4日目 パリ市内観光

フランス旅行の4日目は、基本に立ち返ってパリ市内観光。


パリは10回目で延べ20日以上滞在していますが、1日ひたすらミニカー屋巡りをするという滞在も含んでいるので、じっくり観光した日は3日4日ぐらいかな(苦笑)。
相方は姉妹校との国際交流で高校生のときに訪欧したようで、パリにも寄ったようですが、見学したのはルーブル美術館とベルサイユ宮殿だったそうなので、今回は案内がてら観光することにしました。

デパートの開店時間までちょっとお散歩がてら、サン・ラザール駅へ。
フランス国鉄のパリのターミナル6駅のうちの1つですが、乗り降りすることがなかったため、唯一見たことがない駅でした。
ちなみに他の5駅は、東駅、北駅、リヨン駅、オステリッツ駅、モンパルナス駅です。

d0054855_9412154.jpg


高速列車や国際列車が発着しないローカル列車専用の駅のため、利用したことがなかったのですが、聞くところによると通勤需要が多く、北駅に次ぐ乗降客数とか。
ホームは手付かずながら、駅舎は大改装中でした。
大きなドーム屋根の下には、世界の鉄道とかいう昔の図鑑で見たような、昔ながらの電気機関車が停まっていました。

d0054855_9503781.jpg



デパートの開店時間になったので、プランタン百貨店へ。
8階にThe Brasserie Printempsというレストランがあるのですが、ドーム状のトップライトが超絶。

d0054855_12353183.jpg


ブランチと思って行ったのですが、11時過ぎでもカフェ営業しかしておらず、やむなくカフェオレを飲みながらトップライトを眺めました。
行った11月1日が祝日で、変則的な営業時間だったことと関係があったかも。
ちなみに、見学だけの客も次から次へと来ていましたが、商売っ気がないのか、寛容なのか、特にあしらうでもありませんでした。

d0054855_12372952.jpg







地下鉄に乗ってシャンゼリゼ通りへ。
凱旋門に向かって左側に、ルノーのショールームがあります。

d0054855_12462666.jpg


日本では来年発売予定らしいメガーヌGC(グラストップ・カブリオレ)。
白いボディーに赤い内装、余程オシャレじゃないと乗りこなせなそう・・・。

d0054855_12482247.jpg


車を見に来たのもありますが、ここの2階がレストランになっています。
ショールームには何度も来ていますが、2階で食べるのは初めて。
昼間っからクローネンブルグ1664。

d0054855_12492938.jpg


ホットサンド(写真)とシーザーサラダであっさりランチ。

d0054855_12531567.jpg



お腹が満たされたところで、通りの反対側のプジョーのショールーム「PEUGEOT AVENUE」へ。

d0054855_1254493.jpg


Majoretteのミニカーでしか見たことがなかった、1984年のコンセプトカー「QUASAR」が展示されていました。

d0054855_1363353.jpg


こちらでは、ミニカーをいくつか(ルノーでも1個)。
左側はプジョー508の3inch(セダン3色、ワゴン2色)、
中央はルノーClio RS Gordiniと207S2000と308パトカー、
右側は204・404Cabrioletのツールドフランス・サービスカーと405Break。
全部で170Euroぐらい(笑)しましたが、日本で普通に買えば35,000円ぐらいするかも。

d0054855_13215185.jpg



ちょっとミニカー屋に付き合ってもらった後は、凱旋門へ。

d0054855_14124453.jpg


私は来る度に見てはいますが、昇るのは2回目。
薄暗い螺旋階段をえっちらおっちら昇っていきます。
あちこちからパトカーのサイレンが聞こえてきますが、その音を聞くとパリに来たなぁと思います。

d0054855_1333074.jpg


凱旋門の上から眺めたシャンゼリゼ通り。
朝は晴れていましたが、あいにくの曇天でした。

d0054855_13335319.jpg



再び地下鉄に乗って、セーヌ川の中州シテ島にあるノートルダム寺院へ。
雲の切れ間から、正面に光が差していました。
こちらも階段で尖塔に昇れますが、相方は凱旋門でバテたようで、尖塔はパス。
ステンドグラスの光に彩られた内部空間で、厳かな気持ちになりました。

