幌馬車2台の道楽日記

okuruma.exblog.jp

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも

ブログトップ

<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

306クーラー故障

お盆休みの遠出で、クーラーが効かないと書きました。
実は7月下旬からその兆候があったのですが、お盆前にディーラーに診てもらいました。

閉店間際に行ったので、その日は預けて後日診てもらうつもりだったのに、テキパキと点検してくれました。 クーラーの配管に何やら接続していました。

d0054855_946981.jpg


詳しくはよくわかりませんが、クーラーガスの圧力を見る機械のようでした。

d0054855_9494313.jpg


その見立てによると、
 ・クーラーガスは適正量が残っており、抜けているわけではない。
 ・コンプレッサーが正常動作していないため、適正圧力が出ていないと考えられる。
ということから、コンプレッサーの交換が必要ということでした。

コンプレッサー本体と交換工賃で、約15万円という概算見積もりでした(涙)。
しかも、アルミ製の接続配管は部品が在庫・製造予定がなく、コンプレッサー脱着の際に万一配管が割れてしまったら、修理不能という話でした。
また、お盆前ということで、部品手配しても、お盆までには直せないということでした。

12年も乗ってりゃガスも抜けるよな、ガス補充なら知れてるだろう、という目論みに対して、15万円という費用にクラクラしながら、即断する度胸もなく、ひとまず帰りました。


帰ってからゆっくり考えてみましたが、ディーラーらしい見解ということに気付きました。
コンプレッサーは、ちょっと古い車の修理ではよく聞く”リビルド品”を使えば安く直せるだろうし、クーラー配管も腕のあるクーラー屋さんなら曲げて作れるだろう、と。

いずれにしろお盆中は直らないので、暑い中、屋根全開や窓全開を基本に、雨が降ったら送風全開で、千数百キロを走りました。
暑かったぁ・・・。


ディーラーではない、いわゆるショップを探して、行ってみました。
行ったのは、足立区にあるオートプロです。
ディーラーと同じく、夕方の閉店間際に伺いましたが、症状とディーラーでの見立てを伝えると、その場でテキパキと点検してくれました。

オートプロでの見立てによると、
 ・コンプレッサーは正常に機能している。
 ・クーラーガスの圧力が低くなっている。
 ・余っていたガスを補充したら、冷風が出てきた。
ということで、ガス漏れの点検をしつつ、一度全てのガスを抜いて再度充填する、ということでした。

概算見積もりは、2万円少々。
リビルド・コンプレッサーでも10万円はするかなぁと思っていましたが、一安心。
とともに、どことは書きませんが、ディーラーは何を診ていたのかと、疑念が・・・。

帰りは306で駅まで送ってもらいましたが、確かに冷風が出ていました。


先週末、修理が終わったというので、引き取ってきました。
修理費は22,000円ほど。
 ・ガス漏れ点検と真空引きガスチャージの工賃(約14,000円)
 ・クーラーガスとコンプレッサーオイル、漏れ点検用蛍光材の材料費(7,000円)
 ・消費税(約1,000円)
ディーラー見立ての1/6で済みました。

クーラーが効いているところは表現できませんが、クーラースイッチのあるパネルを。

d0054855_10314048.jpg


一応、木目調パネルです。
やっぱり、クーラーが効くっていいですねぇ。


ついでにやってもらったのが、リアスクリーンの洗浄というか磨き。
306Cabrioletのリアスクリーンは、初期986のようにアクリル製で、乗っているうちに傷が付いていって、徐々に見えなくなってしまうのですが、スクリーンの状態にもよりますが、キレイになるというので、お願いしてみました。

結果は、スクリーンの状態があまり良くなく、よく見えるまでは行きませんでしたが、昼間は背景か車か区別も付かなかったのが、車のナンバープレートは読めないものの、車種の判別ぐらいは付くようになりました。
(赤い車は、ステージア)

d0054855_10404525.jpg


これで6,000円+税でした。
ディーラーではやっていないという、スクリーンの張り替えでも4万円ぐらいとか。


おまけも含めて3万円弱で済み、良かった良かったでした。
7・8年前にショック交換とタイミングベルト交換をした以外は、オイルとタイヤ、バッテリー交換ぐらいしかしていないので、12年経った今、少し手を入れないとダメかなぁ。

