<   2005年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

新居訪問

d0054855_233466.jpg昨日は、友人の新居におじゃましてきました。

帰りがけに撮ったので暗いですが、昼間からおじゃましました。
下に写っているのは、友人・塚ちゃんのロードスターです。
このお宅のスゴイところは、縦列で4台駐められること。
この日は、Mini CooperSに乗るHF君夫妻と一緒におじゃましたのですが、ロードスター、スパシオ、Mini CooperS、Boxsterと敷地内に駐められちゃったんです。







友人・塚ちゃんは、大学の車サークルの同期生で、AE86、ランサーGSR、ランサーEvo.2(だっけ?)、ロードスターと乗り継いでいる車好きです。
家を選ぶ条件にも、車3台を駐められることがあったようですが、4台駐めたのは初めてだったとか。 私はいい歳して居候の身ですが、車が1台でも駐められる家を自分で持つことができるのだろうか・・・。

家の中の様子は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2005-10-30 23:21 | その他 | Trackback | Comments(5)
後編はゲルマン車と日本車を中心に紹介していきます。

d0054855_1571049.jpgd0054855_1575936.jpg









まずはBMW。 新型3erやM5なども展示されていましたが、日本初公開だったのがZ4 Coupe。 フロントデザインはZ4そのもので、個人的にはイマイチなのですが、リアのデザインはグッと来ました。 エッジは立っていますが、結構グラマラスです。

オペルはアストラ・カブリオレ(左下)を展示。 最近の流れに則り屋根は金属製ですが、リア内装から左右にピョコッと飛び出してくる可動機構がおもしろくて、10分ぐらい眺めていました。

d0054855_1583341.jpgd0054855_1591478.jpg









意外と良さそうだったのがSmart Roadster(右上)。 700ccの非力なエンジンで、お値段相応な車体の建て付けですが、着座位置はBoxster並みに低くてスポーツカーらしく、何よりフロントガラス上の開放感が最高!! 206ccなどの鉄屋根系オープンは、フロントガラスが頭上に覆い被さるほど伸びてきていますが、対照的です。 そういえば、4年前はSmart Cabrioletを絶賛したような。

d0054855_1594418.jpgd0054855_1595929.jpg









お次はFord Focus。 左はWRCカーのプレゼンテーションモデルで、リアゲートは結構寝ていますが、大きなリアウイングで全体的なラインを補っています。
また同じくFocusには、鉄屋根のオープン仕様も。 こちらは可動展示していなかったので、おもしろみは感じませんでしたが、デザイン的にはこちらの方が上かな。 でも、グリル周りのメッキや大径ホイールを見ると、市販までにはもう少し落ち着きそうです。

ポルシェは(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2005-10-27 23:07 | Boxster987 | Trackback(2) | Comments(19)
今日は休みを取って、東京モーターショーを見てきました。

お話は聞いていましたが、正直言って空いています(前回・前々回平日比)。
まずはラテン車から。

d0054855_2335596.jpgd0054855_2335344.jpg









FIATは新型プントのラリーカー、おそらくSuper1600のカテゴリーではないかと思われます。 ノーマル車でも結構シャープでしたが、ラリー車は精悍ですらあります。
あとは現行パンダのALESSI仕様。 外装・内装ともにポップです。 ホイールにもALESSIデザインがモチーフとしてあしらわれていました。

d0054855_23442916.jpgd0054855_23444780.jpg









同じくイタリアのAlfa Romeoは、156の後継159を展示。
全体的なフォルムやリアのデザインは156の流れを汲むものの、フロントのライト周りは3連ライトで睨みをきかせています。 後ろに張り付かれたら怖そう。
159のクーペバージョンともいうべきBreraは、かなり丸みを帯びたリアデザイン。 なかなかボリュームあるヒップです。

ラテン車の続き(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2005-10-26 22:43 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(5)
今日はお天気が良かったので、ひとっ走りしてきました。

土曜日は仕事の後に飲んで歌って帰ってきたので、例によってお昼頃までゴロゴロ。 前回の教訓(3時頃出発して肝心の道に着く頃には真っ暗)をもとに、午後2時過ぎに出発。
調布ICから中央高速に乗って今回は上野原ICまで、R20を少し走ると日本三奇橋の猿橋がありますが、ここから細い県道を少し走ると大月から来るR139に合流します。

