北関東三世代旅行(群馬編)

勤労感謝の日の飛び石連休に義父母と行った三世代旅行で、鬼怒川温泉に泊まってSL大樹号に乗った栃木編の続きです。


鬼怒川温泉から群馬県北部に向かうには、春から初秋であれば金精峠でショートカットできますが、既にチェーン規制がかかっており、スタッドレスを履いていない関東のレンタカーでは無理なので、高速道路で遠回りしました。
日光宇都宮道路と東北自動車道を南下し、岩舟JCTから北関東自動車道に入り、高崎JCTから関越自動車道を北上して水上ICへ。


「道の駅みなかみ水紀行館」に着くと、宿の車が待っていました。
国道17号線沿いは11月下旬でも夏タイヤで問題ありませんでしたが、スキー場もある水上高原はすでに積雪しているため、迎えに来てもらったのでした。
d0054855_16265821.jpg


道の駅に車を置いて、宿の車に揺られること30分ほどで、奥利根温泉のホテルサンバードに到着。
こちらも義父が予約したのですが、こんなに山奥とは思わなかったとか。
d0054855_16233155.jpg


今季初めての雪に喜ぶ息子。
ピースは、手の甲の方をカメラに向けるんですよねぇ(笑)。
d0054855_16240184.jpg









夕食は、大広間でいただきました。
子連れも多かった昨晩の宿とはうって変わって、熟年家族がほとんどでした。
d0054855_16242741.jpg

上州牛や群馬なんちゃらポークのすき焼きをメインに、釜飯と土瓶蒸し、そして山の中でもお刺身(笑)。
d0054855_16245083.jpg

お子様夕食は、煮込みハンバーグと鶏のから揚げ。
d0054855_16251321.jpg

大人夕食には、鮑と松茸の陶板蒸しなどつまみには事欠かず、ビールが進みました。
d0054855_16253017.jpg


この宿の売りは、11もある貸切露天風呂
いちおう1回40分で3,500円するというものの、宿泊プランというよりはオフシーズンだからと思われますが、フロントで予約すればタダで入り放題。
季節を感じる雪見風呂、ではあるものの、おそらく氷点下で体を洗うのは寒すぎて無理だったので、内風呂の大浴場で体を洗って、再チャレンジしました。
d0054855_16255501.jpg
風呂上りのビールは、館内調達でも比較的リーズナブルでした(500ml:400円)。


朝食は、スキー場のレストランを兼ねたようなホテルの朝食会場でのビュッフェスタイル。
メニューや品数は前日の大手温泉ホテルと比べるべくもありませんが、和風洋風のおかずにご飯とパンなど不足はありませんでした。
d0054855_16261641.jpg

チェックアウトから送迎バスを待つ間、小さな雪ダルマを作りました。
手袋がなかったので、手がかじかんでしまいました。
d0054855_16263573.jpg


道の駅まで送ってもらい、再びレンタカーを走らせて、群馬サファリパークへ。
同じ群馬県内ですが、水上から富岡までは高速でも1時間ほどかかりました。
入園料は大人1人2,700円、子供1人1,400円のところ、こちらを参考に、事前にコンビニチケット機で買って大人2,200円、子供1,100円、ジジババは窓口のシニア割引で1人1,900円でした。
ちなみに、お住まいと行く月が合えば、県民割引があることもあるようです(千葉県民は12月に割引があったようです)。
d0054855_16272214.jpg


サファリバスに乗る前に、腹ごしらえ。
レストランもありましたが、予約時間まで30分ほどしかなかったので、ハンバーガーやらホットドッグやらで済ませました。
d0054855_16274107.jpg

サファリバスというか、餌やりバスに乗って出発。
ちなみに、入園料金のほかに、餌やりバスは1人1,300円かかります(餌代込み)。
まずは、水牛の類い(?)に、草の餌やり。
小さな扉を開けて草を見せると、長い舌がベロ~っと伸びてきて、上手に草を取っていきました。
d0054855_16275783.jpg


園内を15分ほどバスに乗って回ると、途中下車ポイントに着きました。
以前は小動物も怖がっていた息子ですが、今ではウサギぐらいは膝に乗せてナデナデできるようになりました。
d0054855_16281690.jpg


ライオン舎もあり、一般のサファリバス(餌やりなし)やマイカー、観光バス等で来た客は、ここで餌やりをすることができます。
真正面では近すぎて雄姿をはっきり見ることができませんでしたが、ちょっと離れて凛々しい姿をカシャリ。
d0054855_16284297.jpg

再び餌やりバスに乗ると、ライオン用の肉が用意されていました。
ライオンエリアに入ると、オスが近づいてきました。
長い餌やりハサミで肉を挟み、小窓の外に伸ばすと、ガブッとかじりつきました。
間近に見ると、すごい迫力。
ボーっとしている息子が、手をかじられるんじゃないかと、ヒヤヒヤしながら見ていました。
d0054855_16300540.jpg


実はこの手のサファリパークに初めて来たのですが、サファリパーク内で自由に歩いて見て回れるのは、途中下車ポイントだけでした。
サファリバスなどに乗って入口のゲートから入り、15~20分ほどバスに乗って、餌をやりながら動物を眺め、途中下車ポイントで下車。
下車時に指定された時間まで30分ほど、小動物に触れたり、餌をやったり、自由に見て回り、再びバスに乗車。
またバスに乗って餌をやりながら動物を眺め、15~20分ほどでゲートを出て、終了~。
ということで、定価4,000円(餌やりバス代込み)を払っても、楽しめるのはわずか1時間ほど。
ずいぶん高いなぁ。
途中下車ポイントに相当する自由エリアが最後にあれば、消化不良感が解消されそうな気がしますが。
d0054855_16293079.jpg


最後は、上信越自動車道と関越自動車道、東京外環自動車道で千葉方面へ。
多少は渋滞もありましたが、3時間ほどで帰ってこられました。


プレマシーの速度計の脇にi-DM(インテリジェント・ドライブ・マスター)という運転評価モニターがあり、これを良くしようと燃費運転に努めたら、車重1,500kgの車で5人乗車しても、燃費が15.7km/Lまで伸びました(1.8Lか2.0Lのガソリンエンジン)。
天井が高くていいなぁと相方と息子が言い、我が家の日常使用には少々デカいですが、3世代旅行にはピッタリな車だなぁと思いました。
d0054855_16302234.jpg


そんなこんなで、温泉プールにSL列車、サファリパークを楽しんだ、3回目の3世代旅行でした。
毎度のことながら、息子に義父母孝行させることができました。
でも、久々に自分の車で遠出したり、洋館巡りもしたいなぁ。




[PR]
トラックバックURL : https://okuruma.exblog.jp/tb/26230421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gosyurin at 2017-12-16 17:13
相変わらずの、ジジババ孝行お疲れ様です(^^;;
まぁ、こんな日々はあっという間に過ぎ去りますので、できるうちにやっておかないと、ですね(自戒を込めてます)。
Commented by okuruma1970 at 2017-12-16 22:22
>>gosyurinさん
歳が行ってからの一人孫なので、ジジババ孝行をがんばらせています。
正直、今は手が掛かって大変と感じる場面が少なくないですが、親離れされると、それはそれで寂しいのでしょうね。
子守りもがんばります(笑)。
by okuruma1970 | 2017-11-25 23:00 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(2)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970