人気ブログランキング |

夏休み大阪旅行(後編)

夏休み終盤の8月25日(日)~27日(火)に行った大阪旅行のうち、中之島の洋館や大阪城を見て串カツを食べた前編、USJで遊んだ中編に続く、後編です。


USJから1時間かけて泊まりに来たのは、河内長野市にあるあまみ温泉 南天苑icon
ごく普通の日本旅館ですが、実は辰野片岡建築事務所により大正2(1913)年に建てられた建物で、国の登録有形文化財です。
元々は、堺市の大浜公園にあった潮湯の別館・家族湯だったようですが、南海電鉄によって昭和10(1935)年に現在地へ移築され、戦時中の閉館の後、南天苑として営業を再開しました。
そんな話を聞いてから、大阪方面に行ったら、いつか泊まろうと考えていたのでした。

写真は正面右奥の庭園側の外観で、左下の1階が張り出した部分は宴会場。
d0054855_21584911.jpg


こちらは正面出入口で、日本旅館らしい軒の広い玄関ポーチを備えています。
辰野金吾作の和館といってもイメージが湧かないですが、正直、あまり特徴があるわけではありませんでした。
d0054855_21585689.jpg










泊まったのは、2階の和室「桜」。
書いてて気づきましたが、予約したのは庭園側で8畳だけの「蓬莱」「観月」「鶴」のいずれかというプランだったのが、通されたのは4畳半の控えの間付き8畳の「桜」と、3,000~5,000円高い部屋にアップグレードされていました。
写真は控えの間の方ですが、8畳の主室の床柱は桜でした。
d0054855_21590371.jpg


内廊下なので日は差し込みませんが、板張りではなくじゅうたんが惹かれていました。
壁などは貼り換えなのか塗り替えられ、戦前築とは思えないほどキレイにリニューアルされていました。
階段左の手すりというか転落防止柵は、手の込んだ造作でした。
d0054855_21591081.jpg


宿に着いたのは夜9時過ぎだったので、一泊朝食付きで泊まりました。
朝食は大広間でいただきましたが、平日泊でガラガラだと思ったのに、意外や他にも5・6組が泊まっていました。
ただ子連れの家族客はおらず、目についたのは欧米の外国人客でした。
大阪と高野山の途中にある静かな日本旅館ということで、紹介されているのかもしれません。
d0054855_22021789.jpg
実は、前夜に宿に着く前に、南海電車の網棚にUSJのお土産を置き忘れてしまったのですが、フロント(帳場?)に話したところ、終点の橋本駅に連絡してくれて、帰り道の河内長野駅に送ってもらうところまで、手配していただきました。
翌朝のチェックアウト後、河内長野駅で、無事、受け取ることができ、帰宅後にお礼のメールを送りました。


往きもそうでしたが、帰りの電車も古豪6000系。
古いものは、私(1970年生まれ)よりも長生きしている1962(昭和37)年製で、50年選手!
昔のステンレス車両だと、今のような限界設計ではないから、頑丈なのでしょうね。
d0054855_21591867.jpg


終点の難波駅で関空特急ラピードを見付けて1枚。
運行開始25周年だそうですが、独特のデザインは、今でもスゴイ存在感です。
d0054855_21594696.jpg


南海電鉄のターミナルである難波駅の上には、大阪高島屋がテナントに入っています。
昭和7(1932)年に建てられた南海ビルディングで、建物自体が曲線を描いており、付け柱に大きなアーチ窓を持つ建物は、国の登録有形文化財です。
d0054855_21592504.jpg


地下鉄御堂筋線で淀屋橋駅で降りて、今日こそはと中央公会堂のレストランに行ったところ、よほど嫌われているのか、月に1度の火曜定休日でした(涙)。
やむなく、すぐそばのカフェGARB Weeksに入ったところ、通り雨が降ってきました(セーフ)。
私はポークとチキンの本日のランチを、息子はピザ・マルゲリータを、相方は本日のパスタをいただきました。
d0054855_21593231.jpg


その後、昼食前に予約していた大阪水上バスアクアライナーに乗りました。
淀屋橋港を出て、大阪造幣所の脇を通って、大阪城港まで行き、再び淀屋橋港まで戻る1時間弱の遊覧船です。
d0054855_21595296.jpg


大阪の観光地のご多分に漏れず船内も外国人観光客が多く、係員は乗客が日本人かアジア系外国人か迷いながら、観光案内をしていました。
そういえば、その昔15年ぐらい前に乗ったアムステルダムの運河クルーズでは、既に中国語の自動放送が流れていたなぁ。
去年だったか、息子には隅田川の水上バスに乗せたことがありました。
d0054855_22000136.jpg


運河から、大阪城の外堀につながっているようで、大坂城そばの大阪城港まで入っていきますが、木の切れ間から大坂城が望めました。
d0054855_22001248.jpg