R139は、富士急線に沿って大月から南に富士吉田へ抜ける比較的メジャーな国道ですが、大月から北に山を越えて奥多摩へ抜ける国道でもあります。こんなルートです。
その峠は松姫峠といって、かなりのクネクネ道です。 秋田転勤前によく走っていた頃は、ダム建設のため大型ダンプが細い道をユルユル走っていましたが、ダムが完成したようでダンプは見ませんでした。

途中で警察官が出てきて、こんなところでネズミ取りか?、と一瞬青ざめましたが、どうやら違う様子。 テレビカメラもいたりして、殺人事件だったようです。 こわっ。 

d0054855_2127825.jpg


写真は、峠を登り切って、小菅村の方へ少し下ったあたりです。 山また山。 川はかなり深いところを流れています。
山道を下り切ると小菅村役場で、そこから県道で丹波山村の方へ向かいます。 道はセンターラインがありましたが、すごい斜度でした。

柳沢峠の眺めは(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2005-10-23 22:16 | Boxster987 | Trackback | Comments(15)
今週末22日から、東京モーターショーが始まります。

フレンチ・ブルー・ミーティングのように説明するまでもありませんが、2年に1度、千葉県千葉市の幕張メッセで開催されます。
10月19日(水)と20日(木)はプレスデー、21日(金)は招待日になっていて、一般客には10月22日(土)から11月6日(日)までの16日間公開されます。 期間は、世界的なモーターショー(デトロイト、パリ、フランクフルト、東京?)で一番長いとか。

私は毎回平日に休んで見に行っていますが、土日祝日はスゴイ混雑とか。 前回は、友人のおかげで招待日に行けたのですが、今年は一般公開日に行くことになります。

前回はプジョーのオーナー特典(車のキーを提示:今回も同様)で、ラウンジでお茶をいただいて、大判の冊子をもらったりしたのですが、ポルシェでもラウンジのサービスがあるようです。
ポルシェの場合は、DMでオーナー(?)に招待状が配布され、それに営業担当の記入を受けて持参すると、入れてもらえるようです。
というわけで、今日は仕事を5時半頃に切り上げて、PC世田谷に行ってきました。

6時を少し回っていたのでひっそりしていますが、MY06のBoxsterが2台展示されていました。 もちろん911も展示されていますが、この前見たカレラGTは売れたそうです。

d0054855_224786.jpgd0054855_224216.jpg









ラウンジパスはこんな感じですが、混んでいると入れないこともあると書いてあります。 ケイマンSの展示会のように、スゴイ混雑ぶりなのかも知れませんねぇ。
あとは当然のことながら、「東京モーターショーの入場券は別途お求めください。」とのことです。

さっそくahiohさんが、プレスデーにラウンジに上がられたそうですが、いい眺めのようです。 途中で休憩できるラウンジがあるってイイですよねぇ。 楽しみです。
ただし、ケイマンSはお立ち台の上に置いてあって、近づけないとか。この前、座っといて良かった。

学生の頃は、展示車に座ってみたりパンフレットを集めたり、朝から夕方までがんばったりしましたが、このところは車に対する情熱が少なくなっているようで、お昼過ぎから3〜4時間だけ個人的に見たいものをサッと見る感じでしょうね。
今のところ、どうしても見たい!って車はないんですが、敢えて言えばシトロエンC6ぐらいかな。

東京モーターショーのHPはこちらです。
[PR]
by okuruma1970 | 2005-10-20 22:39 | Boxster987 | Trackback(1) | Comments(10)

先日予告したフレンチブルーミーティングに行ってきました。

日本最大のフランス車のイベントで、毎年10月に長野県の車山高原で開催されています。
今年で19回目だそうです。
予告のように合成する根気がないので、それっぽいメイングラウンドの全景です。

d0054855_22173998.jpgd0054855_22181016.jpgd0054855_22182559.jpg









家を未明の3時半に出て、調布から一宮御坂まで中央高速で走り、あとはR20でひたすら西進。 会場には朝7時頃到着。

ミニカー漁りの成果は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2005-10-16 23:09 | 306Cabriolet | Trackback(1) | Comments(17)

