カテゴリ:洋館探訪記( 65 )

このGWは、震災の自粛ムードがありつつも、年初から考えていた通り、個人的に洋館を見ていなかった東九州と山陰の洋館巡りをしてきました。


私は4/29〜5/5の7連休でしたが、相方はその間に1日しか休みがなかったので、昨年同様に一人ブラリ旅をさせてもらいました。
それに加えて、GW中に関東からの出入りは渋滞にハマるのが必至なので、新潟から出て新潟に戻ろうと考えました。


【4月27日(水)】

まずは、遠出の前にオイル交換を。
仕事が終わってすぐに、オイル交換工賃無料のクレジットカード会員になっている新潟市街の黄色い帽子へ。
いつもの粘度15w-40のオイルがなかったので、それに近かったカストロールの部分合成油Magnatec(10w-40)をチョイスして、エレメント交換もしたので5リットルを飲み込みました。

d0054855_1112616.jpg


前回オイル交換したのは、2010年1月10日に90,000km時点だったので、1年3ヶ月で6,000kmも放っておいてしまいました。
今回は、オイル5リットル(4L缶+1L缶)とエレメントで、合計7,000円でした。



【4月28日(木)】

GW前日の仕事が終わり、いったん新潟の寮に帰って荷造り。
着替えの他に、車中泊もできるように、上着やらタオルやら何やらかにやら・・・。

午後8時に新潟を出発し、北陸自動車道をひたすら西進して敦賀ICまで(高速料金9,050円→1,000円)。
高速を降りて、国道27号線を若狭湾沿いに西進して、小浜西ICから舞鶴若狭自動車道に乗って舞鶴PAまで。
この日は午前2時過ぎまで500kmほど走って仮眠しましたが、それほど広くない舞鶴PAの駐車スペースは、車中泊やら仮眠の車でいっぱいでした。
エンジンをかけていないトラックは、いい防音壁になってくれました(笑)。

d0054855_11144328.jpg




【4月29日(金)】

3時間ほど仮眠をして、舞鶴PAを午前6時頃出発。
舞鶴若狭自動車道を南下して、吉川JCT(写真)から中国自動車道へ乗り換えて、再び西進。

d0054855_11195615.jpg


渋滞予測による中国道の渋滞は西宮山口JCT辺りまでで、吉川JCTまでは伸びてこない目論見が当たり、渋滞に遭遇することなく中国道をスイスイ。

さらに西進(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2011-04-29 21:32 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(3)

酒田の洋館探訪

少し前ですが、日本海側の山形県酒田市に行ってきました。


単身赴任ながら基本的には毎週末に千葉の自宅に帰っていますが、2ヶ月に1回ぐらいの私の土曜出勤の週に、相方が日曜出勤だったりすると、新潟に留まることもあります。
4月3日がそんな感じだったので、新潟から行けそうな未探訪の洋館集積地である山形県酒田市に行くことにしました。

新潟から臨時いなほ号に乗って酒田へ。

d0054855_19112027.jpg


平成11年に土崎工場でリニューアルされた485系3000番代でした。
定期列車では新幹線からの乗り継ぎ客がそれなりにいると思いますが、臨時列車だったのでガラガラ。

d0054855_1916339.jpg


新潟から2時間弱で、酒田駅に到着。
駅の観光案内所で地図をもらおうとしたら、観光自転車を勧められました。
ちなみに、無料です。

d0054855_19195093.jpg


まず見た建物は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2011-04-03 20:59 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(2)

茨城県南部の洋館巡り

昨日は相方と休みが合って、天気も良かったので、ドライブしてきました(相方の通勤車フィットですが・・・)。


まず向かったのは、茨城県牛久市にあるワイン醸造所である牛久シャトー。
2005.6の記事では一人で行ったように書いていますが、実は相方と初めてドライブに行ったのでした(笑)。

d0054855_11421643.jpg


レンガ造りの瀟洒な洋館は、明治36年に建てられたシャトー・カミヤの本館で、国の重要文化財に指定されています。
「CHATEAU D.KAMIYA」と刻まれたアーチをくぐると、さらにレンガの建物が並んでいます。

d0054855_11505236.jpg


左手にあるのが、レストランCANON(日差しの関係で反対側から撮っています)。
以前はワイン貯蔵庫だったレンガの建物を改装して、営業しています。

d0054855_11502251.jpg


こちらで、ちょっと遅めのランチをいただきました。

いただいたのは(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2011-02-27 21:01 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(5)

新潟市内観光

11月3日の単発祝日に続き、11月23日の単発祝日も新潟市内観光をしてきました。


本当は、パワステが故障している306を、都内のショップまで乗っていこうと考えていたのですが、祝日なのに預けているディーラーが休みなんて予想外の事態に、計画が狂いました。
それで、やむなく市内観光をしたのでした。


