幌馬車2台の道楽日記

okuruma.exblog.jp

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも

ブログトップ

カテゴリ:酔いどれ記( 25 )

年末になりますが、友人の結婚式に参加してきました。


建物仲間の”どしる”さんが、クラッシックホテルの代表格である、箱根富士屋ホテルで結婚式を挙げるということで、お招きいただきました。
建物見物やその後に飲みに行ったことは何度となく、米沢中国地方も一緒に旅して回りました。


まずは東海道線で小田原まで。
新幹線で行けばアッという間ですが、各駅停車でノンビリと。

d0054855_15481285.jpg


小田原から箱根湯本までは、箱根登山鉄道の通勤電車(小田急のお下がり)で。

d0054855_15501326.jpg


箱根湯本からは(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2014-12-21 21:00 | 酔いどれ記 | Trackback | Comments(0)

伊豆への飲み鉄

先週末土曜日(2/8)、新潟の同僚2人と伊豆というか熱海に行ってきました。
この同僚と出掛けるのは、村上(新潟)会津若松(福島)米沢(山形)に続いて4回目。
お察しの通り、夕方からひどい雪にたたられました。


朝8時新潟発の上越新幹線に乗って東京へ。
私にとっては、単なる通勤電車の2階建て新幹線E4系の8+8両編成。

d0054855_23133514.jpg


前夜1時半まで飲んで歌っていましたが、ご期待に応えて朝から・・・(苦笑)。
オニギリ弁当と1本(500ml)、そしてもう1本(350ml)。

d0054855_23164093.jpg


越後平野(新潟〜長岡)で飲み干し、壁を背にして、背もたれを思い切り倒してお休みの体勢。
途中、越後湯沢で目が覚めましたが、雪は少なめでした。

d0054855_23174573.jpg


越後湯沢を出ると次は終点東京という新潟県専用の新幹線で熟睡し、同行者に起こされたのは、上野駅のトンネル通過中でした。

東京駅からは(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2014-02-08 20:07 | 酔いどれ記 | Trackback | Comments(4)

牡蠣づくし

2週間経ってしまいましたが、旬の牡蠣を食べに行ってきました。


御堀端から見た、ライトアップされた明治生命館。
高い列柱が並ぶ建物は、重厚感がありますね。

d0054855_18273930.jpg


この地下に、Grand Central Oyster Bar 丸の内があります。
ニューヨークのグランドセントラル駅構内に本店があるオイスターバーの、日本店の一つです。
本店の雰囲気に似たアーチ天井は、以前は明治生命の社員食堂だったそうです。
【補追】
2014 年9 月12 日(金)をもって閉店したそうです、残念。

d0054855_18374281.jpg



通路に面したステンドグラスや、柱の装飾テラコッタなど、手が込んでいます。
社員食堂といっても、これだけ豪華な造りだと、一般社員用ではなくて、幹部社員の会食ランチや夜の懇親会用ではなかったのかなぁ、などと思ってしまいました。

d0054855_18393386.jpg
d0054855_18394642.jpg


肝心の牡蠣は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2012-10-28 22:24 | 酔いどれ記 | Trackback | Comments(8)

旨いもの記

しばらく空いてしまいましたが、ネタがなかっただけでボチボチやっています。
といいつつ、何かネタができたわけでもないので、年末年始の酔いどれ記の総括編を。


まずは、天ぷら。
チェーン店「つな八」の新宿東口にある総本店に行ってみました。
ランチで他のお店に行ったことはありましたが、ランチでも一気に出てくることなく、2・3品ずつ揚げ立てが供されるのですが、本店のカウンター席だったので、目の前で揚がったそばから供されてきました。
まずは、ヱビスとともにコースの海老。

d0054855_12115825.jpg


一番ベーシックなコースだったので、小振りな海老でしたが、サックリプリプリ。

同じくコースの穴子。
「宜しければ、サッパリした梅おろしでどうぞ」との言葉に、試してみました。
基本的にお子ちゃま味覚なので、大根おろしは苦手な私でしたが、本当にサッパリして、天つゆに溶かずに天ぷらに載せていただくならいいかも、と思ったのでした。

d0054855_12142685.jpg


追加で頼んだ、オリジナルという「牡蠣ピーマン」の天ぷら。
外はサックリ、ピーマンの歯ごたえもあって、牡蠣は柔らか、いい組み合わせでした。
その他にも、舞茸や白海老など何点か。

d0054855_12191926.jpg


最後は、コースのかき揚げを、ご飯に載せてミニかき揚げ丼にして出してもらいました(別々が基本のようですが、どちらか選べます)。
かき揚げとご飯にタレが浸みて、美味しかったです。

d0054855_12212328.jpg


お次は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2012-02-05 13:20 | 酔いどれ記 | Trackback | Comments(5)
少々早いですが、今年一年、当ブログをご覧いただき、またコメントをいただき、ありがとうございました。
また来年も、よろしくお願いいたします。
皆さま、よい新年をお迎えください。