ケイマンS 展示会

ケイマンSを見てきました。

招待状の封筒を渡してしまったので、何というタイトルだったか憶えていませんが、おそらく東京モーターショーのために運んできた新モデルの展示会だったようです。
もちろん主役はケイマンS。

d0054855_22301858.jpg


ブルーメタリックのボディーペイントは目新しかったですが、前から見た感じでは、一目でポルシェとわかるものの、想像したような新鮮みはありませんでした。
座ってみても、Boxsterの天井と同じような布張りなので、大きな違いは感じませんでした。 メーター中央回転計上の覆いの突起は、気付きすらせず。

後ろに回ると(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2005-10-13 23:32 | Boxster987 | Trackback | Comments(17)

306ようやく復活

306Cabrioletが、ようやく復活しました。

Boxsterの納車以来、2回だけ駐車場内で移動させた以外、全く乗っていなくて、案の定バッテリーが上がってしまいました。
窓が開いたまま逝ってしまったので、台風はビニールで塞いでしのぎました。
何でそんなに放っておいたかという一番の理由は、Boxsterの慣らし(2回目は終わってないけど)を早く終わらせようとしていたのですが、もうひとつの理由は自動車保険でした。
以上が、Boxster納車から140日あまり放っておいた理由のおさらいです。

というわけで、Boxsterの再慣らしが終わるのはまだ先になりそうなので、まずはもうひとつの理由であった自動車保険を片付けました。
306は、GSTという関東でラテン車のディーラーをしている会社で(並行輸入してもらって)買って、今はそのプジョーのディーラーでメンテしてもらっています。
そのディーラーに頼んで、「型式:不明」の料率設定をしてもらい、自動車保険を掛けることができました。 8月末にディーラーに行ってからズルズルと延びて、9月下旬に契約。
35歳の誕生日目前だったので、誕生日から35歳以上限定で掛けました。

あとはバッテリー上がりの手当てですが、充電してみようとmanakaさんに充電器をお借りしたのですが、実質4ヶ月以上放っておいたため放電し切ってしまい、充電器の電気容量を超える電流が流れたようで、トリップスイッチが飛んで、充電できませんでした。

バッテリーは1年半しか経っていなかったので、まだ使えるはずだと思い、やってみました。

d0054855_1284499.jpg


ルノー5を手に入れたときに買っておいたブースターケーブル(13年もの)で、Boxsterとつないで掛けてみました。 ルノー5で使わなくて、306で使うとは。
Boxsterのバッテリーの場所を探すのにちょっと手間取りましたが、ひとまずは掛かりました(ちなみにカバーの閉め方が良くわからなくて、まだ開いたまま)。

ブースターケーブルを外して、10分ほどエンジン掛けたままでもバッテリー警告灯は点いていないようだったので、ドライブ開始。 エンストしたら終わりだと、発進時は慎重に。
Boxsterに慣れてしまうと、306の操作感や反応が鈍く感じてしまいます。
充電するべく、普段より高めの3,000rpmぐらいで巡航。
環7を南に南に進むと、お台場まで行くんですねぇ。

40km・1時間半ほどドライブして、オイル交換をしに、イエローハット目黒青葉台店(既に閉店)へ。
地下駐車場で一旦エンジンを切り、試しに一度セル起動。
プルンッ、ってBoxsterからすると音が出てないような小さな音で掛かりました。
おそらく充電も完了(根拠なし、希望的観測)。

d0054855_1474394.jpg地下が駐車場、2階が店舗で、1階がピットと喫茶店なんですが、オイル交換を頼むと、喫茶店のドリンク無料券くれるんですねぇ。
しばらく前に306のETC取付けの割引のためにカードを作って、オイル交換がタダだからって初めて行ったんですが、このサービスには感心。 仮にオイルが他店より100円高かったとしても、得した気分になりますよね。
(目の前には、オレンジ色!の996)

オイル交換後も、特に問題なくエンジン始動。





というわけで、来週末のフレンチ・ブルー・ミーティングに向けて、306Cabrioletは約140日ぶりに復活したのでした。 今度の土曜日は洗車しなくちゃ。
[PR]
by okuruma1970 | 2005-10-11 02:05 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(2)
フレンチ・ブルー・ミーティング(FBM)が、来週の土日15・16日に開催されます。

