1ヶ月ほど前ですが、いわきのハワイこと、スパリゾート・ハワイアンズに行ってきました。

まだ二十代の頃に会社の同僚と行って以来、十数年ぶり2回目です。
前回は電車で行きましたが、今回は車で。
2015年6月に、圏央道で東関東自動車道と常磐道がつながり、千葉から常磐道方面へのアクセスが便利になりました。
敬老の日の三連休(9/17土〜19月)の日月でしたが、渋滞はなし。
入園券は、相方の会社の福利厚生で、のべ5日分タダでもらえました。

d0054855_3112916.jpg


前回は平日に行ったと思われ、空いていて好き勝手できたイメージでしたが、今回は三連休ということで、プールは芋粗い状態(苦笑)。
ただ、ときどき雨も降り少し肌寒い気候ながら、屋内プールゆえ、快適快適。
保育園の足の届く小さなプールの経験はあるものの、足が届かない巨大プールは初めての息子。
でも、浮き輪で楽しんでいました。

d0054855_311464.jpg


プールや海に行くのは、いつ以来か?
水着も買いました(amazonで安いもの)。
浮き輪は借りられるかねぇなんて話をしていましたが、季節品の投げ売りで、300円ぐらいで買ってきたものを持参。
借りると1時間550円〜!!、持って行って良かった。

d0054855_3121071.jpg


プールの他にも(More)
[PR]
# by okuruma1970 | 2016-09-17 11:38 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(0)

富士急初乗車

8月終わりに、用事があって八王子の方に行きましたが、お昼頃には用事が終わったので、何かないかなと思って、富士急を乗りに行きました。


高尾駅までは東京駅から快速電車がバンバン走っていますが、高尾駅から先は1時間に1・2本しか走らないローカル線。
東海道線のお古211系で、グリーン車を抜いた6両編成(3両編成もあり)。

d0054855_555687.jpg


車窓を眺めながら、ウツラウツラすること40分で、大月駅に到着。
ログハウス風の駅舎は昭和3年に改築されたもので、平成24年完成の駅前再開発で建て替えられたかと思いきや、改装程度だったようです。

d0054855_5552276.jpg


大月駅で待っていたのは、1000形。
旧京王電鉄の車両で昔ながらの富士急車両を再現した塗装で、初めて乗る富士急線ですが、何やら懐かしい雰囲気でした。

d0054855_5553490.jpg


ホームで待っていると(More)
[PR]
# by okuruma1970 | 2016-08-31 22:00 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(2)

3歳半

少し前ですが、息子が3歳半になりました。


戦隊ものも好きですが、やはり鉄板はアンパンマン。
1月にショーを見に行きましたが、「アンパンマ〜ン!」と掛け声を掛けたり、楽しんでいました。
天の邪鬼な父親譲りか、バイキンマンやダダンダン(バイキンマンが操るロボット)の方が好きなんだとか。

d0054855_704756.jpg


2月には、少し寒かったものの、成田空港の展望デッキに連れて行きました。
自宅近くが旋回経路になっているようで、上空に小さな飛行機を見ては「飛行機だ」と話していましたが、間近で巨大な姿を見て驚いていました。
帰宅後、相方に「こ〜んなに大きかったんだよ」と伝えていました。

d0054855_75220.jpg


More
[PR]
# by okuruma1970 | 2016-07-15 23:58 | 親バカ | Trackback | Comments(0)
6月末に仕事をサボって行った洋館探訪記の続きです。


6件見た八戸市から、車で30分ほど走って、三戸駅前へ。
三戸駅前といいながら、三戸町ではなく、隣の南部町にあるのが、大正12年築の村井家住宅。
赤い屋根が目に鮮やかな村井家住宅があります(国登録有形文化財)。
正面左側の上部にアーチ窓を備えた縦に連なる三連窓が印象的です。
単なる格子でない窓の桟は手が込んでいますが、洋風の外観とは対照的にほとんど和室だそうで、窓の中には障子が見えています。
正面はモルタル仕上げ、右側面は粗い仕上げのドイツ壁に、タイルなどの装飾をうまい具合に配置しています。

d0054855_1185519.jpg


三戸町に入ると、佐瀧本店という酒屋さんがあります。
店舗の上部は外壁を作り変えているようですが、左右の立ち上がりはモルタル仕上げで、特に右側は幾重にも段を重ねて奥行きをもたせ、上部には物見台のような鉄柵も設けられています。
現在も酒販店として営業しているようでした。

d0054855_1191461.jpg


左奥の建物は(More)
[PR]
# by okuruma1970 | 2016-06-29 21:59 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(2)
6月末、仕事をサボって久々に一人旅をしてきました。


南部地方とは、青森県の南東部、元の南部藩の領地で、八戸とか三戸とかのエリアです。
同じ青森県でも、津軽地方の城下町である弘前は、国内でも有数の洋館密集地ですが、南部地方では各町に散らばっているため、見にきたことがありませんでした。

まずは東北新幹線はやぶさ号に乗って、一路八戸駅へ。
といきたいところでしたが、北海道新幹線効果なのか、全車指定席ということもあって、前夜では予約が取れず、盛岡止まりのエセはやぶさ号(仙台以北各駅停車)で盛岡に向かい、盛岡から新函館北斗行きの新幹線に乗り換えて、八戸駅へ。
速達はやぶさ号なら3時間で着くところ、1時間余計にかかってしまいました。

d0054855_23515260.jpg


八戸駅からは格安レンタカーで移動。
先々代マーチでしたが、免責料込みで6時間4320円。

d0054855_23523497.jpg


見て回ったのは(More)
[PR]
# by okuruma1970 | 2016-06-28 21:27 | 洋館探訪記 | Trackback | Comments(2)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970