次に猛烈に欲しい車はないので、まだしばらくは306にがんばってもらおうと思っています。
(明朝9/6、久々に箱根に行こうかなぁ)
[PR]
by okuruma1970 | 2009-08-29 19:33 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(11)

にいつ夏まつり2009

今年も、新潟でお祭りを見てきました。
去年は職場の上司達と、お祭り通り沿いの飲み屋で飲みながらの見物でしたが、今年は後輩と缶ビール片手の祭り見物でした。

d0054855_19145363.jpg


交差点で、山車(まつり屋台)をグルグル。
秋田のお祭りでも交差点で山車を回していましたが、ここまでグルグル回すのは初めて見ました。



縁日では、今年も名物「ぽっぽ焼き」があちこちで売られていました。

d0054855_19194245.jpg


本当は、こんな浴衣姿の女性と一緒に見られるといいのですが・・・。
(見ず知らずのおねいさんを、後ろから撮ってしまいました)

d0054855_19223139.jpg


クライマックスは、山車(まつり屋台)同士の押し合いへし合い。
何トンもの山車を、何十人かで押して、勝つか負けるか。




お祭りっていいですねぇ。
まぁ、お店で飲みながら見るのも、缶ビール片手に見るのも悪くないですが、お囃子を聴いていると、体の中で熱くなるものを感じてしまい、やっぱりお祭りには参加したいものです。
[PR]
by okuruma1970 | 2009-08-18 22:03 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(2)
お盆休みの洋館巡り2日目は、滋賀県の東近江市へ。
東近江市は、平成の大合併で最終的に1市6町が合併して生まれた自治体ですが、今回見たのはその中で唯一の市であった旧・八日市(ようかいち)市の市街地です。

まず見たのが、近江鉄道の新八日市駅舎。
大正2年に湖南鉄道の八日市口駅兼本社として建てられ、その後、新八日市駅と名前を変えたり合併を繰り返して、現在に至っています。
確かに八日市口というだけあって、市中心街からは少し離れていますが、旧本社屋も兼ねていただけあって立派な建物です。

d0054855_9321717.jpg


黄緑というか萌黄色に塗られた下見板張りの2階建てで、2階は上げ下げ窓多く明るそうですが、駅員はおらず(朝だけはいるようです)、立派な庇に反してかなり痛みが進んでいるようです。

駅舎をバックに、306の写真もパチリ。 窓も降ろしておけば良かった・・・。

d0054855_9381961.jpg



次いで、市中心街に向かっていくと、右手に旧湖東信用金庫本店があります。
大正9年に県農工銀行八日市支店として建てられた建物で、一見すると鉄筋コンクリート造りに見えますが、実はレンガ積みの建物にモルタルを塗って、そのように見せています。

d0054855_9444548.jpg


後の改装で飾り気のないモルタルの外壁になったそうですが、実は、外壁は当初タイル貼りだったとか。 屋根上に飾りのように緑青銅板が貼られているのが、いいアクセントになっています。
店内は2階建てですが、当初は銀行の定番である吹き抜けだったところに、後から床を張ったようです。

d0054855_9563835.jpg銀行としては数年前に閉店し、数十メートル離れた新店舗に移転していますが、背後の増築部だけを解体撤去する工事をしていたので、何かに活用されるのかも知れません。
今(2009年8月)なら、建物背面にレンガの構造体が確認できます。





