<   2009年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

越後妻有トリエンナーレ

今週末は、土曜日に職場有志で日帰り飲み旅行があったので、今年5月から半年振りに新潟で過ごしました。
土曜日はカメラを忘れてしまったのですが、途中で見たオブジェを建物仲間のsuzeさんに写メしたところ、たまたま翌日曜日に来られるというので、ご一緒させてもらいました。

d0054855_0392036.jpg



私が見ていたオブジェは、越後妻有トリエンナーレというアートイベントの作品の一つでした。
越後妻有(つまり)とは、新潟県十日町市と津南町の地域の名前で、トリエンナーレとは「3年に一度」という意味のイタリア語から転じて、3年に一度行われるアートイベントの呼び名になっているようです。
ゲージツには疎い私なので、建築系の作品を中心に案内していただきました。


再構築」という作品は、木造の倉庫のような建物の全面に丸い鏡を貼り付けたもの。
建物本体の姿は屋根以外はっきりせず、周囲を鏡写しにして、溶け込もうとしているのか?

d0054855_0203633.jpg


鏡を貼り付けてあるのは外壁のみならず、開け放った内部にも。
周囲を鏡写しにする外壁に対して、内部は合わせ鏡のように鏡に鏡が映る迷宮のような雰囲気。

d0054855_0222838.jpg
d0054855_026220.jpg


お次の作品は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2009-11-15 22:38 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(4)

蓼科旅行(FBM編)

結婚記念日をお祝いするという名目の蓼科旅行でしたが、伊豆でも箱根でもなく、蓼科というか車山高原にしたのには、別の理由が・・・。


泊まったホテルの駐車場にはシトロエンC6とプジョー207ccが、お隣のペンションにはルノーMeganeRSとKangoo、プジョー206にシトロエンC4Picassoと、不思議なほどフランス車がウヨウヨ。

d0054855_734497.jpg


年に一度のフランス車のイベント、フレンチ・ブルー・ミーティング(FBM)に合わせて、来たのでした。

ルノーSuper5を買って私が初めて参加したのが、6回目の1992年。
入社初年は研修所の門限を過ぎて帰ったり、秋田勤務時は帰りは友人に車を託して秋田に飛んで帰ったりまでして、当初は毎年のように参加していましたが、2005年を最後に、ここ3年は結婚式やら転勤やらでご無沙汰していました。
今年で23回目の開催で、参加したのは13回目かな。


翌朝は朝寝坊の相方を置いて、7時前から一人でホテルを抜け出し、高原を15分ほどお散歩。
会場に7時に着きましたが、メイングラウンドはガランとしています。

d0054855_7545615.jpg


が、例年の私は自宅を未明に出発して、到着時間はだいたい7時ごろ。
目的はこういう人たちと同じ。

d0054855_7592191.jpg


9時の開会に向けて、出店する業者は7時前から準備をしているのですが、ホイールやブレーキパッドなどの新品パーツから、メーターやマフラーなどの中古パーツ、そしてミニカーなどを、いろんなお店が箱から出して並べたそばから物色していきます。

d0054855_882925.jpg


以前は、欲しくても持っていない絶版ミニカーを、そこここで見つけて1万円分、2万円分と買い漁っていましたが、最近の新車のミニカーは封印していることもあって、あまり触手が動くものはありませんでした。
発売ペースが速すぎてお金が追い付かないのもありますが、最近の実車のデザイン自体が興味と離れて行ってしまっているのかも知れません。

買ったのは2個だけ。
プジョー204Break憲兵車の1/43サイズ(Eligor製)と、ルノーSuper5の1/87サイズ(Praline製)。
3〜8千円程度の新製品も欲しいと思うものもありましたが、フラフラと買っていくと、あっという間に2万円コースになりそうだったので自粛。

物色の後は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2009-11-01 20:23 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(11)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970