幌馬車2台の道楽日記

okuruma.exblog.jp

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも

ブログトップ

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

北海道旅行(番外編)

帰りは朝早い飛行機しか取れなかったので、北海道旅行の最終日は早々に引き上げました。


全日空で予約したのですが、乗ったのはエア・ドゥ運航のコードシェア便でした。
エア・ドゥ初搭乗です。
B737-800とかいう100人乗りぐらいの小型機でした。

d0054855_8383385.jpg


朝早かったので、朝食は空弁を。
いかにも北海道という組み合わせの、サケとカニの押し寿司をいただきました。 かなりのボリュームでした。

d0054855_8453783.jpg


窓際席からは、函館の街が見下ろせました。
函館も行きたいなぁ。

d0054855_8474261.jpg



羽田行きだと、太平洋沿いを飛ぶはずですが、行き先は新潟。
帰りの羽田便は全滅だったので、私の単身赴任地である新潟に向かったのでした。

新潟では(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2009-09-23 18:30 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(10)

北海道旅行(小樽編)

北海道旅行3日目は、小樽見物に行きました。


札幌から小樽までは、海沿いの線路を通って各駅停車で50分ほど。
乗ったのは、北海道オリジナルの転換クロスシート電車721系でした。

d0054855_7591574.jpg


小樽駅は天井の高いホールがあるちょっと古めかしい建物ですが、昭和9年に建てられたこの駅舎は、登録文化財に指定されています。
ここで市街の観光マップをもらって、出発。

d0054855_7594153.jpg



主だった建物の最初は、旧日本銀行小樽支店です。
東京駅を設計したことで知られている辰野金吾が設計した建物で、レンガ構造にモルタルで石造り風に仕上げています。 緑青がふいた屋根の飾りも、辰野風です。

d0054855_80766.jpg


でも真骨頂は館内。
周囲に回廊を巡らせた吹き抜けの大空間と、大理石製の長いカウンターが、銀行らしさを感じさせます。

d0054855_80304.jpg


お昼ご飯は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2009-09-22 22:26 | 国内旅行記 | Trackback(2) | Comments(8)

北海道旅行(旭川編)

北海道旅行2日目は、旭川に向かいました。
目的地は、もちろん旭山動物園です。 ご想像通り、相方のリクエストですが・・・。


札幌からは、JRの特急スーパー宗谷号に乗り込みました。
この列車は、その名の通り宗谷岬近くの稚内まで5時間近くかけて走る列車で、旭川以北の非電化区間を走るため、ディーゼルエンジンで走ります。
大出力エンジンによる最高速度130km/hの俊足に加えて、空気バネ式の車体傾斜装置を備えていて、カーブを高速で駆け抜けます。

d0054855_21564167.jpg


旭川止まりの特急に乗ればいいものを、わざわざ乗ってしまいました(笑)。
今回は、札幌~旭川の自由席特急での往復と動物園までの往復バス代、そして入園料込みで5,900円という、「旭山動物園きっぷ」で利用しました。
ちなみに、札幌~旭川は片道で4,500円ぐらいなので、とてもお得です。


1時間20分で旭川駅到着。
さらにバスに揺られること30分ほどで、目的の旭山動物園に到着。

d0054855_2213440.jpg



シルバーウィークだけあって、名物はどこも行列でした。
まず並んだのは、ペンギン館。

d0054855_22143417.jpg


最近の水族館の必須アイテムであるガラスチューブの上を、ペンギンが泳いでいきます。
魚なら見慣れましたが、ペンギンだと新鮮です。 本当に飛んでいるみたい。
行列は延々連なっていましたが、意外と流れは早くて、並んだのは30分ぐらいでした。

次に並んだのは(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2009-09-21 21:36 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(5)

北海道旅行(札幌編)

今日23日まで、秋の5連休シルバーウィークで、いわゆる暦どおりの休みの人達は、さながら民族大移動のように、車で電車で飛行機で出掛けていましたが、かくいう私もその一員として、民族大移動に加わってきました。

行き先は、相方のリクエストにより北海道。
ただ、例によって「北海道に行きたい」というだけで、全く調べようとしないので、予約もせずにしばらく放置していました。
2週間前になってようやく調べ始めたようですが、賢明なというか計画的な方々により、飛行機は軒並み満席で、「行けないじゃん」とずいぶん不満そうでした。
その翌日、仕方がないので予約しました。 手を尽くせば取れるんです(笑)。