d0054855_1335458.jpg



ノートルダム寺院からは、セーヌ川の水上バス「BATOBUS」に乗り込みました。
シテ島に架かる橋ポン・ヌフ(Pont Neuf)をくぐったところ。

d0054855_13451494.jpg


ルーブル美術館の長さ(大きさ)も半端ではありませんが、その対岸にあるオルセー美術館(写真)も、国鉄旧オルセー駅を転活用しただけあってかなり長いです。
ルーブルには入ったことはありませんが、オルセーには入ったことがあります。

d0054855_13495826.jpg



向かった先は、エッフェル塔。
40分ほど乗ったでしょうか、辺りは暗くなり、キレイにライトアップされていました。

d0054855_13531470.jpg


切符売り場の長蛇の列に並び、金属探知機での検査を受けてエレベーターで展望台へ。
第2展望台でエレベーターを乗り換えて、第3展望台へ。
他に高い建物がほとんどないパリでは、有名建造物がほとんど望めます。
望遠レンズで凱旋門を一枚。

d0054855_13574295.jpg



遅くなってしまった夕食は、バカの一つ覚えのようにムール貝(笑)。

d0054855_1444156.jpg


お酒だけは変えて白ワイン。
飲みやすいのでクイクイ飲んでしまいましたが、部屋ではすぐに爆睡でした。

d0054855_1425559.jpg


前菜に海老のポテト巻き揚げをオーダーしましたが、サクサクプリプリで美味しかったです。

d0054855_1441053.jpg



こんな感じで、シャンゼリゼ通りに凱旋門、ノートルダム寺院にエッフェル塔と、定番コースを観光したのでした。



【追伸】
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
おかげさまで、2005年5月に始めて以来6年6ヶ月(78ヶ月)、11月15日(火)に200,000アクセスを越えました。
今後もマイペースで続けていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



(続く)
[PR]
トラックバックURL : https://okuruma.exblog.jp/tb/14969466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by COOPER99 at 2011-11-19 23:04
20万アクセスおめでとうございます。(^u^)
2ヶ月早く始めたオラは、6万8千ほどリードを保っておりました。w
えびのポテト巻きって、変わってて美味しそう。
Commented by たこぽん at 2011-11-20 01:43 x
え、エビのポテト巻き…お、美味しそう…!!

お土産どうもありがとう!パンのお裾分けもありがとう♪
夫にどこのパン?って聞いたら「知らない」って…
お菓子は明日食べます。王子に食べさせるかどうか迷うわ〜。
一気食いされそうです。
Commented by okuruma1970 at 2011-11-20 09:25
>>COOPERさん
100,000のときはそれほど差が付いていなかったように憶えていますが、こちらの記事はまだ349件なので、やはり日々更新のマメさが数字に表れていますねぇ。
エビにフライドポテトのカリカリ感が加わって、美味しかったですよ。

>>たこぽんさん
線状に伸ばしたマッシュポテトを、エビに巻いていくんですかねぇ。
料理をほとんどしないので、作り方は解明できませんでした(笑)。
お土産は旦那のおもちゃメインで、お菓子はほんの少しでしたが、ご賞味ください。
パンは、Johan(ジョアン)って三越の地下によくあるパン屋さんのです。
買ったのは新宿アルコット地下2階でしたが、あのアーモンドチョコブレッドは11時と17時に焼き上がります。
Commented by ROY@桑港 at 2011-11-20 14:14 x
お疲れ様です。遅くなりましたが、葉書ありがとうございました。
プジョー、ルノーのショールームにミニカー11台と、いつものおクルマさんがご健在のようで何よりです。サンラザールは旅行者には影が薄すぎですが、乗降客数はかなりというのが意外ですね。クローネンブルグ1664がお気に召されたようですが、日本でもどこかで飲めるのでしょうか?海老ポテト巻きのポテトは、やはりマッシュにしたものを伸ばしたように見えますが・・・。

