Alfaromeo Giulia

久々に自動車ディーラーに行って、試乗をしてきました。

カーポート倒壊からの修理にお金をかけて、しばらく306に乗り続けなければという思いが強かった(?)ことと、特に気になる車がなかったこと、さらには休日に自由になる時間がほとんどないこともあって、ここ5年以上、試乗に行けていませんでした。


久々に試乗したのは、国内では昨秋発売されたアルファロメオの中型セダン・ジュリア(Giulia)です。
ちなみに5年前に最後に試乗したのはアルファロメオのFF車・ジュリエッタ(Giulietta)でしたが、このジュリアは、量販車としてはアルファ75以来、二十数年ぶりのFR車(フロントエンジン・後輪駆動)です。
d0054855_18045569.jpg
アルファロメオの紋章を上部に据えた三角形の盾を模したグリルから、アルファロメオ一族であることが一目で見てとれます。
角を丸めてスポーティーでスマートに見せていたFFアルファ(156・147・Mito・Guilietta)とは異なり、車格なりのドッシリ感と押しの強さを感じます。
デザインは嫌いじゃありません。

スリーサイズは全長4,645×全幅1,865×全高1,435mmで、ホイールベースは2,820mm、車重は1,590kg(ベースグレードとSuper)。
ちなみに似た車格のスポーツセダンであるBMW 3シリーズは、全長4,645×全幅1,800×全高1,440mmで、ホイールベースは2,810mm、車重は1,580kg(320iセダン)。
全長とホイールベース、車重は後発のジュリエッタが丸パクリな如く瓜二つで、唯一、全幅は4年前に発表されたBMW 3シリーズの方が少しコンパクトです。
d0054855_18050236.jpg
後ろから見た姿は、前から見るよりもスマートに見えます。
写真は、試乗したSuperで1本出しマフラーですが、Veloceはツインエギゾーストになります。










最近のアルファロメオ車同様、D・N・Aというマネジメントシステムが装備されていて、D(Dynamic)モードではマップチェンジして、アクセルレスポンスが速くなり、高回転でシフトチェンジするようになりました。
残念ながら、パドルシフトを使う場面はなし。
ちなみに、エンジンのスタート/ストップは、ハンドルセンターの左下にあるボタンで行ないます。
d0054855_18050909.jpg
Superに試乗させてもらいましたが、適度に交通量がある片側1車線の市街地だったので、普通にいい車程度の感想しかありません。
ただ、2Lターボで200PS/4,500rpmと今では控えめなパワーながら、33.7kg・m/1,750rpmと低速トルクがあるので、街中では十分な加速をしてくれました。
ジュリエッタQVは1.75Lターボで235PSを出していたので、多少のターボラグがあるようですが、ジュリアSuperでは2Lターボで200PSというマイルドな過給だからか、NAエンジンのようなリニアな加速だったように思います。

また、本当に細い路地は走っていませんが、1,865mmの全幅を感じさせず、取り回しは良さそうです。
18インチのタイヤですが、1,600kg近い車重のおかげか、市街地走行では硬さを感じず、乗り心地は良かったです。

ATセレクターは、Dレンジで左に倒すとマニュアルチェンジできます。
ただ、独仏伊など左ハンドル国の車は、+/-の表示がATセレクターの左側にあるので、咄嗟にシフトダウンはどっちだっけ?になってしまうんですよねぇ(相方の通勤車VW Poloも)。
ちなみに、最近は自動変速の方がサーキット走行や0-400m加速が速いことから、フェラーリすらMT(マニュアル・トランスミッション)の設定がないようですが、このジュリアも国内輸入仕様は当然のごとく全てのグレードがAT(8速!)。
また、VeloceのAWDだけは左ハンドルですが、その他のグレードは右ハンドルのみ。
d0054855_18051698.jpg
カーナビは搭載されておらず、スマートフォン(Andloid OSかiOS)の地図アプリを使って表示するそうですが、内蔵モニターは変形サイズで、オーディオやエアコン、ATインジケーターも兼ねているようなので、取り外して2DINカーナビに入れ替えることもできません。
写っていませんが、サイドブレーキは電気式で、ATセレクターの右後ろにありました。

このSuperの美点は、ステッチ入りのレザー内装と所々に配されたマホガニーのウッドパーツ。
同じエンジンのベースグレードに対してSuperは車両価格が100万円ほど高く、その一方で+80PSで4WDとなる上級グレードのVeloceとは50万円ほどしか変わらないのが疑問でしたが、Superの内装にお金がかかっているからというのがそのカラクリでした(Veloceは内装より走り重視)。
さらに、ハーマン・カートンのオーディオシステム。
d0054855_18052377.jpg

さらに、試乗したモンテカルロブルー外装色のオススメ内装は、このベージュ・レザー。
子供を乗せると汚してしまいそうですし、他所様のブログでは色移りが目立つとか見ますが、憧れます。
Poloや306より全長やホイールベースが長い分、足元に余裕があります(比較対象が・・・、苦笑)。
ただ、弧を描くルーフデザインのためか、頭上高はそれほど余裕がありません。
d0054855_18052844.jpg