そんな前段はさておき、新潟駅から新潟市観光循環バスに乗って閑静な住宅街へ。
バスは、見ようによっては痛車に見えなくもない、犬夜叉号。
漫画家・高橋留美子が新潟出身であることから、車体に描かれているそうです。

d0054855_22193968.jpg


まずは、北方文化博物館新潟分館を見学。
今年3月にROY氏と見学した豪農の館(北方文化博物館)の分館で、同じ伊藤家の邸宅です。

d0054855_22215789.jpg


基本的には、日本庭園に和館という構成ですが、小ぶりでシンプルながら洋館も併設されていました。 ドイツ壁に付け柱風の装飾、細い桟の窓に軒蛇腹、よく見ると、それなりの要素は備えています。

d0054855_2226547.jpg
d0054855_22263534.jpg


展示物でなければ館内も撮影可でしたが、シンプルで装飾は少なめでした。

この日は、お屋敷カフェなるイベントが行なわれており、普段は見学だけのこのお屋敷で、お茶から豪華松花堂弁当まで、いただくことができました。
あいにくのお天気の中で庭園見物し、少し冷えたので、蕎麦寿司と白玉ぜんざいのセットをいただきました。

d0054855_22362274.jpg


お次の建物は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2010-11-23 21:27 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(7)

軽井沢の洋館探訪

またまた少し前の話になりますが、軽井沢に行ってきました。

先日のうどんドライブと同じく関越道を北上し、藤岡から上信越道に入って妙義松井田ICで降りて、旧松井田町の市街へ。
昭和13年に建てられた旧松井田警察署の建物で、現在は松井田商工会として使われている建物です。

d0054855_12585628.jpg


スクラッチタイル貼りで洋風なようでもあり、寺社建築のテイストを採り入れたような和風の雰囲気もありますが、建築様式が洋風に行き過ぎたことへの反省からか、昭和戦前にはこういった雰囲気の建物も多く建てられました。

d0054855_12591454.jpg
d0054855_12592991.jpg


ガラスが外れ掛かってますが、こういう灯具いいですねぇ。


妙義松井田ICで降りたのは、レンガのめがね橋を見るのも目的の一つ。
芸術的に積み上げられた大量のレンガは、深谷のホフマン窯で焼かれたそうです。

d0054855_12594630.jpg



いつもは目を三角にして、前を走る車に譲っていただきながら(苦笑)走る碓氷旧道ですが、今回は相方が横に乗っていることもあり、屋根を開けて、ときには道を譲りながらユルユルと走りました。

d0054855_130811.jpg


軽井沢では(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2010-09-12 23:44 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(6)

出張ついでに(広島編)

6月5~7日の3日間かけて北東北を周遊しましたが、その週の木曜金曜には、広島県に出張しました。


新潟駅6時発の上越新幹線で東京に向かい、東海道新幹線に乗り換えて西へ。
山陽新幹線の福山駅まで「のぞみ」号で向かい、さらに「こだま」号に乗り換えて三原駅へ。
「こだま」号は懐かしの100系新幹線でしたが、2階建て車両を組み込んだ16両編成だった全盛期とは対照的に、今は4両とか6両の寂しい編成でした。
100系新幹線の運用も、あと2年だそうで、一部を旧塗装に戻すそうです。
【追補】残念ながら、2012.3に全廃されました。

d0054855_2154937.jpg


午後から取引先で会議をして、夜は意見交換会。
さらにその後に、同僚と名物のたこ料理を食べました。
街をフラフラと歩いて見つけたお店が、お食事処 蔵でした。

d0054855_21592935.jpg


おつまみ程度にたこ料理が食べられれば良かったので、たこ料理ミニセットをオーダー。
塩辛系の珍味は、ビールが進みました。

d0054855_2234980.jpg


もちろん、メインはプリプリ新鮮なお刺身。

d0054855_2264992.jpg


茶碗蒸しなんかも出てきたようですが、いつものことながらビールを飲みすぎました(苦笑)。
古い携帯のカメラで撮ったので、ちょっと不鮮明です。

d0054855_2210313.jpg


翌日は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2010-06-11 23:53 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(7)

お花見がてらの洋館探訪

先週末は、関東では桜の盛り。
桜を愛でながら、洋館見物をしてきました。


土曜日3日は、北区の洋館見物。
前週のお花見tomoさんからお話を聞いた、旧醸造試験所の一般公開に同行させてもらいました。
この日は、tomoさん、ナカムラさん、izaさんの4人で、全員前週の花見メンバー(笑)。
場所は、王子駅から徒歩5分ほど。