さて、遅ればせながらメリークリスマス。
今年はクリスマスが土日にかかり、久々にクリスマス当日に相方と外食してきました。


時計塔を戴いた旧服部時計店、銀座和光の建物は、雑多な都内の繁華街にあって、銀座のランドマークとして輝いていますね。

d0054855_23423728.jpg


ミキモトビルの前には、毎年大きなクリスマスツリーが飾られていて、格好の被写体になっていました。

d0054855_23444157.jpg



さて、我が家のクリスマスは、結婚前からなぜか毎年スペイン料理(笑)。
エスペロというスペイン料理店が銀座に2店ありますが、今回は銀座3丁目店でいただきました。
スペインのスパークリングワイン、CAVAで乾杯。

d0054855_2348548.jpg


いただいたお料理は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2011-12-25 23:31 | 酔いどれ記 | Trackback | Comments(5)

新潟滞在記

ちょっとネタ切れ気味なので、新潟でウロウロした記録を。


新潟に単身赴任しているものの、ほぼ毎週千葉の自宅に帰ってきている私ですが、11月下旬から12月半ばにかけて、週末を新潟で過ごす機会が多くありました。
新潟市街の建物を見たり、美味しい物を食べたり、飲みに行ったり・・・。


まずは11月23日(祝)。
新潟市中心街の建物を見に行きました。

まずは、大正15年に建てられた木造建築の木揚場教会
名前には教会と付いていますが、実は浄土真宗の説教施設ということで、墓地を併設していないお寺のようなもの、文京区にある求道会館と同じようなものですね。

d0054855_1512158.jpg


装飾は少ないながら、イオニア式を簡略化したような柱頭を備えた柱で、張り出した2階部分を支えています。
アーチ型の高窓がある出入口は、隅石のような装飾もされていました。

d0054855_15162462.jpg



次は、大正5年に建てられた吉野活版所。
古町通という新潟一番の繁華街の外れにあり、雁木というほどのものではありませんが、アーケードの延長でヒサシが付いているのが、少々目障りです。
正面はモルタル仕上げの看板建築ですが、費用を抑えるためか側面は鉄板貼りで火災への備えとしていました。

d0054855_1526762.jpg


中央最上部のパラペットにはメダリオンが、その左右には飾り柱に柱頭という装飾。
右側から記された屋号が、浮き上がっているのがいいですね。
こちらによると、新潟初のエレベーターが残っているとか。

d0054855_15281942.jpg


夕食は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2011-12-18 20:28 | 酔いどれ記 | Trackback | Comments(2)

ピルスナー・ウルケル

少し前の話ですが、チェコのビールであるピルスナー・ウルケルの生ビールが飲めるお店があると聞いて、友人どしるさんに連れて行ってもらいました。


その日は急な出張作業が入り、朝から茨城に向かいましたが、昼過ぎには終了し、スーパーひたち号で帰京して、アメ横をウロウロしながら、待ち合わせ場所の横浜駅に向かいました。

肝心のお店にあるのは、軽いおつまみ程度ということで、まずは腹ごしらえ。
いつもは空腹で飲み屋に行き、飲み過ぎて酔ってしまのですが、今回はちょうどいい感じでした。
先に食べておくと、飲んでもそれほど酔いが回らず、実はいいのかも知れません。


食べたのは、関内駅から10分ほど歩いたところにある、梅香亭という洋食屋。

d0054855_15502414.jpg
d0054855_15503696.jpg


大正12年創業ということで、当時はハイカラなお店だったのでしょう。
店内は当時の雰囲気を感じさせる、レトロな印象。
ソファーのようにフカフカに沈む椅子と、対象的に高くさらに幅が狭いテーブル。
調度品は、洋食屋というよりは喫茶店?

