幌馬車2台の道楽日記

okuruma.exblog.jp

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも

ブログトップ

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

新潟旅行(食べる編)

片貝花火を主な目的とした新潟旅行の3回目は、2日目のお宿から。


魚沼市で石川雲蝶の彫刻を鑑賞した後、高速に乗って岩室温泉へ。
泊まったのは、高志の宿 高島屋

d0054855_19561560.jpg


250年前に建てられた庄屋屋敷(登録有形文化財)をエントランスに使った旅館で、囲炉裏がある歴史を感じる空間でした。
左側にある欄間の奥は「駐蹕の間」といって、明治天皇が明治11年に新潟を訪れた折、休憩されたお部屋ということでした。

d0054855_19591442.jpg


チェックインは、イスに腰掛けてお茶と甘いものをいただきながら、ゆったりと。
最近こういうお宿が増えているのか、私がようやくそういうお宿に泊まれるようになったからか。

d0054855_20195840.jpg



部屋に入るなり、近くの外湯「嵐の湯」へ。
宿泊プランに付いていたので、ただの外湯だと思っていたのですが、天然ミネラル鉱石を温泉の熱で温めて岩盤浴以上の効果を得られ、さらに温泉水を掛けてサウナ状にして発汗を促す、みたいな入浴施設でした。
水をしっかり飲んでから入るようにいわれたこともあって、サウナのように熱くて辛くないものの、汗がだくだく流れ出てました。

お楽しみのお食事は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2011-09-11 20:50 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(2)

新潟旅行(建築編)

新潟旅行の2日目は、かなりユルく建物を見て回りました。


長岡駅前のビジネスホテルを出て、すぐそばの水道公園(旧中島浄水場)へ。
昭和2年の開設に合わせて建てられた建築群で、一番大きい建物は排水ポンプ棟。
その他に監視室と発電機室の建物がありますが、いずれも鉄筋コンクリート造り。

d0054855_1531365.jpg


浄水場に付きものの給水塔も残っています。
同じく昭和2年に建てられて、浄水場が廃止された平成5年まで使われていたそうです。
夜はライトアップされるようで、その姿も見てみたいものです。
新潟県のHPには、給水塔内部の様子も掲載されていました。

d0054855_1527135.jpg



今回の足は、久々の306Cabriolet。
ただし、暑すぎて屋根を開けられませんでした・・・。

d0054855_15402646.jpg


新潟をドライブ(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2011-09-10 17:52 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(5)

新潟旅行(花火編)

先週末は相方が新潟に来て、県内を見て回りました。


私は新潟市から車で長岡市に向かい、相方は東京から上越新幹線に乗って、長岡駅で合流。
快速列車に乗って来迎寺駅へ、さらにバスに乗って片田舎の集落へ。

小千谷市片貝集落にある浅原神社のお祭りです。
神社に出店が並んでいるのは普通のお祭りと変わりありませんが、メインイベントが今回のお目当て。

d0054855_19243210.jpg


浅原神社に奉納される「片貝まつり」のメインイベントとして行なわれるのが、花火です。
三尺玉が打ち上げられる、同じ新潟県の長岡や小千谷の花火大会はそこそこ有名ですが、片貝は少々マイナーながら、世界一の四尺玉が打ち上げられます。
大きさがわかりますか?

d0054855_19311975.jpg


このところ毎年見に行っていた千葉市民花火大会が中止になってしまい、今年は花火を見損ねていたのですが、新潟のパンフレットを見ていたら9月に開催されるということで、見に来たのでした。
新潟市内から長岡への道すがら、片貝の花火についてFMで取り上げられていましたが、スポンサー企業の協賛がメインの他花火大会と違って、片貝は地元の有志(同級生が節目の年などに)が神社に奉納するために、お金を積み立てて自らデザインした花火を打ち上げるものが多いそうです。

我々も、浅原神社に参拝。

d0054855_19462895.jpg


肝心な花火は(More)
[PR]
by okuruma1970 | 2011-09-09 23:15 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(0)