幌馬車2台の道楽日記

okuruma.exblog.jp

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも

ブログトップ
納車とその後のドライブが先になってしまいましたが、ボクスター購入までの経緯について、何回かに分けて書いてみたいと思います。


まずは今から遡ること8年前、プジョー306Cabrioletを買うときに、最終的にはプジョー306CabrioletとBMW Z3、そしてMGFの3台を比較したのですが、登場間もない先代986型ボクスターも気になっていました。
共通点は屋根が開くこと。
そのときはオープンカーが欲しかったのです。

価格帯は、306:300万円台半ば、Z3:300万円台半ば、MGF:200万円台後半に対して、Boxster:600万円台前半と突出していました。
当時私は入社4年目の20台半ばで、ボクスターを買うとすれば死ぬ気のローンが待ち受けていたので、買っても乗り回すお金がない状況は避けたかったのと、そのときは納車1年待ちという雑誌等の情報もあって、カタログ請求で諦めたのでした。
考えてみれば、がんばれば手の届くポルシェとしてボクスターそのものが登場した直後だったので、987の登場時よりも期待と人気は高かったと思います。

結局そのときは、今も所有しているプジョー306Cabrioletを買い、7年以上の間、これを差し置いて欲しいと思える車は思い当たりませんでした。
もちろん快適性や走りの面で秀逸な車はたくさん登場していますが、デザインと実用性の両立という点で、個人的には今でもプジョー306Cabrioletを越える車は無いと思っています。(ボクスターの話を書くはずが、今でも306Cabrioletに惚れている話になってしまった)


前置きが長くなりましたが、現行の987型ボクスターを初めて見たのは、今年3月20日のお墓参りの帰りで、PC世田谷のそばですれ違ったので試乗車だったのかもしれません。
実はマイ・フェイバリット・ポルシェは964型の911で、986・996のティアドロップ形ヘッドライトにはちょっと違和感があったのですが、997と似た丸形(楕円?)ヘッドライトに変わった987に、オッ!と思ったのでした。

d0054855_22473110.jpg


また、その数日後に発売された自動車雑誌各紙に、絶賛のインプレッションが掲載され、気になり始めたのでした(写真はENGINE誌2005年5月号の記事ページ)。
というわけで、実は気になりだしたのは、たった2ヶ月前。
早い方なら納車された頃、もしくは現在今はまだかと納車を待っている方がオーダーをした後という、非常に遅い時期だったのでした。
(続く)
[PR]
# by okuruma1970 | 2005-05-24 23:05 | Boxster購入記 | Trackback | Comments(4)

柳沢峠ドライブ

納車後1日おいた土曜日に、また走りに行ってきました。

前日は同期の集まりがあり、終電まで飲んで歌っていた(去年は終電に乗れなかった)ので、出かけたのは昼過ぎでした。
自宅から甲州街道R20を少し走って、調布ICから相模湖東ICまで中央高速に乗り、その先は再びR20で西へ。
途中で屋根を開けて、薄日を浴びながらユルユルと。
勝沼から塩山へと甲府盆地のヘリを通って、大菩薩ラインR411で東へ戻り始めます。

青梅街道の先である大菩薩ラインは、ワインディングロードにヘアピンなどを交え、アップダウンの激しい、運転を楽しめる道です。
その峠が柳沢峠で、富士山を眺望できることで有名なようで、明け方行くとサンデーカメラマンがカメラを並べています。
残念ながら霞がかかっていて、ぼんやりしか見られませんでした。

さて肝心のインプレッションですが、3000rpm目安では我慢できず、4000rpmまで回してしまうこともしばしば。
クイクイ曲がることは前回書きましたが、今回感心したのはブリッピングの反応の良さ。
スポーツカーのエンジンなんだから当たり前と言われればそれまでですが、軽くアクセルを踏むだけでフォンと音を立てて回転を上げてくれます。

ただ、まだシフトフィールは渋めです。
もっとカコカコ操作して、早く渋さを取りたいです。
でもストロークが306より短くて、位置が奥にあるので、3速からニュートラルに戻すつもりが、4速に引っかかってることが何度か。

納車当日の道志みち同様、思いつくのはこんな道ばかり。
回せないフラストレーションが溜まるのがわかっているのに、ついそういう道に足が向いてしまいます。
早く距離を伸ばして、そういう道で楽しみたいものです。

帰り道、商店街のお店のガラスにボクスターが映っているのを見て、思わずニンマリしてしまいました。
そういえば青梅あたりで356(本物?レプリカ?)とランデブー走行したのですが、サイドミラーのリアフェンダー越しに撮ろうと思ったら、いなくなってました。残念。
でも、まだ実感が湧かないんですよねぇ。

ただいまの総走行距離450km(toneseisakuさんのパクリ)。
[PR]
# by okuruma1970 | 2005-05-21 21:17 | Boxster987 | Trackback | Comments(14)

Boxster納車

ブログ作ってみました。
最初は、Boxsterの納車について書いてみたいと思います。

購入の経緯などは後追いで書いていきますが、5月19日(木)にボクスターが納車されました。
2台並んでいますが、私のは奥の銀色の車です。
手前の紺色のは、toneseisakuさんの車で、2人とも紺色ボクスターの傍らに立つ営業担当K氏と契約し、同日納車になったのでした。

d0054855_21495672.jpg


この日は午後半休を取って、2時頃帰宅。
保険会社に連絡したりした後、徒歩でPC世田谷へ向かいました。
ちなみにPCとは、ポルシェセンター(ポルシェのディーラー)の略のようです。
30分ほど歩いて4時頃着き、待つこと10分ほどで、toneseisakuさんと迎えに行ったK氏も着きした。

toneseisakuさんとは、ブログでやりとりしていましたが、お目にかかるのは初めて。
でも、ご挨拶をした後は、ボクスターの話が尽きない尽きない。
その後、保険の手続きや書類の説明があり、5時過ぎにようやく自分の車を目の前にしてレクチャーを受けました。
すべてが終わり、PC世田谷を後にしたのは6時頃。
2時間ほどかかったわけですが、ブログで知り合えたtoneseisakuさんとご一緒できて、K氏も2人同時にレクチャーできる、一石二鳥な納車でした。

世田谷通りをランデブー走行した後、toneseisakuさんは環8を杉並・練馬方面へ、私は瀬田方面へ。
私は東名高速で大井松田まで走り、R246で御殿場へ、R139の籠坂峠を越えて山中湖へ抜け、R413道志みちで相模湖、とちょうど200km走ってきました。
狭い路地にある自宅の駐車場にも、なんとか入れられ、納車ドライブを終えたのでした。

まだ足が馴染んでいないので試乗車より乗り心地は硬かったですが、道志みちではクイクイ曲がり、気持ち良く走れました。
3000rpmを目安にMax4000rpmで走りましたが、全開にしたら私には扱いきれないでしょうね。
ただシート調整を適当なまま走ってしまったので、ちょっと腰に来ました。

そんなわけでブログを書いてみましたが、続けられるようにがんばりたいと思います。
とはいえ、ボクスターの件はトントンと進んでしまったので、家族以外誰も知りません。
いつお披露目したり、HPからリンクさせようか、ちょっと考えています。
[PR]
# by okuruma1970 | 2005-05-19 21:34 | Boxster987 | Trackback | Comments(2)