まず往きは、9月20日(日)の朝に、羽田とは反対方面に向かい、1日に10本程度しか運行がない小さなカウンターへ。

d0054855_20235444.jpg


これを見てわかった方は相当旅慣れている方だと思いますが、新東京国際空港(国内線)の出発案内です。 いわゆる、成田空港です。
国際線からの乗り継ぎのために、成田からも国内線が何本か発着しているのですが、乗り継ぎでなくても、成田からだけでも乗れます。
あまり知られていないので、羽田発着が一杯でも、意外と空いていたりします。

都内からだとちょっと不便ですが、自宅は千葉県なので、羽田に行っても成田に行っても、実は大差ないんです(笑)。

久々にバスに乗って、タラップで飛行機に乗り込みました。

d0054855_20303238.jpg


1時間45分で千歳空港着。
空港地下の新千歳空港駅から、JRの電車に乗って、札幌駅まで。

d0054855_225434100.jpg


6両編成の電車に1両連結されている「uシート」(指定席)で、空弁を頬張ります。
帯広名物(笑)の、豚丼のお弁当です。
香ばしく焼かれたお肉に、濃厚なタレがかかっていて美味しかったです。
でも、以前帯広で食べた豚丼は、空弁とは別物。 また食べたいなぁ。

d0054855_2040176.jpg



泊まったのは、札幌アスペンホテル
札幌駅北口徒歩2分の好立地で、従業員の挨拶が気持ちのいい、キレイなホテルでした。

札幌での見物は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2009-09-20 22:09 | 国内旅行記 | Trackback(1) | Comments(9)

箱根朝駆け3

もう10日ほど前になりますが、箱根へ走りに行ってきました。
朝6時に、いつもの大観山でHF君と集合。 富士山には、雲が被っていました。

d0054855_22293269.jpg


大観山をベースに、元箱根まで3~4往復。
新潟では通勤・お買い物スペシャルで腕がナマったか、GW中に行った前回の方が、気持ちよく走れた気がします(元々知れていますが・・・)。

撮り損ねてしまいましたが、Tristanさんとニアミスしていました。
次回はご挨拶させてもらいます。


7時過ぎたら、芦ノ湖スカイラインへ。
行ったり来たりしながら、三国峠の駐車場でHF君の走りっぷりを1枚。
と思いましたが、止まっているようにしか見えませんね・・・。

d0054855_22291533.jpg


走っているのを初めて見たカレラGT!
5LのV10ということで、アメ車のような野太いエンジン音を想像していましたが、意外や控えめで軽やかなエンジン音でした。
まぁ、軽く流してたのだと思いますが・・・。

d0054855_2241125.jpg



何本か走っていると、富士山の雲が取れてきました。
フルオープンにすると、いいデザイン(親バカ)ですし、走ると気持ちいいですね。

d0054855_22464275.jpg



この日はHF君と朝飯は食べずに、海浜幕張にある免許センターへ。
誕生日は10月ですが、(何もないうちに、苦笑)早めに免許更新してきました。
これで5年間は安泰です。

さらに、この夜新潟に向かいました。
クーラーが直ったので、快適快適。
またしばらくは通勤・お買い物専用車と化して、乗って帰るのは10月末~12月初め頃かなぁ。

そんなこんなで、朝4時から夜11時まで、箱根に千葉に新潟に600km、よく走った1日でした。
[PR]
by okuruma1970 | 2009-09-06 23:05 | 306Cabriolet | Trackback | Comments(4)

鉄道博物館

鉄道博物館は2007年10月に開館したはずですので、もう2年ぐらい経っていますが、先週土曜日に初めて見に行ってきました。
メインエントランスは、新都市交通の駅から屋根に覆われた通路を経て入るのですが、絵的にイマイチなので、裏手からの一枚を。

d0054855_10344334.jpg


入館してまず目に入ったのが、マイテ39-11。
特急列車の最後尾に連結されていた、一等客室を備えた展望車です。
この車両が作られた戦前は、一般庶民が乗れる車両ではなかったようです。

d0054855_10425462.jpg


バルコニーのような展望台に出て、去りゆく景色を眺めることも醍醐味だったと思いますが、真骨頂は当時の技術の粋をつぎ込んだこの内装。
公式には桃山式というようで、確かに日本的で非常に豪華ですが、霊柩車とも揶揄されたそうで、確かにそのような雰囲気も感じますね。

d0054855_1044123.jpg


お次の展示は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2009-09-05 20:13 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(6)