カテゴリ:国内旅行記( 125 )

会津お花見旅行

この週末、先月村上へ行った職場の同僚たちと、会津若松へお花見に行ってきました。


朝6時発の磐越西線・会津若松行き。
新しいキハ120形ではなくて、昔ながらのキハ47形ディーゼルカー。

d0054855_5493840.jpg


前夜も飲んでいましたが、朝6時から迎え酒(苦笑)。
メンバーは、前回の最長老が今回は若手に入れ替わっています。

d0054855_550412.jpg


会津若松駅に着いたのは、9時前。
会津若松に来たのは、去年9月に洋館を見に来て以来。

d0054855_5525333.jpg


会津若松では(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2013-04-20 22:42 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(0)

村上町屋のお雛様

2週間ほど前になりますが、新潟県村上市に行ってきました。


職場の同僚から、「行く?」と聞かれ、ホイホイと。
村上に行くのは2度目で、前回は新潟に遊びに来てくれたROY氏とでした。

新潟駅から快速べにばな号に乗り込み、4人でボックス席を占めて朝酒(苦笑)。
ちなみに同行者は、30歳、42歳(私)、49歳、58歳というバラバラな年齢層。

d0054855_2295279.jpg


村上駅に直行すればいいものを、米坂線で越後下関駅へ。
同行者の中にバス好きがいて、ローカルバス路線の旅も盛り込まれていました。


無駄話をしていると、あっという間に村上市街に到着。
村上市街では、お約束の「喜っ川」。

d0054855_2217285.jpg


鮭で知られている「村上」の中で、店内のこの光景はお約束。
間口は狭いものの、奥に伸びた町屋建築の奥の方でじっくり干されて、味が凝縮していきます。

d0054855_2220357.jpg


この時期の見物は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2013-03-02 23:31 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(5)

伊豆箱根旅行

三重県で鉄分補給した翌週末は、久々に相方と旅行。
近場の温泉ということで、伊豆へ行ってきました。


東名と小田原厚木道路で箱根口に向かい、箱根湯本の渋滞を避けて、旧東海道沿いの県道で芦ノ湖へ。
芦ノ湖畔の元箱根にある、レストラン・ブライトで遅い昼食。
私は、ハンバーグ・サンドをオーダー。

d0054855_936615.jpg


これがなかなか絶品。
箱根で走った後で朝食に寄りたいなぁと思ったのですが、朝11時(日祭日は10時半)からなのが惜しいところです。


箱根峠から伊豆スカイラインへ。
今回の足は、相方の通勤車ホンダ・フィットです。

d0054855_1912770.jpg


伊豆スカイラインの途中で、パラグライダーが飛んでいるのが見えました。
昔はよく走りましたが、伊豆スカイラインを走るのは何年ぶりかなぁ。

d0054855_19125349.jpg


お宿は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2012-09-29 21:33 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(6)
秋分の日の土日に行った、三重旅行の2日目午前中から帰着までの日記です。
三岐鉄道北勢線を中心に乗った22日昼の「前編」、関(亀山市)のブルートレインの宿に泊まった22日夜の「中編」の続きです。


少々寂れたJR四日市駅から、バスで近鉄四日市駅へ。
雨だったのでバスに乗ったものの、1kmぐらいなので降っていなければ歩ける距離ですが、デパートや商店街が並ぶ対照的な栄えた駅でした。
我々の目的は、桑名駅同様に、大きな駅の外れにある小さな駅。
同じ近鉄四日市駅ながら、名古屋線の高架下にある内部・八王子線専用の改札口です。

d0054855_10334365.jpg


内部線・八王子線は、前日乗った三岐鉄道北勢線と同じ、軽便鉄道の生き残りで、軌間(レールとレールの間隔)762mmのナロー鉄道です。
近鉄四日市駅からは、概ね1時間に4本発車し、内部行き(内部線)と西日野行き(八王子線)が交互に運転されていました。

d0054855_1044407.jpg


実は、三岐鉄道に譲渡した北勢線同様、近鉄としての経営状態は良くないとのことで、バス転換を含めた運行形態の変更を検討しているようです。
そんなきな臭い話が聞こえてきたので、元々気になっていたこともあって、今回の旅に至ったのでした。


