幌馬車2台の道楽日記

okuruma.exblog.jp

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも

ブログトップ

<   2005年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

米沢・仙台酔いどれ紀行

年末の29日30日で、山形県米沢市と宮城県仙台市に行ってきました。

メンバーは、先月も長野に行った建物仲間4人+3人。
建物仲間というよりは、ただの飲んべえかも知れませんが・・・。

d0054855_994417.jpg


朝9時の山形新幹線つばさ号に乗って、一路米沢へ。
今回は往きの新幹線から、牛タンスモークをつまみにビールを2本。
福島からミニ新幹線区間に入り板谷峠を登って行くと、雪がどんどん深くなってきました。
米沢駅に着き、2階の観光物産品売り場で試食をしながら、乗り継ぎ電車を待つこと30分ほど。

豪雪の山形では(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2005-12-31 12:07 | 国内旅行記 | Trackback(1) | Comments(37)

雪の関ヶ原越え

23日24日で、滋賀県に行ってきました。

23日昼頃の新幹線のぞみ号に乗って京都へ。
品川駅から初めて乗りましたが、名古屋・大阪方面のホームは1本だけなので、何番線かなぁと迷うことがなくて、いいかも。 ただ改札階からホームへ降りていくというのが、新幹線では違和感がありました。
久々に駅弁(深川ごはん)を買って、乗り込みました。 混んでいて、B席(3人席の真ん中)でした。

d0054855_20255260.jpgd0054855_20262595.jpg









名古屋の手前あたりから一面の雪となり、徐行運転をしていました。 関ヶ原付近ではスゴイ積雪でノロノロ、冬場の秋田新幹線(在来線区間)かと思うほどでした。
並走する名神高速は通行止めなのか、トラックは数珠繋ぎで止まったままでした。
京都には1時間十数分遅れで到着。 でも京都市や滋賀県南西部はほとんど雪なし。

あちらでは(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2005-12-25 22:00 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(10)

ボーナスで・・・

ぺーぺーながらサラリーマンなので、ボーナスが出ました。

ひとまず買ったのは・・・ミニカー。

d0054855_0133791.jpgしょぼっ。

こちらはシトロエンC1C6のミニカーで、フランスのノレブ製。
3インチとかミニジェットとかいいますが、いわゆるトミカと同じぐらいの大きさです。
C6は最近出たミニカーのようです。

さらに(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2005-12-20 23:45 | ミニカー | Trackback | Comments(15)

4日目 帰路

4日目は、午前便で帰途につきます。

午前9時発の飛行機ということで、2時間前の7時頃に空港に着くべく、6時半の集合。
朝食として、パンとバナナとミネラルウォーターがバスで配られました。
集合時間に遅れた人がいたのと、道も多少混んでいたため、7時20分ごろ空港到着。

団体窓口とやらで荷物を預ける人のタグを発行していましたが、36人の半数としても18人だからか、かなり手間取っていました。
航空会社の搭乗手続きは、最終案内間際の8時すぎ。 さらに出国カードの説明やら受けて、出国手続きの列に並び始めたのは出発30分前の8時半。
長蛇の列が遅々として進まない出国手続きの列中程で、搭乗の最終案内が流れました。

前年に同じ中国東方航空で上海に行った人が、添乗員が置いてきぼりにされた、と話していたのでイヤな予感が・・・。

機内持ち込み荷物の検査を受けた時点で9時15分、既に15分過ぎてました。
この期に及んで土産を買おうとする上司の尻を叩いて搭乗口へ向かわせ、別の列で後から出国審査を受けた同僚を待っていたものの、来ない・・・。

乗れたのか?(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2005-12-14 23:42 |  中国・台湾 | Trackback | Comments(5)
3日目の最後は夜の街歩き。
蘇州に行っていた比較的若い同僚1人と合流して出掛けました(男2人ですが・・・)。

上海には高層ビルが何棟も建っていて、いくつかでは展望台から夜景を楽しめます。
建物として最も高いのは東方明珠塔というテレビ塔で高さ468mですが、展望台は一番高いところで350mです(ちなみに東京タワーは高さ333mで、特別展望台は250m)。
次に高いのが金茂大厦というオフィスビルで、88階建てで高さ420m。 上層階にはグランドハイアットホテル上海が入っているようですが、その最上階は展望台になっています。

