カテゴリ:306Cabriolet( 39 )

先週末日曜日(6月4日)に、近所のイオン幕張店でフランス車の集まり、フレンチ・フレンチ幕張が開催されたので、ちょっと顔を出してきました。
(3ヶ月以上更新していませんでしたが、特に仕事が忙しいわけでもなく、普通に生きています。笑)
これまで、2015年6月2012年6月にも参加していました。


公式の開催時間は9時から11時までぐらいなのでしょうか、屋上駐車場の一角にフランス車を駐めるスペースを確保してもらって、だいたい車種毎に集まるように駐めていました。
私が着いたのは10時過ぎで、グループで集まって話をしたり、既に一通り見回して買い物(1000円以上で3時間無料)に行っているような時間帯でした。
白と紺の306(ハッチバック)のそばに駐めさせてもらって、後から珍しい淡い水色メタリックのカブリオレが来られました。

d0054855_22534798.jpg


このところ、フレンチ・フレンチのブログが機能していないようで、いつ開催するかわからなかったのですが、車好きな大学の同級生で、今はプジョー207SW GTiに乗っているHF君に話を聞いて、来たのでした。
HF君は、この207SWを箱根でグイグイ走らせていますが、お手軽SUVの2008とほぼ同じ全高というのは、ちょっと意外でした。

d0054855_2324062.jpg


その他の車は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2017-06-10 23:50 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(3)

フレンチ・フレンチ幕張

306Cabrioletを復活させ、まずは箱根朝駆けに行きましたが、イベントにも参加してきました。


我が家から30分弱のところにある、イオン幕張店の屋上駐車場でフランス車が集まるイベント、フレンチフレンチ幕張に行ってきました。
2010年11月は単に見るだけ、2012年6月は自車で参加しましたが、3回目です。


基本的には特に仕切られず自由に駐めるのですが、こんな感じに車種毎に駐めているエリアもあります。
最近では結構勢いがありそうな,シトロエンDS3のご一団。

d0054855_2312289.jpg


ときどき小雨交じりのあいにくの天気だったため、旧車は少なめでしたが、プジョー504やシトロエンGSなんて車も来ていました。

d0054855_23162850.jpg


ちょっと古い車では、元の愛車ルノーシュペール5もいました。
今見ても、いいデザインだなぁ。

d0054855_23172719.jpg


306は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2015-06-21 23:57 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(4)

箱根朝駆け

約1年ぶりに、箱根で朝駆けしてきました。


18年目になるプジョー306Cabrioletは、昨年2月の豪雪でカーポートが倒壊した影響で大きなダメージを受け、部品探しに時間を要したものの、約1年後にようやく復活しましたが、なかなか乗れずにいました。

5月26日(火)に、ようやく平日休みが出来たので、相方と子供を置いて久々の朝駆けへ。
前夜の仕事帰りに車を駐めてある実家から車をピックアップして、自宅に着いたのが深夜1時。
4時間ほど寝て、5時半に出発。
東関東自動車道と首都高速、東名高速と小田原厚木道路、最後に箱根新道で登って大観山に着いたのは7時過ぎ。

若干雲が被っていたものの、富士山はいい眺め。
大観山にいる限りは、大涌谷近辺の火山活動は感じませんでした。

d0054855_2038015.jpg


大観山のスカイラウンジは、春〜秋の土休日は朝7時オープンですが、平日は9時オープンで、残念ながら利用できませんでした。
そういえば、箱根ターンパイクのネーミングライツは、トーヨータイヤからマツダへ変わっていました。

3往復ぐらい走ったところで、芦ノ湖スカイラインへ移動。
三国峠からも、富士山がよく見えました。

d0054855_20423425.jpg


右リアのパワーウインドウが故障していた(板金修理の際に中古部品と交換)こともあり、フルオープンにしたのは2年ぶりぐらいかな。
いやぁ、風が気持ちいいですね。

また、車重約1,300kgに対して132psと大したパワーはありませんが、2L・NAらしい少し盛り上がりのあるトルクの出方が、体感と同調して気持ちいい加速感が得られるんです。
1.5L前後の小排気量ターボは、フラットトルク過ぎて面白みがないのかも。

平塚SAのベーカリー併設コンビニで買ったパンで朝食。
40代半ばになっても、学生時代から成長していないと言われようが、富士山を眺めながら大自然の中で食べるのは、やっぱり気持ちいいものです。
御殿場演習場で大砲の訓練をしていたのか、ときどきズドーンと大きな音が響いていましたが・・・。

d0054855_2053308.jpg


朝駆けと朝食の後は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2015-05-30 12:00 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(4)

