人気ブログランキング |

Fossil Q Explorist(Gen.3)

スマートウォッチを買っちゃいました。
スマートウォッチとは、スマートフォンと連動して、メール着信やスケジュールなどの各種通知を表示する時計で、タッチパネル液晶の文字盤のものが多いです。

これまでOMEGAIWCJarger LeCoultreといった機械式時計を好んで使ってきたものの、元々ガジェット好きなこともあり、スマートウォッチにも興味がありました。
ただ、四角い画面のApple Watchはデザインが嫌いで、丸画面のMotorolaのMoto360は気になっていたものの、液晶が真円ではなく画面下部が欠けていることと値段(3〜4万円)に躊躇していました。

今回買ったのは、アメリカの時計メーカーFossilが作っているQ Exploristというモデルです。
私が買ったのは1モデル前のGeneration3(Gen.3)ですが、2018年夏から最新モデルGeneration4が発売されており、値引きされていたのでした。
d0054855_11195751.jpg

このFossil Q Exploristは、Google Android系のWear OS 2.0を搭載していて、Androidスマートフォンとの連動は万全なのでしょうが、iPhoneに専用のアプリをインストールすれば、iPhoneとも連動します。
ちなみに私は、3年ほど前からiPhone6(今はiOS 12)を使っていますが、たまにBluetoothの接続が切れるときがあるものの、ほぼ問題はありません。










10cm角ぐらいの白い小さな箱に入っていて、説明書は最低限の設定だけが書かれたものだけ(ただし多言語)。
まぁ、スマートフォンを使っている人が使う時計でしょうから、説明書はWebで、ということなのでしょう。
買ったのは、紙箱の写真の通り、茶革バンドのモデル(FTW4003)でした。
d0054855_11213165.jpg

革バンドは夏場に蒸れると思い、N.Oranieというメーカーの幅22mmの安いメタルバンド(Amazonで2000円ほど)を別に買って、交換して使っていますが、工具不要で交換でき、また長さ調整工具も付属していました。
メタルバンドが欲しければ、最初からメタルバンドのFTW4000を買えばいいのですが、後述の通り、メタルバンドのFTW4000よりも、革バンドのFTW4003にメタルバンドを買い足した方が断然安かったから、ちょっと面倒な組み合わせで買ったのでした。


付属の充電ケーブルは、スマートフォンなどのUSB充電器から給電する非接触式のもので、時計背面にマグネットで張り付きますが、1日使ってバッテリー残量20%ぐらいまで減ってから充電すると、満充電まで4時間ほどかかります。
また、前述の最新モデルGen.4
では専用充電器で高速充電できるようになりましたが、Gen.3までのモデルには使えず、充電器の互換性はありません

出先での充電用に予備に充電器を買おうと思ったら、安売りしていた本体に釣られてか、FossilのGen.3用は公式サイトを含めて軒並み売り切れ。
ネットのレビューを参考に、スマートウォッチをOEM(相手先ブランドにより供給)している、SKAGENのSKT0001とMICHAEL KOHSのMKT0001の通販を探し回って、定価で無事入手(Gen.4用と同じ理由で、SKT0002とMKT0002も使用不可)。
d0054855_11325924.jpg

この他に、タッチパネル用のガラスフィルムを買って、貼り付けました。


画面表示は、最初から数種類インストールされています。
いかにもスマートウォッチなデジタルなデザインのものあり、一見するとアナログ時計風のデザインのものもあります。
デザインにもよりますが、日付やバッテリー残量、運動量などを表示します。
この他に、好きな画面を選べるアプリもあります(一部課金あり)。
d0054855_12234116.jpg
d0054855_12235037.jpg


ネットのレビューを参考に、私は天気予報を表示するInsta Weather for Android Wearを使っています。
出先を含めていまいるエリアの天気予報を表示してくれ、設定によっては前日との気温差や気圧なども表示するようです。
エリア検出のタイムラグは意外と大きく、また例えば新宿にいると、より狭い地区を表す「Yodobashi」と表示されたりしますが・・・。
d0054855_12131408.jpg
d0054855_12132126.jpg

また、Googleカレンダーなどと連動して、スケジュールも表示してくれます。
私は、以前からブラウザでメール機能だけを使っていたOutlook.comを、iPhoneにアプリをインストールして、メールやスケジュールを通知させるようにしました。
基本的に仕事のスケジュール管理に使うので、会社パソコンのOutlookの予定表に入力したスケジュールを、
「予定表をメールで送信する」で私用Outlookメールに送って、添付ファイルを「予定表に取り込む」に選択すると、Outlook.comの予定表に反映されました。
(写真はプライベートの予定を入力して表示させたもの、笑)
d0054855_12132743.jpg

お値段は、このQ Exploristの革バンドモデルは定価38,800円(税込)ですが、購入時は30%OFFの27,216円が売価で、そこから30%割引のクーポンで19,051円が購入価格ということで、定価の半額以下。
これに留まらず、売価27,216円の22%にあたる5,980円分のポイント付きで、実質13,071円でした(定価の1/3)。
メタルバンド2,000円とガラスフィルム950円、予備充電器3,780円はポイント+αで買えたので、合計20,000円ぐらい。

ちなみに、メタルバンドモデルは、定価43,200円に対して、売価が30%OFFは一緒でしたが、クーポンは20%割引で、ポイントはナシということで、実質24,000円ぐらいと10,000円以上も差があり、ガラスフィルムと予備充電器を付けると3万円近くまでいってしまうのでした。



最新型のGen.4では、GPSと心拍センサーが内蔵されて、高速充電もできるようになりましたが、それらの機能がなくても入門編には十分です。
機械式と計3台との使い分けが難しいところですが、当分は弄ぼうと思っています。




トラックバックURL : https://okuruma.exblog.jp/tb/27333569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by okuruma1970 | 2019-01-12 07:00 | 物欲記 | Trackback | Comments(0)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970