四国京都旅行(2日目)

体育の日を含む三連休に1日休みを足して行った四国京都旅行で、新幹線と瀬戸大橋を渡る特急で丸1日かけて高知まで来た1日目に続く、2日目です。


泊まったのは、松栄第二別館という鏡川沿いの和室のホテル。
高度成長期に建てられたイメージを今に残す、古き良きというか、昔ながらの宿です。
しかも、部屋お任せの直前割プランだったか、リバービューではない普通の部屋でした。
ハイシーズンは部屋数が足りない地方都市で、三連休に何とか取れたので、文句は言いません。

朝食も昔ながらの和朝食で、メインの鮭が常温で、何を焼いているかと思えばハムエッグ(笑)。

d0054855_12075376.jpg


子供食も大人と一緒でしたが、魚好きの息子はむしゃむしゃ食べていました。

d0054855_12080338.jpg



台風が多い10月で、しかも影響が大きい高知ということで、前日まで天気予報とにらめっこでしたが、幸いなことに2日目は快晴。
土佐の高知のはりまや橋は、日本の三大がっかり観光地の一つらしいですが、個人的には40年前のもっと酷い状態を知っているので、こうやって写真が撮れるだけいいと思っています。

d0054855_12083135.jpg






見に来たのは(More)
[PR]
# by okuruma1970 | 2017-10-08 21:00 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(0)

四国京都旅行(1日目)

体育の日を含む3連休に休みを1日加えて、四国と京都へ家族旅行に行ってきました。


初日の10月7日(土)は、自宅を出る頃は雨でしたが、東京駅では上がっていました。
四国へ行くのに、一般的には飛行機で行くところ、酔狂なことに東海道新幹線で出発。
新幹線は、北陸新幹線(E7・W7系)と上越新幹線(E2・E4系)しか乗ったことがなかった息子は、東海道新幹線とN700系は初めて。

d0054855_11594645.jpg


まずは、10時頃発の「ひかり」号(苦笑)に乗り込みました。
過去に乗った「ぷらっとこだま」で新大阪→東京4時間の旅では、追い越し線路がない熱海駅を除く全駅で「のぞみ」号に追い越されましたが、「ひかり」号でも同じく全駅で「のぞみ」号の通過待ちがありました。

浜松を出発した11時半ごろから、駅弁でお昼ごはん。
東海道新幹線なのに、息子は東北新幹線「はやぶさ」号のE5系電車型の駅弁。
東海道新幹線型の駅弁は、神戸・淡路軒の陶器製のものが有名ですが、JR東日本の新幹線型駅弁箱はプラスチック製です。

d0054855_12001629.jpg


お父さんは、東海道新幹線とは縁もゆかりもない北海道は南千歳駅の海鮮駅弁。
昼間から車内販売のビールを飲みながら、いただきました。

d0054855_12003475.jpg


降りたのは(More)
[PR]
# by okuruma1970 | 2017-10-07 21:00 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(2)

沼津・伊豆旅行

お盆付近の土日に金曜祝日(11日)と月曜に休みが付いたので、2泊3日の夏休み旅行をしてきました。


11日(金祝)は、11時に千葉の自宅を出て、東名で10km少々の渋滞に遭いながらも、子供のトイレに困ることなく西進。
渋滞途中の海老名SAで昼食。
某回転寿司の系列店でしたが、子供のお子様寿司以外は、天ざるとしょうが焼き定食(笑)。
d0054855_11015687.jpg

昼食休憩を取りつつ、約5時間で沼津に到着。
お盆休み中なら、上々でしょう。

泊まったのは、沼津駅前のココチホテル沼津
満足な写真がなく、すいません。
d0054855_11053295.jpg
普通なら温泉宿を探すところですが、この夜は相方の大学時代の友人との集まりが沼津駅前であり、友人達と同宿を選んだのでした。
子供が10人ほどに加えて、奥さんや私のような旦那など同行している人も含めて、三十数名集まりました。
我が家は子連れながら10時過ぎの二次会まで付き合いましたが、四次会で2時過ぎまで飲んでいた強者もいたとか。





翌日は(More)
[PR]
# by okuruma1970 | 2017-08-13 20:00 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(4)
このところミニカー購入から離れていましたが、海外通販がずいぶん安かったので、久々に買ってしまいました。

今回買ったのは、Dan-Toysというフランスのミニカー屋の通販サイト。
以前買おうとしたものの、目当てのものが品切れになったと連絡があってキャンセルして以降、メールマガジンが毎週のように送られてきていましたが、実際の購入は初めてでした。


まずは、既に1世代前となってしまった、プジョー308(初代)の3台です。
ちょっと写りが悪いですが、奥が5ドアハッチバック、手前は見ての通りcc(クーペカブリオレ)とSW(ワゴン)で、いずれもノレブ製。
ccは、実車同様、トランク部分が開いて、メタルトップが出てくる凝った造りです。
d0054855_12010889.jpg
続いて、207ccと208(3ドア)。
207ccは、308ccと同様にメタルトップが出てくる造りになっています。
gosyurinさんは、ixo製の208GTiを入手されたようですが、単なる3ドアでは「GTi」のロゴ部分は単なるメッキパーツでした。
d0054855_12020871.jpg





これまでと毛色の違うものも(More)
[PR]
# by okuruma1970 | 2017-07-22 16:18 | ミニカー | Trackback | Comments(6)

仙台の洋館探訪(前編)

4月上旬の平日に、仕事をサボって仙台の洋館を見に行ってきました。


仕事へ行くいつもの時間に家を出て東京駅へ向かい、東北新幹線はやぶさ号で仙台へ。
11時前には仙台駅に到着。

d0054855_1410895.jpg


仙台駅から北の方に歩いて10分ほどの花京院に、旧宣教師住宅という洋館が残っています。
萌木色の構造材や窓枠に白い下見板張りという造り。
通りからは駐車場を隔てた正面建物には、アーチ状のひさしを設けた、両開きの玄関扉が開いています。
窓は、何らかの目的があったのでしょうが、引き違い窓と上げ下げ窓が配置され、一部には日よけのためか鎧戸も取り付けられています。
南面2階(写真の左側)はサンルームのようになっている一方で、床下はコンクリートやレンガの基礎で囲われておらず、動物除け(?)のラティスフェンスがはめ込まれているだけで、冬は底冷えするのではないかと思われます。
ただ、庭木はきれいに整えられており、今も住まわれている雰囲気がありました。

d0054855_14102495.jpg


そこからさらに北へ歩き、NHKそばの錦町に旧石原邸という個人住宅があります。
パキッパキッという水平垂直を基調として、構造材を浮き立たせたデザイン。
いかにもライト風というこの建物は、F.L.ライトに師事した遠藤新の設計で、昭和2(1927)年に建てられたもの。
正面入口の段差には手すりが設けられており、こちらも今も住まわれているようです。

d0054855_14103884.jpg


城門を移築したお屋敷は(More)
[PR]
# by okuruma1970 | 2017-06-17 07:00 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(2)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970