306の去就

昨年2月の関東地方の大雪で実家のカーポートが崩れて、わが306Cabrioletは大きなダメージを受けました。

d0054855_22544384.jpg


幌の骨が折れて、幌とリアスクリーンに穴が空き、挙げ句の果てはリアフェンダーに大きな凹みができてしまいました。

d0054855_22551611.jpg


17年11万キロの車をどうするかあれこれ悩みましたが、走りには問題なかったのでGWに箱根を走って惚れ直し、修理にいくらかかるか見てもらうため、ここ数年来、車検や修理をお願いしているオートプロに、昨年6月に預けました。

しかし、新品の幌は100万円ほどするので現実的でないのはもちろんのこと、中古品を探してもらったものの、状態がいいものがなかなか見付からず、修理費の見積もりすら出ない状態が数ヶ月続きました。

それから半年あまり・・・。

半年あまり(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2015-02-01 20:17 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(9)

箱根朝駆け

GW後半の5月4日、久々に箱根へ行ってきました。


2月中旬の大雪でカーポートが倒壊して、幌にダメージを負った306Cabrioletには、この2ヶ月半は乗ることがありませんでした。
が、走り装置や足回りは問題はなく、バッテリーも外してあったので、走るのには支障ない状態でした。
そんな状況で、友人HF君から誘いを受けて、久々に走りに行きました。

前夜から車を置いてある実家に泊まり、朝4時半過ぎに出発し、東名高速→小田原厚木道路→箱根新道を通って大観山に着いたのは6時。
富士山を望み、芦ノ湖を見下ろせる、いいお天気でした。

d0054855_1956473.jpg


パッと見、ダメージを受けているようには見えず、変わりないですよね。


HF君の他に、同じ学生時代からの友人・塚ちゃん(NAロードスター)もやってきました。

d0054855_2051483.jpg


芦ノ湖へ降りる道を何回か上り下りしましたが、最初のうちは気持ち良く走れなかったものの、だんだん感覚が取り戻せてきました。
ボディーもダメージを受けていたりして、と思わなくもありませんでしたが、走っている限りは問題なし。
逆に幌を開けられないもどかしさを感じました(幌骨が曲がってしまっている)。

大雪でダメージを負って先行き不透明ということで、幌を開けたロードスターから、走っている姿を撮ってくれました。

d0054855_2092373.jpg


芦ノ湖スカイラインでは(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2014-05-04 06:00 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(5)
2月15日の大雪で実家のカーポートが潰れ、16年半乗っているプジョー306Cabrioletは、右後フェンダーが凹んで幌骨が曲がるなど、大きなダメージを受けました。

愛着もあるので修理するか、これを機に乗り換えるか、まだ決められませんが、仮に乗り換えるとして、どんな車にしようか考えてみました。
備忘録というか、考えを整理するための記録ですが、お付き合いください。


その1として、さほどハードル高くなく手を出せそうで、100万円前後で買えそうな車を挙げてみます。
長く維持するかは実際に乗ってみないと何ともですが、少なくともその次に入手する車までのつなぎとして2-3年程度は満足できそうな車を考えてみました。


真っ先に思い付いたのが、プジョー406sport
映画Taxiで知られた4600×1780×1430mmというミドルクラスの4ドアセダンですが、正規輸入車ながら2.2Lエンジン(156PS)に左ハンドル・5MTという泣かせる仕様でした。

d0054855_21255989.jpg

(カーセンサーnetより引用)


2003~2005年に販売されたので約10年落ちになりますが、1997年登録の306Cabrioletから比べると、6~8年若返ります。
走るのが好きな方が多く買われたのか、10万kmほど走ったものが多いですが、諸費用込みで60~80万円と比較的手頃なお値段。

車重は1,340kgと306と50kgほどしか変わりませんが、ボディーサイズが二回りぐらい大きくなるのが難点かな。
でも、純正16インチ・ホイール(写真とは違う)は好きなんですよねぇ


次は、プジョー206RC
WRCで大活躍した206の量販スポーツモデルで、3835×1675×1440mmという3ドア・ハッチバック車ながら、2.0Lエンジン(177PS)を載せた左ハンドル・5MT仕様で正規輸入されました。

d0054855_21433965.jpg

(カーセンサーnetより引用)


2004年~2006年に販売されたので同じく約10年落ちですが、やはり306よりは若返ります。
走行距離は6~8万kmと406sportより少なめですが、お値段は諸費用込み80~100万円とやや高め。

