シートをかなり前にスライドさせて座るのですが、やはりボクスターでも同じでした。

PAからの合流路でのグワッという加速にギクシャクしつつ、一旦高速を降りてUターン路へ。ハンドルがクイッと切れます。そして再び高速に乗って、アクセルを踏み込むとグググッと力強い加速と、クワァーンという快音。
「一番左側のレーンにいるあの白いクラウン、覆面かもしれません」と教えてもらいながら、周囲の流れに乗って比較的ゆっくり走りました。
3車線の中央レーンで、クワァーンと加速してから惰性で速度を落とすのを何度か繰り返したり、レーンチェンジでハンドルの切れの良さに感心したりしました。
また料金所前でブレーキを踏むと、踏んだ分だけ効くブレーキってこういうものか、と思いました。

高速から一般道に降りると、306と同じ左ハンドルでも車両感覚に戸惑います。
四隅が丸みを帯びて、しかも流線型のなで肩ボディー。車線変更するのにも、どのミラーを見て良いやらキョロキョロしたり。
でも街中を走っていても、幅の広さは思ったより感じませんでした。

一旦PC世田谷に戻り、今度は3.2SのMT(LHD)に乗り換えました。
通り沿いのPC前でも、エンジン始動直後はエンジン音が大きいです(2.7でも似たようなものですが)。
クラッチは特に重くなく、トルクがあることもあってエンストせず、素直につながりました。6MTは適度な重さで節度があって、とてもいい感触です。

交通量が少なめの裏通りで加速を試みましたが、4000rpmぐらいでペダルを踏む足を緩めてしまうほどでした。
それにしてもハンドルが良く切れます。
後で調べてわかったのですが、最小回転半径は5.2m。自分では小回りが利くほうだと思っていた306Cabrioletが5.5mということで、よく曲がるはずでした。
タイヤとタイヤの間にエンジンを横に置いたFFと比べ、エンジンがないMRでは、ハンドルの切れ角が大きくて当たり前なんですね。

d0054855_20241057.jpg


試乗コースの周回路で、「もう一周しますか?」の問いに、すかさず「はい」と答えて、もう一周してしまいました。
横で見ていた営業氏は、「もう慣れてますね、運転しやすいでしょう」「ずっと笑顔ですよ、かなり気に入られたようですね」と殺し文句を続けてきます。
加速時の快音にシフトフィール、クイックなハンドルなど、確かに運転していて楽しいことこの上なく、ずっとニヤニヤしていたんだと思います。

PC世田谷に戻り、「かなり気に入っていただけたと思いますが、いかがでしたか?」と営業氏。
「いやぁ、乗ってはいけないものに乗ってしまいました」、私は完全にやられていました。
昨年秋にルノーのMeganeRSに乗ったときも「いけないものに乗った」感じがしましたが、その数段上でした。

「アークティックシルバーメタリックの2.7MTはまだありますよ」「カーナビは付けますか?」「どこかお好きなメーカーありますか?」「カーナビを付けると、全部で700万円を少し超えるぐらいですね」「ご契約いただければ、カーナビの値引きで、もう少しがんばります」と続けてきます。

また「自動車保険は○○等級ですと、車両保険込みで△△万円です」「プジョーの保険は新規で見積り作っておきますね」、そうやって外堀をどんどん埋められていきます。
最後に「タダですから予約しておきましょう」と言われ、今回は「お、お願いします」と言ってしまいました。
しかし、そこで最後の抵抗を試みて、「一晩考えてきます」とPC世田谷を後にしました。