・・・で、当方は特典引き換えマイル数割引キャンペーンに乗せられて、××の一つ覚えでまたもや来てしまいました(苦笑)。
Commented by okuruma1970 at 2011-11-21 23:13
>>ROYさん
機会が1/10ぐらいなので逃すと当分ないなぁと思いながら、空港でバタバタと出したのでちょっと不安でしたが、無事届いたようで安心しました。
両ショールームでは、しょうがないなぁという視線を感じつつ、計30分ぐらいで買い漁りました(苦笑)。
サン・ラザールの乗降客数は意外でしたが、東京、上野、新宿に対する池袋みたいなものでしょうか。
1664をビンで飲めるお店はパラパラありそうですが、ビア樽サーバーで飲めるお店は見つからないですねぇ・・・。
海老ポテト巻きは、やはりそんな感じの作り方ですよね。

それにしても、相変わらずお盛んですねぇ(笑)。
うらやましい・・・。
Commented by 56F3R at 2011-11-22 00:49 x
日本でも、フランスのメーカーは表参道あたりでこういったパブ+ショールーム(営業っ気無いやつね)をやれば、好印象だと思うのですが・・・
それにしても、ミニチュアいいな~日本で買えないやつとかたくさんありそうですね。
Commented by okuruma1970 at 2011-11-23 09:10
>>56F3Rさん
フランスメーカーではありませんが、青山にフィアット・カフェはありますね。
 http://fiatcaffe.jp/
同じ青山に、シトロエンのショールームはあるようです。
ただのカフェと見せかけて来店させて、展示車を見下ろせる造りにしておけば、興味を持たせることができそうですね。
ちなみにヤリス(ヴィッツ)発売以降、シャンゼリゼ通りにトヨタのショールームがありますが、閑散としていました。
今は手を尽くせばたいていのミニカーは手に入りますが、手間がかかる割に数が捌けないからか、いいお値段します(苦笑)。
一人ならもっとディープなお店を回ったのですが(涙)、まぁ贅沢は言えませんね。
Commented by gop at 2011-11-24 05:18 x
楽しいご旅行の様で何よりでした。
サン・ラザールと言えばクロード・モネにアンリ・カルティエ=ブレッソン。
駅裏であの決定的瞬間の場所を探したものです。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/data/060603/
Commented by azmo at 2011-11-24 09:34 x
お久しぶりです
コメントありがとうございました
こちらにも遅くなり申し訳ございません
しかし、素晴らしいですね私はアメリカンカルチャーが好きですが
フランスのようなムードもいいもんですね。
パリでの食事はカフェでもおいしいのでしょうね、ところでめメガーヌカブリオレですが
リアシートの広さどんな感じでしょうか?
というのもメガーヌも時期戦闘機に焦点を合わせていて、リアシートの
様子によっては候補に入れたいですプジョー207CCでは狭すぎて
カレラを手放した意味がなくなってしまいます(笑)
Commented by okuruma1970 at 2011-11-24 22:35
>>gopさん
短い日程でしたが、しっかり楽しんできました。
題材になった作品を教えていただくと、絵画や写真と同じ地に立って同じ景色を探したくなるというお気持ち、ちょっとわかった気がします。
ゲージツには非常に疎いのですが、そういう目で作品を見ると、スーっと入ってくるのかもしれませんね。

>>azmoさん
いえいえ、コメントしやすい記事にコメントいただければ、十分ですよ。
逆に私はアメリカを知らない(グアム除く)のですが、やはりアメリカとヨーロッパの雰囲気は違うのでしょうね。
ニューヨークもそうでしょうけれど、パリでも美味しいものは相応にお高いです(苦笑)。
メガーヌGCは、207ccより1クラス大きい308ccと同等なので、ずいぶん実用的だと思います。
前のめりの私のシートポジションだと、メガーヌカブリオレのリアシートには、膝の前に拳1つ分のスペースができたので、おそらくカレラよりは広いと思いますよ。
Commented by ねぇさん at 2011-11-25 21:46 x
相方さんは、私がデンマークにいる頃来ました♪
転がりこんできたかんじ!!
Commented by okuruma1970 at 2011-11-25 22:03
>>ねぇさん
デンマーク勤務だったなんて、カッコいいなぁ。
お家を起点に、ドイツまでは観光で行ったらしいですね。
私も、高校の同級生がカナダに留学していたときに、3日ほど転がり込んだことがありました(笑)。
by okuruma1970 | 2011-11-01 22:15 | 海外旅行記 | Trackback | Comments(12)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970