この銀行の向かいから本町商店街のアーケードを進んでいくと、左手に瀟洒な住宅が現れます。
昭和9年築のヴォーリズ建築という、旧住井歯科医院です。

d0054855_10101011.jpg


真っ白でなく暖かみのある外壁の建物といい、レンガを組み込んだ塀といい、いかにもヴォーリズですが、現在は個人住宅として使われています。

滋賀レトロによると、この他にも井田歯科医院という旧八日市郵便局があったそうですが、建て替え工事中でしたので、残念ながら解体されてしまったと思われます。

名神の渋滞を横目に(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2009-08-14 23:11 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(10)
今の職場は、盆暮れに暦通り+αの休みがある(代わりに土曜出勤もありますが)のですが、今年は高速料金1,000円に合わせてか、8月13日から4連休でした。
幸か不幸か相方は13~15日は仕事だったので、一人でプラッと遠出してきました。


新潟を朝5時半に出て、北陸道を西へ西へ。
約2時間で着いたのが、糸魚川。
大正元年に建てられた、糸魚川駅構内にあるレンガの機関庫です。

d0054855_20544346.jpg


アーチの開口部にアーチ窓、屋根上には換気口がある、立派な建物です。
しかし、この機関庫は、5年後の開業を目指している北陸新幹線の建設のため、解体されてしまうようです。
高架橋が駅のそばに迫っていて、その日が近いことを物語っていました。
保存・活用研究会によって、8月29日(土)に最後の一般公開が行われるようです。

入場券を買って糸魚川駅のホームから見たのですが、珍しい電車を見かけました。
国鉄末期に寝台特急電車583系を改造した、普通列車用の419系です。

d0054855_21325350.jpg


北陸線用の419系には乗ったことはありませんが、ほぼ同じ構造で東北線用の715系に乗ったときは、特急用だっただけあって座席はゆったり、しかも寝台用だったので天井が高くて、結構いいなぁと思った覚えがあります。
件の北陸新幹線が開業するまで生き残るのか・・・。


糸魚川からは国道8号線で親不知を越えて、富山市へ。
富山といえば、ますの寿司。
十数年前に友人K君に勧められ、以来何度か買いに来ている高芳です。

d0054855_21443337.jpg


よく締まった鱒の身と、寿司飯が良く合っています。
食べやすいように切れ目を入れると、笹のいい香りもします。

再び高速に乗って(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2009-08-13 20:37 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(9)

新潟の地のもの

先週、お盆休みで帰省していた新潟の方と飲む機会がありました(私は出勤日)。
長く新潟に住んでいらしたので、美味しいお店をよく知っているようで、連れて行ってもらいました。


寿し処 ゆうという、カウンター5席とテーブル8席という、こぢんまりしたお店でした。
住宅街で看板も控えめに、隠れ家系です。

d0054855_9385013.jpg


まずはビールということで、アサヒの「熟撰」が出てきました。
今は「熟撰」が一番好きなので、まずはお店のポイントアップ。
(でも最近アサヒは「Master」を売り出しているらしく、「熟撰」が見付からない・・・)

d0054855_9453854.jpg


本当はちゃんとしたお通しが出たのですが、食い気に負けて撮り損ないましたが、連れて行ってくれた方が私の好みを憶えていてくれて、準備してもらっていた冷やしトマト!
(冷やしトマトと魚のすり身揚げがあれば、ビール何杯でも・・・)

以前も、庭で採れたという完熟トマトをいただいたこともありましたが、青いうちに採って流通経路で熟していって赤くなるのと、完熟して採るのとでは、味が全然違うんですよねぇ。


次いで、岩牡蠣。 実は初めて食べました。
ツルンというかプルンという第一印象に、大きいのに濃厚で詰まった身。
殻が15cm、身が12cmぐらい?
茨城の那珂湊で見たことがありましたが、売れていたのがよくわかりました。

d0054855_957534.jpg


普通の牡蠣は「R」の付く月(September:9月〜April:4月)が美味しいと言われるようですが、岩牡蠣は海中に湧く山からの冷たい伏流水で育つため、反対に夏場(6〜8月)が旬なようです。
この岩牡蠣は、新潟県北部の笹川流れ付近で採られたもののようです。


