群馬・栃木の飲み鉄旅

年末も押し迫った12月27日に、新潟の元同僚と、飲み鉄旅行をしてきました。
4月に越乃shu*kuraで飲み鉄して以来、8ヶ月ぶり。


集合は高崎駅と言うことで、東京駅から北陸新幹線はくたか号に乗車。

d0054855_12512866.jpg


朝7時前に自宅を出て、8時前の新幹線に乗ったので、まい泉のカツサンドと缶コーヒー(何気なくレジに出したら216円!)で朝食。

d0054855_1251368.jpg


高崎駅で再会し、両毛線の電車に乗車。
バスに乗り換えるため、新前橋駅で下車。

d0054855_12514498.jpg


バス好きの同行者に従って新前橋駅で降りたものの、駅前に出た瞬間「見た景色と違う」の一言。
バス停の時刻表を見ても、予定のバスはなし・・・。

新前橋ではなくて(More)
[PR]
# by okuruma1970 | 2015-12-27 22:33 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(2)

北陸三世代旅行(後編)

義父母と二泊三日で行った北陸三世代旅行の後編です。
北陸新幹線で金沢に向かい、兼六園を見て山代温泉に泊まったのが前編、レンタカーの乗って金沢・近江町市場で昼食を食べ、千里浜渚ドライブウェイを走った後、宇奈月温泉に泊まったのが中編でした。


宇奈月温泉に泊まりに来た理由は、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車。
以前も、宇奈月温泉駅まで来ましたが、トロッコ列車は見ただけでした。

d0054855_14513434.jpg


大きな屋根の立派な駅舎から発車するのは、小さなトロッコ列車。
軌間(レールとレールの間の距離)762mmの軽便鉄道です。
762mmといえば、国内ではこの黒部峡谷鉄道と以前乗った三岐鉄道北勢線近鉄内部線・八王子線(現・四日市あすなろう鉄道)しかありません。

d0054855_14514615.jpg


元々は、黒部川流域のダムの建設や保守のための資材や社員輸送のために作られ、小さなトンネルで済ますために小さな車両に抑えられたようです。
普通車というこの車両は、屋根とイスがあるだけで、窓や壁がない吹きさらしの車両です。
まさにトロッコ。

d0054855_1452046.jpg


トロッコ列車の旅は(More)
[PR]
# by okuruma1970 | 2015-11-21 18:47 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(2)

北陸三世代旅行(中編)

10月25日から2泊3日で行った北陸旅行の続きで、東京から北陸新幹線で金沢まで行き、兼六園を見た後で山代温泉に泊まったところまでが前編でした。


2日目の朝は山代温泉のホテルをチェックアウトして、ホテルの車で加賀温泉駅まで送ってもらいました。
加賀温泉駅の背後には、大きな観音像が見えました。
大本山 豊星寺の観音像のようで、バブル期に「ユートピア加賀の郷」というテーマパークの一施設として建立されたようですが、現在は観音像を含むお寺と、温泉施設だけが存続しているようです。

d0054855_21122647.jpg


ここから電車に乗るではなく、予約しておいたレンタカーで移動開始。
トヨタレンタカーで小型ミニバンを予約したところ出てきたのが、Isis(アイシス)。
基本料金6時間7,000円+乗り捨て料金4,000円+免責補償1,000円+チャイルドシート500円=計12,500円(+税1,000円)。

d0054855_2120117.jpg

(写真は夕方撮ったもの)


ただ、10:30からの予約で10時前に着いたら、「受付時間から6時間後の返却になります」とお堅い対応。
せっかくの旅行で時間がもったいなかったので、1時間延長しました。
(結果的には良かった)

片山津ICから北陸道に乗り、再び金沢市街へ。
向かったのは、近江町市場。
狭く古い立体駐車場をグルグル昇らされ、市場屋上の駐車場に駐めました。
私は今年3月にも来ましたが、義父母も相方も初めてとか。

d0054855_2132342.jpg


近江町市場は、卸売市場とは違う一般市民のための市場で、金沢の台所と呼ばれているそうで、京都の錦市場とかと同じような感じでしょうか、たいそう賑わっていました。

近江町市場では(More)
[PR]
# by okuruma1970 | 2015-11-08 23:34 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(0)

北陸三世代旅行(前編)

10月25日から2泊3日で、義父母と北陸旅行に行ってきました。


25日(日)の朝、東京駅から北陸新幹線「かがやき」号に乗り込みました。
多くの駅に停まる「はくたか」号には以前も乗りましたが、東京を出ると大宮、長野、富山しか停まらない速達タイプの「かがやき」号に乗るのは初めて。
車内放送のメロディーから、JR西日本のW7系だったようです。

d0054855_3223912.jpg


私が単身赴任していたこともあり、相方が育休中は週に2日ほどお世話になっていたので、私の両親よりも義父母の方が慣れた「じぃじ」と「ばぁば」です。

d0054855_1124913.jpg


目的地は終点の金沢ですが、着くのが午後1時なのと、観光時間も少なめなので、長野を過ぎたあたりから駅弁で昼食。
私は苫小牧のホタテ弁当、息子は好物のおにぎり。

d0054855_10182121.jpg


相方は、神戸ステーキ弁当。
仙台の牛タン弁当よろしく、紐を引くと加熱される駅弁でしたが、熱々に加熱されたお肉に、味の浸みたバターライスが美味しかったです。

d0054855_1021526.jpg


金沢では(More)
[PR]
# by okuruma1970 | 2015-10-25 21:25 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(4)

小海線一周

シルバーウィークの最終日9月24日(水)、相方が子供を連れて実家に遊びに行くというので、一人で出掛けてきました。

4月に新潟の元同僚と越乃shu*kuraで飲み鉄しに行ったとき以来、一人旅は3月の金沢日帰り以来、の気まま旅でした。
9月は仕事が張って帰りが遅く、1日中寝ていたい気もありましたが、気分転換ということで。


まずは、東京駅10時頃発の北陸新幹線E7系はくたか号に乗り込みました。
30分前から並んだので、余裕で窓際に座れましたが、シルバーウィーク中ということもあり、自由席は大宮駅から満席で立ち客が出るほどでした。

d0054855_2238356.jpg


久しぶりの一人気まま旅なので、朝から飲み鉄。
東京駅エキナカで買い込んだお総菜セットと天むすを肴に、ビールをグビグビ。

d0054855_22381584.jpg


はくたか号を降りたのは、長野県の佐久平駅。
何があるでもない駅なので、すぐに小海線に乗り換えました。
小海線に乗るのは、出張ついででハイブリッド気動車に乗って以来、7年半ぶり。

d0054855_22382512.jpg


ただし、ハイブリッド気動車は両数が少ないようで、乗ったのは従来型の気動車でした。
公式にはハイブリッド気動車の運行計画は発表されていないようですが、こちらに情報がありました。

小海線では(More)
[PR]
# by okuruma1970 | 2015-10-04 09:45 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(4)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970