トランクも広大。
デザインを優先してリアウインドウが寝ている分、トランクの奥行きがかなりあります。
リアシートは、4:2:4の分割可倒式。
同じ車格の車を知らないのですが、以前はスキー板を通す穴が中央席に開く程度にようなイメージだったのですが、最近は似たようなものなんでしょうか。
d0054855_18053834.jpg

市街地での試乗だけというのも大いにありますが、普通にいい車という印象で、道楽車にしては尖がった部分がないのが仇になりました。
私の道楽車306Cabrioletと相方の通勤車VW Poloを1台にまとめなければならなくなったら候補に挙がるか、ただ相方の通勤車にしてはデカすぎるので、その場合はアルファならジュリエッタか、みたいな感じで、やはりどっちつかずですねぇ。
ちなみに、最上級グレードは、フェラーリ製V8エンジンから2気筒切り落としたV6ターボエンジンで、510PSを絞り出しますが、そやつに乗ったらクラっと来たかも(でも1000万円コース、苦笑)。

【いいところ】
 ・ターボを感じにくい、リニアな加速
 ・1,865mmの全幅を感じさせない、取り回しの良さ
 ・ベージュレザーとマホガニーの内装
【イマイチなところ】
 ・車格ゆえに、大きい、重い
 ・ATしか設定がない
【総評】
特に加速も悪くなく、デカさも感じにくいものの、ジュリエッタ同様、道楽車にしてはいい車すぎるところが決め手に欠けるんでしょうね。さりとて、相方の通勤車とまとめるにはデカすぎる。60代になって、上がりに乗るにはいい車かもしれません。


ちなみに、ジュリアが気になっている方に1つ情報(知っているかもしれませんが)。
1グレード下の価格で買えるキャンペーン中だそうです。
Super(543万円)がベースグレード(446万円)の価格で買えるということは、
実質97万円引き!(驚)
いつ終わるかわからないそうなので、お早めに。


個人的には、ディーラーにあった他の車に目移りしてる時点(苦笑)で、芽はないかな。
ジュリア・ベースのSUV・ステルビオはともかく、4Cスパイダーはちょっと気になりますが、正規輸入車は右ハンドルで、しかも本国仕様もATのみ。
d0054855_18054700.jpg

124アバルト・スパイダーは初めて見ました。
広島(マツダ)製ボディーはともかく、MTはあっても、右ハンドル。
しかも、イマイチ好きになれない小排気量ターボ(フィアット製1.4L)なんですよねぇ。
これに乗るなら、2Lエンジンが載ったマツダ・ロードスターRFの方がいいな。
d0054855_18055410.jpg

306Cabrioletの車検まで、あと3ヶ月ですが、気になる新車はほとんどないんだよなぁ。
住宅ローンが始まったばかりの身には、欲しくてたまらん車があると大変なので、衝動買いしてしまいそうな車がないのはいいことなのですが、このまま306Cabrioletで上がりというのはさすがに寂しいので、何か面白そうな車がないか探してみます。

ということで、たまの平日休みの試乗記でした。




[PR]
トラックバックURL : https://okuruma.exblog.jp/tb/27088673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Tristan987 at 2018-09-09 22:29
こんばんは。
ここ最近の、ダウンサイジングターボって、ターボ感無いですよねぇ~(^^ゞ
トルクの変動は大きくないから扱いやすいのですが、逆に尖った楽しさは感じない
ように思っています。
また各メーカーとも、モデルの高級化が進み、クルマが大きく重くなってきて
しまっていることも運転が楽しくなくなっている要因の一つだと思っているの
ですが・・・。

最近「プジョー306 S16の再来!のようなクルマが現れないだろうか!?」と
思う今日この頃です(笑)。
Commented by okuruma1970 at 2018-09-10 21:38
〉〉Tristan987さん
こんばんは。
ダウンサイジングターボは、普通に走る分には低速トルクがあって燃費も良くていいのですが、回しても伸びがない気がするんですよね。
最近の車は安全で乗り心地はいいのでしょうが、おっしゃる通り、大きく重くなってしまいましたね。
306 S16のような2L NAで1.2tぐらいの車というと、つまるところ、ロードスターRFぐらいしかないのでしょうか。
ないものねだりと思いつつ、しっくりくる車ってないですかね?
Commented by gosyurin at 2018-09-12 19:55
BMW3とかに乗ってる人がハズしで買うクルマだと思うので、尖がるのは難しいでしょうね。そもそもアルファロメオと言うだけで一般人には敷居が高いでしょう。

306とポロを統合して1台なら、308かゴルフですよ(笑
Commented by okuruma1970 at 2018-09-13 20:30
〉〉gosyurinさん
406あたりと競合していた156や159は、まだ尖れたのかもしれませんが、3シリーズと競合すると、やっぱりそうですよね。
万一、1台に統合なら、ゴルフかビートルのカブリオレか?、なんて考えたことはありますが…(苦笑)。
by okuruma1970 | 2018-09-03 23:28 | 試乗記 | Trackback | Comments(4)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970