そのうちの、外灘地区のライトアップを間近に望める東方明珠塔を登ることにしました。

d0054855_1026544.jpg
近未来上海って感じですねぇ。

展望台は3段階あって
 A.上球・・・350m
 B.中球・・・263m
 C.下球・・・90m
これに塔内併設の
 D.上海都市歴史発展陳列館
という4施設の組合せで料金設定がいろいろあります。

 A+B+C+D=100元(約1,500円)
 A+B+D  =85元(約1,300円)
 B+D    =70元(約1,050円)
 B      =50元(約750円)
 C      =35元(約500円)



外灘地区を見下ろすなら高い展望台は必要ないと思ったので、中球と呼ばれる263mの一般展望台に登りました(それでも東京タワーの特別展望台より高い!)。
しかし切符売り場には、BだけとCだけの表示がない。
聞くと、切符売り場は2カ所あって、No.1は外国人用なのか上海都市歴史発展陳列館を抱き合わせたチケットしかなく、No.2の切符売り場でBのみ50元のチケットを買うことができました。

中球からの眺めは(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2005-12-09 10:00 |  中国・台湾 | Trackback(1) | Comments(11)
お次は市内交通など。

上海市内の鉄道として、地下鉄2路線と高架鉄道1路線が走っています。 路線図はこちらの通りですが、おおまかには地下鉄1号線が南北に地下鉄2号線が東西に伸びています。

d0054855_23475312.jpgd0054855_23481272.jpg










左上が地下鉄1号線の新型車両、右上が地下鉄2号線の車両、左下は軌道交通3号線の車両です。 いずれもアルストムやボンバルディアなど、欧米の車両メーカー製のようです。
なお3号線は、軌道交通といっても路面電車ではなくて、25m車が全線高架区間を快走しています。

d0054855_2349996.jpgd0054855_23492629.jpg










切符は全てICカードタイプで、右上写真の上が1回券、下がストアード・フェア・カード(SuicaやIcocaのようなチャージ可能なカード)です。
1回券は改札を入るときはタッチでOKですが、出るときは普通の切符のように差込口に投入して回収されます(使い回すはずです)。 原価いくらのカードなのか分かりませんが、とある駅の初乗り3元(約45円)で購入。
ストアード・フェア・カードは、地下鉄や軌道交通のみならず、バスや渡船でも使えるようです。 デポジットは30元(約450円)で、10元単位でチャージできます。 Suicaは500円、ロンドンのOysterCardは£3.00(約600円)とほぼ共通なので、国内貨幣価値とは無関係なのかもしれません。

昼食は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2005-12-07 01:53 |  中国・台湾 | Trackback | Comments(2)
3日目は、街歩き。

他の4人は旗振り観光が好きなのか郊外の蘇州に行ったのですが、2日目の旗振り観光ではどうにも物足りなくて、一人で市内散策に出ました(いちおう社員旅行なのですが・・・)。
まずは歴史的建造物が建ち並ぶ外灘地区へ。西岸なので、午前中が写真撮影に最適です。

d0054855_22253886.jpg


これは1923年に建てられた、浦東発展銀行(旧香港上海銀行上海支店)の建物です。
こんな感じの建物が、黄浦江の西岸にズラッと。

d0054855_22302396.jpg
d0054855_22305595.jpg


左上は時計塔を持った上海海関(旧江海関)で1925年の建築、右上は和平飯店(旧サッスーン・ハウス)で1929年の建築。 海関のように役所もありますが、銀行や飯店(ホテル)、ブランドショップやレストランなどに使われています。
外灘の建物群はこちらで詳しく解説されています。

街中には(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2005-12-05 23:29 |  中国・台湾 | Trackback | Comments(7)
ツアーに付いてきたガイド付き市内観光の続きです。

古き良き中国らしい上海の観光地といえば、豫園です。
しかし周辺は俗っぽい土産物店街で、ホントに日本と変わりません。 バスから降りると、「ロレックスロレックス、千円千円」「ルイビトンルイビトン、千円千円」と言って、インチキ品を売りつけてくるし・・・。

d0054855_2337565.jpgd0054855_23171274.jpgd0054855_23173733.jpg










しかし門をくぐって園内に入ると、さすがに落ち着いた雰囲気。 ギザギザ階段状の橋がかかる有名な大きな池は土産物店街の一部ですが、園内にも小さな池があちこちに。

d0054855_2318464.jpg


一官僚が創建した庭園らしいですが、いやぁ豪華でした。
豫園については、この方のブログの写真がキレイです。

夕食は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2005-12-01 00:01 |  中国・台湾 | Trackback | Comments(4)