現在は広島に本部がある独立行政法人・酒類総合研究所の一施設のようですが、明治37年に建てられたレンガ建築が残っています。
設計は、横浜赤レンガ倉庫と同じ妻木頼黄(つまきよりなか)。
普段でも道路や隣接する醸造試験所跡地公園から眺めることはできます。

d0054855_2334023.jpg


近くに寄ると、レンガを凹凸に積んだ軒の装飾やアーチ窓の要石など、凝ったところがあちこちに見られます。

d0054855_2371489.jpg


館内もレンガ積みで、アーチ天井など手が込んでいます。
この館内の様子は、一般公開のときだけしか見られません。

d0054855_2312158.jpg
d0054855_23124094.jpg


建物の横には大きな桜の木があって、お花見に最適そうですが、酒類総合研究所といいながら、お酒の振る舞いはもちろん、販売もありませんでした。
研究施設なので、売り物のお酒はないんですね(笑)。

d0054855_23161439.jpg


お次は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2010-04-04 22:44 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(7)

宇都宮の洋館探訪

宇都宮へは、先週ご紹介したSUMIKAプロジェクトの見学で行きましたが、せっかく行くのなら、と前々から見たいと思っていた洋館も見てきました。


まずは、バスで宇都宮大学・峰キャンパスへ。
宇都宮大学の前身である、宇都宮高等農林学校の講堂が今も残っています。

d0054855_22232866.jpg


大正13年に建てられた、横羽目板張りの木造建築です。
同時期に建てられ似た用途の建物なので当たり前なのかもしれませんが、長野県上田市の上田蚕糸専門学校や滋賀県彦根市の彦根高等商業学校の講堂などと、雰囲気が似ています。
特徴は大きく張り出した玄関ポーチで、1本でも比較的立派な支柱が、片側4本計8本で支えられていて、細かい装飾も施されています。

d0054855_2234556.jpg


装飾といって、目を引くのは正面上部の縦5連窓の上で、よく見るとフクロウのようなモチーフが浮き上がっていました。
学校のイメージキャラクターだったのか、正面出入口の上部ガラスにも同じモチーフがありました。

d0054855_22411966.jpg
d0054855_22414495.jpg


建物は宇都宮大学開校60年を記念してか、きれいに修復されたようです。
基本的に館内は公開されていないようですが、学生の作品展などのため、ときおり公開されることもあるようです。
この他に、大谷石が積まれた旧図書館という建物もありました。

お次の建物は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2010-02-28 22:00 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(3)

江戸東京たてもの園

今日は、江戸東京たてもの園に行ってきました。
以前も、建物仲間と行ったことはありましたが、新デジカメの試し撮りです。

こんなケースとストラップを買ったので、ようやく外に持ち歩くことができるようになりました。

d0054855_22213513.jpg


純正革ケースは、合皮っぽくてイマイチ好きになれなくて、ネットを徘徊していて見付けたのが、Aki-Asahi.com革ケースと革ストラップです。
ヌメ革を手染めしたもので、いい色が出ています。


江戸東京たてもの園は、両国にある江戸東京博物館の別館で、小金井市の小金井公園の一角にあります。
その小金井公園には、蒸気機関車C57と旧型客車スハフ32が展示されています。

d0054855_22321074.jpg



江戸東京たてもの園にも、昔の都電の電車が展示されています。

d0054855_22334758.jpg



江戸東京たてもの園というだけあって、江戸または東京にまつわる建物を移築展示しています。
もちろん私が好きな洋館もありますが、火災の延焼防止と装飾のために建物正面を銅板で覆った看板建築も何棟か移築されています。
菱模様や波模様など、銅板の貼り方に職人技を見ることができます。

d0054855_2236961.jpg


洋館だけでなく(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2010-02-14 23:10 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(13)
1ヶ月ほど前に三重県へ出張したのですが、月曜朝からの会議だったため、新潟からだと日曜前泊でなくては行けないということで、ちょっと早めに出発して、久々に明治村を見てきました。


ちょっと早めといいつつ、千葉の自宅を朝6時に出発して、7時過ぎの新幹線に乗り込む気合いの入れよう(苦笑)。
指定席は通路側しか取れませんでしたが、自由席で富士山側を確保。
いいお天気で、富士山がよく望めました。

d0054855_1235896.jpg


名古屋で降りてコインロッカーに荷物を入れ、名古屋鉄道に乗り換えて犬山へ。
名古屋鉄道に乗るのは、1年ちょっと前にパノラマカー乗り納め以来。
パノラマスーパー1000系の普通車でした。

d0054855_127919.jpg



犬山駅からバスで20分少々で明治村に到着。
明治村の正門は、名古屋にあった旧制第八高等学校にあったもので、明治42年築。
明治時代の学校や庁舎などの正門は、こういうレンガ造が多いですね。
入村料は1,600円、乗り物券付きで2,200円です。

d0054855_12141848.jpg


正門近くにあるのは、明治21年に建てられた旧三重県尋常師範学校。
学校らしく華美な装飾はありませんが、正面ポーチのアーチがいいですねぇ。
元は左右対称のE形構造だったようですが、中央部と右翼だけ移築されたそうです。

d0054855_12201612.jpg


お次の建物は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2009-10-18 19:27 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(11)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970