四日市駅側の青い先頭車両に対して、内部駅側の先頭車はオレンジ色。
ちなみに3両編成の中間車はピンク色という、車体色がまちまちな編成でした。
1日目で乗った北勢線とカラーリングは異なっていますが、元は同じ近鉄が運営しており、車体はほぼ共通のようです。

d0054855_10503256.jpg


ただし、大きな違いは車内の座席配置。
全車ロングシートだった北勢線と異なり、内部・八王子線では、中間車はロングシートでしたが、両先頭車は先頭方向を向く固定式の一人掛けシートでした。

d0054855_10561971.jpg


内部まで行くと(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2012-09-24 23:03 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(6)
秋分の日の土日に行った、三重旅行の1日目夕方から2日目朝までの日記です。
22日は三岐鉄道北勢線を中心に乗って、関西線の関駅まで来たのが「前編」でした。


迎えに来てもらった車で宿に向かい、荷物を置いて夕食へ。
宿については後で紹介しますが、夕食が売りの宿ではなかったので・・・。

観光地とはいえ、大きな街でも温泉街でもないので、6時には軒並み閉店。
向かったのは、関宿の古い街並みの中で、夜遅くまで営業している数少ない飲食店「くらぞう」。
正面からは伺い知れませんが、通りから見ると、なまこ壁の蔵造りの飲み屋さんです。

d0054855_1125113.jpg



まずは、生ビール大ジョッキで乾杯。

d0054855_11425363.jpg


桑名で食べられなかったハマグリは、こちらでも売り切れでありつけず、大振りなアサリの酒蒸し。
スープにもいいダシが出ていて、美味しいんですよねぇ。

d0054855_11433056.jpg


ビールが進むと(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2012-09-23 21:00 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(6)
この週末は秋分の日といいつつただの土日でしたが、三重県へ旅行に行ってきました。


朝7:20発の「のぞみ号」で名古屋へ。
同行のROY氏とは概ねのプランについて事前にやり取りしていましたが、車内では軽く朝食を食べながら行程確認。

d0054855_20222359.jpg


名古屋駅からは関西線の快速列車に乗り換えて、1駅・桑名まで。
電車ではなく、ディーゼルカーのキハ75でしたが、なかなかいい走りっぷりでした。
4両編成でしたが、立ち客まで出る盛況ぶりでした。

d0054855_20235246.jpg


桑名駅でいったん改札口を出て、ちょっと歩くと、西桑名駅があります。
この駅は、JRでも、近鉄でもありません。

d0054855_20265855.jpg


この駅は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2012-09-22 22:16 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(5)

かき氷ドライブ

先週末は、ちょっと涼みに日光へドライブしてきました。
といっても、相方の通勤車フィットでですが。


例のごとく出足が遅く、千葉の自宅を出たのが11時。
首都高から東北道を抜け、日光宇都宮道路を通って日光に着いたのが2時。
お腹が減っていたので、まず向かったのは明治の館

d0054855_16354378.jpg


7年前に一度Boxsterで立ち寄りましたが、外壁に大振りの石が積まれた3階建ての建物は、アメリカ人貿易商F.W.ホーンの別荘として、明治末頃に建てられたそうです。
前回は、夕食がてら暗くなってから訪れたので、明るいうちにパシャパシャ。

いただいたのは、今回もオムレツライス。
海老入りのケチャップライスに、フワフワのオムレツを載せて、デミグラスソースをかけたものです。
栃木牛のステーキなど本格的なお料理もいただけますが、私はこちらの方が好きです(笑)。

d0054855_16425195.jpg


涼を求めて(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2012-08-26 22:23 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(2)

愛媛旅行(後編)