淀屋橋港から地下鉄(京阪も)淀屋橋駅へは、雨に濡れずにアクセスできました。
(地下鉄コンコースではなく、京阪のコンコースから)
写真は最新鋭の30000系のようですが、数十年前からのデザインアイデンティティーを守っているのか、主要メーカーのデザイナーの影響なのか、東京、大阪、名古屋、各地下鉄の車両はイメージが違いますね。
言い換えると、こういうデザインの地下鉄車両は、東京では走っていないんですよねぇ。
d0054855_22002147.jpg


帰りは新大阪駅でもお土産探しをしましたが、息子と一足先にホームに上がりました。
「お下がりください、走らないでください」のようなアナウンスが聞こえたと思ったら、隣のホームにドクターイエローが入ってきました。
1世代前の700系車両をベースとして、線路や架線の測定をする検測車で、運転日や運転時刻が決まっておらず、不定期に走るらしいので、本当に偶然見られました。
誕生日プレゼントに、ドクターイエローのシンカリオン(新幹線変身ロボット)をねだったほどだったので、息子は大興奮!
d0054855_22002992.jpg


息子が楽しみにしていたのは、実はこの500系。
国内で初めて300km/hでの営業運転を実現し、最盛期は「のぞみ号」として東京駅に乗り入れていましたが、今では16両から8両に縮められて、新大阪~博多の間で各駅停車の「こだま号」として運転されています。
というわけで、東京駅では見られないので、大阪に来たタイミングで見に来たのでした。
ただし、新大阪駅ですら、見られるのは6:59発、11:13着~11:29発、16:13着~16:29発、17:13着~17:29発、23:18着の1日5回だけ(2019.3ダイヤ改正現在)なので、そのために帰りの列車を遅らせたのでした。
d0054855_22003607.jpg


500系の8号車の運転室背後には、子供用の模擬運転台が設けられています。
発車まで時間があれば、ちょっとだけ座らせて写真を撮ってあげようと思ったのですが、当日は博多付近で運転見合わせがあった関係で到着が遅れ、車内清掃で発車間際までドアが開かなかったので、外で眺めただけでした(残念)。
実は、一昨年にも、対向列車として見たんですが、走っている間に、今度は岡山までとかでも乗らせてあげたいものです。
d0054855_22004161.jpg


帰りの新幹線も、N700系。
現時点(2019.9)では700系も数本残っているようですが、来春(2020.3予定)のダイヤ改正で、16両編成は全てN700系に統一されるようです。
d0054855_22004846.jpg


昼食時はノンアルコールでしたが、新幹線に乗ったら飲み鉄開始。
もっとも、結構しっかり昼食を食べたので、つまみは軽めに。
そして、すぐにウトウト。
d0054855_22005993.jpg


静岡を過ぎたあたりで、息子ともども目を覚まし、乗る前に買っておいた駅弁を、夕ご飯代わりに食べました。
私のテーブルの上には、軽井沢ビールが載っていますが、さすがに少しぬるくなってしまいました・・・。
d0054855_22010891.jpg


こんな感じで、8時過ぎには自宅に着きました。
息子は夏休みだったし、相方もお疲れ休み付きの5連休だったので、翌日仕事に出かけたのは自分だけでした。


USJのアトラクション大行列には辟易しながらも、息子の夏休み旅行としては、楽しんでもらえたんじゃないかと思いますし、相方もUSJのハリーポッター・ワールドと温泉に満足したことでしょう。
中之島の洋館群を見て、辰野金吾作の旅館に泊まれたので、個人的にも楽しめました。




トラックバックURL : https://okuruma.exblog.jp/tb/27768271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Trip-Partner スカウトチーム at 2019-10-01 15:01 x
平素より楽しくブログを拝見させて頂いております。

弊社はTrip-Partner(https://trip-partner.jp/ )という新しい旅行情報メディアを運営しております。
弊社はokuruma1970様のような内容に富んだ日本国内情報の記事を扱い、読者に読んで納得感が有る様なメディアにしたいと思っています。
もし宜しければokuruma1970様の記事を弊社のサイトに投稿して頂きたいと思いまして、ご連絡差し上げました。
報酬は1記事3000円~5000円を考えています。

もしご興味ありましたら範國(ノリクニ)宛(japan-director@trip-partner.jp)にメールを頂けますでしょうか?
その際メールにブログのURLを記載頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。
Commented by okuruma1970 at 2019-10-13 11:05
>>Trip-Partnerスカウトチームさん
ようこそいらっしゃいました。
拙ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
貴サイトを拝見しましたが、国内外の多様な旅行記やオススメなどが紹介されているのですね。
自分のブログだけで手一杯なのですが、時間ができれば、貴サイトのテンプレートに合わせる必要があるかなど、手順をお聞きして、検討させていただきたいと思います。
by okuruma1970 | 2019-09-15 07:00 | 国内旅行記 | Trackback | Comments(2)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970