それにしても、試乗すると十中八九落ちます。
ご注意ください。
(続く)
[PR]
トラックバックURL : http://okuruma.exblog.jp/tb/992068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by giacomo_pcn at 2005-06-17 21:24
こんばんは。
FFとMRのハンドル切れ角のお話、なるほどなあ、でした。
試乗はホント楽しいですよね。2回目に試乗したときは、夫婦二人で「好きなように乗ってきちゃってください」と送り出してくれちゃって焦りました(汗)
okurumaさんは高速の試乗もされたんですね。ボクは未体験なんですが、これもお楽しみでとっておくことにします(笑)
Commented by okuruma1970 at 2005-06-17 22:17
>>giacomo_pcnさん
初期のFFはエンジン縦置きもありましたが、切れ角の問題もあったのかもしれませんね。
でも街中以上に、自宅の入れにくい車庫入れで重宝しています。

ご夫婦でボクスターの試乗に行くと、自ずと「どうぞ」になっちゃいますよね。
車の決定権の6割は女性にあると言っていましたが、営業の人も奥様を落とさないと、みたいなところがあるのでしょう。
高速ドライブはお楽しみですね。自分で羽根の動作が見られないのが悔しいです。
Commented by giacomo_pcn at 2005-06-17 22:49
再びお邪魔します。
確かに、最初のうちなんか、何となくPCの方も、ボクより妻の方に購入を勧めているような感じでしたよ(笑)
夫婦で試乗したときは、街中でこっそり羽根ボタンを押してみましたが、全然見えないので、恥ずかしくなってすぐ押して閉じちゃいました。。。
それと、TE71の思い出伺って嬉しかったです。ホント何かのどかでいい時代でした。
Commented by okuruma1970 at 2005-06-18 15:30
>>giacomo_pcnさん
やはり奥様を先に落としにかかってましたか。さすがですね。
今朝は何台かで走りに行って、986の羽根が出る瞬間を見られました。
何キロ出ていたかは内緒ってことで。

私の学生時代はTE71のリアルタイムではなくて、AE92が新車の頃でしたが、AE86全盛の中TE71にこだわっていた、先輩の雰囲気に合っていました。
(潰したり不調だったりで、3台乗り継いでいたような)
Commented by shoot_head at 2005-06-18 23:43
こんばんは。ワタシも十中八九落ちたものの一人です。(笑)

最小回転半径の小ささは試乗の際にUターンする時に感じました。
ハーレーより小さいんじゃないか?ってくらいでしたから!
(ワタシのバイクのスキルは置いといて・・・(泣))

今日は彼女とPCに行ったのですが、Tipの試乗車を「お二人でどうぞ」と貸して頂きました。
彼女にも満足してもらえてみたいです。
Commented by okuruma1970 at 2005-06-20 20:10
>>shoot_headさん
やはり、試乗すると落ちますよね。まぁみんな落ちるべくして落ちたってことで。
ハーレーの最小回転半径って全く想像つきませんが、イメージでは確かに曲がらなそう、というか曲がる目的で作られてなさそうです。

やはりお連れの方がいると、「お二人でどうぞ」になるんですね。
彼女さんにも満足してもらえて、良かったですね。
私の場合、一人で行っていたので・・・。
Commented by tts2000typer at 2005-06-23 00:32
はじめまして(^^) ボクもPC横浜で997試乗してそれまで乗ってた
カイエンとTTを売って997を買いました。
 カイエンの商談はPC世田谷でS氏でした。(三谷幸喜みたいな顔の)
態度が気に入らなくて買いませんでしたが(笑)
Commented by okuruma1970 at 2005-06-23 20:45
>>tts2000typerさん
はじめまして、ようこそいらっしゃいました。
997に試乗すると、987以上にスゴさを感じるのでしょうね。
イチコロだったのでしょうか?
それにしても、その前にお乗りの組合せも、スゴイというか豪華でしたね。

担当の方の態度で、買う買わないを決めるってあるんですね。
友人から聞いてはいても自分ではないと思っていたんですが、担当の方の態度というか、ペースに乗せられて(?)、今回は買ってしまいました。
確かに担当K氏でなければ買わなかったのかもしれません。

今後とも、よろしくお願いいたします。
by okuruma1970 | 2005-06-17 20:18 | Boxster購入記 | Trackback | Comments(8)