人気ブログランキング |

2日目 北京郊外旗振り旅行(前編)

2日目は万里の長城など、北京郊外の観光地を巡りました。


モーニングコールは6時、朝食は6時半からで、出発は7時半。
前夜遅くまで飲んでいたため眠いし、食欲もありませんでした。
朝食はバイキングで、お粥のようなアッサリ系から、油コテコテの中華まで、パンやスクランブルエッグ、蕎麦やみそ汁など、和洋中が揃っていましたが、お味はそれなり。

7時半に出発し、空いているうちにと、市内の「頤和園(いわえん)」へ。
皇帝の離宮として使われていた大庭園で、現在の姿は1895年に西太后が整備させたそうです。 ユネスコの世界遺産に指定されています。

d0054855_23255587.jpgd0054855_23261621.jpg










広大(290ha!)な敷地の大部分は人造湖ですが、凍っていました。
遠くに見えるアーチ橋「十七孔橋」は写真で見たことがありましたが、時間なく渡れず。

d0054855_23264576.jpg


中国式庭園にはつきものの長廊(左下)を延々進んでいきます。
極彩色に彩られた長廊の長さは、700m以上もあるそうです。

d0054855_23271458.jpgd0054855_23273914.jpg

















長廊が終わるあたりになると、これまた写真で見たことがあるような、「仏香閣」(右上)が丘の上に見えてきます。 3層で高さ41mの塔だそうです。 登ってみたかったですねぇ。





今回のメイン、万里の長城です。
北京から高速道路で走ること120kmほど。
両側に山が切り立ってくると、山上に城塞のようなものが見えてきます。

見学したのは、写真でよく見る「男坂」「女坂」というところだそうです。
このうち比較的登りやすいという「女坂」を登ってみました。

d0054855_2119214.jpg


多分どこのガイドも同じことを言うようで、「女坂」には観光客がウジャウジャ、「男坂」はまばらな状態でした。 健脚に自信がある方は「男坂」へどうぞ。
とはいえ、「女坂」でも山の上から見下ろすと、けっこう高低差があります。

d0054855_21264562.jpgd0054855_21265652.jpg










お馬鹿なポーズの同行者はご愛敬ということで、ご笑覧ください。
山肌の斜度にあわせて階段状になっていたり、スロープ状になっていたりマチマチですが、場所によってはこんなものではないぐらいキツイ部分も少なからずありました。

よくこんなものを2000年以上も前に造ったものです。
呆れるやら感心するやら、国家権力の恐ろしさを感じるやらでした。
できればお弁当でも持って、山上で眺めながらのんびりしたかったです。


昼食は、上海旅行と同じくお約束の土産物屋併設の大食堂。

d0054855_21383365.jpg


小籠包や餃子、大根餅にお粥などなど、品数豊富なれど特に華はなし。
昼間っから中国ビールで軽くいい気分です。 アルコール度数50%ほどのウォッカ系中国酒もサービスで付いていましたが、工業用アルコールのような感じでした。

格安ツアーとはいえ、こんなところばかり案内していては、中国旅行にまた来たいと思わなくなると思うのですが、これは価格重視の日本側の妥協の産物なのか、中国の国策なのか・・・。


(続く)
トラックバックURL : https://okuruma.exblog.jp/tb/4773007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ROY at 2007-02-18 22:30 x
こんばんは。葉書届いております。いつもありがとうございます。
長城は別格としても、十七孔橋や仏香閣も魅力的な感じがするのですが、時間がなくて省略したというのは、やはり団体行動(と言うか、ツアー)だったからでしょうか?
しかし万里の長城は人だらけですね。
Commented by COOPER99 at 2007-02-18 22:36
ははっ、王道ですねぇ。こういうの見てると、何故かカンフーの修行が
したくなる。(笑)
Commented by mipple11 at 2007-02-18 23:32
土産物屋とか大食堂ってのは、今も昔もお約束なんですかね?
30年前に初めて香港に行った時のことを思い出します。