1,110kgと306より200kg近く軽くなるのに、45PSと2kgmも高出力なのは楽しそう。


屋根開き車で探すと、プジョー206cc・S16がヒットしました。
206cc自体はハッチバック車よりわずかに短い3810×1675×1380mmで、オープンカーながら布幌ではなく、以降のプジョーccシリーズにつながる開閉式の鉄屋根です。
そのうちS16モデルは、右ハンドルながら、2.0Lエンジン(137PS)に5MTというコアなモデルでした。

d0054855_23244956.jpg

(カーセンサーnetより引用)


2001年~2003年に販売されたので約12年落ちとなり、5年ほど若返るだけですが、屋根が開くのは大きな利点です。
オープンカーだからか走行距離が5~7万kmと年式にしては少なめですが、50~100万円と幅広い価格帯でした。

試乗させてもらったことがありますが、S16と名乗っている割にパワーは306と同等で、特に速いということはありませんでした。
しかも屋根開きとはいえ、フロントガラスが頭上まで覆っているのはイマイチ。
406sportと同じ16インチ・ホイールはポイント高いので、左ハンドルなら文句なし?


100万円は少々オーバーしてしまいますが、プジョー306Cabrioletの並行輸入車もヤフオクに出品されていました。
しかも、稀少なRoland Garros(全仏オープンテニス大会)仕様。

d0054855_22195241.jpg

(ヤフオクより引用)


ずいぶん前にミニカーについてお問い合わせをいただいて以来、ブログをチェックさせてもらっていた、こちらの方の車と思われます。
同じ車で左ハンドル・5MTと申し分ないのですが、惜しむらくはエンジンが1.6Lなこと。

2.0Lのトルク感には満足しているものの、他社ながらルノーWINDで試乗した1.6L・NAは、トルクが物足りなかったんだよなぁ。

目線を変えて(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2014-03-02 21:11 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(5)

東京の大雪で・・・

2月8日と14日、2週続けて東京に大雪が降りました。


2月8日は飲み鉄帰りに雪にたたられ、自宅隣駅で1時間ほど足止めを食い、すんなり帰ることができませんでした。
2月10日も休んで四連休にしていたので、息子を連れて実家に行き、カーポートに積もっていた雪を下しました。


2月14日は新幹線は順調に走り、高崎でも積雪10cmほどで、東京駅には定刻に到着。
自宅への電車も少々遅れていたものの、特に影響なく帰ってこられました。
相方と息子は相方の実家に泊まっていましたが、朝起きて外を見ると、前週ほどは積もっていない雰囲気。
が、群馬は豪雪で、東京西部でも前週より積もっていたようでした。
しかも、雪の後に結構な雨も降ったとか。

2月15日の朝は呑気に飲み鉄の記事を書いていましたが、朝9時過ぎに実家から電話があり、大きな音がしてカーポートが崩れた、と。
身支度を整えて電車の乗り、11時過ぎに実家へ到着。
無残にペシャンコかと思いきや、柱が折れ切っておらず、完全には潰れていないよう。

d0054855_21193173.jpg


でも、補助支柱の反対側は、完全に潰れている様子。

d0054855_2122282.jpg


2本の柱は、根本がグニャリと曲がっていました。

d0054855_21254642.jpg


雪をかき分け(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2014-02-15 09:04 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(13)

306のお手入れ

春~秋は新潟で乗っている306は、週末は持ち主(私)が関東に帰ってしまうため、通勤と買い物だけに使い、あとは洗車もせずに放置プレーの日々ですが、久々にお手入れをしてやりました。


今の職場は、電力ピークを外す関係で8月中は日月休みになっていますが、今日(8/26月)は午前中2時間ばかり出てこいというので、泣く泣く日曜日のうちに新潟に向かい、午後は新潟で久々に昼間の自由時間ができました。
(土曜は予定もあったので、有休取りましたが)


まずはオイル交換。
いつもはカード会員で工賃無料の「黄色い帽子」で変えていますが、久々にエレメントを替えようと思ったら在庫がなかったので、スーパーが付くライバル店へ。

d0054855_22101658.jpg


前回交換したのは、車検直前の2012年6月ということで、1年2ヶ月ぶり。
距離は108,093kmで、前回(105,200km)から3,000km弱しか乗っていませんでしたが、17年目に入ったご老体には酷だったかな。