それから、お造り。
ボタン海老に甘海老、マグロにホタテ、鯖にイカ、どれもプリプリでした。
脂ののった冬場の魚も美味しいんだろうなぁ。

d0054855_10121347.jpg


肴は次々に(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2009-08-10 22:28 | 酔いどれ記 | Trackback | Comments(4)

じか重

先週末は、土曜日は花火観覧、翌日曜日は佐原に行きました。
7月31日が今年2回目の丑の日だったようですが、2日遅れた鰻を食べるためです。


行ったのは、ken-987さん他の方々がご参加の「うなツー」でおなじみの「うなぎ山田」です。

d0054855_20364165.jpg


ノンビリ1時に家を出て、着いたのは2時でしたが、それでも8人並んでいました。
2階のお座敷に案内される人もいて、意外と早く席に着けて、お目当ての鰻は意外と早く供されました。
「じか重」です。

d0054855_2041943.jpg


約1年前は「うな重」をいただきましたが、こちらの「うな重」は蒲焼とご飯が別々に供され、「じか重」がいわゆるうな重にあたります。
やっぱりよくタレが染みたご飯が、鰻の醍醐味の一つですからね。
身はふんわり、皮も柔らかく、さすが美味しかったです。

あっさりな肝吸いに沈む肝は、堂々たるもの。
摘出された鰻の大きさがうかがい知れます。

d0054855_2045133.jpg


もっとちょくちょく食べに来たいような、年1回ぐらいの方が有り難味があるのか、悩ましいです。


食後に腹ごなしにお散歩。
有名そうな建物は以前見たので、ちょっと古めかしい普通のお店を。

d0054855_20515164.jpg


見てるところが、1週間後に行かれたユリコさんと似てます(笑)。

d0054855_20523989.jpg



うなツーの皆さんは、ポルシェにスーパー・アルファにアウディ等々の高級車で行かれますが、我が家は相方の初代フィット(苦笑)。
写真は初登場かもしれません。

d0054855_20571088.jpg


エンジンは非力で、MTに慣れた身にはオートマもタルいですが、クネった道では粘る足は意外といいので、壊れず長持ちしてもらいたいものです。
本音は、4ドアのオートマ車があるうちは、道楽車を維持できるからですが・・・(笑)。
[PR]
by okuruma1970 | 2009-08-02 20:21 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(7)

花火観覧

先週末は各地で花火大会が行われていたようですが、我が家では千葉市民花火大会に行ってきました。


会場は、京葉線の千葉みなと駅から歩いていく千葉ポートパークです。
スペースが確保された観覧券を相方が毎年もらってくるので、4年前から見に行っています(もちろん、観覧券なしで見ることもできます)。

d0054855_11533736.jpg


皆さんのブログで拝見するデジイチで撮られている花火のお写真とでは、3年前に買ったコンデジで撮った写真では、比べるべくもありません。
実のところ、腕の違いなのですが・・・(苦笑)。

d0054855_11543662.jpg


頂点で開花するタイミングと合わせるのが難しいですねぇ。



花見をしても花より団子よりお酒、花火も同じ花なので、結局は飲んで食べる方がメインです。 こちらの写真の方が、私らしいですね。
見慣れないロイヤルブリューというアサヒのビールを買ってみましたが、イオングループだけで売っているようです。

d0054855_1204884.jpg


おつまみは、途中に寄ったスーパーで買い込んできた、焼鳥と生春巻き、サラダと巻き寿司です。

d0054855_122412.jpg


せっかくの花火大会なので、また空を見上げると、なかなか見事なものです。

d0054855_1295947.jpg


もう一つのデジカメ(もう8年選手ですが・・・)だと、シャッタースピード優先モードがあるので、来年はそっちで挑戦してみようかなぁ。
最後に撮ったこの写真が、一番タイミングが合ったように思いますが、いかがでしょうか。

d0054855_12131665.jpg


毎年電車で行くのですが、帰りは駅に入るのに長い行列ができて大変でした。

この日の昼は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2009-08-01 21:26 | 酔いどれ記 | Trackback | Comments(7)