って、正直言うと、もう1週間先の22・23日の土日だとばかり思っていました。
そういえば去年も10月中旬で、国外逃亡していて行けなかった気が・・・。

さて、ご存じない方も多いと思いますので、フレンチ・ブルー・ミーティングについて書いておきますと、メーカーや車種を越えてフランス車という括りで集まる、大規模なオーナーズ・ミーティングでして、毎年10月に長野県の車山高原(白樺湖の近く)で開催されます。
いちおう土日2日間のイベントですが、予約なしの日帰り参加もできます(私はそれしかしたことがない)。

d0054855_22143050.jpg


日曜日のメイングラウンドの雰囲気はこんな感じで、各車のオーナーズ・クラブがまとまって駐まっていたり、日本に数台しかないような旧車・珍車を目にすることもできます。
また、ワインやバゲット・サンドイッチ、ケーキなどを販売するお店や、車のパーツやミニカー(私の主目的!)を販売するお店が出店します。 4年前の様子

始まってから、もう20回(年)を越えるのかなぁ。 私が最初に行ったのは、ルノー5を買って最初の年の1992年で、そのとき既に7回目ぐらいだったような気がします。
以来10回ぐらいは足を運んでいます(3回行っていないという方が正しいかも)。
当時は300台ぐらいで、ほとんどの車がメイン・グラウンドには入れたのですが、今では2,000台オーバーらしく、大会事務局を通して宿泊予約した人にしか、グラウンド・パスは販売されないとか。

詳しくは公式HPをご覧ください。


そんなわけで、来週までに306を復活させねば。
ということで、深夜お仕事帰りのmanakaさんにお願いして、充電器をお借りしたのですが、放電し切っているらしく、充電できないんですよ。
(manakaさん、お疲れのところありがとうございました)
明日JAF呼んでジャンプコードしてもらうかなぁ(Boxsterからだと届かなそう)。
それでしばらく走ってダメなら、バッテリー買うしかないですねぇ。
[PR]
by okuruma1970 | 2005-10-09 22:53 | 306Cabriolet | Trackback(3) | Comments(13)

秋田日帰り出張

今日は、日帰りで秋田に行ってきました(gosyurinさん風に)。

d0054855_037722.jpg


秋田新幹線「こまち」ができたおかげ(せい?)で、日帰りでも5〜6時間滞在できます。
写真は往きに乗った、量産車とはちょっと違う、こまちの第1編成。
朝8時半頃東京駅を出て約4時間、12時半頃に秋田に着きます。
秋田駅近くで稲庭うどんを食べて、目的地へ。(同行者がいたので、うどんの写真撮れず)

同行の案内者の勘違いで、目的の調査物があるところとは違うところに寄り道したりしつつ、2時半から1時間ほど調査。 もったいないのですが、仕事はこれだけ。
でも実際の調査箇所は、3年半前までの私の元職場だったので、元上司に元同僚、すれ違う人すれ違う人に挨拶でした。(2000年3月〜2002年2月の2年間は秋田勤務だった)

事前に元職場に行けるのがわかっていれば、連絡しておいて泊まって飲んだりもできたのですが、もったいないことをしました。
「白髪増えたな」とか「嫁もらったか?」とも言われましたが、何人かに「顔が丸くなった」と言われてしまいました。 いかんなぁ。 秋田弁のヒアリングは、今でもOK。
既に東京に転勤していた後輩も、偶然出張で来ていて、久々の再会。 肝心な調査仕事より、挨拶の方がメインだったような・・・。

秋田のお土産は、稲庭うどんと金萬といなふく米菓のやわらかしょうゆ餅
帰りは夕方6時に秋田を出て、10時頃東京着。
秋田にいたときは月一以上のペースで往復(金土日の2泊3日)していたのですが、日帰りで往復8時間の電車移動は、さすがにツライですねぇ(訪欧14時間よりはマシか)。

以前は自由席が2両あって、禁煙自由席の16号車によく乗っていたのですが、今は全車指定席。 予約できる席数は増えたものの、偶然会った後輩と話しながら帰る、みたいなことができないのは不便ですねぇ。
[PR]
by okuruma1970 | 2005-10-07 23:48 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(8)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970