モリグラファイト配合で老エンジンに優しいらしい、ELFのALLESという部分合成油。
以前は15w-40とかを入れていましたが、古いエンジンはクリアランスが大きいので、最低でも今回入れた10w-40とかの硬いオイルでないと、熱ダレすると漏れやすそうな気がして・・・。
でも、今ではエコエンジン用の0w-20とかのサラサラオイルばかりで、硬いオイルは選択肢がほとんどないんですよねぇ。

d0054855_2219672.jpg


ELFのオイルが4L+1Lで6,450円に、BOSCHのエレメントが1,800円、これにオイル交換会員代1,050円を足して、計9,300円。
後で見たら、特売の全化学合成油の方が500円ほど安かった・・・(涙)。

相変わらずトランクが(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2013-08-27 00:08 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(5)

306冬眠から覚める

1月から別の楽しみ(笑)に掛かりっきりで、しばらく冬眠させていましたが、306をようやく覚めさせました。


実家で放置していた306Cabrioletですが、5月17日(金)に久々に乗ろうと洗車して乗り込もうとしたところ、まずキーレスエントリーからして効きませんでした・・・。
ということで、まずはJAFのお世話になりました。

d0054855_20415031.jpg


電圧計で測ったところ、1.9Vとか・・・(通常の12Vの1/6以下)。
よくよく考えてみたら、4カ月以上エンジンを掛けていませんでした。

ローターの錆は当然として、タイヤもご覧の通り少し潰れているような。
と思ったら、意外や空気圧はほとんど下がっていませんでした。
ピレリなら4ヶ月も放っておくと真円度が戻らなくなるんですが、5年半以上経ったミシュランでも、高速に乗ってもハンドルのブレはなかったです。

d0054855_2045564.jpg


JAFに4ヶ月乗っていなかったことを話すと、「他に運転するご家族はいないんですか?」と言われましたが、実家はペーパードライバーばかりで、まして左マニュアルなんて運転できないと答えたところ、あきれ気味に「しばらく走って充電してください」と言われました。

首都高に乗り、回転数を高めに保って、ちょっとドライブ。
何十回と通り過ぎていた代々木PAに、初めて停まりました。

d0054855_2056446.jpg


1時間後(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2013-06-11 21:51 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(7)

15年目の車検

今年になってから気になる車を何台か試乗したものの、結局15年目の車検も通しました。


愛車プジョー306cabrioletを購入したのは、15年前の1997年7月。
それ以来、北は北海道の宗谷岬から南は鹿児島の佐多岬まで、沖縄以外の46都道府県を回り、約105,000km走りました。
写真は、今年のGWに瀬戸内海をバックに撮ったもの。

d0054855_20495979.jpg



約1年前に10万キロを越えて、車検を通す以前に、GW前に決めなければならなかったのが、タイミングベルトの交換でした。
前回タイミングベルトを換えたのは、約50,000km走った2001年9月で、それから約11年と約50,000km経ていました。

4月のスバルBRZまで一連の試乗をして、今回の車検前の買い換えは諦めたので、GW中の遠出を前にタイミングベルトを交換しました。
お願いしたのは、3年前のクーラー故障修理以来、お世話になっているオート・プロです。

内側にギザギザがあるのがタイミングベルト、外側のベルトはファンベルト。
亀裂等の劣化は特に見られず、危ない状態ではなかったようですが、10万キロを越えてから、いつか切れるんじゃないかと心配していたので、精神的に安心して走れるようになりました。

d0054855_2140328.jpg


タイミングベルトの交換に付き物なのが、ウォーターポンプの交換。
タイミングベルトで駆動して冷却水を循環させるポンプで、タイミングベルトを交換してテンションが高くなると、ウォーターポンプに負荷が掛かって水漏れにつながることが多いのだとか。
前回のタイミングベルト交換時にも交換していましたが、今回も併せて交換。

d0054855_21485440.jpg


これに加えて、クーラーガスの補充をしてもらいました。
2009年8月にガスチャージしてから2年ほどは効いていましたが、去年9月の新潟旅行から、また効きが悪くなったので、暑くなる前の再チャージでした。
しっかり直そうと思えば10万円コースらしく、何年乗るか?な車は、1年に一度、1万円+αでガスチャージする人も多いとか。

合わせて、105,378円でした。

 タイミングベルト交換(52,700円)
 ウォーターポンプ交換(23,400円)
 カム・クランクシール交換(9,600円)
 クーラーガスチャージ(14,660円)
 消費税(5,018円)

さて、車検は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2012-06-23 20:41 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(7)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970