定番とは言え、万里の長城は一度は生で見てみたいです。
Commented by gop at 2007-02-19 12:18 x
ご無沙汰しております。
相変わらずあちこちお出かけの様で羨ましい限り、旧正月前の良い時期に行かれましたね。私万里の長城は未だ未体験、空の上から見ただけ、世界遺産マニアとしては(笑)一度は行ってみたいですねぇ。
ところで中国では今年は「豚年」だそうでイスラム教徒に配慮して、CM等気を使っているとか。何か面白いネタありましたか?
Commented by okuruma1970 at 2007-02-19 23:56
>>ROYさん
ハガキはホテルのフロントに預けたので不安でしたが、無事届きましたか。
時間がないのは、バックマージンが得られる土産物屋に時間を割く格安ツアーだからでしょうね。長城だけ連れて行ってもらえれば、あとはフリーが理想でした。
万里の長城は体力と時間さえあれば、空いた男坂をゆっくり歩けますよ。

>>COOPER99さん
中国拳法の違いはよくわかりませんが、少林寺の鍛錬とかって、こんなところでやってそうですね(イメージだけ)。 
Commented by okuruma1970 at 2007-02-20 00:15
>>mippleさん
30年前に香港に行かれた恵まれた状況とは、事情が違うと思いますが、薄利多売なH○Sとかの格安ツアーでアジア圏に行くと、食事は土産物屋から無償提供されていると見ています(苦笑)。
万里の長城の雄大さを満喫するには、半日ぐらい時間が欲しいものです。

>>gopさん
お久しぶりです。
ガイドも旧正月は故郷に帰るらしく、この時期の観光は難しいようですね。
万里の長城は、やはり機内からも見えるのですね。 長城が海際で終わる(始まる?)ところがあるそうですが、次はそこを見てみたいですねぇ。
中国では猪年を豚年というようですね。 特に目に付きませんでしたが・・・。
Commented by むにゅ at 2007-02-22 01:29 x
湖も凍る寒さって・・・でも、柱の影から映画で見たような若くてきれいな西大后が出てきそうですね~20年くらい前に流行った映画ですけど・・・
Commented at 2007-02-22 01:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by okuruma1970 at 2007-02-23 22:47
>>むにゅさん
北京は思ったほど寒くなかった(朝晩は0度でも昼間は10度ぐらい)のですが、川から池から、至る所で凍っていました。
西太后って絶世の美女だったようですが、イメージは晩年の意地の悪そうな写真しか思い浮かばないんですよねぇ。

>>鍵コメさん
メールでお返事させてもらいます。
Commented by amat_aya/ck at 2007-02-23 23:39 x
中国いいな~!建築も面白いのがありそうですね・・・
万里の長城も行ってみたいです。
食べ物は・・・中華なら、そんなにはずれはなさそうですね。
Commented by aki at 2007-02-24 00:38 x
中国は一度いきましたが、あのハーブみたいな香辛料(名前なんでしたっけ)がどうもだめでした。
あと王府井で食べたラーメンがやばかったみたいで日本に帰っても半月くらい下痢が止まりませんでした。
北京では紫禁城を見物したかったのですが、あそこは一日じゃ見切れないと言われ断念。
万里の長城の怪しいリフトもとても気になりました。危険なので乗りませんでしたが。
懲りずに上海に行きたいと最近は思っています。
Commented by okuruma1970 at 2007-02-24 09:21
>>ckさん
中華街風な中国建築は、北京でも古建築として見られますが、洋館風の建物だと、上海か大連(満鉄の遺物)が多いようです。
日本の中華なら外れはないのでしょうが、現地の料理ではどうも日本人の口に合わないものもあるようで・・・。

>>akiさん
私も香りがキツイものや香辛料は苦手です。
全食(日本人)観光客向けの料理だったので、衛生面では問題ありませんでしたが、リスクはあるものの街での食べ歩きも楽しいですよね。
万里の長城のリフトって、ノロノロのジェットコースターみたいなやつですよね。 上海の方が見所は多いと思いますので、是非どうぞ。
紫禁城は3日目でご紹介します。
by okuruma1970 | 2007-02-10 21:06 |  中国・台湾 | Trackback | Comments(12)

Peugeot306CabrioletとPorscheBoxster987のオープンカー2台生活だったのがBoxsterを手放したので本当は1台だけ、といいつつただの旅日記かも


by okuruma1970