d0054855_15554241.jpg


オーダーしたのは、看板に輝いていた「ハヤシライス」900円。
客の大多数がオーダーするという、この店の看板商品らしいです。

d0054855_15573679.jpg


濃厚なデミグラスソースに、薄切り牛肉とタマネギが溶けていて、うっすらと生クリームらしき白い筋も見えました。
それにしても、すごいボリューム。
サラダや福神漬けなどの付け合わせがないので、味は単調になってしまいますが、飽きることなく淡々と口に胃に入っていきました。
元々ハヤシライスは好きなのですが、また食べに行きたいなぁ。

肝心なウルケルは(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2010-09-04 23:16 | 酔いどれ記 | Trackback | Comments(9)

一升瓶ビールで花火観覧

先週末、8月7日(土)には千葉市民花火大会が行われましたが、昨年同様見てきました。

ちょっと早めに行くと、夕焼けがキレイでした。

d0054855_9251939.jpg



2005年から見に来ていますが、今年は相方の友人nesanさんご一家と見に行きました。
元気な子供が2人。
我が家にはまだ子供はいませんが、5年後とかにこんなことできるか?

d0054855_9255974.jpg
d0054855_9264191.jpg


我が家のつまみは、いつもお総菜を買ってくるだけですが、今回のメインディッシュは、nesanさんお手製のお料理でした。
豪華! 美味しかった。

d0054855_928940.jpg


我々2人だと、花火が上がるまで飲み食いは我慢しているのですが、この日は半ば飲み会状態(苦笑)で、明るいうちから飲み食いを始めました。
飲み物はビールと缶チューハイ、ワインなど大量に買い揃えていきましたが、nesanさんが仕入れてきたのが、一升瓶ビール「感謝」
神奈川厚木市で地ビールを醸造しているサンクトガーレンのビールです。
酒瓶を抱えるnesanさん。 似合ってます。

d0054855_9324590.jpg


一升瓶だと冷たいうちに飲みきれるか、という考えは杞憂に終わり、あっという間に飲み干しました。
大手ビールと違って、ヨーロッパ系というか、香ばしくて濃い味で、結構気に入りました。

もちろん、黒ビールも。

d0054855_12275432.jpg



19時半になって、ようやく花火が打ち上がり始めました。
明るいうちから飲み食いを始めたので、かなり酔っぱらっていました(苦笑)。

d0054855_12295125.jpg


今年もコンデジで撮ったので、凝った写真は・・・。

d0054855_12303741.jpg


近くから打ち上がる花火は、音も振動もなかなかの迫力でした。
来年も相方に観覧券を仕入れてもらって(なくても見られますが)、また見に行きたいものです。

(私信)
nesanさん、お料理と一升瓶ビール、ごちそうさまでした。
また飲みに行きましょう。
[PR]
by okuruma1970 | 2010-08-07 23:01 | 酔いどれ記 | Trackback | Comments(2)

百寿お祝い と 新居訪問

ここ数日、100歳以上の高齢者の所在がわからない、というニュースを多く目にしますが、昨年白寿(99歳)のお祝いをした母方の祖父は、めでたく100歳の誕生日を迎え、先週、百寿のお祝いをしてきました。


埼玉県某市の中華料理店に、伯父伯母従兄弟などが集まり、お祝いしました。
乾杯する祖父と私(左は母、右は相方)。

d0054855_1454429.jpg


放っておくと、ビールもクイクイ飲んでしまうので、ノンアルコールビールを飲んでもらいました(笑)。

円卓での中華料理でしたが、結局取り分けてもらうので、小分けのコースをオーダーしたようですが、前菜は目にも楽しいお料理でした。

d0054855_1412233.jpg


お祝いに別オーダーしたという、冬瓜細工に入れられたスープ。
裏面には鶴亀の細工が彫られていました。 いい味が浸み出ていました。

d0054855_14144053.jpg


お次の料理は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2010-07-31 22:10 | 酔いどれ記 | Trackback(1) | Comments(10)

世田谷でうなぎ

2週間ほど前になりますが、建物仲間の方々とうなぎを食べてきました。


いただいたのは、世田谷区にある、うなぎ割烹一二三。
駅でいうと、世田谷線の松陰神社前駅のそばです。
住宅街の細い路地に、黒塀が現れます。

d0054855_923585.jpg


行灯のような看板が、いい雰囲気です。

d0054855_9253578.jpg


まずは、お新香で乾杯。
ビール銘柄のグラス、ましてヱビスのグラスはいいですね。

d0054855_9264535.jpg


まずは(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2010-03-13 23:20 | 酔いどれ記 | Trackback | Comments(4)