GWをはさんでしまいましたが、4月中旬に行った愛媛旅行の後編です。


7時前に一人ホテルを抜け出して、道後温泉本館で朝風呂。
8時半頃ホテルをチェックアウトして、道後温泉駅へ向かいました。
が、目当てのものは満席・・・。

目当てのものとは、坊ちゃん列車でした。
夏目漱石の「坊ちゃん」で主人公が乗った、マッチ箱のような汽車を復元したものです。

d0054855_1640776.jpg


1乗車300円(大人)ですが、乗るには整理券が必要で、目当ての列車(松山市駅行き)は団体予約が入っていたようでした。
松山市駅行きの朝の2本は、団体予約が入っているかも知れません。 ご注意を。
仕方がないので、予定を変更して、次の列車(JR松山駅方面)に乗ることにしました。
(このせいで、郊外電車に乗れず、石崎汽船の建物を見損ねた・・・涙)

路面電車が走る線路をSLが走るのですが、今は蒸気機関車ではなく、SLの形を模したディーゼル機関車が、マッチ箱のような客車を引っ張ります。
またSLは、行き止まりの駅では方向転換をする必要がありますが、線路に転車台(ターンテーブル)を設置するのではなく、機関車にジャッキと回転機構を内蔵する発想の転換で、実現したそうです。



上の写真(松山市駅行き)は機関車1両に客車2両の編成でしたが、乗ったJR松山駅方面行きは機関車1両と客車1両の編成でした。
客車は台車を備えたボギー車体ではなく、2軸の短い車体で、クッションもない板張りロングシートで、見た感じ定員20人ぐらいでした。
レールの継ぎ目を越えるたびに、ゴトンゴトンと音と振動が伝わってきます。
昔ながらの乗り心地なのでしょう、笑ってしまいました。

d0054855_17331331.jpg


いざ観光へ(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2012-04-15 21:34 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(4)

愛媛旅行(中編)

4月中旬に行った愛媛旅行の続きです。


泊まったオーベルジュ内子での朝食は、フルーツジュース3種から。
左から、小松菜とリンゴ、イチゴとにんじん、カボチャとはちみつのジュースで、寝起きの体に優しい飲み物でした。

d0054855_713347.jpg


目玉焼き、スクランブル、オムレツから選べる卵料理は、オムレツをチョイス。
内子豚のベーコンやハムとともにいただきました。
パンは、コーンやビワなどを練り込んだ自家製が3種。

d0054855_7435640.jpg


スープやたっぷりサラダなど、美味しくて朝からお腹一杯になりました。

最後にテラスで桜を見ながらコーヒーをいただき、後ろ髪を引かれながらチェックアウト。

d0054855_748964.jpg


チェックアウト後は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2012-04-14 22:00 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(7)

愛媛旅行(前編)

相方の仕事が一段落する春の恒例で、温泉旅行に行ってきました。
1年目は房総へ、2年目は山形へ、3年目は神戸へ、4年目は下呂温泉へ、そして今年は愛媛へ。


まずは羽田空港へ。
出だしから羽田へのバスの車内に荷物を置き忘れ、バス会社のおかげで荷物は無事手元に戻ってきましたが、焦りました(汗)。

羽田から松山空港へ。
一昨年の一人海外旅行で貯まったマイルを使って、JALのおともdeマイルという割引料金で利用しました(1人が往復10,000マイルで搭乗すると、同行者は往復20,000〜30,000円で搭乗できる)。
普通に利用すれば、往復15,000マイルか、片道30,000円ぐらいなので、かなりお得でした。

乗ったのは、B737-800という約180人乗りの小型機。
普通席は3席+3席で、通路は中央に一本だけでした。

d0054855_1121311.jpg


ブランチ代わりに、機内で萬世の万カツサンド。

d0054855_1151566.jpg


松山へは1時間半程度で到着。
松山空港は市街に近いようで、伊予鉄道のリムジンバスで松山駅まで15分。

d0054855_117370.jpg


松山では(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2012-04-13 22:44 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(5)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970